パソコンを操作をもっとスムーズに

パソコンには、便利な操作としてショートカットがあります。

ショートカットを活用すれば、マウスでボタンを押して操作していたことを、キーボードだけで行えます。

マウスに手を伸ばすという作業を省くことで、パソコンの操作が効率よく、楽になること間違いなしです!!

 

まずは「ctrl 」キーをマスターしよう!

基本編として、「ctrl 」キーを利用したショートカットをご紹介します。
「ctrl 」+ アルファベットのショートカットをマスターするだけで、一気に作業効率アップできるはずです。
いずれも、片手で操作できるだけではなく、操作の頭文字が使われていることが多いので、覚えるのも簡単です。

  • [コピー] 「ctrl 」+ C
  • [貼り付け] 「ctrl 」+ V

この2つを利用すれば、コピーペーストが楽々に!他にも、

  • [全選択] 「ctrl 」+ A
  • [閉じる] 「ctrl 」+ W
  • [切り取り] 「ctrl 」+ X
  • [やり直す] 「ctrl 」+ Y
  • [元に戻す] 「ctrl 」+ Z
  • [上書き保存] 「ctrl 」+ S
  • [印刷] 「ctrl 」+ P

この中で、特に[全選択]はワード内などのテキストを一括で選択できるので、コピーペーストの際にはおススメです。
また、文書を打つついでにショートカットを使ってこまめに上書き保存をしていけば、突然のフリーズでデータが消えた!!なんてことも防げそうですね。

「Alt 」キーをウィンドウ操作で活用しよう!

続いては、「Alt 」キーの活用です。「ctrl 」キーに比べて、使用頻度は低いかもしれませんが、こちらも覚えておくと便利です。

  • [アクティブウィンドウの切り替え] 「Alt 」+ 「Tab」

「Alt 」キーを押し続けた状態で「Tab」キーを押していくと、起動中のアプリケーションを順番に表示していってくれます。
例えば、ワード、エクセル、インターネットエクスプローラーを同時起動している場合に、「Tab」を押すごとに切り替わっていきます。

  • [ウィンドウの最小化] 「Alt 」+ 「スペース」→ N
  • [ウィンドウの最小化] 「Alt 」+ 「スペース」→ X
  • [ウィンドウを元のサイズに戻す] 「Alt 」+ 「スペース」→ R
  • [インターネットエクスプローラーの「戻る」ボタン] 「Alt 」+ ←
  • [インターネットエクスプローラーの「進む」ボタン] 「Alt 」+ →

作業中にマウスを使って、ポインターを移動させなければいけません。アイコンが比較的小さいので、ポイントが定まらない時も…
そんなわずらしさから解放してくれるショートカットテクニックといえるでしょう。

「Windows 」キーでコンピューターの大本操作が便利に!

Windowsユーザーならば、「Windows 」キーをベースにした便利なショートカットが存在します。

  • [スタートメニューを開く] 「Windows 」
  • [マイコンピューターを開く] 「Windows 」+ E
  • [コンピューターのロック、ユーザー切り替え] 「Windows 」+ L
  • [デスクトップを表示] 「Windows 」+ D

意外と活用頻度の高いスタートメニューやマイコンピューターの表示を、マウスに頼らずにできればショートカットの上級者といえるでしょう!!

最後に

今回紹介したショートカットの他にも、知っていると作業時間短縮になる「神キー」と呼ばれるショートカットがたくさんあります。
ぜひ、他の「神キー」も見てみてください。
ショートカットまだ不慣れな方は、活用頻度が高そうなものを3つほど選んでみて、意識的に使うようにしてみてください。
慣れてくれば、ショートカットにおけるスピードアップを実感できるでしょう!!

