Zoomミーティング セキュリティ対策はしていますか?

近年のコロナ禍の影響により、社会全体でテレワークやビデオ会議をする機会が増えています。

そのビデオ通話を行なうアプリの中でも、最も多くの人に選ばれ利用されているのが今回取り上げる「Zoom」です。

2019年12月では約1,000万人だった利用者数も、2020年3月にはおよそ2億人へと、急激に増加しました。2021年の調査ではZoomユーザーは3億人に上るといわれています。

そんなに多くの人が利用する理由は、Zoomの簡単さや手軽さにあります。

ホスト以外はアカウントが不要。参加には招待URLをクリックするだけ。特別な知識も必要ありません。

ただその簡単に参加ができるがために、Zoomはサイバー犯罪の標的になりやすく、2019年以降のZoom利用者の増加に合わせ、サイバー犯罪の検挙率も増加しています。

『Zoom爆弾』と呼ばれるサイバー犯罪

ではZoomを標的にしたサイバー犯罪にはどのようなものがあるのでしょうか。

その多くはZoomミーティングに第三者が乱入し、WEB会議の情報が盗まれたり、また画面を乗っ取り不適切な画像や動画が送り付けらるといったものです。

これらのサイバー攻撃は『Zoom爆弾』と呼ばれています。

『Zoom爆弾』への対策は?

Zoom側も得た収益の多くをセキュリティ強化の開発費用へ費やしているそうですが、『Zoom爆弾』の問題はZoom側の対応だけでは対処が難しいようです。

ですがこの『Zoom爆弾』の問題は、ユーザー自身がZoomアプリの設定を変えることで被害を予防することができます。

ここからはユーザー自身でできる『Zoom爆弾』への対策法をご紹介していきます。

■対策その1■ 最新版のZoomを使用する

Zoomでは、アプリのセキュリティを強化するため、発見される不具合や脆弱性を日々改善しています。

改善点はプログラムに反映されるため、Zoomから最新版はリリースされる際には必ずアップデートをしましょう。

Zoomのバージョンの確認と更新の方法は以下の通りです。

Zoom画面の右上にある自身のアイコンを左クリックし、メニューの「アップデートを確認」を左クリックします。
最新版でない場合は更新しましょう。

■対策その2■ 招待リンク・ID・パスワードの管理を徹底する

Zoomミーティングにゲストを招待する際に送る招待リンクやID、パスワードを管理をしっかり行なうことも、重要なセキュリティ対策です。

リンクやIDなどが外部に漏れてしまうと、『Zoom爆弾』の被害へとつながってしまいます。

Zoomではゲストを招待する方法に『招待リンクをコピー』と『招待をコピー』の2種類があります。

『招待リンクをコピー』は、ミーティングにアクセスするURLのみをコピー。

『招待をコピー』はURLとID、パスワードも同時にコピーして相手に送ることができてとても便利…ですが、誤送信してしまった場合には部外者の乱入を招く恐れも。

『Zoom爆弾』の被害にあわないためにも、招待には『招待リンクをコピー』を使用して誤送信への対策をしましょう。

またSNSのような誰でも見れる場所にURLを公開することも決してしないようにしましょう。

2種類の招待方法『招待リンクをコピー』・『招待をコピー』。招待に多少手間がかかりますが、セキュリティの強化のためには『招待リンクをコピー』を使用するのがオススメ

■対策その3■ 「待機室」機能を使う

Zoomの「待機室」機能とは、「Zoomミーティングに入る前に参加者が待機できる場所」の機能のことです。

ミーティングを開催するホストの画面には待機室欄が表示されており、参加者の名前が一覧で表示されています。

待機室のゲストは、ホストからの入室許可を与えられて初めてミーティングに参加できます。

この「待機室」機能を使えば、部外者の予期しない入室を未然に防ぐことができます。

ホーム画面の「スケジュール」を左クリックします。
メニューにある「待機室」機能をオンに切り替えましょう。
ミーティングの最中でも、「待機室」機能のオン/オフを切り替えることができます。

