気をつけて!危険なパスワードとは?

使用しているパスワードは、危険なものではありませんか?大事なデータを守るためにも、パスワードの設定には充分に気をつけたいですね。
今回は、危険なパスワードと安全なパスワードの見分け方、作り方をご紹介します。

そもそも、パスワードの設定は何のため??

パスワードは、現在パソコンを操作しているのが自分本人であることを証明するためのキーワードになります。なので、パスワードは自分しか知らないものである必要があります。

インターネットでは、会員制サイトなどで、パスワードを入力することで個人のページへログイン/サインインします。
個人ページには自分の個人情報や、さまざまなファイルがあります。
もし、そこに悪意を持った他人に入り込まれてしまった場合、そういった重要な情報が盗まれてしまいます。また、自分になりすましてトラブルを起こされてしまうこともあります。
なので、パスワードが知られてしまったり、推測で当られてしまわないよう気をつけなくてはなりません。

見破られやすいパスワード

○単純な英数字の並びや、キーボードを順番に押したもの
複雑なパスワードは自分が忘れてしまうからと、安易なパスワードを使っていませんか?
例:「123456」「asdfghjkl (キーボード3段目の左端[a]から右へ順番に押す)」

○自分の親しい人や関連する数字や文字、またはその組み合わせ
住所、家族・恋人・ペットの名前、出身地、好きな芸能人など、あなたの情報からパスワードを見破られる可能性が非常に高いです。
例:「yamada (名字)」「hanako0125 (名前+誕生日)」

工夫されているが、まだ安全性が低いパスワード

○自分には無関係だけれど、辞書に載っている単語
パスワードを調べるときに、自動的にさまざまなパスワードを生成する攻撃用のプログラムを利用するのが普通です。そういったプログラムは「辞書に載っている単語を総当たりで入力したり、適当に組み合わせて入力したりする」ということが得意です。辞書に載っている単語をそのまま利用するのは避けましょう。
例:「elephant」「hujisan3776mauntain」

○単語の文字を逆順にしたり、似た形の文字に置き換えたもの
単語を逆順にしたり、アルファベットの「o」を「0」、「Q」を「9」などに置き換えたもの。
例:「ctmej ([jemtc]を逆順にしたもの)」「hanak0 ([o(お)]を[0]に置き換えたもの)」

○無意味で複雑な組合せだけど、
数字・小文字や大文字のアルファベットしか使われていない

意味のない適当な組み合わせは、推測だけで当てることは困難ですが、より複雑に最低限でもアルファベットの大文字、小文字、数字のように何種類もの異なる文字を組み合わせて作りましょう。
例:「05691248」「ahujydk」

最後に

あなたが利用しているパスワードは、こうしたものに該当していませんか?該当していたら、すぐにパスワードを付け直しましょう。
安全性の高いパスワードはどのようなものか、を次回ご紹介します。

知っておくと便利なファンクションキーの使い方(2)

以前、F1~F12のファンクションキーについてご紹介しました。ファンクションキー以外にも、何に使うか不思議に思うキーがいろいろあるかと思います。
今回は、そんなキーたちをご紹介していきます。

※ノートパソコンや小さなキーボードの場合には、ご紹介するキーが他のキーと一緒になっている場合があります。その場合には、キーボード左下の[Fn]キーを押しながら入力してください。

ファンクションキー以外のキーたち

●[Alt]キー
アルファベットのキーと組み合わせることで、メニューを選択することができます。

●[Home]キー
ウィンドウを先頭までスクロールします。または、カーソルを行頭に移動します。

●[End]キー
ウィンドウを最後尾までスクロールします。または、カーソルを行末に移動します。

●[Peage Up]キー
約1画面分のウィンドウを上にスクロールします。または、前のページを表示します。

●[Peage Down]キー
約1画面分のウィンドウを下にスクロールします。または、後ろのページを表示します。

●[Esc]キー
実行中の操作を中止します。

●[Prints screen]キー
表示されている画面を画像データとしてコピーします。コピーした画像は、「貼り付け」で利用できます。

●[Num Lock]キー
テンキーでの数字の入力を切り替えます。押すたびにON/OFFが切り替わります。ONになっているときは、[Num Lock]と書かれたランプが点灯するようになっています。もし、テンキーでの数字入力が出来ない!!なんて時は、このランプが点灯しておらずOFFになっている場合があります。

●[Caps Lock]キー
[Shift]キーと一緒に押すことで、ON/OFFが切り替わります。ONだとアルファベットが大文字で、OFFだと小文字で入力されます。

最後に

今回ご紹介したキーは、ファンクションキーと同様に普段使わないものが多いかと思います。しかし、矢印キーで少しづつ移動するなどの手間が省けたりと、ファンクションキー同様に役に立つキーなので、ぜひ活用してみてください。

データの引っ越し方法とは??

