パソコンでお絵描きしよう!

パソコンで書類作成したりインターネットサーフィンをされる方は多いと思いますが、お絵描きされる方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回はインターネット環境がある方におすすめ!ブラウザ上で簡単にお絵描きできるアプリをご紹介します。

 

pixv SKETCH

pixv SKETCH

WEBサイト⇒ https://sketch.pixiv.net/
鉛筆風ブラシを中心にした、スケッチやラフなどが描けるツールです。

その場で落書きするだけの場合は新規登録不要!
「描いてみる」ボタンをクリックすると、お絵描きページへ移動できます。
 

ツールの紹介

ここではお絵描きページの各ツールを紹介します。
直感操作ができるシンプルなつくりなので、説明書がなくても使いやすいかと思います。

 
 
 

①鉛筆

その名の通り、線を引くためのツールです。鉛筆のアイコンを二回クリックすると描画線の一覧が表示されます。鉛筆のような線から毛筆ような線まで、さまざまな書き味の線を選ぶことができます。

 
 
 

②消しゴム

その名の通り、書いたものを消すためのツールです。
こちらも鉛筆ツール同様に、消しゴムのアイコンを二回クリックすると、消しゴムの一覧が表示されます。ごしごし消せるような物から、ふんわり消せるような物まで、さまざまな消し味の消しゴムを選ぶことができます。
 
 

③ぼかし

描写部分をぼかすためのツールです。
紙の上に引いたばかりの線を指でこするとその部分がにじむように、このツールを使えばドラッグした箇所をぼかすことができます。鉛筆ツールや消しゴムツールと同様に、ぼかしのアイコンを二回クリックすると、ぼかしのニュアンスを選ぶことができます。

 
 
 

⑤塗りつぶし

囲まれた線の内側を任意の色で塗りつぶすためのツールです。
線の始まりと線の終わりがつながっていないと、色がキャンバス全体に広がってしまうため、塗りつぶしたい部分がきっちりと線で囲えているか注意しましょう。
 
 

⑥スポイト

色を吸い出すためのツールです。
すでに描画されている部分をクリックすると、触れた部分と同じ色を吸い出すことができます。どの色を使ったか忘れてしまった際に使用すると便利です。
 
 

⑦カラーパレット

描画色を変えるためのツールです。
基本的な色はあらかじめセッティングされています。使いたい色がない場合は、適当なパレットを二回クリックしてください。色相環が表示され、自分好みにブレンドした色と置き換えることができます。



 

⑧拡大と縮小

キャンバスを拡大および縮小するためのツールです。
見づらくて拡大したい時は「+」マークのついた虫眼鏡をクリックし、拡大しすぎてしまった時は「-」マークのついた虫眼鏡をクリックします。好みの大きさになるまでクリックを繰り返してください。
 
 

⑨自動着色

その名の通りコンピューターが自動で絵の着色を行うツールです。
何色で塗ればいいのかわからない時は、自動着色ツールを使ってみましょう。普段の自分では選ばないような色で着色されることもあるため、とても面白い機能です。

描き終えたら…

描き終えたら、絵の保存をすることも可能です。
ブラウザの左上あたりにある歯車のアイコンをクリックすると、一覧が表示されます。その中から「画像でダウンロード」を選択しましょう。画像がPNG形式で保存されダウンロードされます。



 

終わりに

いかがでしたでしょうか?
ソフトのダウンロードや初期設定するは手間なし!ブラウザですぐ描けて、自動で着色できるなんてとても便利ですね。マウスを細かく動かす練習にもなりますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

WI-FIがつながらない!?その2:環境改善

こんにちわJEMTCです

前回wifiのトラブルについて取り上げましたが
意外と多い、環境での問題

電波は目に見えませんから意外なもので電波がシャットアウトされても人間にはわかりません。
鉄筋コンクリートで作られたのか、木造なのか・・等など。

電波は壁を貫通することはできませんから、障害物があれば遮られます

階層が別れている場合

多いのが1階2階でルーターとパソコンが別れている場合です
途中に遮蔽物があればあるほど電波は弱くなります

対策として一番確実なのはパソコンと同じ部屋に設置になっちゃいますが
中々そうはいかないですよね

そんなときに重宝するのが中継機です。
テレビの中継とイメージしてください。

パソコンとルーターの間にもう一つ電波を中継する機会を置くことで
電波の弱まりを防ぐことが出来ます。

これはコンセントに刺すだけの簡易的なものですが2000円程度のものになり
安価で導入できます。

ただし、取り付けたら全自動ではありません。
中継機自体に無線の設定を必要とするのでよく説明書を理解する必要があります。
しかも取り付けて効果があるかどうかは取り付けてからじゃないとわからないので思った効果が出ない場合もあるのは理解しておいてください。

意外な邪魔者

次に多いのが電波干渉です。
隣の部屋にルーターおいてあるのにwifiが不安定だーという声も聞きます。
直接見れないのでアドバイスが難しいところですが
ルーターとパソコンの間にアレが潜んでいたりしませんか?