※Zoomの待機室は、バージョン4.0からは初期設定で「有効」になっています。

■対策その3■ ミーティングの「ロック」機能を使う。

ホスト側からミーティングをロックすることで、第三者の侵入を防ぐことができます。

たとえ第三者がIDとパスワードを知っていたとしても、ロックされたミーティングには入室することはできません。

こちらも『Zoom爆弾』をふせぐのに有効な手段です。

ミーティング中に「セキュリティ」ボタンから「ロック」機能をオンにすることができます。

■対策その4■ フリーWi-Fiを使用しない

ミーティングを開催する際には安全なインターネット環境を選びましょう。

パスワードのないフリーWi-Fiの環境でZoomを使用すると、部外者に侵入される危険性があります。

最後に

以上、Zoomのユーザー自身でできる『Zoom爆弾』へのセキュリティ対策をまとめました。

『Zoom爆弾』のようなサイバー犯罪は、想像するよりもっと身近に存在します。

皆さんも今以上にセキュリティの意識を高めてZoomを使用しましょう。

マイクロソフトを装うサポート詐欺にご注意ください

ある日、パソコンを使っていると突然ピーピーという大きなアラート(警告)音とともに、画面にはこんなメッセージが

「あなたのPCはトロイの木馬に感染しています。このウイルスはクレジットカード情報、SNSのパスワード、その他個人情報をリモートIPアドレスを通してハッカーに送信しています。フリーダイヤルで今すぐ当社にお電話ください。」

トロイの木馬とはコンピュータウイルスの一種のこと。

あなたのパソコンにコンピュータウイルまだが侵入し個人情報が盗まれようとしているので、私たちマイクロソフト社のサポートスタッフがお電話でウィルスの駆除をお手伝いします…といった内容です。

このようなメッセージが、マイクロソフト社のロゴとともに画面に表示されます。

大きな警告音が鳴っている最中の、マイクロソフトからと思しきメッセージ…

あなたなら信じてしまうでしょうか?

マイクロソフト社を装う詐欺

実はこれは、マイクロソフト社を装った詐欺行為で、サポート料の名目で多額のお金をだまし取ろうとするものです。

全国の消費生活センターに、2016年頃から被害の相談が出始め、今では年間500件以上の相談件数があるそうです。

その被害額は、1件の平均で約15万円、最高額は300万円近くにも上るそうです。

はじめの警告はただの見せかけ

大きな警告音と、マイクロソフト社を騙るメッセージ…

これらはまだ犯人がだまし取ろうとしている準備の段階。

まだウイルスに感染したわけではないので、落ち着いて対処しましょう。

また、警告のメッセージは、通常では画面を閉じる「×」印のクリックが効かない場合も。

また「×」印にも仕掛けが施されている可能性があります。

対処法は?

対処法としては、キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押して「タスクマネージャー」を表示させましょう。

