CPUメーカーについて -IntelとAMD-

CPUといえば、パソコンを構成する部品の一つで、 人間の体に例えると脳みそにあたる部分になります。

つまり、パソコンで行われる様々な処理を実行している部品で、パソコンの中で一番大事な部品といっても過言ではありません。

パソコンの動作速度は、このCPUの性能に大きく左右されてきます。

「Intel」といえば、CPUを作っているメーカーとして CM で目にする機会も多く、皆さんもご存知かと思いますが

「AMD」という別メーカーの名前を聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。

家電量販店で販売されているパソコンの中にも、このAMDのCPUを搭載したパソコンが増えてきています。

近年になって目にする機会が増えた事から、新しく出来たメーカーだと思われている方もおられるようですが

AMDは1969年に設立されたメーカーで、実は50年以上の歴史を持っているメーカーになります。

Intelが1968年設立なので、歴史的にはほとんど差がありません。

少し前には、将棋棋士である藤井聡太5冠が自作したパソコンのCPUに用いられた事でも話題になりました。

現在JEMTCの譲渡会で取り扱っているパソコンには、全てIntel社製のCPUが搭載されていますが

今回はAMDとIntel製CPUそれぞれの特徴と、CPUの基礎知識について解説をしたいと思います!

CPUの名前について

Intel製のCPUには、性能の高い順にこのような名前がつけられています。

Core i9
Core i7
Core i5
Core i3
Celeron・Pentium

実際には、他にも色々な数字がついていたりしますが、基本的に、この名前を見るだけで大体の性能を判別出来るようになっています。

AMDのCPUにも、Intelと同じような名前がつけられています。

Ryzen 9
Ryzen 7
Ryzen 5
Ryzen 3

どちらのメーカーも、後ろについている数字が大きいほど性能が高いCPUという事になるので、簡単に性能を判別出来るようになっています!

例外として、AMDの最上位モデルは「Ryzen Threadripper」という名前で、名前の後に数宇がつかない物になりますが

一般向けのCPUではないため、搭載されているパソコンを見かける機会はまず無いと思われます。

よく見ると、両メーカーとも、名前に使われているのは奇数だけで、Core i4だったり、Ryzen 4というような名前は存在しません。

実はこれにはちゃんとした理由があるんですが、まずはIntelとAMDの特徴について紹介したいと思います。

メーカーの特徴

2メーカーそれぞれの特徴を簡単にまとめてみました!

