パソコンでラジオを聴こう インターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の紹介

皆さん、ラジオを聴くのは好きですか?

ラジオといえば、家事をしながら、車の運手のお供として、受験勉強の息抜きに…

何かをしながら…の、ながら作業の良きパートナーです。

トランジスタラジオ、ラジカセ、ステレオオーディオセット…、以前では家庭に必ず一つはあったラジオですが、最近ではラジオを聴く人も少なくなったそうです。

ラジオは人の声で番組が進み、どこか温かみのあるように感じます。聴く人が減っているのは残念ですね。

ですが、インターネットが進んだ現在では、デジタルコンテンツとしてのラジオが普及し、メディアとしての人気を取り戻しているんです!

今回は、インターネットで聴くラジオ『Radiko(ラジコ)』をご紹介します。

『Radiko(ラジコ)』とは

『Radiko(ラジコ)』は、株式会社radikoが運営する、インターネットでラジオ番組を配信するサービス。

料金は…基本的には無料です。かかるのは、ネット通信費とパソコンを動かす電気代。

その点は従来のラジオと同じですね。

では従来のラジオと違う点は何でしょうか?

それは、デジタルならではのクリーンな音で番組を楽しめること。

選局は、聴きたい放送局や番組名をクリック。ラジオのダイヤルを回して周波数を合わすなんて、そんな時代もありましたね。

ノイズが混じったラジオの音声も味わい深いですが、好きな番組はクリーンな音で聴きたいですよね。

聴き逃した番組は『タイムフリー』で

好きな番組を聞き逃しちゃた… ラジオの時間に用事が重なって…

そんなときに便利なのが、ラジコの『タイムフリー』機能。

放送が終了した番組を、遡って視聴できます。

番組の一時停止・巻き戻し・早送りもできちゃいます。

番組がデジタル化されているラジコならではのサービスです。

こんな便利な機能も無料なんです。ただ、遡れるのは24時間までですのでご注意ください。

聴きたい番組を探せる『検索』機能

聴きたい番組がなかなか見つからない… そんな時は『検索』機能を使いましょう。

番組名はもちろん、出演者、ジャンルなどから探せば、検索結果がズラリ。

番組情報をチェックして、気に入った番組を再生して聴きましょう。

有料プランも

これまでご紹介した無料の機能はデジタルコンテンツであるラジコの特徴です。

それ以外にも、有料のプランもあります。

ラジコの『エアフリー』プラン。日本全国のラジオ番組が聞き放題です。

これまでは、電波が届く範囲の番組を聴くのがラジオ放送の鉄則でした。

日本全国の放送を聴くことができるのは、インターネットラジオならではですね。

スマホでも『Radiko(ラジコ)』

パソコンだけじゃなく、ラジコはスマホでも楽しめます。

専用アプリをインストールするだけ。もちろん無料です。

スマホ版も、パソコン版と同じ機能が使えて、ラジオ放送をとことん楽しめます。

スマホでラジオを聴いていると、まるでトランジスタラジオのようですね。

今回はインターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の良いところを沢山ご紹介しました。

気になった方は、いちど『Radiko(ラジコ)』でラジオを聴いてみてください。

パソコンをしながら? 家事をしながら?

ながら作業が、きっとはかどりますよ!

ショートカットキーでワープロソフトの操作をすばやく

パソコンのアプリの中でも、使用する機会の多いワープロソフト。

ノートパソコン有償譲渡会でお譲りしたパソコンにも、ワープロソフトがインストールされています。

「ワープロ」と書かれた、青色のデスクトップアイコン。

製品名はキングソフト社が開発した「WPSオフィス/Witer(ライター)」です。

ワープロソフト独自のショートカット

ショートカットキーと言えば、複数のアプリで共通のものも多くあります。

代表的なものには「Ctrl+C」(コピー)、「Ctrl+V」(貼り付け)、「Ctrl+S」(保存)などがありますね。

他にもショートカットキーは無数に存在しますが、中には「ワープロソフト」専用のショートカットキーもあります。

ショートカットキーを使えば、キーボードからマウスに持ち替えることなく文字入力を続けることができ、効率がぐっと上がります。

ワープロ専用ショートカットキーのご紹介

では、「ワープロソフト」専用のショートカットキーにはどのようなものがあるのか、実際に紹介をしていきます。

■カーソルの移動

【Ctrl + Home / End】:文書の先頭、末尾に移動する

【Ctrl + ↑↓】:前後の段落に移動する

【Ctrl + PageUp / PageDown】 前後のページの先頭に移動する

【Ctrl + G】 指定のページに移動する

入力欄にページ番号を入力すると、そのページにジャンプします。

■文字の選択

【Shift + ↑↓】:1行ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の行も合わせて選択します。

【Ctrl + Shift+ ↑↓】:1段落ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の段落も合わせて選択します。

■文字の入力

【Ctrl + Enter】:新しいページを挿入する

【Alt+ I  メニュー表示後に T】:日付・現在時刻を入力する

入力する日付の書式を選択しましょう。

最後に

すでにご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、いままでご存じでなかった方は目からウロコではないでしょうか?

