液晶モニタの表面処理について

皆さんがお使いになっている、ノートパソコンやデスクトップパソコンの液晶モニタには、偏光フィルターという物が設置されています。

この偏光フィルターの表面処理の仕方によって、液晶は2種類に分かれます!

その2種類を、光沢液晶ノングレア(非光沢)液晶といいます。

聞いた事があるという方も多いかもしれませんね、それぞれメリット・デメリットがあるので

今回は光沢液晶とノングレア液晶の特徴について紹介したいと思います!

光沢液晶

光沢液晶は見栄えが良く、高級感があるので

電気屋さんに展示されているノートパソコンのほとんどがこの光沢液晶を搭載しています。

光沢液晶は表面がツルツルピカピカになっており、光を多く反射するようになっているのが特徴です。

画面の明暗の差が大きく、特に黒が引き締まって見えると言われているのでキレイな画面でパソコンを楽しむ事が出来ます。

デメリットとしては、光の反射が強いので、画面の角度によっては蛍光灯や

部屋の背景が画面に写りこんでしまう事があります。

反射によって画面が見づらい状態だと目が疲れやすく、長時間の作業には向かないといわれています。

また照明の条件によって見え方が左右され、明るい場所での使用には向いていません。

ノングレア液晶

非光沢液晶、アンチグレア液晶ともよばれています。

ノングレア液晶は、私達には分からないレベルで表面がザラザラ・デコボコになっているので

光を反射しにくく、光沢液晶のような写り込みも殆どありません。

長時間の使用でも目が疲れにくいので、企業・官公庁などで使われるパソコンには殆どノングレア液晶が採用されています。

照明による影響を受けにくく、明るい場所で使用しても写り込みが少ないので

公共の場所に設置されるような液晶モニタにも、ノングレア液晶が選ばれる事が多いです。

デメリットとしては、光沢液晶のようにメリハリのある発色は出せないので

光沢と比べると地味に見えてしまいます。

最後に

このように液晶の光沢、非光沢によって見え方や目の疲れ方にも違いが出てきます。

見た目を重視される方は光沢液晶、実用性を重視される方はノングレア液晶が適しているといえるでしょう。

パソコンや液晶モニタを選ばれる際には参考にしてみてください!

USB端子について その1

パソコンを使っていると、様々な所でUSB接続を使用することになります。

スマートフォンの充電などで使用するのもUSBケーブルなので

今では、ほぼ全ての方がUSBを利用されているといっても過言ではないかもしれません。

そんなUSBを利用する上で知っておきたい様々な知識を、JEMTCブログで紹介していきたいと思います!

今回は、USBの表と裏を判別する方法の紹介です。

表と裏の判別方法

パソコンなどに接続する、長方形型の見慣れた形のUSB端子は

USB Type-Aという正式名称があります。

USBメモリの差し口も、このUSB Type-Aになっています。

USB Type-Aには表と裏があるので、差し込む時の向きを間違えてしまうと接続することが出来ません。

向きが分からず、USBが中々差さらなくてもどかしい思いをされた事がある方も多いのではないでしょうか。

実は、USBには何種類か表と裏を判別する方法があるので、その方法を知っていればこのようなもどかしい思いをすることも少なくなります!


1.USBマークを確認する。

接続口部分にUSBのマークが描いてある場合は、そちらが表面になります!

※この判別方法はマークが描かれている物限定になります。


2.穴を確認する。


差込口に2箇所穴が空いている面が表面になります。


裏面は穴が塞がっています!


3.溝を確認する。


差込口に溝が入っている面が裏面になります。

溝がなければ、表面ということですね。


USB Type-Aはこのような方法で表と裏を判別出来るようになっているので

是非参考にしてみてください!