次にインターネットを閲覧しているブラウザを選択し「タスクの終了」を左クリックします。

これで、警告音とメッセージを消すことができます。

パソコンの操作に不慣れな方の場合では、電源ボタンの長押しでシャットダウンしてしまうのも一つの方法です。

また、対処後には現在お使いのウイルスソフトを使ってパソコンをスキャンしておきましょう。

絶対に電話はかけないで

警告音が響く中で表示されるサポートダイヤルの電話番号と「お電話でサポートします」のメッセージ。

つい電話をかけたくなりますが、電話をしてしまうと詐欺の犯人グループとつながってしまいます。

では、サポートダイヤルを騙る電話での手口はどのようなものなのでしょうか。

犯人グループの組織は複数あるようですが、手口は似ているようです。

下記は手口の代表的な例です。

〇電話の相手は外国人で片言の日本語でサポートを案内されます。

〇パソコンがウイルスに感染したことを告げられ、遠隔操作用のソフトウェアをインストールするよう指示されます

〇インストールが完了すると、相手はパソコンを操作して警告音を止め、不審なメッセージを画面から消し、パソコンのユーザーに安心感を与えようとします。

〇その上で、ユーザーに対しサポート契約を結ばせようとします。

〇そしてそのサポート料金の数万円を、コンビニなどで購入できる前払式電子マネーで払うよう指示されます。

〇また、購入した前払式電子マネーのコードを電話口で伝えると「エラーが起きた」などと言い、前払式電子マネーを複数回買わされるケースも報告されています。

巧妙で恐ろしい手口ですね…

電話をかけ、パソコンを操作されてしまったら

つい電話をかけてしまい、遠隔操作用のソフトウェアをインストールしてしまっても、慌てず対処しましよう。

パソコンをそのままにしておくと、大切な個人情報を盗み取られてしまう可能性がありますので、まずはパソコンの電源を切りましょう。

その後は、インターネットにつながすに起動させ、遠隔操作用のソフトウエアをアンインストールしましょう。

それでも心配な場合は、パソコンをリカバリーしましょう。

リカバリーに自信のない方は、詳しい方に教えてもらったり、パソコンを購入した販売店に相談するのも手段の一つです。

最後に

実在するマイクロソフト社や、その関連会社が、パソコンに警告を出し、ユーザーに電話連絡を求めるようなことは一切ありません。

下記に、このような被害にあった際の相談窓口を記載いたします。

万が一の際に、ご確認いただければ幸いです。

マイクロソフト カスタマーサービス0120-54-2244
消費者ホットライン
(最寄りの消費者生活センターをご案内します)
188【いやや】
(局番なし)
警察相談専用窓口♯9110(局番なし)