今回ご紹介したショートカットキーは、あくまで「WPSオフィス/Witer(ライター)」についてのものです。

他のワープロソフトでは対応していない場合もりますのでご了承ください。

ワープロソフト専用のショートカットキーはまだ他にもいくつかありますが、それはまた別の機会に。

ショートカットキーを使いこなして、ワープロソフトの操作をすばやく!

作業をはやく終わらせて、残った時間を有意義に使いましょう。

スタートメニューの色合いを変えて自分好みに見やすくして

Windows10は、画面左下のWindowsボタンでスタートメニューが開きます。

そこからよく使うアプリをタイルから開いたり、

設定を変えるために歯車ボタンをクリックしたり、

パソコンを使い終えたら、スタートメニューからシャットダウン。

Windows10のスタートメニューは普段からよく使う操作パネルのひとつです。

Windows10の操作では必ずといっていいほど開くスタートメニュー

スタートメニューの色合いを自分好みに

そのように頻繁に開くスタートメニューのパネルですが、その色合いをおなじみの青色から別の色へと変えることができます。

好きな色や、ご自身にとって見やすい色に変えてみたり、

普段からよく見る画面の色を変えることで、気分転換になるかも知れないですね。

色合いを変えるにはどうするの?

スタートメニューの色合いの変更は、以下の手順で行います。

スタートメニューの「設定」を左クリックします。

設定メニューから「個人用設定」を選びましょう。

「色」の設定メニューを選んで「アクセントカラーを選ぶ」の項目まで画面を少し下へスクロールさせましょう。

「背景色から自動的にアクセントカラーを選ぶ」のチェックを外します。

アクセントカラーとして使う色を、パレットの中から選びましょう。

設定画面の上部を見て、変更後の色を確認することができます。

スタートメニューに合わせてWindows全体もコーディネート

スタートメニューだけでなく、Windowsの操作画面全体の色合いも
変更することができます。

アクセントカラーを選んだ時に、パレット下部の2項目にもチェックを入れましょう。

スタートメニュー全体、またWindowsの操作画面にもアクセントカラーが反映されました。

見慣れた画面の色が変わることは、パソコンに向かう時間が長くなりがちな方には、いい気分転換になるのではないでしょうか?

気分が明るくなる色や、目に優しい落ち着いた色。あなたにぴったりの色を見つけてください。

パソコンお役立ちソフト紹介!-SignalNow X

時に、大きな被害をもたらす自然災害ですが

パソコンソフトの中には、そういった自然災害に備える為のソフトもあります。

今回紹介する「SignalNow X」というソフトは、気象庁の緊急地震速報をパソコン画面に表示してくれるというソフトです。

高度利用者向けの緊急地震速報を受信するようになっており

誤報が多くなる分、テレビや携帯電話で受信される一般的な緊急地震速報に先駆けて情報が表示されるという特徴があります!

また、予想震度や予想到達時間なども表示されるので、一般的な緊急地震速報よりも詳細な情報を確認出来るようになっています。

導入方法

「SignalNow X」はこちらからダウンロード出来ます。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/signalnowx/


ダウンロードが完了したら、画面の指示にしたがってインストールを完了させます。


インストール画面中にこの画面が表示されたら、「スタートアップにショートカットを作成する」にチェックが入っている事を確認して、「次へ」をクリックしましょう。

これで、パソコンを起動すると同時にソフトも起動するようになります。

インストールが完了したら、まずは居住地域の設定をしましょう。デスクトップ画面に表示されるカエルのアイコンを開きます。

このアイコンは、村上春樹さんの短編小説 かえるくん、東京を救うが元になってるんでしょうか、分かりやすいアイコンですね。


SignalNow Xが起動したら、左側の項目から歯車のアイコンをクリックします。


「県庁所在地一覧」をクリックして、居住地域の県庁所在地を選択しましょう。

「通報条件」という箇所から、どの程度の地震が検知されたら情報を表示するのかという設定も行えます。


地震を検出した際は、このように分かりやすい画面で通知をしてくれます。


カエルのピンが立っている箇所が設定した居住地、×印が震源地です。

もし、パソコンの起動と同時にソフトも起動する設定を解除したい際は、こちらの記事から「その他のアプリ」の項目を参考にしてください。

SignalNow Xが起動されていないと地震速報を受信しないので、自動起動設定のままにしておくのがオススメです。

緊急地震速報の情報をいち早く、詳細に教えてくれるソフトなので、いざという時の備えとして導入されてはどうでしょうか。