不安定なWi-Fiの対策まとめ

現在、スマートフォンやタブレットパソコンが広く使われるようになり、ご家庭や公共の施設など多くの場所でWi-Fiでインターネット接続が可能になってきました。

Wi-Fiを使うことの最大のメリットは場所を選ばずにインターネット接続ができる点です。またそのほかにも、LANケーブルなどの物理接続が必要ないなどのメリットもあります。
このようにとても便利なWi-Fiなのですが、まれに問題が起きてしまうこともあります。例えば、接続が不安手になり回線がブツブツと途切れるなど….これはなかなかストレスが溜まりますね。
そこで、今回はWi-Fiが途切れてしまった時の対策をご紹介します。

無線機器を再起動する

ルーターやデバイス(スマートフォンやパソコンなど)を再起動することで解決する場合があります。何らかの理由で正しく起動していない場合には、こういった問題が起きるケースがあります。
再起動は手軽に行うことができる対策なので、まず試してみましょう!

ルーターの距離を確認してみる

Wi-Fiの電波が届く距離は数メートル程度です。そのため、ルーターとの距離が離れてしまうとWi-Fiに接続できなくなります。
また、Wi-Fiの電波は壁を通り抜けにくく、異なる部屋にルーターがあるときや間切りがある場合も接続がしにくくなります。
対策としては、この距離を近くすることで、正常にWi-Fiに接続できる可能性があります。

電波干渉をしていないかチェックする

他のルーターと電波干渉している場合でも、接続が不安定になることがあります。こういった場合の対策としては、ルーターのチャンネルを変更する手があります。
チャンネルの変更方法は、メーカーや機器によっても異なります。方法が分からない場合には、サポートや専門家に確認してみてください。

ファームウェアをアップデートする

ファームウェアとは、ルーターなどのハード機器に内蔵されているソフトウェアのことです。これに不具合があると正しく接続できない場合があります。
最新バージョンのファームウェアは、各メーカーのホームページからダウンロードできる場合が多いでしょう。インストールも難しくないので、ぜひ試してみてください。

最後に

Wi-Fiはふとしたことで、接続が不安定になることがあります。そういったときのために、上記の対処法を頭に入れておくと良いかと思います。

どんなパソコンでも使える!!USB型のWi-Fi子機

Wi-Fiを使ってインターネットをされる方も多いと思います。
ここ何年かに発売されたパソコンには、ほとんどの機種でWi-Fi機能が搭載されていますが、何年も前の型であればWi-Fiが搭載されていない場合があります。
ですが、USB接続タイプのWi-Fi機器を利用することで簡単にWi-Fiを利用することができます。
今回は、そんなUSB型Wi-Fi機器をご紹介します。

Wi-Fiとは??

そもそも「Wi-Fi」とは、無線でネットワークに接続する技術のことです。従来はLANケーブルをパソコン本体につないでネットワークに接続する必要があり、そのためにはLANポートが必要でした。
しかし、Wi-Fi対応の端末は、LANポートが不要です。そのためパソコンに限らずに、スマートフォンやゲーム機器などに幅広く利用されています。

Wi-Fiを利用するのに必要なもの

Wi-Fiによるネットワーク接続には、「親機」と「子機」が必要になります。
「親機」は電波を発信するもので、アクセスポイントとも呼ばれます。この電波に接続することでネットワークが利用できるという仕組みになっています。

そして、親機が発信する電波でWi-Fiを利用するためには、「子機」が必要になります。子機が周辺にあるWi-Fiネットワークを探し接続してくれます。
なお、パソコンに子機が搭載されていない場合には、そのままではWi-Fiを利用することができません。そこで必要になるのが、USBなどで接続するタイプの子機です。

USB型Wi-Fi子機の種類

子機のタイプにはいくつかあります。

1.親機としても機能するタイプ
パソコンにUSB接続することで、Wi-Fi子機としてだけではなく親機としても利用可能な機種があります。
Wi-Fi親機には同時に接続できる台数に制限があるため、「接続台数を増やしたい」「パソコンを複数持っていて安価にWi-Fiを利用したい」という場合に向いているでしょう。

2.アンテナ付属タイプ
Wi-Fiは無線で電波を送受信します。送受信の感度を上げるためにアンテナが付属している機種があります。アンテナは内蔵型と外付け型とがありますが、アンテナを利用することで接続の安定性の向上が期待できます。