新たにパソコンを買い替えた際に、恐らく多くの方が不安に思われるのがデータ移行ではないでしょうか。
古いパソコンから新しいパソコンへの引越し方法を知っておけば、大きな不安解消に繋がるでしょう。

今回は、3つの引越し方法をご紹介していきます。

 

すでに備わっている機能を利用する

「Windows転送ツール」が利用できます。これは、メールや作成ファイル、設定などを、Windowsパソコン同士で転送することが可能な機能です。
このツールを使うことで、任意のファイルや設定、アプリケーションなどを移行することが可能です。なお、「Windows移行アシスタント」を古いパソコンにインストールすることで、異なるOSでもデータ等の移行ができるようになっています。ただし、アプリケーションなどはOSが違うと利用できません。そのため、別途代替ツールなどを探す必要があります。

データ移行ソフトを利用する

Windowsの場合、Windows転送ツールはアプリケーションの移行まで対応していません。そのため、アプリケーションのコピーに対応している市販ソフトを用意する必要があります。
このとき注意したいのは、データの引越し先となる新しいパソコンで利用するWindowsのバージョンです。Windowsのバージョンが異なると、対応するアプリケーションのバージョンが違ったり、旧バージョンでは利用OSに対応していなかったりする可能性があります。
セキュリティ上問題とならないように、アプリケーションの最新バージョンや対応OSを事前に確認しておいてください。

手動バックアップで引越しする

外付けハードディスクやUSBメモリー、DVD-Rなどのリムーバブルメディアを利用すれば、古いパソコンから自分が必要なファイルのみを新しいパソコンに引越しすることが出来ます。
引っ越しするファイルやアプリケーションを1つずつ自分で判断するため時間は掛かりますが、必要のないものまで移行させてしまう無駄を省けます。
また、Windowsには自動バックアップの機能が備わっています。バックアップデータをリムーバブルメディアに保存しておけば、万が一の際にも安心です。

クラウド経由でデータ移行する

古いパソコンのデータをクラウドにアップロードしておきます。続いて、新しいパソコンにクラウドにアクセス設定します。
設定が完了したらログインします。多くのクラウドはログイン後に自動的にデータをダウンロードするので、引越しをあまり意識せずにデータを移行できます。
また、クラウドを利用することでデータがクラウドにも保存されるので、引越し作業と同時にバックアップも取れるので、一石二鳥ですね!

 

実際にデータの引越しをやってみると、意外と簡単にできます。ツールから機能を選んでクリックするだけだったり、外部の記録メディアにコピーするだけだったりと、「これだけで終わるの?」とむしろ不安になるほどかもしれません。
パソコンのOSが変わると、操作性や使用可能なソフトウェアも変わってきます。そのためデータの引越しよりも、むしろ操作の違いに慣れる方が時間を要するなんてこともありそうですね。

 

Windows 10 Anniversary Update

正式リリースから1周年を迎えたWindows10は、2016年8月2日に「Windows 10 Anniversary Update」を配信しました。
基本的には、恒例のバグ修正やパフォーマンスの向上を中心としたアップデートですが、インターネットの回線速度が低下したり、パソコンの設定がリセットされたりなどの問題が取り上げられています。
主な、問題として下記の内容があるようです。
・ダウンロードが途中(○○%などユーザーによってまちまち)で止まる
・アップデートが完了せず自動的に従来バージョン(November Updateなど)に戻る
・再起動のループに入る
・マウスやキーボードが無効化される
どの症例も、インストールができないか、仮にできたとしてもすぐにシステムがダウンしてしまうなどの障害が出るケースがあるようです。
新たにインストールしたWindows 10 Anniversary Updateを削除することで問題が解決するそうです。
また、Anniversary Updateには以前のビルドに戻す機能が搭載されていて、インストールから10日以内であればインストール前の状態に戻すことが可能で、Windowsが公開している方法は以下の2つがあります。

  1. 回復環境を利用する
    (1)パソコンを再起動します。サンイン画面で、Shiftキーを押しながら電源→再起動を選択します。
    (2)パソコンが再起動したら、オプションの選択画面が表示されたら、トラベルシューティング→詳細オプション→以前のビルドに戻すを選択します。
    このオプションがない場合には、方法2を行います
  2. セーフモードで設定アプリを使う
    (1)パソコンを再起動します。サンイン画面で、Shiftキーを押しながら電源→再起動を選択します。
    (2)パソコンが再起動したら、オプションの選択画面が表示されたら、トラベルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定→再起動を選択します。
    (3)パソコンが再起動すると、オプションの一覧が表示されます。4またはF4を選択してセーフモードでパソコンを起動します。
    (4)設定アプリを開きます。
    (5)更新とセキュリティ→回復の順に進みます。
    (6)”以前のビルドに戻す”の下にある開始ボタンをクリックし、表示される手順に従います。

上記の症状がでるのはすべてのユーザーではなく、問題なくインストールが完了するユーザーも多く、一部の障害とみられています。
Microsoft社員によるユーザーコミュニティーへの投稿によれば、同社は既に事態を把握しており、詳細が判明次第、情報共有していくとのことです。
また、当面の対策としては、Microsoftがこの問題を解決するまで、アップデートのインストールは避けた方が無難でしょう。