Intelの特徴

・CPUメーカーとしての知名度が高い

・製品価格が高い傾向にある

・ シングルスレッドの性能が高い

・消費電力が多い

・CPUの性能をソフトが引き出せる仕組み作りをしている

AMDの特徴

・Intelに比べると知名度が劣る

・製品価格が安い傾向にあり、コストパフォーマンスが優れている

・マルチスレッドの性能が高い

・消費電力が少ない

・CPUの性能をソフトが引き出せない事がある

ここに書かれている「シングルスレッド」と「マルチスレッド」という言葉の意味が分からないという方も多いと思いますので、簡単にCPUの仕組みも紹介したいと思います。

シングルコアとマルチコアについて

「コア」とは、実際に演算を行っているまさにCPUの中心部分の事をいいます。

1つのコアが入っているCPUを「シングルコア」といい、2つ以上のコアが入っているCPUを「マルチコア」といいます。

なんだか複雑に感じるかもしれませんが、コアを人に例えると分かりやすいかもしれません。

1人だけで仕事をしているのが「シングルコア」

2人以上で手分けをして仕事をしているのが「マルチコア」です。

IntelのCPUの名前にも「Core」という言葉が使われていますが、この後ろにつく数字は実際のコア数とは関係ありません。

CPUの構造上、コアの数を奇数にしてしまうと無駄な部分が生まれてしまうので、ほとんどのCPUが搭載しているコアの数は偶数になります。

そこで、「Core i4」という名前のCPUを販売したら、「このCPUにはコアが4つ搭載されている」と誤解されやすくなってしまうんです。

その誤解を防ぐ為に、CPUの名前には奇数が使われているようです。

つぎに「スレッド」という言葉ですが、これはコアが同時に処理出来る作業の数を示しています。

1コアにつき1スレッドというのが基本ですが、近年は1コアにつき2スレッドのCPUが多くなっているので、コア数の倍数がスレッド数になっている物が殆どだと思います。

例えば、「2コア 4スレッド」のCPUであれば、2人で4つの作業が出来るというような感じです。

複数のスレッドで作業を行うことを「マルチスレッド」といい、複数のスレッドで効率よく作業が出来るCPUは、マルチスレッドの性能が高いと言われます。

しかし、パソコンの中にはマルチスレッドが行えない作業があったり、マルチスレッドを行うと、逆に効率が悪くなる作業があります。

その時に大事になってくるのが、1つのスレッドだけで作業を行う「シングルスレッド」の性能です。

たくさんコアとスレッドがあるんだから、マルチスレッドの性能さえ良ければいいんじゃないかと思いがちですが、そういう訳ではないんですね。

AMDのCPUはマルチスレッドの性能を重視していて、IntelのCPUはシングルスレッドの性能を重視しているといわれています。

クロック周波数について

「コア数」と「スレッド数」と同じく、CPUの性能を表すものに「クロック周波数」があります。

クロック周波数とは、CPUが1秒間に出すことの出来る信号の回数の事です。

つまり、このクロック周波数が多い方が、たくさん信号を出す事が出来るので動作が速くなります。

クロック周波数の単位は「Hz(ヘルツ)」で記されていて、現代のパソコンでは「○GHz(ギガヘルツ)」という表記をされていることが殆どです。

1GHz = 10億回なので、ほとんどのCPUは1秒間に10億回以上も信号を出している事になります!

しかし、このクロック周波数は多ければ多いほどいい訳ではなく、クロック周波数が上がると、消費電力も上がってしまいます。

ノートパソコンにクロック周波数が高いCPUを搭載してしまうと、バッテリーがすぐ無くなってしまう事にもなるので、ノートパソコンにはあえてクロック周波数の低いCPUを搭載している事もあります。

その代わり、先ほど紹介したコア数とスレッド数を増やすことで動作速度を向上させたりと様々な工夫が凝らされています。

クロック周波数が高いCPU

クロック周波数が低いCPU

動作が速くなる動作が遅くなる
消費電力が上がる消費電力が下がる

コア数 = CPUの中で作業をしている人の数

スレッド数 = 一度に行える作業の数

という紹介をしましたが、クロック周波数は仕事の速さを表しているようなイメージです。

IntelのCPUはクロック周波数と消費電力が高く、AMDのCPUはクロック周波数と消費電力が低い傾向にあります。

最後に

ここまでの解説を踏まえ、改めてメーカーの特徴をまとめてみます。

「Intelはクロック周波数と消費電力が高く、シングルスレッドの性能が高い」

「AMDはクロック周波数と消費電力が低く、マルチスレッドの性能が高い」

結局、どっちのメーカーがいいのかは使用用途によっても変わってきます。

簡単にまとめたので下記を参考にしてみてください!

Intelがオススメ

・ゲームをする人

・ビデオ会議をする人

・ネットをよく見る人

AMDがオススメ

・プログラミングをする人

・動画編集を行う人

・パソコンの購入費用や電気代を抑えたい人


こうして見ると、IntelのCPUの方が一般的な使用方法には適しているように思えます。

しかし、今まで紹介してきた特徴については、CPUの発売時期やシリーズによっても異なります。

両メーカー共、現在進行系でより優れたCPUを開発している事もあり、必ずしもそうであるとは限りませんので、あくまで参考程度に捉えていただければ幸いですm(_ _)m

よく聞くパソコン用語を解説!IPアドレスについて

パソコンを使っていると、様々なパソコン用語を耳にする事があると思います。

そんなパソコン用語の中には、よく聞く言葉だけど、意味はよく分からないという言葉があるのではないでしょうか。

パソコン用語を知らないとパソコンが使えないなんて事はありませんが

やはり、パソコンを使う上では色々な用語の意味を知っていた方が便利な事が多いです。

今回は「IPアドレス」という用語について解説をしたいと思います。

パソコンをよく使う人でも、詳しい意味は知らない人が多い用語だと思いますが

パソコンだけではなく、スマホ等インターネットを利用する機器全般に関係する用語なんです!