3.最小設計タイプ
USBポートに挿入されていることが一目で分からないほど、小さく作られた機種です。挿したまま持ち運んでも邪魔にならないという利点もあります。

最後に

パソコンを新しく購入する際には、中古パソコンを選ぶという選択肢もあります。たとえ中古のパソコンでも、このような子機を利用することでWi-Fiの利用が可能になります。
こうした性能が高く価格もこなれた中古パソコンに、USB型の子機をセットしてWi-Fi対応させる選択はお勧めです。

パソコンフォルダの整理術

データをどこのファイルに保存したのか忘れてしまって、目当てのファイルを探しても中々みつからない!!!なんて経験ありませんか?
ファイルが見つからない原因の多くは、ファイル保存時のルールが決まっていないからです。
たとえば、ジェムテクの資料を保存するときに、ある時は「ジェムテク」というファイル名でデスクトップに保存し、あるときは「JEMTC」というファイル名でマイドキュメントに保存したりします。
ファイル名の付け方や保存の仕方が決まっておらず、ファイルがバラバラになってしまうのも無理はありません。

そこで今回は、ファイルを整理するためのルールをご紹介します。

1ファイル名のつけ方

ファイル名を「日付」+「ファイルの種類」でつけてみましょう。
ジェムテクの書類に名前をつける場合、「20161110_ジェムテク チラシ」となります。
このようにすれば、パソコンでは日付別にファイルが並び、同じ日付の場合には種類順にファイルが並びます。

このときに意識しておきたいのが、日付と種類のつけ方です。

○日付
日付は、「20161110」のように西暦4桁、月日をそれぞれ2桁で入力しています。ファイル名が長くなるのが嫌な方は西暦の下2桁でも大丈夫です。
また桁が空くときには、「3」なら「03」のように必ず0を入れると、日付順に綺麗に並びます。
入力する日付はファイルの更新日か、利用する日付にしましょう。家計簿など継続的に追記する必要のあるファイルであれば、最後に更新した日の日付を入れることでわかりやすくなります。一方、旅行の行程表など決まった日に利用するためのファイルであれば、作成した日付よりも利用日を入れた方が、後々、いつの書類だったかがわかりやすくなります。

○種類
種類は、そのファイルが何だかわかる簡潔な単語を使います。
また、作業が途中で終わってしまったファイルには、工程を数字2桁で表わす番号をつけておけばわかりやすいですね。
例「書き途中→01」「最後→02」「修正中→03」など

2フォルダーを分け方

1つのフォルダにいくつものファイルがあると、それだけでも散らかっているように感じてしまいます。1つのフォルダにファイルが多くても20本程度にすることを目安に、フォルダーを分類していきましょう。

○要件ごとに分ける
まず、要件ごとにフォルダを分けます。たとえば「チラシ」というフォルダーを作った場合に、チラシ本体のファイルだけでなく、下書きや、チラシに載せる地図のデータなども同じフォルダーに入れるようにします。用件に関連したものはひとまとめにしておいたほうが分かりやすくなります。

○通し番号で整理する
名前を何も設定しない場合には、ファイルやフォルダーは名前順に並びます。この特性を活かして、数字を上手に利用しましょう。
フォルダーの数が多くなってきたときには、自分がよく利用する順などにフォルダーが並ぶように、通し番号を付けると便利です。
番号は桁数を決めて利用します。たとえば2桁の場合、「2」なら「02」のように空いた桁を0で埋めます。これは綺麗に並べるための基本的なワザです。

○定期的につかうものは、期間(月・年ごと)で分ける
定期的に繰り返す用件に関連したフォルダーを作るのも便利です。
このような場合、月ごとに「201201」~「201212」というフォルダーを順次作って、月ごとにファイルを分けるようにします。
「出張」のような用件では、例えば「201108_岩手」「201201_徳島」のように、行き先のメモを付けた「月_行き先」のようなフォルダーを作って整理することで、わかりやすくなります。

○用件多いフォルダは、さらに細かく分ける
フォルダ内で、ファイルの用件が多くなりすぎた場合にはフォルダ内で、さらに細かくフォルダを追加します。

最後に

ファイル整理に慣れてきたらご自身にあった方法で、すっきり整理していってください。
また、年末や年度末などのタイミングで「マイドキュメント」内のすべてのファイルをDVD-Rなどの外部媒体にバックアップします。そして、パソコン内から一定期間より古いファイルを削除してみましょう。かなりスッキリとした状態になり、ハードディスクの空き容量も確保できます。

今回ご紹介した内容は文書ファイルだけでなく、写真や動画、音楽にも同じように利用することができるのでお勧めです。

Cドライブの容量確保の方法とは?

