パソコンのバッテリーを正しく使うには?

1985年に日本のメーカーがリチウムイオン電池を発明して以来、小型軽量・高電圧のリチウムイオン電池は急速に普及していきました。
ノートパソコンのバッテリーパックにも、リチウムイオン電池が使われています。

リチウムイオン電池は容量の割に小型軽量なのですが、良い事ばかりではありません。
放電状態(充電0パーセント)で劣化が進むのはもちろん、充電状態(充電100パーセント)でも劣化が進んでしまうという特性があります。
実は、ACアダプターを繋いで使っているノートパソコンのほとんどは、その状態でバッテリーを劣化させていると言う事になるのです。

 

バッテリーの寿命を縮めないためには

実は50パーセント程充電した状態で保管するのがバッテリーにとって一番良いのです。
また、高温状態でも劣化を促すので、なるべく涼しい場所に保管するのが良いようです。
しかし、バッテリーで駆動させたいときには事前に100パーセントまで充電した方が良いでしょうから、正直とても面倒くさいかと思います。

もちろん実践すれば、少しでもバッテリーを良い状態に保ち、寿命を延ばす事が出来るでしょう。しかし、もう少し現実的な方法はないのでしょうか?

  • 80パーセントで充電を終える
    一部機種で、バッテリーの充電を80パーセントに抑える設定が出来る機種があります。この80パーセントというのが100パーセントの充電状態で劣化が進んでしまうのを避け、かつバッテリー駆動時間も確保できるバランスを取った状態なのです。
    この様な設定が出来る機種であれば、是非設定することをおすすめします。
    出来ない場合は仕方ないと割り切るしかないかもしれませんが、少しでもバッテリー駆動時間が延びる様に、次に紹介する事を実践してみてください。
  • ディスプレイの輝度を下げる
    一番効果が期待出来る方法はディスプレイの輝度を下げる事です。
    バッテリーの4割はディスプレイに使用しているという話もありますので、ディスプレイを明るく設定している方はかなり効果が期待出来ると思います。
    いきなり暗くしてしまうと違和感があると思いますので、数日かけて徐々に設定を変えていくと良いでしょう。
    慣れてしまえば、元々の設定が明る過ぎて目が痛くなってくる程になります。
    なお屋外での使用などでは、画面が見辛い場合がありますのでその場合は一時的に設定を戻しましょう。
  • CPUに制限をかけて省電力モードにする
    電源オプションなどで、省電力モードにしてCPUの消費電力を抑える方法です。およそ60パーセント程度にする事で、駆動時間を稼ぎます。
    ただし、あまり処理が遅くなる様だと本末転倒になってしまいますので、状況に応じて設定を変えていきましょう。
  • 無線LAN、Bluetoothのスイッチを切る
    もし使用していないのであれば、無線LANやBluetooth(ブルートゥース)のスイッチを切ると、その分の電力を使わずに済みます。
  • 余計なUSB機器を外す
    使っていないUSB機器などを接続したままにしておくと、電力を使用する事になるので外してしまいましょう。

以上の4つの方法は必ずしも効果が感じられないかもしれませんが、あと少しバッテリーが持ってくれたらと感じている方は試してみる価値はあると思います。

 

最後に

バッテリーに関しては諸説ある事も事実ですので、ご自分にあった方法を探して
出来る範囲で実践してみる事が一番良いでしょう。

 

容量無限で、なんと無料のGoogleフォト!その魅力とは?

デジカメやスマホで撮影した写真、みなさんはどの様に管理しているでしょうか。
よくスマホで写真を撮る方や趣味で写真を撮っている方は、撮った写真をパソコンに移動していると思います。しかし最近の高画質な写真は容量が大きく、すぐにハードディスクがいっぱいになっていませんか?

そんな時に活用出来るのがクラウド上に写真をバックアップ出来るフォトストレージサービスです。サービスはいくつかありますが、今回はgoogleが提供している「googleフォト」をご紹介します。

 

googleフォトとは

「googleフォト」の最大の特徴は1600万画素までの写真であれば容量無制限でバックアップ出来る事です。
他のフォトストレージサービスは容量が10GB前後の無料サービスが多く、バックアップする写真を選ぶ必要がありました。また、さらに多くの容量を望む場合は有料サービスを選ぶしかありませんでした。

その点googleフォトは無料で無制限なので、容量を気にする事なく撮った写真を全てバックアップ出来ます。ただし、バックアップする写真は元のデータではなく、google独自の方式で再圧縮されます。また、1600万画素以上の写真は自動で、1600万画素以下にリサイズされる事になります。
厳密に言うと画質は劣化する事になりますが、パソコンやスマホで見る限りではほとんど気づかないレベルです。データ量が減っているために、表示が速くなるというメリットもあります。

 

googleフォトの便利な自動機能

googleフォトは、ブラウザーを起動して利用する他に、専用アプリをインストールして利用する事も出来ます。
Windows、Mac OS、Android、iOS、それぞれにアプリがありますので、ダウンロードしてインストールすると撮った写真を自動でバックアップする事が出来ます。
さらにバックアップした写真は自動で整理され、人物や場所、物などで分類されます。
また、「アシスタント」という項目を見てみると、日付や場所などで関連付けされた写真を見る事が出来ます。
「この日の思い出を見てみよう」や「新しいストーリー」と題された一連の写真を見ると、適当に撮った写真でも、何だかひとつの作品を見ている様です。

