発売されたWindows11についての最新情報 (10/15現在) アップグレード方法などを紹介

以前このブログでも紹介したWindows11ですが、10月の5日にMicrosoftから正式にリリースされました!

以前紹介した内容については、こちらもご覧ください。

今回は、リリースされたWindows11について、現段階で分かる最新情報をご紹介します。

Windows11へのアップグレード方法

Windows Updateを利用する(推奨)

パソコンをWindows11にアップグレードする方法についてですが

動作環境を満たしているパソコンの場合

Windows Updateで、Windows11へのアップグレード案内が届きます。

パソコンの製造年などによって、準備が整ったパソコンから順次アップグレードの案内が届くので

アップグレードを行う場合は、パソコンに案内が届くまで待っていただく事が推奨されています。

リリースされたからすぐアップグレード出来るというのではなく、検証する時間も必要になるのですね。

Windows11インストールアシスタントを利用する

Microsoftの公式サイトより、Windows11のインストールアシスタントをダウンロード、実施していただく事で

Windows Updateで案内が届く前に、Windows11へのアップグレードが可能となります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

この際、Windows11の動作環境に対応していないと判断されたパソコンについてはアップグレードが出来ません。

アップレグレード診断ソフトが利用可能に

以前紹介した際には、利用しているパソコンがWindows11にアップグレード可能かどうか診断するソフトは配布中止となっていましたが

現在は、再びMicrosoftより配布が再開されています。

診断ソフトを利用してみたいという方は、Microsoftのホームページより「 PC 正常性チェック アプリのダウンロード 」をダウンロードしてみてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11

Windows11へのアップグレード診断は厳しめに出来ているようで、かなり新しいパソコンでしか対応出来ないと表示されるようです。

また、Windows Updateで、Windows11にアップグレード出来るという案内が来たのに、この診断プログラムではアップグレード出来ないと表示されるという現象も報告されています。

あくまで参考程度にお考えください。

Androidアプリはまだ利用出来ない

Windows11の最大の特徴ともいえる「Androidアプリの対応」については現段階ではまだ利用出来ないようです。

このAndroidアプリについては、大手通販サイトである「Amazon」を介してのダウンロードになる予定で

Androidアプリをダウンロードする為には、Amazonのアカウントも必要になってきます。

Amazonでも多くのアプリが配信されていますが、Androidアプリの全てが利用出来る訳ではないので

Windows11でも、利用出来るのはAmazonで配信されているAndroidアプリだけとなりそうです。

対応していないパソコンをWindows11にアップグレードするには

現状、Windows11へ対応していないと判断されたパソコンはアップグレードが出来ないようになっていますが

米Microsoftより、そのようなパソコンでもWindows11にアップグレードが可能となる方法が紹介されています。

この場合、Windows11にアップグレードが出来ても上手く動作しない可能性がありますので、完全な自己責任にて実施する内容となります。

また、専門的な操作が必要となるので、知識のある方のみご参考ください。

①ダウンロードページよりWindows 11 のインストール メディアをダウンロード、 インストールメディアを作成。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

②レジストリエディタを開き、「MoSetup」フォルダ内にDWORD(32ビット値)で「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を作成、値のデータに「1」を設定する。

③作成したインストールメディアよりアップレグレードを実行。

Microsoft公式より案内されている内容ではありますが、最悪パソコン自体が動かなくなってしまう可能性もあるのでご注意ください。

現在判明している不具合

発売されてすぐのOSには不具合がつき物ですが、現在判明している不具合については以下のような物があります。

・AMD社製のCPUを搭載しているパソコンの場合、動作パフォーマンスが低下する。

・Oracle社製のソフト「Hyper-V」もしくは「Windows Hypervisor」がインストールされているとエラーが発生する。

・ Intel社製「Killer」および「SmartByte」を搭載している場合、インターネット通信速度が低下する。

・Coc Cocブラウザが利用出来ない。

Windows11はまだ準備段階

発売されたばかりのWindows11は、対応する全てのパソコンにアップグレード案内が届いている訳でもなく、まだ準備段階といえると思います。

また、現段階では比較的最新のパソコンにしか対応していないようですが、対応するパソコンの幅も今後広がっていくと考えられます。

今回、Windows11にアップグレードするにはどうすればいいの?と疑問に思われている方向けに、Windows11へのアップグレード方法を紹介しましたが

アップグレードにより不具合が起こる可能性も高いので、弊協会では引き続き、Windows11へのアップグレードは推奨しておりません。

Windows11について気になる方は、引き続き情報を集めて、慎重に検討される事をオススメ致します。

インターネットとの付き合い方2

こんにちわ、JEMTCです

少し前にインタネットとの付き合い方を上げましたが
今回はもう少し深く突っ込んだ内容になります。

Twitter等のSNSは・・・

公共の場 ということはご存知でしょうか?
誰でも見ようと思えば見ることができる場の事を言います。
一昔前だと2chという大型掲示板が話題になりました。
今だとSNS(ツイッタ-やインスタなどですね)が話題ですが

日常にありふれてしまったせいか、トラブルも非常に多くなっています。
誹謗中傷やデマ情報の拡散
某合衆国の偉い人が使っていたフェイクニュース等が挙げられます。

公共の場という認識

昔、掲示板に○○日に○○学校を爆破する!
と書き込んだ人がいました。
当然本人はイタズラ目的でしたが当然逮捕と相成りました。

ネットの掲示板に書き込んだだけなのに!と当時は少し話題になりましたが
公共の場で犯罪予告すれば当然捕まります。
この人は公共の場という認識が全く無かったのです。

誹謗中傷

2019年に起こった常磐道のあおり運転殴打事件に関連して、元市議会議員が事件とは無関係の女性の写真を添付し
「(事件の犯人の)同乗者の女」「早く逮捕されるように拡散してほしい」という内容の文章をFacebookに投稿しました。

ニュースでも話題になった事があるので、知っている人もいると思います。
この事件は元市議会議員がデマ情報だったものを真実と決めつけて拡散したことが原因でした
公的な立場の人が発言したことで一気に噂は広まり

無関係な女性は犯人扱いを受け毎日嫌がらせを受けたそうです。
後に嘘だと発覚しましたがその女性は拡散する人を許すのでしょうか?解決したのでしょうか?