このIPアドレスを悪用した詐欺行為なども存在するので

インターネットに潜む危険を回避する為にも、正しい認識を身に着けましょう!

IPアドレスとは

IPアドレスは、パソコンやスマホだけでなく、インターネットに接続をする全ての機器に付与される番号の事で

よく「インターネット上の住所」に例えられます。

IPアドレスがないとインターネットに接続する事が出来ないので、パソコンやスマホには必需品といえます。

なぜIPアドレスがないとインターネットに接続出来ないんでしょうか?

インターネットでの通信を、手紙のやり取りに例えると

IPアドレスがない状態というのは、手紙のやり取りをするのに、お互いの住所を知らない状態と一緒です。

住所の分からない相手には手紙を送る事が出来ません。

同じように、自分の住所を相手が知らなければ、手紙の返事を受け取る事が出来ません。

当たり前の事ですが、手紙のやり取りをする為には必ずお互いの住所が必要になります。

これと同じ事で、通信を送ったり、受け取ったりする為にIPアドレスが必要になってくるんです。

インターネット上の住所といわれるのも納得ですね。

IPアドレスの種類について

IPアドレスは、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類に分けられます。

ここではそれぞれの機能と役割を紹介します。

グローバルIPアドレス

現時点で世界に一つしか存在しないIPアドレスです。

このグローバルIPアドレスが重複してしまうと、正常なネットワーク通信が出来なくなってしまう為「ICANN」という非営利法人によって管理されています。

更に「APNIC」と「JPNIC」という組織を通じて、プロバイダーにグローバルIPアドレスが発行され

最終的に、プロバイダーと契約をした私達に付与される事になります。

このグローバルIPアドレスは、インターネット接続に使うルーターに割り当てられています。

プライベートIPアドレス

グローバルIPアドレスが住所だとすると、プライベートIPアドレスは部屋番号にあたります。

グローバルIPアドレスは発行できる数に限りがあるので、基本的に1契約につき1つしか発行されません。

しかし、そのままでは1つの機器でしかインターネットに接続出来ない事になり、とても不便です。

そこで、1つのグローバルIPアドレスで複数の機器をインターネットへ接続する為に作られたのがプライベートIPアドレスになります。

世界に1つしかない グローバルIPアドレスと違って、プライベートIPアドレスは他の人と重複しても問題ありません。

その為、決められた範囲内で、好きなプライベートIPアドレスを設定する事も出来ます。

しかし、1つの建物の中に同じ部屋番号の部屋が存在しないように

同じグローバルIPアドレスを使用している機器同士でプライベートIPアドレスを重複させる事は出来ません。

ネットワークの構成

このように、インターネット接続には

グローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスという2つのIPアドレスが必要になります。

スマホとノートパソコンをインターネットに接続しているというご家庭であれば

1つのグローバルIPアドレスと、機器ごとのプライベートIPアドレスを使って通信しているという事になります。

また、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスが割り当てられる仕組みには

動的IPアドレスと固定IPアドレスの2種類が存在します。

動的IPアドレス

IPアドレスが自動的に割り当てられる仕組みで、グローバルIPアドレスも、プライベートIPアドレスも基本的にはこの仕組みになっています。

世界に1つしかないプライベートIPアドレスも、1人1人に専用のIPアドレスが用意されている訳ではなく

その時使われていないグローバルIPアドレスをプロバイダーが自動的に割り当てているので

いつの間にか今までとは違うグローバルIPアドレスに変わっている事もあります。

固定IPアドレス

名前の通り、固定のIPアドレスを使用する仕組みになります。

固定IPアドレスについては、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスで内容が異なってきます。

■グローバルIPアドレスの場合

固定IPアドレスを利用する為には、プロバイダーと専用の契約を結ぶ必要があります。

契約料金が高額となる上、個人の場合は固定IPアドレスを使用するメリットがほとんどないので

利用しているのは企業が殆どになると思われます。

■プライベートIPアドレスの場合

知識があれば、自分で固定IPの設定が可能です。

一般的には、プライベートIPアドレス も固定IPを利用する必要はありませんが

中には固定IPの設定をしないと使えない機能もあります。(ポート開放など)