 

最後に

現在フォトストレージの中でもかなりおすすめ出来るものだと思います。
写真は撮るけど、あまり手間をかけて編集.したくないという方にはうってつけではないでしょうか!
子供の成長に合わせてショートムービーを保存しておけば、結婚式のスライドにも使えそうですね。

もはやデータ保存だけじゃないんです!おもしろUSBメモリーのご紹介

最近のパソコンには必ずUSBポートが搭載されていますね。USBメモリーは軽くて持ち運びも楽ちんなので、業務やプライベートでも使用している方がほとんどだと思います。
しかし最近はその利便性だけではなく、一つの個性表現のツールとしても活躍しているようです。

今回は、使用している人がいたら思わず「えっ?」と二度見してしまいそうな、個性あるUSBメモリーをご紹介したいと思います。

 

電球型

4-3
(参照:http://goo.gl/mJsYDq

USBポートに挿すと電球部分が光るんです!!
まさに、ひらめきを書き留める際にぴったりなUSBメモリーですね。

 

お寿司型

5-3

(参照:
http://matome.naver.jp/odai/2130570159914796601/2130570203314808603
インパクトは凄いです。お昼時に使うとお腹が空いてきますね。

 

猫の肉球型

4-5
(参照:http://item.rakuten.co.jp/zakkaya-mystar/20500004/
猫好きにはたまらないですね!ちょっと癒しが欲しいときに最適なUSBメモリーです。

 

爆弾型

5-5
(参照:http://www.gnr8.jp/bomb-usb.html
コロッとしたデザインが可愛いUSBメモリーです。
ピンクや青など色のレパートリーも多いので、パソコンのデザインに合わせてチョイスするのも楽しいですね!

 

スクエア型

5-1
(参照:http://item.rakuten.co.jp/oshareshop/us09s/
コロンとしたフォルムが可愛いUSBメモリーです。
パステル色は持っているだけでもオシャレ度がアップした気分になれます。
しかし、コンパクトなため紛失の恐れが高いので、付属のストラップで必ずどこかにつけて携帯することをお勧めします!

 

最後に

どれも個性豊かで、持っていたら誰かに見せびらかせたくなってしまいそうなものばかりですね。USBメモリー1つでも、パソコンの時間が楽しく過ごせそうです!

 

パソコンに飲み物をこぼしてしまった時、咄嗟の対応とは?

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。
連続で長時間使用することが多いので、傍らに飲み物を置いているという方も多いのではないかと思います。
皆さんの中には、その飲み物をうっかりパソコンにこぼしそうになってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

今回は、もしノートパソコンに飲み物をこぼしてしまったら、いざという時どうすれば良いのかをご紹介していきます。

飲み物をこぼしてしまった際の対処方法は?

1.すぐに電源を切る!
飲み物をこぼしてしまったら、まずは落ち着いて電源を切ってACアダプターを抜きましょう。
パソコンに水分が入るとすぐに壊れてしまうイメージがあると思いますが、実は濡れた状態で電源をつけ続けることにより、ショートを起こしてしまうことがパソコンを壊す原因になるのです。
また、パニックになって思わず電源ボタンを長押しして強制的に電源をおとしてしまう人もいるかもしれませんが、これはあまり良くありません。通常の手順通りに切るようにしてください。
また、一度落とした電源を確認のために再度入れてしまうのもNGです。
 
2.乾いた布で水分を拭き取る!
次に、乾いた布でしっかり水分を拭き取りましょう。このときキーボードを取り外して内側までしっかり拭き取りましょう。
取り外し方はインターネットなどで検索すれば出てきますが、やり方や力の入れ具合を誤るとキーボードのツメを折ってしまい再び取り付けることが難しくなってしまいます。不安な方はメーカーに問い合わせたほうが無難かもしれません。また、飲み物がキーボードの下にどの程度入ってしまっているかパソコンを傾けながら覗き込んでしまうと、内部全体に水分が広がってしまう恐れがあります。
出来る限り、そっと扱うようにしましょう!
 
3.電源をつけるのは完全に乾いてから!
拭き取ってすぐに電源を入れたくなる気持ちを抑えて、ここは我慢です。
見えない部分まで水分が入り込んでしまっている恐れがあるので、完全に水分が乾燥するまでそのまま放置しておくようにしましょう。
 
 
なお、ここまでしても確実にパソコンが元通りになる確証はありません。
あくまでこれらは応急処置でしかないので、データがダメになってしまう最悪の事態も覚悟しておくようにしましょう。
 

最後に

いつ起こるか分からないハプニングだからこそ、大事なデータはこまめにバックアップをとっておくことをお勧めします。
もちろん、バックアップの際にはパソコン内部にではなくUSBや外付けのHDDなどに入れておくと安心です。
また、飲み物を倒しても問題のないように蓋つきのカップやタンブラーを使用することも対策の一つです。