CPUの違いの見方

こんにちわ、JEMTCです。

今回はCPUの見分け方について載せていきたいと思います。

前回の記事で、CPUには色々な種類があること
ベンチマークソフトというものを用いて性能の評価基準にしていること。
をお伝えしました。

今回は、さらに細かい分類などを見ていきます。

CPUの世代と末尾番号

例えば、車にカローラがあります。
カローラにも色々な派生がありますが、このカローラ〇〇が前回お話したi3やらi5といったものに当たります。
その派生の中にカローラⅡがありますが、初代は82年で99年まで出ていました。

この82年のカローラⅡと99年のカローラⅡは全く同じ仕様・性能でしょうか?
答えはNOです。
技術の進歩などで、中の部品が新しくなり、あらゆる面で優れたカローラⅡが生まれます。

CPUも一緒で、corei3は2010年に発売だったり、i5は2009年が最初です。
実は皆さんが良く知るcorei7は2008年です。

i7=新しい というわけではありません。

初登場から、技術革新が何度もあり、そのたびにCPUもマイナーチェンジを繰り返しこれを第○世代 という言い方をします。

現在は第10世代が出てきております。
性能も凄まじいですが、お値段も凄まじいので一般の方はまず買いません。

では、まずパソコンのCPUの型番と種類を見てみましょう。
私のパソコンを例に見てみます。

※コントロールパネルからシステムとセキュリティーを選択しシステム。をクリックすると表示されます。

まず、最初のIntel(R)はメーカー名です
Core(TM)I5 とあるのでi5クラスということになります。
2520は第2世代のCPUとなります。

世代の見方は簡単で最初の数字が2なら第二世代 9なら第九世代
数字が三桁のみの場合は第1世代。初期型ということですね。

皆さんのCPUはどの世代だったでしょうか?
譲渡会でお譲りした方の殆どが第二世代。第三世代のものだと思います。

では、第二世代と第三世代、性能差はどれぐらいあるのか?が気になりますよね

前回でてきた、ベンチマークのスコアで見てみます。
※比較データが違うため前回の基準とは数値の計算方法が違います。
2520の方と大体同じCPUで比べてあります。

Core i5-2520M スコア3531
Core i5-3320M スコア3960

意外と差がありません。
このぐらいの差だと違いを実感することはおそらく出来ないでしょう。

実は第二世代と第三世代は大きな進化はありません。
新しい技術が出来たから対応させたよー ちょっとエネルギー効率も上がったよー
ぐらいの違いです。
第2世代I3だと2700ぐらいのデータがありますのでクラスが変わると大きく差が出るのがわかります。
ちなみにCeleronになると第4世代と比較しても2000を切っています。
Celeronは5年以上前のi3に勝てないか同レベル。という事ですね。

つまり、2世代3世代なら対して差は生じないんです(譲渡会PC基準です)
もちろん新しい規格に対応していたり、内蔵グラフィックが向上していたりと
目に見えない部分が強化されているので世代が高いほうが選ぶ価値はあります。

ですが、単純な処理能力。という点では明確な差は実感できません。
でも第四世代は大きな技術革新があったのでスコアも1.5倍近くまで伸びています。
もし譲渡会に並んでいたらチャンスですね!

CPU型番の末尾

譲渡会でよく、ご自分のパソコンを持ち込んできて見てください。
といったことがあります。

「最近遅いんですよー、高いi7なのに」
といった方ですね。

世代によって性能差はあまりありませんが、実はノート用、デスク用や
ハイパワー用や低出力型など更に細かく分類されています。

これは一般のパソコンも同様に決められたルールでひと目で分かるようになっているのでいくつか覚えておくと、パソコン選びに選択肢が広く持てるようになります。

HK高性能かつオーバークロック対応モデル。
H高性能モデル。
HF高性能モデルかつ、内蔵GPU無効化モデル。
U省電力モデル。最もよく見掛ける、現在のスタンダードモデル。
Y超省電力モデル。主に超薄型PCに搭載される。
HQクアッドコアかつ高性能モデル。
MQクアッドコアかつ高性能モデル。第4世代までの採用。恐らくHQの先代モデル。
MX高性能モデル。第4世代までの採用。恐らくHの先代モデル。
QMクアッドコアモデル。第3世代まで採用。
MモバイルPC用モデル。第4世代までのスタンダードモデル。

たくさんあって覚えきれませんね・・

同じCPUであってもこの末尾がMとYだけでも30%以上性能が下がってしまいます。
これは、搭載されるパソコンの冷却性能や電源容量などで変わってきます。
高い性能のCPUは当然熱が出ます。これを冷やすことが出来ないとあっという間に壊れてしまいます。
(最悪燃えます。)
つまり冷やすだけのパーツが内蔵していないから低出力版のCPU
冷やすのに十分な構造、冷却パーツ、電源容量!が確保できるものはHQなどの末尾番号がついたCPUが入ります。

同じi7でもこれを知らないと、こっちのほうが同じi7でも安いじゃん!といって‥後であれれ?となる場合もあります。
こんな細かいところまで、普通は電気屋でも教えませんので、知っておくと得をする場面が出てくるかも?

i7のパソコンなのに遅い!と言う前に種類などを調べてみると
元々早くない。というのがわかってスッキリするかもしれません。
普段使いでは気にしませんが、原因解明の助けになれば幸いです。

CPUの違い・選び方

こんにちわ、JEMTCです!