 

 

パソコンレッスン本のご紹介

ウィンドウズパソコン譲渡会では、お譲りさせて頂いたパソコン、インターネット環境の有無より、下記のいずれかのガイドブックを無償で差し上げています。

 

ネット環境がない方向け

book1主にミドル・シニア世代のパソコン初心者さんが
自宅で操作方法を習得できるよう、やさしいテキストをご用意しています。
学んだ操作を活かし、さらにパソコンが楽しくなるような定期購読(毎月1回)のプログラムもご用意しています。
(定期購読の2巻目以降には、お楽しみのUSBもお届けします。

 

 

ネット環境をお持ちの方向け

book2パソコン初心者さん向けの操作方法に加えて、パソコンの最大の楽しみ方の一つインターネットの利用についてやさしく解説しています。続けてパソコンのお勉強を続けたい方向けに毎月1回のレッスン本を半年間分ご用意しています。
(定期購読の2巻目以降には、お楽しみのCD-ROMもお届けします。)

 

 

ウィンドウズ10を譲渡させて頂いた方向け

book3
最新バージョンのウインドウズ10について初心者さんでも理解して頂けるように、やさしく解説しています。今までウインドウズ7をお使い頂いていた方も
機能の違いについて解説していますので、このガイドブックがあれば安心してお使い頂けます。

 

 

 

上記の本のご注文・お問合せ先 TEL:052(380)1147

 

パソコンの動作が遅い!そんなときの対応策

長く愛用しているパソコンの起動が遅いと感じることはありませんか?
特にメンテナンスをせずパソコンを使い続けていると、気付かないうちに処理速度が遅くなることがあります。

起動が遅くなる原因を詳しくご紹介します。

起動が遅くなる4つの原因

原因1 起動時に動くアプリケーションソフトが多い
パソコンをより便利に使うために、アプリケーションソフトをインストールする機会は多いと思います。
これらのアプリケーションはパソコン起動時に自動で立ち上がるように設定することが可能ですが、この自動起動を設定したアプリケーションが多すぎると起動時に大きな負荷がかかります。これが、起動を遅くする原因になるのです。

原因2 ウィルスに感染している
ウイルス対策ソフトを利用していると、ウイルス検査中やパソコン起動時に動作が少し遅くなります。ただし、これはパソコンを護るためですので仕方ない部分もあるでしょう。
ですが、あまりにパソコンの起動が遅い場合は既にウイルス感染している可能性もあります。ウイルス検知システムなどで確認してみましょう。

原因3 ハードディスクのトラブル
パソコンを利用していると必ず不要なファイルが作成されます。このファイルを放置しているとパソコンが遅くなる原因のひとつとなります。もし不要なファイルを削除しても改善されない場合はハードディスクが物理的に故障している可能性も否定できません。

原因4 パソコンの性能が足りていない
起動時に限らずパソコンの利用に不便を感じるほど遅い場合は、パソコンの性能が足りていない場合があります。
メモリーが不足した状態でOSのバージョンアップ等を行なった場合や性能の低いパソコンを利用している場合は、パソコンの性能を見なおしてみましょう。

 

改善のために

続いて対策について見ていきます。
適切な対策を行えば、パソコンの作業環境が快適になるかもしれません!

〇常駐型アプリケーションの利用を見直す
自動起動が設定されているアプリケーションを見直しましょう。
常時起動させておく必要のないアプリケーションは、常時起動の設定を解除します。
あまり使用していないのであれば、アプリケーションごと削除してしまうのも良いでしょう。
パソコンの動作が重い状態でどのアプリケーションも必要な場合は、パソコンの性能を上げるなどの検討が必要となります。

〇ウィルス対策方法の見直し
ウイルス対策ソフトによっては他のアプリケーションとの相性が悪く、パソコンの動作が重くなることがあります。その場合は、以下のような方法を試してみてください。

  • 利用するウイルス対策ソフトを変更する
  • ウイルスの検査は就寝時(PCを利用しない時間帯)に行う
  • オンラインウイルススキャンと併用するなどウイルス対策方法を見直す

こうした工夫によって、ウイルス対策ソフトによる動作の不便はある程度軽減されるはずです。

〇定期的なメンテナンスを行う
定期的にディスククリーンアップやデフラグなどでディスクの使用状態を最適化すれば、不要なファイルが削除されて動作が速くなります。
ただし、パソコンで利用しているディスクがSSDの場合は、デフラグでのメンテナンスは必要ありません。