そう、電子レンジです。
電子レンジは強力な電波装置なのでwiif等の電波はかんたんにかき消されてしまいます。

他にも身近なものとしてBluetoothがあります。
Bluetoothとwifiは同じ周波数を飛ばしてます。
もし、Bluetoothのマウスやスピーカー等おを使っていて電波が不安定!という人は
一旦全部のBluetooth機器を外して電源をOFFにして試してください。

問題が改善したらBluetoothが原因です。

意外な邪魔者2

他にも意外な邪魔者がいます。

湿気です。

現在、家で加湿器をおいている家は多いと思いますが、その湿度が電波を弱める原因にもなります。
水や金属に弱い・吸収される特性があるので、なるべくそのようなものは付近に置かない。
つながっている端末を少なくする(多いほど電波は弱くなります。)
一般家庭ならスマホも合わせて2~3台程度にすると良いでしょう。

できるだけ高いところ(床から1,2m程度)にルーターを設置するなど
身の回りを改善する事で電波の干渉・遮断を防ぐことができるかもしれません。

集合住宅はつながらない時間がある。

集合住宅の場合は、マンション全体でインターネット契約をしている場合があります。
この場合、他の住人と回線を分け合ってしまうので
皆が使う時間は繋がりが極端に悪くなる場合がります。
朝・昼・夜でお試しいただき、つながりが悪い時間があれば
諦めて使うか、時間をずらすしかありません;

USB端子について その2

様々なところで利用する機会があるUSBについて

前回はUSB Type-Aで表と裏を判別する方法についての紹介をしました。

今回はUSB Type-A以外のUSBについて紹介をしていきます!

USB Type-B

USB Type-Bはプリンターや外付HDDとの接続に利用される事がある接続端子です。

他のUSB端子に比べると見かける機会は少ないかもしれません。

mini USB Mini-B

mini USB Mini-Bはデジカメとの接続などに利用される事が多い接続端子です。

mini USBには、Mini-AとMini-ABという端子もありますが、殆ど利用されていません。

そしてmini USB自体が2006年に廃止されているそうなので、現在では見かける事は殆ど無いかと思われます。

デジカメを持っている方は使った事があるかもしれないですね。

Micro USB Micro-B

Micro USBはMini USBよりも耐久性が優れており

現在ではMini USBの代わりに、このMicro USBが主流になっています。

特に、Android携帯の充電ケーブルには、ほとんどこのMicro USB Micro-Bが採用されているので

iPhone以外のスマートフォンをお使いの方には、馴染み深い接続端子だと思われます。

こちらもMicro-A、Micro-B SuperSpeedなどの接続端子がありますが

使われているのは殆どこのMicro-Bのみです。

USB Type-C

USB Type-Cは最新の接続端子です。

Type-Cの最大の特徴は、リバーシブル形状になっているので、表裏どちらの向きでも接続が出来るというところです!

更に転送速度も早く、映像の出力などにも使えるなど、万能な接続端子になっています。

最新のAndroid携帯には、こちらのUSB Type-Cが採用されている事が多いようです。

Lightning

Lightning(ライトニング)はApple独自の接続端子です。

Apple製品にしか採用される事がありませんが、iPhoneの充電ケーブルなどに採用されているので

使われている方は非常に多いのではないでしょうか。

こちらもUSB Type-Cと同じく、表裏どちらでも接続する事が出来ます。

最後に

色々種類のあってややこしいUSB端子ですが

新しい種類の物が出る度に、耐久性が上昇したり、転送速度が増加したりと

私達にとってのメリットもあります。

USBの種類を覚えていれば、新しい物が必要になったときなどに、探すのが楽になるので

自身が使われているUSBの種類は把握しておくといいでしょう!

液晶モニタの表面処理について

皆さんがお使いになっている、ノートパソコンやデスクトップパソコンの液晶モニタには、偏光フィルターという物が設置されています。

この偏光フィルターの表面処理の仕方によって、液晶は2種類に分かれます!

その2種類を、光沢液晶ノングレア(非光沢)液晶といいます。

聞いた事があるという方も多いかもしれませんね、それぞれメリット・デメリットがあるので

今回は光沢液晶とノングレア液晶の特徴について紹介したいと思います!

光沢液晶

光沢液晶は見栄えが良く、高級感があるので

電気屋さんに展示されているノートパソコンのほとんどがこの光沢液晶を搭載しています。

光沢液晶は表面がツルツルピカピカになっており、光を多く反射するようになっているのが特徴です。

画面の明暗の差が大きく、特に黒が引き締まって見えると言われているのでキレイな画面でパソコンを楽しむ事が出来ます。

デメリットとしては、光の反射が強いので、画面の角度によっては蛍光灯や

部屋の背景が画面に写りこんでしまう事があります。

反射によって画面が見づらい状態だと目が疲れやすく、長時間の作業には向かないといわれています。

また照明の条件によって見え方が左右され、明るい場所での使用には向いていません。

ノングレア液晶

非光沢液晶、アンチグレア液晶ともよばれています。

ノングレア液晶は、私達には分からないレベルで表面がザラザラ・デコボコになっているので

光を反射しにくく、光沢液晶のような写り込みも殆どありません。

長時間の使用でも目が疲れにくいので、企業・官公庁などで使われるパソコンには殆どノングレア液晶が採用されています。

照明による影響を受けにくく、明るい場所で使用しても写り込みが少ないので

公共の場所に設置されるような液晶モニタにも、ノングレア液晶が選ばれる事が多いです。

デメリットとしては、光沢液晶のようにメリハリのある発色は出せないので

光沢と比べると地味に見えてしまいます。

最後に

このように液晶の光沢、非光沢によって見え方や目の疲れ方にも違いが出てきます。

見た目を重視される方は光沢液晶、実用性を重視される方はノングレア液晶が適しているといえるでしょう。

パソコンや液晶モニタを選ばれる際には参考にしてみてください!