やってみよう!パソコンの簡単クリーニング(外側)

仕事や、プライベートで使用する機会も多いパソコン。購入して何年も経っているのに一度も掃除したことがない…なんて人もいるのではないでしょうか?

一見キレイに見えても、意外と構造的に汚れが溜まりやすくなっているんです!

せっかくなら、キレイに使い続けたいですよね。

今回は、パソコンに詳しくない方でも出来る、ノートパソコンの簡単なクリーニング方法をご紹介します。

 

天板

パソコン本体を開閉する際、手が触れる端の部分は最も汚れやすい場所。

ツルツルしていて反射するタイプの天板だと、指紋やキズが目立ちやすくなります。

また、パソコン未使用時に本体を閉じた状態で置いてあるときに、天板にデザインされたロゴの隙間に埃やごみが溜まりやすくなります。

クリーニング方法

軽い汚れであらば、クリーニングクロスやメガネ拭きなど柔らかな布でやさしく拭きとりましょう。

このときに、ごしごしと力を入れて擦ると、布と天板の間に何かしらのごみが挟まっていた場合に、新たな擦り傷ができてしまう恐れがあります。

こびり付いたしつこい汚れは、ウェットティッシュやOA機器用のウェットクリーナーで拭き取りましょう。

 

ファン

パソコン本体の熱を排出するために付いてるファンですが、予想以上に埃が溜まりやすい場所です。

ここに埃が溜まりすぎると、排熱が上手くいかずパソコン本体に暴走熱が起こる確率が上がってしまいます。

クリーニング方法

エアダスターでノートパソコンの側面にある穴が空いてる箇所に向かって風を噴射します。その勢いで中の埃を外に排出します。

この際に、エアダスターは可燃性のものが多いので、念のために電源を切って通電しない状態で使用するようにしましょう。

また、風を噴射したときに埃がそのまま勢いよく飛び出してくるので、手元で埃を浴びないように少し斜めから噴射した方が安全です。

埃が舞ってもいいように外やベランダなどで行うのが良いでしょう。

 

最後に

今回はノートパソコンの外側に関する簡単クリーニング方法を取り上げました。

次回はディスプレイやキーボードといった内側についてご紹介します。

 

パソコンが起動しない!!そんな時に試すこと(ノートパソコンの場合)

パソコンの電源ボタンを押して立ち上げようと思ったら、パソコンが起動しない!!なんて、経験したことがある人もいるのではないでしょうか?
パソコントラブルは自分で何とかしようとするのは、ものすごく時間がかかることが多いです。
なので、今回は修理前にすぐ確認できるところのみを紹介します。

まず初めに、ACアダプターとパソコンがつながっていてコンセントにも差さっているか確認しましょう。

症状1 電源ボタンを押しても電源ランプがつかなく、パソコンの駆動音もしない

パソコン内部に不要な電気がたまりすぎるとうまく起動しない場合があります。この場合は、パソコンからACアダプターとバッテリーをはずして2,3分放置してください。
その後、まずはバッテリーとACアダプターだけをつなぎ直して電源を入れてください。これで起動しない場合、バッテリーやACアダプターの故障が原因の場合も考えられます。
その場合はACアダプターとバッテリーをはずして放置した後、バッテリーを取り付けないで、ACアダプターだけをパソコンとコンセントにつなぎ電源を入れ直してください。
これで起動すればバッテリーが故障している可能性があります。逆に起動しない場合は、ACアダプターか本体の故障が原因として考えられます。
ACアダプターの場合は、もし近くに同じパソコンを使っている人がいればその人からACアダプターを借りて確認してみましょう。

症状2 電源ランプが付いてメーカーロゴは出るけどそこから進まない

(黒い画面だったり黒い画面に白いメッセージが出て進まない)
接続している周辺機器(マウスなど)が原因で立ち上がらない場合があります。またUSBメモリーやCD,DVDが挿入されている状態でも立ち上がらない場合がありますので確認しましょう。
また、パソコンの内部時計が狂っていて起動しない場合もあります。その際は黒い画面に特定のキーを押して設定してくださいというような内容の英文が表示されます。
時計の設定はメーカーごとに方法が異なるので、わからない場合にはJEMTCの修理相談窓口までご相談ください。

最後に

上記で書いた以外にも、「windowsを起動しています」の画面のままで止まったり、青い画面に白い文字で何か書いている画面が出て止まったりなどの症状があります。
またこの他にも、起動しなくなる原因を挙げていくと切りがありません。なので、まずは上記でご紹介した方法を試してみてください。
それでもダメなときは、JEMTCの修理窓口に連絡してください。その際画面に何か表示されている場合は、写真を撮ってメールなどで送れるようにしておくと原因がわかりやすいです。

しかし原因がわかっても、結局修理に出さなければいけない場合もあるので、日頃からデータのバックアップを心がけておきましょう!