ルーターの選び方

本日は、インターネットに不可欠なルーターについてご紹介します。

実は大事なルーター選び

自宅の環境に合わないルーターを使用すると、「回線速度が遅い」「回線が不安定」などの原因になります。

※電話線が引いてあるルーターの正式名称はONUと呼びます。今回はwi-fiルーターのお話です

無線LANにも種類(規格)がある

無線LAN(Wi-Fi)の規格は現在6つ、 それぞれ特徴や速度域があります。

規格名最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11a54Mbps5GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz

この「a」や「n」がルーターの裏に書いてあるものです。

画像のルーターの場合は、「aterm-・・・・g」と書いてある方が「IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz」のWi-Fiになります。

現在、ご自宅にインターネット回線を引いている方の殆どが「光」を使用しているかと思います。光は最大通信速度が1Gbpsです。「g」のwifiを利用すると54M…これは0.054Gbpsになります。

全く速度が出ていないことにお気づきでしょうか?せっかく1Gの回線を引いていても、おそらく実測で20M程度になるかと思います。

仮に上のルーターを使用していた場合、もう片方の「a」を選んでも同じ速度のため買い替えが必要となります。

ルーターの買い替えにはどんな物を選べば良いの?

中にはインターネットの契約時に、プロバイダから支給されたレンタル機器を使用している方もいらっしゃるかと思います。 基本的にユーザーからの申告がなければ、プロバイダから機器の交換をすすめられることはありません。設置してから4~5年ほど経つ方は、一度プロバイダに交換の相談をしてみましょう。
※交換対応になる場合が多いですが、プロバイダのサービス内容等もあるのでご注意ください。
 

自分で用意をする場合

ここでさっきの対応表を思い出してみましょう。
IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz

光回線を思う存分使用するためには「・・・・n」、もしくはACという規格に対応したルーターを選ぶようにしましょう。

ただし、パソコン機器そのものがAC未対応の場合、その規格を利用することはできません。 現在、弊協会でご用意しているパソコンは、残念ながらACに対応しているパソコンではありません。お渡ししている外付けの子機も、ACは未対応です。外付けの受信子機でAC対応している物を取り付ければ、AC規格の電波を使うことは可能ですので一度ご検討ください。

📝あくまで理論値のため、上記にある6.9Gbpsが使えるとは限りません。良いものを導入した場合でも限界があることを覚えておきましょう。

1:11AC対応 の製品
2:867+300 の表記がある物。
※数字が高いほど高性能になりますが、高価格になりますのでこのあたりがおすすめです。
3:ビームフォーミング対応 の物が高感度を実感できます。

ディスプレイの解像度について

パソコンのディスプレイの性能を表すために「解像度」という言葉が使われることがあります。

なんとなく、解像度が高い方が良いのではないかと考えられている方が多いと思われますが

この解像度が何を示しているのかは知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな解像度について紹介したいと思います!

解像度とは

テレビや、パソコンのディスプレイは「ドット」という小さい点をいくつも並べて画面を表示しています。

そして、解像度はこのドットを何個表示する事が出来るのかを示しています。

例えば、解像度が1280×720と書かれていたら

横に1280個、縦に720個のドットを表示出来るという事になります。

ドットが多ければ多い程、画像や映像を細かく表現する事が出来ますが

ディスプレイのサイズが小さいと、小さい画面にたくさんのドットを並べることになるので

画面に表示される文字が小さくなって見づらかったりします。

テレビなどで話題になっている4Kの解像度は3840×2160ですが

ノートパソコンのディスプレイサイズで、4Kの解像度を等倍表示にするとかなり文字が小さくなってしまいます。

画素数と解像度

カメラの性能を表す時には「画素数」という言葉が使われますが

実は、ディスプレイの解像度とカメラの画素数はどちらもドットの数の事を表しています。

解像度は、ドットを何個表示出来るかを示していますが

画素数は、その画像が何個のドットで構成されているかを表しています。

500万画素であれば、ドットが500万個集まってその写真が作られているという事です。

解像度が1280 × 720だった場合、掛け算をした92万1600が表示出来るドットの数になるので

92万1600画素の写真まで表現出来ます。

画素数が低いと、画像を拡大した時に1つ1つのドットが大きく映るので
画像の粗さが目立ちやすくなります。

しかし、今ではスマートフォンのカメラでも、1000万画素を超える物もありますが

4Kモニターでも800万画素程しか表現することが出来ません。

ディスプレイの解像度が足りない場合はどうなるかというと、縮小された状態で表示されます。

等倍表示をすると、ディスプレイに映す事の出来るドットの数が足りないので、写真の一部しか見る事が出来ません。

ちょっとややこしいですが、解像度と画素数という言葉はどちらもドットの数に関係しているという事ですね!