パソコンの動作が遅い時に…

パソコンを使っていていると、動作が遅いと感じることがありますよね。

昨日までは普通に動いていたのに、今日はいつもよりも動作が鈍くて…

故障かな…? 修理が必要かも…

ですが、重くなったパソコンも、ご自身でケアをすることで本来の速さを取り戻せる場合もあります。

今回のブログでは、パソコンが重い時にご自身でできる対処法をご紹介いたします。

重くなったパソコン、修理に出す前に一度ご自身でケアをしてみましょう。

パソコンが遅くなる原因と、その対策をご紹介

パソコンが遅くなるのには、いくつかの原因が考えられます。

考えられる主な原因とその対策方法をご紹介していきます。

1.パソコンのスペックが低い

パソコンのスペックそのものが低いと、やはり動作が遅くなります。

現在のパソコンのスペックに不満を案じる場合は機器を買い替えるか、またはどこかパソコンショップに持ち込み性能を上げることが解決策になります。

メモリを増設したり、HDDをSSDに換装すればスペックが上がり動作が格段に速くなります。

メモリを増設することでパソコンの動作に余裕が生まれます。

2.必要のないアプリが起動している

パソコンを起動すると、それに合わせて自動で起動するアプリがあります。

「常駐アプリ」または「バックグラウンドアプリ」と呼ばれるものです。

代表的なものにウイルスソフトがあります。パソコンと同時に起動し、働きは画面上では確認できませんが、常にウイルスからパソコンを守ってくれています。

ウイルスソフトのような重要なアプリもあれば、バックグラウンドアプリには様々な種類のものがあります。

不要なバックグラウンドアプリは停止しておくことがおすすめです。

そうすることでアプリによるメモリの圧迫が抑えられ、パソコンの動きを早くすることができます。

不要なバックグラウンドアプリは下記のように停止させましょう。

またすべてのバックグラウンド・アプリを停止してしまうと、必要な機能まで停止してしまう可能性があります。

必要ないと判断できるアプリだけを停止するようにしましょう。

1.設定画面を表示させ、「プライバシー」を左クリックします。

2.「バックグラウンドアプリ」の項目から、OFFにしたいアプリを選択します。

3.ディスク内に「データのゴミ」が溜まっている

パソコンは使用するうちに、内部の記憶装置であるHDD・SSDにデータのゴミが溜まっていきます。

これら不要なデータを掃除することで、パソコンの動きが遅くなる可能性があります。

この不要データを掃除することを「ディスククリーンアップ」と呼びます。

ディスククリーンアップの方法を下記にご紹介します。

1.デスクトップ画面下の「エクスプローラー」を左クリックします。

2.Windows(C:)ドライブを選択して「管理」タブに切り替えます。次に表示される「クリーンアップ」を左クリックします。

3.削除したい項目にチェックを入れ「OK」を左クリックします。

4.断片化されたデータが溜まっている

断片化されたデータが蓄積すると、パソコンの動作が不安定になり遅く感じるようになります。

断片化とは、ハードディスクの中で1つのデータが分割されてあちこちに保存されている状態のことです。

断片化は「デフラグ」という機能を用いて解消する事ができます。

ハードディスクをデフラグすることで遅くなっているパソコンが早くなる効果が期待できます。

1.エクスプローラーを開いてWindows(C:)ドライブを右クリックし、「プロパティ」を左クリックします。

2.「ツール」タブを開き「ドライブの最適化とデフラグ」の項目の「最適化」を左クリックします。

3.最適化を実行したいドライブを選択し、「最適化」を左クリックします。

4.選択したディクスに「実行してから0日」と表示されたらデフラグが完了です。

最後に

パソコンが遅いと感じたときにご自身でできるケアの方法を4種類ご紹介しました。

最近動きが遅いと感じていたら、ぜひ一度試してみてはいかかでしょうか。

【音質向上】外付けスピーカー7選!

JEMTCが取り扱う再生パソコンは、家庭モデルではなく耐久性に優れたビジネスモデルが基本となっています。ビジネスモデルはオフィスでの使用を想定して作られているため、音量のボリュームも比較的おとなしめで、最大値までゲージを上げてもちょっと物足りないかも…と言うご意見を耳にします。

趣味で使用するなら音楽鑑賞や映画や動画鑑賞など、なるべくきれいな音で目いっぱい楽しみたいものです。

今日は、そんな方のためにオススメのスピーカをご紹介します。たくさん種類があるので迷ってしまった!と言う方は是非参考にしてみてくださいね。

コスパで選ぶなら…?

音質を上げたいけれど、いきなり高価格帯のスピーカーに手を出すことにはちょっと抵抗がある方にオススメ!お財布にやさしいお値段で、ちょっぴり良い音を楽しめるコストパフォーマンス重視のお手軽スピーカーをご紹介します。

 

Creative Pebble

メーカー ‎クリエイティブ・メディア
製品サイズ ‎114 ×113 ×116 cm 重量:783 g
出力4.4W
ブラック、ホワイト

★ 低音重視の迫力スピーカー ★

ノートパソコンやデスクトップパソコンのUSBポートに接続して、USBバスパワーでの動作が可能。電源アダプターが不要で、コンセント要らずのUSB電源を採用したアクティブ スピーカーです。

球状デザインのコンパクトなボディながら、最大4.4Wの出力によりパワフルなステレオ サウンドを再生。そしてリスナーへサウンドがダイレクトに伝わるよう、スピーカー ドライバーを45°の上向きに配置し、パーソナル リスニングに適したサウンドステージを実現。

右スピーカー前面には電源スイッチと音量ノブを備え、電源のオン/オフや音量を手元でコントロールが可能。スピーカー背面にパッシブラジエーターを備え、重低音の効いた奥行きのあるサウンドを再生できます。

価格.comで価格を見る

 

ステレオスピーカー

メーカー Logicool(ロジクール)
製品サイズ ‎8.99 × 8.79 ×11 cm 重量: 248 g
出力 ‎1.2 W ( 0.6W+0.6W )
ホワイト

★ 程よく良音!圧倒的コスパを誇るスピーカー ★

1,000円とちょっとで購入できる、最強コスパのスピーカーです。USB給電で使用できるので、デスクトップパソコンだけではなくノートパソコンまたはネットブックでも快適。コンパクトサイズと収納機能付きケーブルで、すっきりとしたデスク周りを保てます。

