Microsoftアカウントでアプリやデータの管理を一つに

Microsoftアカウントをご存じですか?

パソコンを使うには、アカウントが必要です。

Windowsパソコンの場合は、アカウントには2種類あります。ローカルアカウントとMicrosoftアカウントです。

ローカルアカウントとは?

特定のパソコンでだけで使用できるアカウントです。

いつもパソコンの電源を入れ、パスワードを入力して、Windowsにサインインしますね?

そのサインインパスワードなど、パソコンを使用するために登録したユーザー情報がローカルアカウントです。

ローカルアカウントがあればパソコンを使用することはできますが、
MicrosoftアカウントがあればさらにWindowsが便利になります。

Microsoftアカウントとは?

パソコンやスマートフォンなどを利用して、Microsoft社が提供するインターネット上の様々なサービスを利用するための権利のことで、分かりやすく言えば会員登録のようなものです。

またアカウントを作成することでデータの利用者を特定できて、第三者からの不正な利用を防ぐことができます。

Microsoftアカウントでできること

Microsoftアカウントを取得すると、Windows利用の幅が一気に膨らみます!

ここで、Microsoftアカウントでできることの例をあげてみましょう。

・メールサービス「Outlook」が使える

・クラウドストレージ「OneDrive」が利用できる

・デジタルノート「OneNote」が使える

・「Microsoft Store」でアプリをダウンロードできる

etc….

テレビ電話ができる「Skype」も同じMicrosoftアカウントで利用できるようです。

Microsoftアカウントで、複数のデバイスからデータを共有

またMicrosoftアカウントを持つことで、複数のパソコンで、またスマートフォンなどからも同じデータにアクセスできるようになります。

その機能を利用すれば、パソコンを新しくした際にも以前の設定を同期することもできます。

Microsoftアカウントをまだの方は、ぜひ取得しましょう。
Microsoft社の連携サービスが利用できると、パソコンがもっと便利で楽しくなりますよ!

使ってみようクラウドサービス

みんさんは、クラウドサービスを利用していますか?

数年前までは、クラウドサービスはまだ耳慣れない言葉でしたが、
現在ではデータ保存やデータ転送の手段として、多くの方が活用しています。

クラウドサービスってどんなもの?

企業などがインターネットを経由して提供するサービスのことで、ユーザーはパソコンやスマートフォンなどでそのサービスを利用します。

サービスを提供するコンピューターがどこにあるのか意識されることはあまりなく、まるで雲の上からサービスを受けているような感覚を受けることからクラウドサービスと呼ばれています。

データ保存のクラウドサービス オンラインストレージ

データの保存に利用するのは、「オンラインストレージ」とよばれるクラウドサービスです。

オンラインストレージとは、インターネット上でストレージ(データの保存場所)をレンタルできるサービスです。

一般的に利用できる容量も大きく、大容量のデータも分割や圧縮することなくまるごと送れてしまいます。

また、レンタルしたストレージは複数の端末から利用でき、パソコンだけでなくスマホなどでも共有OK。アクセスするのに場所を選ばないのも特徴です。

パソコン・スマホ、いろいろな端末からアクセスOK

オンラインストレージは、現在様々な企業が提供しているので、ユーザーはプランを見比べてお得なサービスを選ぶこともできます!

Microsoft社が提供するオンラインストレージは「One Drive(ワンドライブ)」。お譲りしたパソコンにもインストールされていて、「Microsoftアカウント」でログインすればすぐ利用可能です。

Microsoftアカウントがあれば、すぐ利用可能

「Microsoftアカウント」があると、Microsoftが提供する様々なサービスを受けることができるので、まだの方はぜひ取っておきましょう。

無料プランも!

各オンラインストレージが無料プランを提供する中、「One Drive」は5GB(ギガバイト)まで無料!
5GBでは、少々物足らない気もしますが、データ転送ならこれで十分!

もっとストレージが欲しい方は、有料プランもご検討ください。

今回はクラウドサービス/オンラインストレージのご紹介でした。

比較的新しいサービスで、馴染みがない方もいらっしゃるかも知れませんが、難しい操作はとくにありません。

クラウドサービスが気になっている方、データの保存場所にお困りの方は、ぜひ一度使ってみてください!

写真をたくさん保存するにはクラウドが便利!!

