Wi-Fi電波の“G”と“A”の違いについて

ここ近年ではご自宅をはじめ、いろいろな場所でWi-Fiをつなぎ無線インターネットを楽しむことができます。

そのWi-Fiを接続するときには、ネットワークの名前【SSID】をパソコンに入力しますが、SSIDには末尾が「G」と「A」の2種類あることはご存じですか?

Wi-Fi電波は「G」「A」2種類

Wi-Fi電波には「G」と「A」の2種類があります。

これにはそれぞれに特徴があり、状況に合わせて使い分けることで快適にWi-Fiを利用することができます。

遠くまで届いて、障害物に強い“G”

SSIDの末尾に「G」と表示される電波は、2.4GHz(ギガヘルツ)という周波数を使用しています。

この電波の特徴は、「遠くまで届く」「壁や天井などの障害物 に強い 」ことです。

電波を発する無線ルーターから遠い場所でWi-Fiをつなぐときにはこちらの電波を利用しましょう。

“G”はこんなことに気を付けて

ですがこの2.4GHzの電波は、電子レンジやBluetoothにも使用されていて、同時に使用すると互いに干渉し接続が不安定になってしまいますのでご注意ください。

高速・大容量通信が得意な“A”

一方、末尾に「A」と表示される電波は、5GHzという周波数を使用しています。

その特徴は、「高速」で「大容量」の通信ができることです。

また、この5GHzの周波数は、一般家庭の家電製品には使われないため電波干渉の心配がありません。

“A”はこんなことに気を付けて

その反面、電波が届く距離が短く、障害物にも弱いので、無線ルーターから離れた場所で使うことはおすすめしません。

また、5GHzは新しく登場した周波数の為、お使いの端末が古い場合は使用できないことがあります。

“G”と“A”は状況に合わせて使い分けよう

なんとなく同じWi-Fi電波としてつないでいた“G”と“A”の電波。

今回のブログを読んでいただいた後は、周りの状況に合わせて使い分けましょう。

ルーターの場所は? 距離は近い? 機器の新しさは?

上手に“G”と“A”を使い分けて、Wi-Fiのインターネットを楽しみましょう!

セキュリティソフトってどれを使えばいいの?

こんにちわ、JEMTCです。

前回でセキュリティの重要性やウイルスの知識等を書きました。
今回は、じゃあ、どんなセキュリティソフト使えばいいの?
という疑問が出てくると思います。

安いセキュリティソフトや無料のもの。お高いセキュリティソフト
一体どんな差があるのかを代表的なソフトを紹介していきたいと思います。

安いセキュリティ 高いセキュリティ

代表的な安いセキュリティソフトといえば
ZERO ウイルスセキュリティが代表です。
金額も安くて更新料も0円という破格のソフトになります。
検出率も95%の攻撃を防げる・・と聞くとすごいですが
セキュリティソフト業界では普通です。むしろ低め
シェア上位の製品であればほぼ100%の数字をだしてきます。

高い・・イメージで有名なところでいえば
ウイルスバスターやノートンが有名所でしょうか
大体ですが1.5倍程度の値段差があります。

では、差を見てみましょう。

主な機能として以下の物を比較します。
マルウェア性能
動作の軽さ
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策
保護者向け機能
ID/パスワード管理

ノートンウイルスバスターゼロセキュリティ
マルウェア性能
動作の軽さ
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策
保護者向け機能×
ID/パスワード管理○ID5つまで。×

ノートンやウイルスバスターさんはTOPを争っているだけに非常に高い性能を秘めています。
かたやゼロセキュリティさんは使えない機能が沢山ありますね
△マークは制限されていたり、別途オプションを購入することで可能になる。といったものです。

ゼロセキュリティさんを買ったけどパスワードも管理して欲しい!
メールも怖いし・・子供を守る機能も・・・
となると他の製品よりぶっちぎりの高価格ソフトになります。

安いものには理由があるわけですねー

しかし、ネットバンクしない、あんまりインターネットしないし・・・
といった方には丁度良いのかもしれません。使わない機能ですからね

逆に、オンラインで決算もしたいし、有害なサイトを子供に見せたくない・・
などなど、色々な所まで守って欲しい方はノートンやウイルスバスターさんを選んでおけば間違い有りません。
※ただし、機能が多い分動作は重めなので性能の低いパソコンではネックになります。

