パソコンでお絵描きしよう!

パソコンで書類作成したりインターネットサーフィンをされる方は多いと思いますが、お絵描きされる方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回はインターネット環境がある方におすすめ!ブラウザ上で簡単にお絵描きできるアプリをご紹介します。

 

pixv SKETCH

pixv SKETCH

WEBサイト⇒ https://sketch.pixiv.net/
鉛筆風ブラシを中心にした、スケッチやラフなどが描けるツールです。

その場で落書きするだけの場合は新規登録不要!
「描いてみる」ボタンをクリックすると、お絵描きページへ移動できます。
 

ツールの紹介

ここではお絵描きページの各ツールを紹介します。
直感操作ができるシンプルなつくりなので、説明書がなくても使いやすいかと思います。

 
 
 

①鉛筆

その名の通り、線を引くためのツールです。鉛筆のアイコンを二回クリックすると描画線の一覧が表示されます。鉛筆のような線から毛筆ような線まで、さまざまな書き味の線を選ぶことができます。

 
 
 

②消しゴム

その名の通り、書いたものを消すためのツールです。
こちらも鉛筆ツール同様に、消しゴムのアイコンを二回クリックすると、消しゴムの一覧が表示されます。ごしごし消せるような物から、ふんわり消せるような物まで、さまざまな消し味の消しゴムを選ぶことができます。
 
 

③ぼかし

描写部分をぼかすためのツールです。
紙の上に引いたばかりの線を指でこするとその部分がにじむように、このツールを使えばドラッグした箇所をぼかすことができます。鉛筆ツールや消しゴムツールと同様に、ぼかしのアイコンを二回クリックすると、ぼかしのニュアンスを選ぶことができます。

 
 
 

⑤塗りつぶし

囲まれた線の内側を任意の色で塗りつぶすためのツールです。
線の始まりと線の終わりがつながっていないと、色がキャンバス全体に広がってしまうため、塗りつぶしたい部分がきっちりと線で囲えているか注意しましょう。
 
 

⑥スポイト

色を吸い出すためのツールです。
すでに描画されている部分をクリックすると、触れた部分と同じ色を吸い出すことができます。どの色を使ったか忘れてしまった際に使用すると便利です。
 
 

⑦カラーパレット

描画色を変えるためのツールです。
基本的な色はあらかじめセッティングされています。使いたい色がない場合は、適当なパレットを二回クリックしてください。色相環が表示され、自分好みにブレンドした色と置き換えることができます。



 

⑧拡大と縮小

キャンバスを拡大および縮小するためのツールです。
見づらくて拡大したい時は「+」マークのついた虫眼鏡をクリックし、拡大しすぎてしまった時は「-」マークのついた虫眼鏡をクリックします。好みの大きさになるまでクリックを繰り返してください。
 
 

⑨自動着色

その名の通りコンピューターが自動で絵の着色を行うツールです。
何色で塗ればいいのかわからない時は、自動着色ツールを使ってみましょう。普段の自分では選ばないような色で着色されることもあるため、とても面白い機能です。

描き終えたら…

描き終えたら、絵の保存をすることも可能です。
ブラウザの左上あたりにある歯車のアイコンをクリックすると、一覧が表示されます。その中から「画像でダウンロード」を選択しましょう。画像がPNG形式で保存されダウンロードされます。



 

終わりに

いかがでしたでしょうか?
ソフトのダウンロードや初期設定するは手間なし!ブラウザですぐ描けて、自動で着色できるなんてとても便利ですね。マウスを細かく動かす練習にもなりますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

WI-FIがつながらない!?その2:環境改善

こんにちわJEMTCです

前回wifiのトラブルについて取り上げましたが
意外と多い、環境での問題

電波は目に見えませんから意外なもので電波がシャットアウトされても人間にはわかりません。
鉄筋コンクリートで作られたのか、木造なのか・・等など。

電波は壁を貫通することはできませんから、障害物があれば遮られます

階層が別れている場合

多いのが1階2階でルーターとパソコンが別れている場合です
途中に遮蔽物があればあるほど電波は弱くなります

対策として一番確実なのはパソコンと同じ部屋に設置になっちゃいますが
中々そうはいかないですよね

そんなときに重宝するのが中継機です。
テレビの中継とイメージしてください。

パソコンとルーターの間にもう一つ電波を中継する機会を置くことで
電波の弱まりを防ぐことが出来ます。

これはコンセントに刺すだけの簡易的なものですが2000円程度のものになり
安価で導入できます。

ただし、取り付けたら全自動ではありません。
中継機自体に無線の設定を必要とするのでよく説明書を理解する必要があります。
しかも取り付けて効果があるかどうかは取り付けてからじゃないとわからないので思った効果が出ない場合もあるのは理解しておいてください。

意外な邪魔者

次に多いのが電波干渉です。
隣の部屋にルーターおいてあるのにwifiが不安定だーという声も聞きます。
直接見れないのでアドバイスが難しいところですが
ルーターとパソコンの間にアレが潜んでいたりしませんか?