IPアドレスの仕組み

IPアドレスは、0から255までの数字がドットで区切られ、4つ並んでいる作りになっています。

なぜ0から255なのかというと、この数字が元々は2進数という、普段私たちが使っている10進数とは異なる数字だからです。

実は、IPアドレスは、2進数の32桁の数字で出来ています。

上の画像のIPアドレスであれば、本来はこのような表記になります。

「11001011000000000111000111111110」

このように、1と0がたくさん並んでとても見にくくなってしまうので

2進数を8桁で区切り、10進数に変換した物をドットで区切り、人間にも分かりやすくしてあるんです。

8桁の2進数で表現出来る最大の数が10進数の255なので、IPアドレスは0から255までの数字で構成される事になります。

そして、32桁の2進数で表現出来る数の種類は、2の32乗である「42億9496万7296」になります。

この32桁の2進数で作られるIPアドレスの事は「IPv4」といい、IPv4のIPアドレスはこれ以上作る事が出来ません。

だからプライベートIPアドレスを活用しているという事なんですね。

IPアドレスの確認方法

使用しているIPアドレスの確認方法ですが、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスで確認方法が異なります。

■グローバルIPアドレスの場合

ルーターの設定画面などで確認する事が出来ますが

開くだけで自身のグローバルIPアドレスを表示してくれる便利なページがあるので、そちらを確認するのが簡単です。

気になる方は「グローバルIPアドレス 確認」などで検索しましょう。

■プライベートIPアドレスの場合

プライベートIPアドレスはパソコン内で確認する事が出来ます。

まずは以下の手順でコマンドプロンプトを表示します。

①左下のWindowsマークを右クリック

②メニューから「検索」をクリック

③「ここに入力して検索」という所に「cmd」と入力

④検索結果に表示される「コマンドプロンプト」をクリック

黒背景に白文字で英語が書かれている難しそうな画面が出てきますが

「ipconfig」と入力してEnterキーを押すだけで確認が出来ます。

「IPv4アドレス」の欄に記載されているのが、自身のプライベートIPアドレスになります。

IPアドレスで分かる事

IPアドレスはインターネットの住所という事ですが、もし、そのIPアドレスが他人に知られてしまったらどうなるでしょうか?

自宅の住所が知られてしまうのと同じかというと、そうではありません。

グローバルIPアドレスによって、都道府県ぐらいまでは住んでいる地域を絞り込める事が出来ますが

それ以上の情報はわからないので、個人を特定するに至ることはありません。

例外的に、警察はプロバイダーからIPアドレスの情報を得る事で個人を特定し、インターネット上の犯罪の取締に活用しています。

しかし、個人でそういった情報を知りうる事は出来ない上

グローバルIPアドレスの説明にあったように、IPアドレスは基本的に変更されていきます。

「こっちはお前のIPアドレスが分かってるんだ!」

といわれても、そのIPアドレスはもう変更されている可能性があります。

インターネット詐欺などでは、あなたのIPアドレスは○○ですと表示して

まるで個人を特定したような表現をする事がありますが、実際はそんな事はないので安心しましょう。

IPv6について

世界的にインターネットが普及した現代では、IPv4のグローバルIPアドレスはもう殆ど残っていません。

実は、日本のグローバルIPアドレスを管理している「JPNIC」は2011年にIPアドレスの在庫が無くなったことを発表しています。

■アジア太平洋地域におけるIPv4アドレスの在庫が無くなりました

https://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/

そこで、「IPv6」という新しいIPアドレスの形式が注目されています。

IPv6は2進数128桁で構成されるので、2の128乗ものIPアドレスを生成する事が出来ます。

その数「約340澗」

まず見る事のない単位なので、どれぐらいの数なのか全然想像がつきませんが、ほぼ無限に近い数になるそうです。

IPv6は徐々に普及が進んでいて、日本では約30%の方が利用しているそうです。

最後に

専門的な内容になってしまいましたが、IPアドレスはほぼ全ての人が利用しているといっても過言ではなく

実は私達の生活を支えてる物だったんです。

今こうしてインターネットを使えているのもIPアドレスがあるおかげですね!

私もこれからはIPアドレスに感謝を捧げながら生きていきたいと思います。