今回は、CPUについてのご紹介になります。

CPU単体でのお話は以前のブログにも少し出てきましたが
今回の記事はもう少し詳しく、皆さんがパソコン選びに参考になるかもしれない
知識を載せていきたいと思います。

CPUの種類

CPUは一つの部品ですが、性能の善し悪しでブランド(看板名)が変わってきます。
よく、学校などで全国模試をやったりしますがCPUはその模試の結果によって様々なクラスに分けられます。
現在、最高の性能はCore i9(あい ないん と呼ばれます)というクラスに分類されます。
全模試で優秀な成績を収めた事になりますね
一番下にCeleron(セレロン)があります。
残念ながらいい結果を残せなかった方々です。

その他にはCore i3・5・7(アイスリー アイファイブ アイセブン)があります。

こういうシールがパソコンに張ってあると思います。

来場者さんの中にはCPUはi3が良いとか、I5をください。とおっしゃる方もいます。
これは、どのクラスのCPUが欲しいか、ある程度わかっているのだと思いますが・・
では、実際どれぐらいの差があるんでしょうか?

CPUの性能差は?

答えは「具体的には、よくわからない。」になります。
1つはCPUの部品単位でのお話になり、そもそも理解が出来ない。
2つ目は、普通の方は、CPUの性能差を理解する「ものさし」がありません。
性能差を理解するために予備知識が必要になっちゃいます。
私達が、譲渡会でお伝えする時は、理解しやすいように大体こんな感じです。というざっくりとした説明をします。

数値で答える事ができないのが大きな要因です。

では、CPUの性能はどうやって評価されるのか。
これは、ベンチマークソフトを利用しています。
ある一定の負荷をかけてどれだけ処理ができるのか。を数値にして評価の基準にしています。
新発売のCPUが発表された際に、どれぐらいすごくなったのか。を数値で紹介できるため
販売メーカーの営業さんなんかはこのデーターを元に宣伝したり、レビューを行います。

例えば譲渡会でよく見られるセレロンは大体平均で500点程度のスコアになります。
※スコアはPassMarkというCPU製品のレビューによく使われるソフトの統計データを参考にしています。
※譲渡会PCとおおよそ性能が近いもので大体の数値をだしています。

この数値は、大体の人がネットを検索したり‥を明確に遅いと感じるスコアです。

では、i3を見てみましょう。
型番によりばらつきはありますが1500前後が平均的な数値になります。
この数値は、やや低性能と言われています。
ネットで検索したり…といった程度なら普通に使えます。

次にi5を見ると、譲渡会によくある型番の平均はおよそ2300前後になります。
ここでようやく、平均的なスコアになってきます。
動画を見たり‥といった事が視野に入ってきます。

ここでの評価の目安は現在のインターネットを快適に。が目安になるので
評価は厳し目になっています。

ちなみに最高ランクのCPUはスコアが15000を超えて来ます。
もう何もかもがサクサクの快適ライフでしょうね

ちなみに私のパソコンはi5の譲渡会でお譲りしていたノートパソコンですが2000ぐらいでした
youtube等も回線が安定していれば快適だったのでやはり2000前後は動画視聴なら欲しい性能かもしれません。

まとめます

パソコンを動かす脳みその働きをするのがCPU

そのCPUも処理能力の高さによってクラス分けがされている

Celeronが一番低く 現在はi9がもっとも高性能CPU

性能差はベンチマークソフトによって算出され性能の評価の基準になっている。

譲渡会や電気屋さんでもi3はお値打ち価格に入りますが
情報量がどんどん増えている昨今,普段使いでもi5クラスを使いたいところですね!