現在、世界中に様々なクラウドサービスが登場しています。
今回は、クラウドサービスで写真を管理することのメリットについてご紹介します。
クラウドの導入に迷っている方、そもそもクラウドをよくご存じない方も参考にしてみてください。

クラウドで管理できるもの

ビジネスから個人利用まで様々なクラウドサービスが提供されています。
保管できる情報には、テキスト文書やメール、カレンダー情報、連絡先、バクアップ情報など多岐に渡ります。そして、もちろん写真もクラウドで管理することが可能です。
それでは、クラウドに写真を保存することのメリットについて説明していきます。

1.複数人で共有ができる

最も大きなメリットは、複数人でデータを共有できることです。アクセスできる権限をもつ人が全員、クラウドに保存された写真にアクセスすることができます。
メールやCD、USBを利用することなく、すぐに写真を共有できるため非常に便利です!

2.場所やデバイスを問わずに写真管理ができる

クラウドサービスを利用しているデータには、場所やデバイスを問わずにアクセスすることが可能です。
つまりネット環境さえあれば、旅行先や出張中、もちろん自宅でも自由にアクセスすることができるんです!!

3.オンラインで写真の編集ができる

クラウドサービスの中には、オンラインで写真編集ができる機能提供しているものもあります。
この機能を活用すれば、ローカルパソコンに写真編集ソフトをインストールしておく必要がありません。

4.クラウドサービス独自の機能が使える

Evernoteなどのクラウドサービスでは写真を対象に、文字検索が可能なサービスを提供しています。
例えば、会議のPDF資料や、ホワイトボードのメモ書き写真からも検索が可能になります!!
このような独自に提供しているクラウドサービスを活用すれば、今までにない便利な使い方ができるでしょう!

5.ローカルサーバーの容量を節約できる

写真などの画像情報は、データ量が大きくなってしまうことがあります。
特に高画質の写真を利用する場合、これらのデータがストレージ容量を圧迫してしまうことは少なくありません。

クラウドを使っていれば、そんな悩みを解消することができます。高画質な写真などのデータ量が大きいファイルをクラウドに保存することで、ローカルパソコンやローカルサーバーのデータ領域を節約することができるのです。

なお、クラウドの技術もまだ発展途上のサービスです。
クラウドの導入にあたってはセキュリティーの問題にはしっかりと対策をしましょう。

スマートフォン・タブレット・パソコンの間で簡単にデータを共有しよう

従来パソコンで行っていた作業も、最近ではスマートフォンやタブレットでも代替ができるようになってきました。
また、パソコンにはなかった使い方もできるようになり、スマートフォンやタブレットの需要が増えてきています。
そうした中で各端末でのデーター共有の需要がより一層高まってきています。
今回は、スマートフォン・タブレット・パソコンの間でのデータ共有をするための方法についてご紹介します。

 

端末間でデータ共有をすることのメリット

データ共有することで多くのメリットを得ることができます。いくつか具体的な活用シーンを挙げてみましょう。

  • 社内のパソコンで報告書の作成を行い、通勤時にタブレットで確認する。
  • スマートフォンで得たGPSデータを、パソコンに取り込んで解析する。
  • スマートフォンで撮影した写真を取り込んで、パソコンで編集する。

このようにデータの共有を活用することにより、各端末の特徴を活かして利用することができます。

 

データ共有の方法

1.クラウドサービスを利用する
Dropboxなどのクラウドサービスを利用すれば、端末間で自由にデータの共有を行うことができます。自動で同期を行ってくれるので、毎回意識することなくデータの共有が可能です。また、各端末が近くになくても良いため、場所にとらわれることなく作業をすることができるでよしょう。
しかし一方では、ネットワーク環境が必須なことやセキュリティー面でのリスクがデメリットとして挙げられます。

2.Bluetoothを利用する
無線通信規格であるBluetoothを利用する方法です。クラウドサービスとは異なりインターネット接続を使用せずにデータのやり取りが可能です。
当然、データ通信料も発生しませんが、Bluetoothで接続するには各端末が数メートル以内の距離にある必要があります

3.無線LANを利用する
最初に各端末間で設定が必要となりますが、無線LANの圏内にあればデバイス間でスピーディーにファイルのやりとりができます。

4.USBなどのケーブル機器を利用する
データ転送用のケーブル機器を利用して、データの共有を行います。各端末に合う外部端子ケーブルを用意し、端末同士を接続する必要があります。
異なる外部端子を持つデバイスの間でデータ共有をしたい場合には、変換ケーブルを用意する必要がありますのでご注意ください。

5.SDカードなどの記録媒体を利用する
SDカードなどの記録媒体を利用してデータ共有を行う方法です。共有したいデータを記録媒体に入れておけば、どの機器に対してもデータを移すことができます。各端末間で記録媒体のスロットが合っていない場合は、マルチカードリーダーを利用すると良いでしょう。

 

最後に

最近は次々に新しいサービスや規格が発表されているため、データ共有をする方法も日々変化・進化しています。
効率的にデータを扱うためにも最新情報のチェックを行い、上手なデータ共有をしていきたいですね。