〇パソコンの性能アップを検討する
上記3つの対策を行っても改善が見られない場合、あるいは改善したが利用していてストレスを感じることが多い場合はメモリーの増設による性能アップを検討すると良いかもしれません。

また、もしパソコンが古いのであれば、思い切って新しいパソコンに買い換えるのもひとつの方法です。

最後に

パソコンで使用しているアプリケーションによっては、設定やメンテナンスだけでは改善しない場合もあります。
もし利用環境が変わらない中で起動の遅さを顕著に感じたら、点検や修理に出すことも検討するべきでしょう。
パソコンを快適に使い続けるには定期的なメンテナンスが欠かせません。
これまで何もしてこなかったという方は、試しに今回ご紹介した方法を実践してみてください。

 

Windows10の新機能と使えなくなる機能とは

現在、家電量販店などで販売されているパソコンのほとんどはWindows10になっています。
今回はWindows10にすることで使えるようになる新機能と逆に使えなくなる機能についてお話ししたいと思います。

使えるようになる機能

  • Windows10の新ブラウザーMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)
    Windows10ではインターネットブラウザが新しくなりました。
    新しいブラウザーだとうまく表示されないページもあるので、その時は今まで使っていたIE(インターネットエクスプローラー)を使うことも可能です。
  • タスクビューでのアプリを切り替え
    これまではアプリケーションを切り替えて使う時、キーボードの「Alt+Tab」で切り替えていましたが、Windows10では今開いているアプリケーションの一覧を表示してそこから選択できる機能が追加されました。
    使い方は簡単!タスクバーの「タスクビュー」ボタンをクリックします。すると起動中のアプリケーションが表示されるので、切り替えたいものをクリックすればOKです。
    キーボードで操作をする場合は、「Windowsボタン+Tab」を押すことでタスクビューが開きます。あとは矢印で目的のアプリケーションを選択してEnterを押せばOKです。
  • 仮想デスクトップを使って作業環境の切り分け
    仮想デスクトップ機能を使うと複数の作業を効率よく進めることが出来ます。
    例えば、[インターネットで調べながらWordで資料を作る作業]と[メールを確認しながらExcelで見積書を作成する作業]を同時に行っている場合、1つのデスクトップに4つのアプリケーションが開いていることになります。これだと作業が混乱する可能性がありますね。これを仮想デスクトップを使うことで
    「デスクトップ1:ブラウザーとWord」
    「デスクトップ2:メールとExcel」というように作業ごとにアプリケーションを開いているデスクトップを増やして切り替えながら使うことが出来ます。
    使い方は、先ほど紹介したタスクビューの画面右下の「新しいデスクトップ」ボタンをクリックすると画面下にデスクトップ1(今までのデスクトップ)とデスクトップ2(新しいデスクトップ)が表示されます。タスクビューを使ってアプリケーションの移動やデスクトップの切り替えを行うことが出来ます。

使えなくなる機能

  • Windows Media Center
    テレビを見たり録画したり、音楽を再生したりとさまざまなマルチメディアコンテンツを操作できるソフトです。Windows 10にはこれがありませんが、テレビ機能が付いているパソコンだと別に再生・録画ソフトが付いていることが多いのであまり気にならないかもしれません。
  • DVD再生機能
    Windows7では標準でDVD再生機能が付いていましたが、Windows10にはこれが無いので別途DVD再生ソフトが必要になります。こちらも別の再生ソフトが入っている場合や無料のDVD再生ソフトで代用できそうなので問題ないかもしれません。
  • Windows7のガジェット
    Windows8から既になくなってしまった機能ですがデスクトップ上に天気やアナログ時計、ニュースなどを表示できるソフトが使えなくなります。
  • ソリティアやマインスイーパーなどのゲーム
    Windows7で慣れ親しんだゲームは入っていません。もし使いたい場合は、Windowsストアから新しいものが無料でダウンロードできます。

最後に

仮想デスクトップなどの新しい機能を使いこなすことで作業を効率的に進められそうですね。
ただ、今使っているアプリケーションや機器がWindows10では動作しないこともありますのでご注意ください。

(出典:https://www.microsoft.com/JA-JP/windows