そう、電子レンジです。
電子レンジは強力な電波装置なのでwiif等の電波はかんたんにかき消されてしまいます。

他にも身近なものとしてBluetoothがあります。
Bluetoothとwifiは同じ周波数を飛ばしてます。
もし、Bluetoothのマウスやスピーカー等おを使っていて電波が不安定!という人は
一旦全部のBluetooth機器を外して電源をOFFにして試してください。

問題が改善したらBluetoothが原因です。

意外な邪魔者2

他にも意外な邪魔者がいます。

湿気です。

現在、家で加湿器をおいている家は多いと思いますが、その湿度が電波を弱める原因にもなります。
水や金属に弱い・吸収される特性があるので、なるべくそのようなものは付近に置かない。
つながっている端末を少なくする(多いほど電波は弱くなります。)
一般家庭ならスマホも合わせて2~3台程度にすると良いでしょう。

できるだけ高いところ(床から1,2m程度)にルーターを設置するなど
身の回りを改善する事で電波の干渉・遮断を防ぐことができるかもしれません。

集合住宅はつながらない時間がある。

集合住宅の場合は、マンション全体でインターネット契約をしている場合があります。
この場合、他の住人と回線を分け合ってしまうので
皆が使う時間は繋がりが極端に悪くなる場合がります。
朝・昼・夜でお試しいただき、つながりが悪い時間があれば
諦めて使うか、時間をずらすしかありません;

LANケーブルの選び方

こんにちわ、JEMTCです

今回は前回ご紹介したLANケーブルの種類と選び方について載せていきたいと思います。

1:LANケーブルの種類

スタンダードタイプ
太くて丸くて硬め。最も一般的なケーブルですね

スリムタイプ
細くて柔軟なタイプです。

フラットタイプ
ケーブルが平たく薄いタイプ

金属外皮タイプ
金属で覆われているのでペット対策に

どれも魅力的ですね!

前回、ご紹介したカテゴリーが一緒なら性能差はほとんどありません。
美しく配線したい!という人なら柔らかいスリム・フラットケーブルが良いです。

ただし、薄いということは衝撃に弱かったり外部からの干渉(電波)などにも
影響を受けやすくなります。
(私は、気になったこと有りませんが…)

スタンダードタイプのネットワークの安定性は先のものよりは勝りますが
一般家庭では気にする必要は殆どありません。
フラットケーブルからスタンダードにかえて劇的に変化!
みたいなことは起こりません。

強いて言うならルーターからHUBを通してパソコンに繋いでいる場合は
ルーターからHUB間はスタンダードが良い。という話も聞きます。
とはいえ、ご自宅の環境によって良し悪しも変わると思うので、気に入ったのでいいと思います!

私は、配線時に太いケーブルが目障りだったので全部フラットタイプに変えてしまいました^^;

2:ケーブルが長くなると遅くなるって聞いたけど?

50Mや100Mならたしかに遅延なども発生しますが
一般家庭の長さなら気にする必要はありません。

3:使えるケーブルと使えないケーブルがあるって聞いたけど?

昔はストレートケーブル・クロスケーブル
という種類があり、詳しい話は省きますが
ネットをするときはストレート
パソコンとパソコンをつなぐときはクロスケーブル

というのが有り大変面倒でした←間違えた人

現在は、そういった縛りはないので気にする必要はありません。
・・良い世の中になりました!

ちなみに、JEMTCは全国各地へ飛び回って譲渡会をやっているのですが
宿泊先のホテルに有線ケーブルが置いてない!もしくはすごく古い
なんてこともあるので・・・

こういった、巻取り式の物を持ち込んでます。

以上で紹介を終わります。
良さそうなケーブルは見つかりましたか?

良いケーブルで良いインターネットライフを!

LANケーブルの規格

こんにちわ、JEMTCです!
最近、急に寒くなってきましたね。風邪等に気をつけて楽しいパソコンライフをエンジョイしてください、

さて、今回、ご紹介するのはLANケーブルです。

情報処理に使われるケーブルは進化を続けており
新しい物ができるたび、それに対応しようと開発が続けられております

LANケーブルもネット回線の高速化に伴い進化を遂げています!
知らずに古いケーブルを使っているとせっかく最新のネット環境を手に入れても真価を発揮できません。

今回のご紹介でお手元のLANケーブルを確認して
古い規格のケーブルを使っている人の手助けになれば幸いです!

では、早速見ていきましょう!

1:カテゴリー

LANケーブルはカテゴリーと呼ばれる規格で分かれています。
数字が大きいほど、通信速度が早い規格ということです。

よく、○○光! 1G! というのを聞いたことがあるかと思います。
せっかく光回線で1Gbps回線を契約!となっても 「CAT5」のケーブルを使っていては意味がありません。

「CAT5」のケーブルは100M(0.1G)までしかデータを送れないんです
光回線を使っている方は「CAT5e」以上のケーブルが望ましいです!

2:CAT7Aのケーブルを使えば高速化になる?

CAT7Aを買えば早くなるのか!と言われればそうではありません。
厳密に言えば早くはなりますが、日常使いで気にすることは無いと思います
というのも、「CAT7A」は10Gbps対応です。契約が1Gだった場合、それ以上になることは有りません。
おまけにお値段もそこそこするので数字が高ければ良い。という事でもないのです。

光回線で普段使いの方なら「CAT6」がオススメです!
「CAT6」は1Gbpsまで対応しており、同じ通信速度の「CAT5e」よりも多くのデータ転送ができるので
お値段や性能のバランスから「CAT6」が良いと思います。

3:CAT6は良いけどどこを見ればいいの?

実際に使っているLANケーブルを調べてみました。
わかりにくいですが、CAT6と書いてありますね。

このように、ケーブル自体に記載があるので、前から家にあるやつ‥を使っている方は、チェックしてみるとふるーい規格の物だったり・・・?

実際私も知らなかった頃は「何でも良いやろ!」と「CAT5」で光通信をしていたことが…
※CAT5のケーブルは100Mbps・・・0.1Gbpsである

さあ、お使いのLANケーブルを確認して、古い規格を使っている方はLANケーブルをアマゾンや電気量販店でご検討ください!

たくさんあるしよくわからない方はエレコムさんの商品であれば大体大丈夫です。
現在は、CAT6とCAT6Aの値段差が殆どないのでCAT6Aを買ってもいいですね!損にはなりません

以上。次回はLANケーブルの種類(ケーブルの違い)をご紹介していこうと思います!