Amazonで価格を見る

 

CUBE

メーカー ‎サンワサプライ
製品サイズ ‎6 ×6.6 × 6.6 cm 重量: 400 g
出力3W (1.5W+1.5W)
ブラック

★ てのひらサイズの超省スペースなスピーカー ★

とにかく安くて軽くて小さい物が良い方にオススメ。USBケーブル1本で電源と音源を供給できる簡単接続USBスピーカー。USBケーブル1本を接続するだけなので簡単に使え、使いたいときだけさっと設置できて便利です。

パソコン内の高音質データをデジタルのままスピーカーへ送信し、ノイズ影響の少ないスピーカー内でアナログ変換することでクリアで高品質な音源を再現できます。

価格.comで価格を見る

 

Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー

メーカー Amazonベーシック(Amazon Basics)
製品サイズ 10.01 × 6.6 × 7.32 cm 重量:648.64 g
出力 2.4 W( 1.5W+1.5W)
ブラック、シルバー

★おしゃれで中音重視のスピーカー★

低音用の底部ラジエーターを備えた、USB接続電源 (5V) のコンピュータースピーカー。通販サイトで有名なAmazon製です。シンプルなプラグアンドプレイでのセットアップ (ドライバーは不要) 可能、音量を簡単に調整するためのインライン音量コントロール機能付き。 本体はつや消しのブラックメタル仕上げ、LEDアクセントライトが内蔵されており底辺 がブルーに光ります。

Amazonで価格を見る

 

音質で選ぶなら…?

せっかく外付けのスピーカを買うのなら、やっぱり音質にはこだわりたい…そんな方にオススメ!ちょっとお値段は張りますが、その分だけ音質はかなりきれいになります。

 

JBL Pebbles バスパワードスピーカー

メーカー JBL
製品サイズ 78×150×132mm  重量:1.00kg
出力 2.5W ( 1.25W + 1.25W )
ブラック

★ 低音~高音までバランスよくきれいに響くスピーカー ★

USBに接続するだけで、パソコンからデジタル音楽信号と給電の両方を受ける事ができます。ACコンセント不要なので設置の自由度も大幅に向上。USB接続時にパソコンが自動認識するので、専用ドライバーソフトなどのインストールも必要ありません。

USB DAC内蔵による高音質再生。独自のサウンドテクノロジーにより開発された、高解像度再生を可能にする50㎜径フルレンジドライバーを搭載。高効率かつクリーンなデジタルアンプがしっかりとドライブします。

価格.comで価格を見る

 

Razer Nommo

メーカー ‎Razer(レイザー)
製品サイズ ‎14 x 17 x 22 cm 重量:2 Kg
出力
ブラック

★ どっしりした低音、大音量もおまかせのスピーカー ★

ゲーミングデバイスとソフトウェアを取り扱う有名ブランド「Razer」から販売されている2.0ch アクティブスピーカーを搭載したゲーミングスピーカー です。 内蔵された3インチのドライバーはグラスファイバー繊維でコーティングされており、透明感のあるスッキリとしたサウンドを実現しています。

Amazonで価格を見る

楽天で価格を見る

 

Creative Pebble V3

メーカー クリエイティブ・メディア
製品サイズ ‎25.6 × 13.2 × 13.2 cm 重量:920 g
出力16W(ピーク出力)

★ Creative Pebbleの進化モデル! ★

人気のUSBパワー スピーカー Creative Pebbleが機能面でもさらに進化! USB Type-C対応&出力パワーアップに加え、新たにBluetoothワイヤレスとUSBオーディオ再生にも対応!!雑誌も認めるハイコスパPCスピーカー 。 USBオーディオ再生に対応したことで、より高音質なデジタル オーディオ再生と電源供給が1本のケーブルを接続するだけで実現 。

価格.comで価格を見る

 

最後に

本日は外付けのスピーカーについてのご紹介でした。
ちょっとした周辺機器でパソコンライフはもっともっと楽しい物になります。
お気に入りの一点が見つかりましたら幸いです。