パソコンの電源が勝手に落ちてしまう….その原因と対処法

パソコンを使用中に、前触れもなく突然電源が落ちてしまうことがあります。この現象は、ハードウェアに何らかのトラブルが起きている前兆です。放置したままにしておくと、パソコンの電源が入らなくなったり、ハードディスクの破損が発生したりと、取り返しのつかないトラブルに発展する可能性があります。

今回は、電源が突然落ちてしまうときの原因と対処法をご紹介します。

 

まずは電源ケーブルを確認してみよう

基本的なことですが、よくある原因のひとつに「電源ケーブルが抜けかけているだけ」ということがあります。知らないうちに足が電源タップに触れてしまい、知らないうちにケーブルが抜けていたなんてこともあるかと思います。
まずは、こうした単純なところから疑うことが大切です。コンセントにきちんと電源ケーブルが接続されているかを確認しましょう。

ノートパソコンの場合、電源ケーブルの断線や接続不良が起こりやすくなります。断線したまま使用するのは大変危険なので、電源ケーブルに異常がないかをよく確認しましょう。

電力供給の異常

パソコンには「電源ユニット」というものがあります。電源ユニットにはブレーカーのような機能があり、最大供給電力を超えてしまうとパソコンの電源が落ちてしまいます。

パソコンに、ハードディスクドライブやCDドライブ、グラフィックボードなどを複数増設している場合には電力不足を疑いましょう。接続している機器を一旦外して、正常に動作するか確認してみましょう。
正常に動作する場合は、電力不足が原因ということになります。

CPUの熱暴走

「CPU」は、パソコンの中でも最も発熱するパーツです。CPUにはヒートシンクといわれる金属製のフィンが取り付けられ、ファンによって冷却される仕組みがほとんどです。
長く使用していると、このヒートシンクに大量の埃が溜まり正常に冷却できなくなることがあります。そして、冷却が十分にできていないと、CPUの異常発熱をマザーボードが感知し、電源を落としてしまいます。

対策として、ノートパソコンの場合には電源を落とした状態で市販のエアダスターを排熱口に吹きかけ、ホコリを除去しましょう。また、デスクトップの場合はケースを開けて掃除をしましょう。
パソコンの内部はホコリがたまりやすく定期的に掃除をすると、パソコン本体の寿命も伸ばすことができます。最低でも1年に1回は内部の掃除を行うようにしましょう。

バッテリーの異常

ノートパソコンの場合、劣化したバッテリーや故障したバッテリーが影響することがあります。取り外し可能なバッテリーを装着している場合には、一度取り外したままでしようして問題なく使えるか確認してみましょう。

 

最後に

ここでご紹介した対処法を試しても改善しない場合には、パソコンの故障も考えられます。ご自身で無理をせず、JEMTCの修理相談窓口までご連絡ください。
また、使用中にブルースクリーンの表示がでて電源が落ちてしまう場合は、メモリー異常やハードディスクの故障、Windowsのシステムファイルが破損していることが原因になります。その場合には、別の対処が必要になります。
あわせてご相談ください。

 

パソコンの熱暴走対策について考えてみよう

パソコンを利用している中で、気温や室温の上昇により、パソコン本体の温度も上昇して電気の流れが滞るなどして急に電源が落ちてしまうなどの現象が起こることはないでしょうか??
これがいわゆる「暴走熱」。そのまま使い続けることで、故障に至ることもあるので注意しましょう。また、作業が中断してしまうだけでなく、大事なデータを失ってしまうこともあるかもしれません…
そうならないようにも、今回は予防対策をご紹介します。

 

1.ファンを掃除する

まずは、パソコンに内蔵されているファンをきれいにしましょう!!ファンをきれいにすることによって、換気効率が上がることで放熱を助けます。
ホコリやゴミが絡み付いていると熱を持ちやすくなるので、定期的に掃除をするのが理想的です。
また、利用しない時にはパソコンを閉じて、ケースに入れるなどしてホコリの侵入を防ぎましょう。

2.パソコンの置き場を変えてみる

パソコンの側面や背面を壁や棚にぴったりとつけていると、放熱の妨げになるため、パソコン本体の温度が上がりやすくなります。
壁や棚などとは少し間隔を開けておくと、風通しがよくなります。そして、特に注意したいのがパソコンの通風孔で、ふさがないよう意識しましょう。
また、陽当たりの良い場所も温度が上がりやすいので避けるようにしましょう。

ノートパソコンは、底の部分から熱を逃す構造になっているものがほとんどです。膝の上やベッドの布団の上などで使用していると熱がこもりやすくなすため注意が必要です。
底を浮かせるグッズなどの利用をおススメします

3.冷却グッズを使う

暴走熱を防ぐために、パソコンの冷却機能のあるグッズを使うのも手です。
外付けのファンや、パソコンの下に敷く冷却パッドや冷却シートなど、多くのグッズが販売されています。

4.使わないアプリケーションは終了する

たくさんのソフトを立ち上げていると、CPUに負担がかかりパソコンの熱が上がりやすくなります。
使わないアプリケーションは終了して負担をできるだけ軽減するようにしましょう。

 

今回ご紹介した方法を組み合わせて、大事なパソコンを暴走熱から守りましょう!!!