次回はCPUの世代についてお届けします。

CPUの違い、周波数

こんにちわ、JEMTCです。
寒くなってきましたね。風邪などにも注意をしていきたい時期です

今回は、CPUの動きの簡単な仕組みをお話したいと思います。
パソコンを選ぶ際にもっとも重要な要素になるCPUはざっくりでも
色々覚えておくとお得なお買い物に出会ったり
お得に見えて実は…という製品を見極めるヒントになったりします。

早速見ていきましょう。

動作周波数

CPUに限らず、電化製品は電気信号で動いています。
この電気信号がどれだけ流れているか。がCPUの演算速度になってきます。

例えば、人間は心臓が一回動くと心電図の波形が一回動きます。
これが10回動けば10回動きます。
これを単位でHz(ヘルツ)といいます。一回だけなら1Hz 100なら100Hzとなります。

CPUはどれだけ性能が低くても1GHzは出ています。
1Gは1000☓1000☓1000 です。 なんと10億回です
1秒間に10億回信号を発し演算・処理の命令などを行っています。

つまりこの数字が高いほど、CPUの考える速度が速い。ということになります。
ただしCPUのクラスが同じ場合。に限ります。
CeleronとCorei3の1Ghzでは比べられません。

動作周波数を上げることはできるのか。

動作周波数をあげることは、できます。
ただし、その場合詳しい知識と、燃える。等のトラブルが発生することも考えて作業ができる事が条件になってきます。
ソフトウェアで上げたり下げたりできるものもありますが、自己責任になり
一切の保証はありません。

そのかわりにターボブーストという機能があります。
下記の図は自分のパソコンのデータですが、2.5GHzとなっていますが
2.65GHzで処理されています。

これはi5やi7などの高規格CPUにのみ搭載されている機能です。

CPUを見る際に多くの方が気にしているのがコア数というものがあります。
2コアとか4コアとか32コアなんてものもあります。

これは、1つ仕事に対して何人で仕事しますよーというものです。
コア数が多くなればそれだけ同時に色んなことを処理できるようになります。
二人で処理する必要のない仕事の場合は、片方が休眠し、その分のエネルギーを片方に回します。
二人より、一人のほうが仕事効率がいい場合は人間にも多々あるとおもいますが CPUはその分、一人の力を増大させてくれるのです。

Corei5・i7の製品はやや値段があがりますが、選ぶ価値が高いわけです。
もっと細かい、項目まで見始めると結局どれが良いのだ!?となってしまうので
ここでは動作周波数がCPUの性能に大きく関わってくる。ということ。
その中でもi5やi7はターボブーストにより、数値以上の効果を発揮すること。

を知ってもらえればと思います。

ちなみに、特に仕事が無い場合は、周波数を落として休んでる状態だったり
熱がたくさん出ている場合は、わざと周波数を落として自己防衛をしたりと常に一定ではありません。
(お湯を沸かして吹きこぼれたら電気が切れるあれと一緒です。)
動作が遅いなあ・・急に遅くなったなぁ・・などが起きた時は上記どちらかも影響していることが多いです。

少し待てば安定することも多いので、CPUが落ち着くまで待つ余裕があるといいですね

パソコンの部品紹介-サウンドカード

今までパソコンに搭載される部品についての紹介をしてきましたが

今回は「サウンドカード」という部品について紹介します!

パソコンの部品の中でも、グラフィックボードと同じく

あまり知られていない部品だと思います。

サウンドカードってどんな部品?

サウンドカードはその名の通り、パソコンから音を出す為にある部品です。

今ではパソコンで音楽を聞いたり、動画を見たりする事は当たり前のように感じますが

初期のパソコンには、サウンドカードが搭載されていなかったので

機械音(ビープ音)しか出す事が出来ませんでした。

その為、パソコンを使う上でほぼ必須の部品といえます!

今のパソコンにはマザーボード(基板)にあらかじめ

サウンドカードの機能が組み込まれている事が多いので

単独のサウンドカードは少なくなってきました。

しかし、パソコンにあらかじめ組み込まれているサウンドカードは

必要最低限の物である事が多いので

パソコンから聞こえる音が悪いと感じている方や

より綺麗な音で音楽や映画を楽しみたい!と思う方は

別売されているサウンドカードを取り付けてみてはどうでしょうか?

サウンドカードを取り付けるには

サウンドカードにはパソコンの中に取り付ける内蔵型のサウンドカードと

USB端子などに接続する外付型のサウンドカードがあります。

内蔵型のサウンドカードは、専門的な知識がないと取り付けが難しく

デスクトップパソコンにしか取り付ける事が出来ないので

USB端子に挿すだけで、簡単に取り付けが出来る

外付型のサウンドカードがオススメです!

外付型であれば、パソコンを買い替えた時などに

新しいパソコンに繋げるだけで使い回せるのも魅力です。

中でも「Sound Blaster」という名前で クリエイティブテクノロジー社 から

販売されているサウンドカードが有名です。

安い物であれば数千円程度で販売されていて

安価な製品でも、サウンドカードを取り付ければ

今まで聞こえていた音との違いを実感出来ると思います。

サウンドカードを取り付けると内蔵スピーカーから音を出せなくなるので

スピーカーやヘッドフォンも必要になりますが

ビデオ通話の音声もクリアに聞こえたりするようになるので

パソコンを快適に使う上でもオススメの部品です。