パソコンを使っていて、写真や動画のデータを保存したり、アプリケーションをインストールしているうちに「ディスク領域不足」という警告が出る場合があります。
Windowsが入っているCドライブの空き容量が不足してくると、動作が遅くなるなどの支障が出てきます。
Cドライブの4分の1は、少なくとも確保しておきたいところです。
今回は、そんなCドライブの空き容量が減ってしまう理由と、空き容量を確保する方法をご紹介します。

Cドライブとは?

パソコンはたいてい、ハードディスクが2つに分かれています。それぞれにCドライブとDドライブが割り当てられていることが多いです。
ここで、みなさんなぜ「Cドライブ」からなんだ?なんて疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。
その理由は、かつてパソコンをフロッピーディスクで動かしていた時代に、2つのフロッピーディスクドライブにそれぞAドライブ・Bドライブを割り当てていたあらなんです。
やがてハードディスクが一般的になり、A・Bの次であるcドライブが割り当てられたのです。現在、フロッピーディスクがその役目を終えた今でも、ハードディスクにcドライブが割り当てることが続いていのです。

今回ご紹介するのは、Windowsが入っているCドライブと、Dドライブの2つのパーティション(ハードディスクを分けたひとつのことをパーティションと呼びます。)がある状態が前提になります。

Cドライブの空き容量が減る理由

Cドライブの空き容量が減る理由は、自分が意図していなくても、どんどんとCドライブにデータが詰まっていくからです。
特に設定をしていない場合に、新しいアプリケーション、ダウンロードしたファイル、写真や音楽も、Cドライブにある「Program File」やマイドキュメントなどに保存されます。さらに一時ファイルや、バックアップデータなどでCドライブの容量を使用していき、気がついたときには最適化もできない状態になっていた。というこうとも珍しくありません。
また、パソコンの動作が遅いということで確認してみると、Cドライブはパンパンなのに、Dドライブは全く使われていないという例もあります。

ドライブの空き容量はコンピューターのハードディスクドライブを見れば確認できます。
右クリックでプロパティを開けば円グラフで表示されますので、グラフの空き容量が4分の1以上ある状態を心がけましょう。

Cドライブの空き容量を確保する方法

◎データの移動
一番有効な方法は、マイドキュメントをDドライブに移動することです。意外と簡単な操作で移動することができるので、ぜひやってみてください。

マイドキュメントを移動するには、まず、Dドライブに「マイドキュメント」というフォルダを新しく作成します。そして、“スタート”、“(ユーザー名)”の順に開き、その中にある“マイドキュメント”を右クリックして、一番下の“プロパティ”をクリックします。“場所”のタグをクリックして開き、真ん中辺りにある“移動”をクリックして、先ほど作成したDドライブのマイドキュメントを選択すると移動できます。(Windows7の場合)

同様に、容量の大きそうな”マイピクチャ”や”マイミュージック”などもDドライブに移動しておきましょう。
今までやっていなかった場合は、かなりの空き容量を確保できると思います。
また、個人的なデータはDドライブに移動しておけば、万が一Windowsにトラブルが出た場合にもCドライブのみリカバリーをすればよいので、復旧が楽になります。

◎不要なデータの削除
まず行ってほしいのはディスクのクリーンアップです。Cドライブのプロパティを開き真ん中あたりにあるディスクのクリーンアップをクリックして、指示に従っていけば不要なファイルを削除することができます。
普段あまり行っていない場合は意外と大きな空き容量を確保できるでしょう。

ディスクのクリーンアップでも不必要な「一時ファイル」というものが残る場合があります。「一時ファイル:というのは文字通り一時的に使用するファイルのことなので、削除してしまっても問題は起こりにくいです。”Temp”というフォルダを探して中のデータを削除してください。
最近動作が遅い、領域不足のメッセージが出た、という方は、まず空き容量を確認してみてください。Cドライブはたくさん使用しているのに、Dドライブはほとんど使っていないという場合は大チャンスです。上記の方法を行うことで、快適な環境を取り戻すことができるでしょう。