他にもカスペルスキー・ESETも高性能・高機能の部類に入ります。

このあたりから自分が重視したいセキュリティ面や機能を比較して選べば大丈夫です。

あんまり使わないよ。って方はゼロセキュリティでも大丈夫です。
ただし、重要なのは、セキュリティソフトを入れたら絶対安心。ではない。ということと
後悔先に立たず。ということです。
大切なデータを守ってくれるソフトなのでしっかり吟味して選びたいですね

ウイルスに変わる新たな手口 

こんにちわ、JEMTCです。

前回、ウイルスの歴史やらを載せました。
今回は、ウイルスに変わる手口を見ていきます。

1:新しい手口

皆さん、パソコンに色々なソフトをインストールされている方も
多いと思います。
中には、よくわからないけど便利そうだ・・入れたほうが良いらしい・・
という理由で・・・悪質な迷惑アプリをインストールしているかもしれません。

例えば
Simple Driver Updater
Driver Updater
WinZip Driver Updater
Identity Protector
Pc Speed Cat

見覚えのあるソフトは有りましたか?
もしあれば全て金銭目的の迷惑ソフトウェアとして名高いソフトたちです。

2:どうやって侵入しているのか

セキュリティソフトがあるから安心・・・している方は要警戒。
これらのソフトは無理やりこじ開けて入ってくるわけではありません。
ユーザーさん自らが招き入れて入ってきます。

しかも、迷惑ソフトと言われていますが、一応名目上は普通のソフトウェアです。
現に普通に便利だ!と思い込んで使っている人もいるわけですので。
したがって、セキュリティソフトは一切何もしてくれません。

このようなソフトに共通するのは
パソコンをスキャンし危険を促し有料ソフトを買わせる。手口です。
例えばですが・・
「フリーの霊媒師です。無料であなたの家を占ってあげます。
ムムム・・この家には悪霊が潜んでいます。危険です!この御札を10万円で買えば幸せになれますぞ!」

買いませんよね?
でもパソコンだと急に信じ込んで危ない危ない!と買ってしまう人がたくさんいます。
スキャンの結果、あなたのパソコンにウイルスが検出されました。削除するには1万円のこのソフトを買ってください。
と、警告を促してきます。
実際にウイルスが本当にいるんでしょうか?本人にはわかりませんね

この、不安を煽って買わせる物を迷惑ソフトと呼んでいます。

怪しいかも?と思ったら必ず検索してください。
危険を煽って購入させるソフトはほぼ悪質なソフトです。
起動するたびに勝手に動いて広告を出したり・・等も危険です。

そして殆どの場合個人情報も監視され抜き取られている可能性が高いです。
もし、購入などをしてしまった場合は、相手先へ連絡はしないでください。
話にならないあげくに電話番号を与えてしまうだけになります。
(日本語通じるかも怪しいメーカーもありますし)

すぐに消費者センターに相談してくださいね

3:騙し方にも工夫が

騙す方も騙そうと必死です。
こんな画面を見たことは有りませんか?

あたかもWindowsから発信されたかのようにみえます。

皆さん、覚えておいてください。

Microsoft社が我々のためにメッセージを表示することはありません。
出す場合は必ず、アクションセンターやWindowsの更新といった部分から発信されます。
セキュリティシステムの破損・・とかそういったメッセージはほぼ100%偽物です。
(というか破損しているのに秒数まで出して待ってくれるとかおかしいです。)

そして、これらはインターネットを利用している場合に表示されます。
インターネット閲覧ソフト(ブラウザ)に危険を察知して警告をだす機能は存在しません。
つまりインターネット中にポンと出てきたりページが切り替わって警告をだしたり・・もほぼ100%偽物です。
これらは全て、広告。という名目で表示されます。

何もせず画面を閉じてください。

4:いくつか私のパソコンに入ってる!どうしたらいいの!?