安易な拡散が悲しい事になってしまった事例です。

これを読んでいる方はおそらく10代20代ではなくもっと上の世代可と思います。
気をつけてほしいのは、お子さんお孫さんへの対応です。

特にお子さんは当たり前のようにSNSを使っているので面白半分で書き込みをしてる子も見受けられます。
それによって賠償金を請求されるケースも珍しくないです。
(ちなみに子供でも18才以上ですか?等に「はい」を選んだ場合は賠償金の支払いが発生します。)

スマホは便利ですが同時に危険も孕んでいるのでしっかりと学んで使いこなして欲しいです

インターネットとの付き合い方

こんにちわ、JEMTCです。

今回のテーマはインターネットの使い方です
使い方と言っても操作方法ではなく・・・

心構えです。
講義のような物と捉えてお読みくださると幸いです。

■よく聞く話題

昨今、インターネットは私達に欠かせない存在になりました。
それと同時に盲目的に利用する人がものすごく増えました。
みなさんの周りにもこういう人はいませんか?

○○商店さん、潰れるらしいよ、ネットに書いてあった!
あの芸能人浮気してるらしいよ、ツイッターで拡散されてた!

見に覚えがある方もいると思います。

ネットは便利にすぐ検索出来ますが、その信憑性は?

信憑性を考えず盲目的にネット=真実 皆が言ってるから=真実
と思い込まず、自分で考えてみてください。

■信じる前に・・

お試しでネットを知らない人等に置き換えてみてください。

○○商店さん、潰れるらしいよ、知らないおじさんが言ってた
あの芸能人浮気してるらしいよ、そこの子どもたちが話してた
近いうちに大地震がくるみたいだよ、自称預言者って人がいってた

全然、信用できないですね

特にSNS(ツイッター等)は子供でも大人でも使えます。
適当なデタラメを言って信じてる人をみて笑ってる人は・・・結構います。

■自分で調べる癖をつけよう

○○商店が潰れるならネットに掲載なり、お店に聞いてみればわかります。
芸能人が浮気して問題になっているなら雑誌・テレビでも報道があるはずです。
大地震が来るなら大事件です。政府機関のHPを確認してみましょう。

折角、ネットがあるんです。審議を確かめてみてはどうでしょうか?

次回はそんな真偽を確かめず、大事件に発展した事例を見ながら紹介します。

セキュリティに対する知識と姿勢

こんにちわ、JEMTCです。

コロナ禍の中大勢の方が譲渡会に来ていただいております。

その中でもたまに来る方のお話を元にセキュリティについて知識を書き綴っていきます。

1:Windows○○を使っているんですけど・・

来場者さんの中には、Windows7を使っている・・VISTAを・・XPを使って・・・
という方がかなりおられます。
Windows7はともかくVISTA・XPでネット使っている。という声をまだ沢山いただきます。

みなさん、なんとなくサポートが切れている。という認識はありますが
サポート切れとは一体どういうことなのか?という認識が無い人もいます。
よくウイルスバスター入れてるから平気!という声もいただきますが・・・

全く意味が無い。という事を覚えてください。

そもそもウイルスバスターなどのソフトもサポート切れしているんです。
さらに、セキュリティソフトはWindowsというOSが最新バージョンで威力を発揮します。
OSにはセキュリティの致命的なバグや抜け道が沢山あります。

これを取り除いたり修復したりするのがWindows Updateです。
この致命的なバグや抜け道から侵入されてしまいます。
侵入・攻撃に対してウイルスセキュリティは動きません。

あれは、あっちの管轄だから、僕たち関係ないです。侵入されたら仕事しまーす
と、こういう状態になります。
最悪、入られている事を知りませんでした。攻撃されてるのに気が付きませんでした。となります。

サポート切れのOSに対してセキュリティソフトはあまりにも無力です。
そして、侵入されたパソコンから世界へ向けて攻撃を始めます。
メールのアドレス帳から友人へ。その友人からその人の友人へ拡大していきます。

大切なデータや大切な友人を守るためにもサポートがなくなったOSのネット利用はやめましょう。

2:逮捕者が出たこともある。

だいぶ昔ですが、セキュリティの抜け道を使って日本政府のサーバーを攻撃するサイバーテロが起こりました。
警視庁はただちに調査し日本人男性を逮捕。家宅捜索され、パソコン等も押収されました。
しかし、本人はそのような事を行っておらず、後にパソコンをハッキングされ攻撃拠点にされたとわかりました。

誤認逮捕ではありますが、セキュリティ対策もせず古いOSを使っていたので自業自得。という見解もあります。

自分は大丈夫・・と思わず対策をしておいて損は無いということですね。

現在、サポートされているOSはWindows8.1とWindows10だけになります。
事情などもあるとは思いますが、サポートのなくなったOSを使っている人で
インターネットをしたい人は買い替えや、サポートのあるOSへのアップグレード等をおすすめします。

次回は、ウイルスの知識について載せていこうと思います。