慌てずアンインストールしてください。
アンインストールされないように向こうも必死なので中々消えてくれない物もあります。
そんな時はJEMTC公式ページからウイルス110というページがあるので是非ご利用ください。
ソフト名とアンインストールで検索すれば詳しく解説されたページが沢山でてきます。

こういった迷惑ソフトは厳密には詐欺は行っておらずグレーな部分をついた汚い商売です。
特に日本では被害が多いので舐められてるということでしょう。

この記事で一人でも多くの人が被害に合わないことと、このようなメーカーが消えることを願います。

以下は嘘を見破る参考資料です。

フリーダイヤル・・・? 0120はどこへ?
Microsoftをうたって電話番号が東京03・・・?
アメリカ大企業のMicrosoftさんが固定電話とかありえないですよね

冷静に考えておかしいのでメッセージは良く読み良く見てみましょう。
騙そうとする、姿勢が垣間見えます。

パソコンの『メモリ』と『ストレージ』について

パソコンを新しく購入する際に、どんなところを見て購入する機器を決めていますか?

メーカー? デザイン? もちろん値段も大切ですよね。

ですがパソコン選びのいちばんの重要なポイントは、やはり性能(処理速度)ではないでしょうか。

値段は性能に比例しますので、購入するパソコンの性能が決まれば、予算も大体見当がつきます。

パソコンの性能を決める3大要素

パソコンの性能を決める要素は、『CPU』『メモリ』『ストレージ』だと言われます。

組み込まれた『CPU』の種類と『メモリ』の大きさによって、パソコンの処理スピードが遅くなったり速くなったりします。

もう一つの要素『ストレージ』はデータの保存領域のことで、数値が大きいほどたくさんのデータをパソコンに保存することができます。

実は大切な『ストレージ』選び

『ストレージ』はデータの保存領域のことで、容量が足らない時には外付けのストレージなどで補うことができます。

ですが大切なのは内蔵ストレージで、装置の種類によってパソコンの処理スピードに大きな違いがでてきます。

ストレージとしては、従来まで一般的だった『HDD』、最近主流の装置『SSD』、この2つが代表的な装置です。

この2つを比較してみると、『HDD』に比べ『SSD』の方が、データの読み書き速度が3~4倍ほど速くなります。

パソコンはデータの読み書きを繰り返す機械です。『HDD』と『SSD』の性能の差は、そのままパソコンの処理速度に大きく影響します。

今後パソコンの購入を検討する際には、ストレージに『SSD』を搭載した機器を選ぶことをオススメします。

『メモリ』と『ストレージ』

話が逸れましたが、今回はブログは『メモリ』と『ストレージ』のお話です。

ジェムテクノートパソコン有償譲渡会にご来場される方からよくこのようなご質問をいただきます。

「メモリ4ギガのパソコンにはどのくらいデータが入りますか?」

譲渡会に展示場してあるパソコンには、性能を示す立札が掲げてありますが、それに書かれた数値についてのご質問です。

『メモリ』の数値の単位は『GB(ギガバイト)』、『ストレージ』の単位もギガバイトです。

『メモリ』も一見すると保存領域に思えますね。

この二つはよく混同されがちですが、意味と枠割が異なります。

『メモリ』の役割

データの保存領域にも見えますが、先述の通り、『メモリ』の数値はパソコンの処理能力を示しています。

『メモリ』はOSやアプリケーションを動かすために、必要な情報を一時的に保存しておくための領域です。

パソコンが作業をする時に使う作業机によく例えられます。

「メモリ数 = 作業机の広さ」このようなイメージです。

作業机が広ければ、パソコンは効率よく作業ができるため、

「メモリ数が高い = 処理速度が速い」ということになります。

また、作業机の広いパソコンなら、複数のアプリを同時に起動しても、動きが遅くなりにくくなります。

メモリは作業用のデータを一時的に保存しているため、パソコンの電源を切ると、メモリにあるデータも消去されます。

『ストレージ(記憶装置)』の役割

『ストレージ』はデータの保存場所を示します。

本棚など、収納スペースのような役割です。ストレージの容量の分だけ、データを保存することができます。

WindowsOSや各アプリケーションのデータも同様に、ストレージ内に保存されます。

メモリと違い、ストレージに保存されたデータは、パソコンの電源を切っても消えることはありません。

最後に

今回のブログは主に『メモリ』と『ストレージ』の違いについてお話しました。

単位は同じですが、データを扱う役割が違うんですね。

ちなみに、ご家庭で書類を作ったりネットで動画をご覧になるよな使用用途でしたら、メモリは4ギガでも十分です。

今後のパソコン選びに、今回の内容をぜひ参考にしてみてください