メールソフト「Thunderbird」の便利機能その2

1つ前の記事で、メールソフトであるThunderbirdの便利な機能について

メールソフト「Thunderbird」の便利機能その1というタイトルで紹介させていただきました。

今回は、前の記事で紹介しきれなかった

Thunderbirdの機能について紹介していきたいと思います!

署名

署名は、送信メールに設定した内容の文書が自動的に記入される機能です。

名刺のような役割を持っていて、会社名や所属部署などの情報を記入します。

個人で使われる方はあまりいらっしゃらないかもしれません。

署名を設定するには、左側に表示されている自分のメールアドレスを右クリック→「設定」をクリックします。



設定画面が開くので「署名編集」という欄に署名を記入し、右下の「OK」ボタンを押すと署名が反映されます!


署名を設定すると、送信するメールに自動的に入力されるようになります。

署名部分は、わかりやすいように記号で囲まれる事が多いです。

「署名 テンプレート」と検索すると、署名の見本がたくさん出てくるので

お気に入りのテンプレートを見つけて設定してみてください!

迷惑メールフィルター

Thunderbirdには、迷惑メールを自動で判別する機能があります。

もし迷惑メールが受信トレイに入ってくる場合は迷惑メールの設定を見直してみましょう。

署名の設定の時と同じく、 自分のメールアドレスを右クリック→「設定」をクリックします。

設定画面が開いたら、左側のメニューから「迷惑メール」をクリックします。

「移動先と保存期間」という所の「迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダーに移動する」にチェックが入っているか確認してください。


そして「次のアカウントの迷惑メールフォルダー」を選択していれば

自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられるようになります!

もし、別のフォルダに振り分けたい時は「その他のフォルダーを指定する」を選択して対象のフォルダを設定しましょう。

ただ、機械が自動で迷惑メールかどうかを判別しているので

完璧に迷惑メールを防げる訳ではありません。

迷惑メールが判別されなかったり、迷惑メールじゃないものが迷惑メールとして判別されてしまうこともあります。

しかし、 Thunderbird はこちらで「このメールは迷惑メールじゃない」、「このメールは迷惑メールだ」と教えてあげると

迷惑メールとそうじゃないメールの違いを学習していき、高い精度で迷惑メールを判別出来るようになります!

この学習機能を使うには、設定画面の選別から

「このアカウントで迷惑メールの学習を有効にする」にチェックを入れましょう。

あとは実際に届いたメールに迷惑メールの判定をしていくと、その判定結果を学習していきます。

迷惑メールの判定は、受信トレイから行います。


迷惑メールと判定されたメールには、炎のマークがつきます。

もし迷惑メールじゃない物が含まれていたら、このマークをクリックすると炎のマークが外れます。

逆に迷惑メールなのに、炎のマークがついていない時はマーク部分をクリックして炎のマークをつけましょう。

これを繰り返す内に、Thunderbirdはその結果を学習してどんどん賢くなっていくんです。

メールの振り分け

メールを種類ごとに、作成したフォルダに振り分けていく機能です。

Thunderbirdの便利機能その1で紹介した「タグ」と似たような機能ですが

タグは手動で設定するのに対して

「振り分け」は一度設定すると、あとは自動的にThunderbirdがメールの振り分けをしてくれます!

メールの振り分けを設定する為には、まず新しいフォルダを作りましょう。

自分のメールアドレスを右クリック→「新しいフォルダ」をクリックします。



好きな名前をつけて「フォルダーを作成」をクリックします。


受信トレイの下に、作成したフォルダが表示されていますね。

もし作成したフォルダが表示されていない場合は、受信トレイの左側にあるマークが

横向き(▷)になっていないか確認してください。

この状態だとフォルダが表示されないので、マークをクリックして画像と同じ向き(▽)に変えましょう。

フォルダを作成したら、このフォルダに振り分けるメールの設定をします。

画面上にあるメニューの「ツール」から「メッセージフィルター」を開きます。


メッセージフィルターのウインドウが表示されるので「新規」ボタンをクリックします。


続いて「フィルターの設定」ウインドウが開きます。

すこし面倒ですが、「フィルター名」に再度名前を入力しましょう。

「フィルターを適用するタイミング」という欄の「手動で実行する」にチェックが入っていると

メールを自動で振り分けてくれないので、このチェックは外すのがオススメです!

メールを振り分ける条件を「すべての条件に一致」・「いずれかの条件に一致」から選択します。

すべての条件に一致を選択すると、振り分ける条件が厳しくなります。

関連のあるメールを全て振り分けたい時は、いずれかの条件に一致を選択しましょう。

その下にはメールを振り分ける条件を入力するフォームがあります。

条件は複数設定する事が出来ます、条件を増やす時は右側の「+」ボタンをクリック。

条件を消す時は「-」ボタンをクリックします。


メールを振り分ける条件には「件名に○○を含む」・ 「本文に○○を含む」 ・「この人から送られてきたメールを振り分ける」など

様々な条件を設定する事が出来ます!

「○○を含まない」というように、特定のワードやアドレスをはじく条件指定も出来ちゃいます。

条件を指定したら、先程作ったフォルダを 振り分け先のフォルダに 指定しましょう。

「フォルダを選択してください」という箇所をクリックし、対象のアカウントを選択→受信トレイ→作成したフォルダの名前をクリックします。


フォルダの指定まで終わったら、右下の「OK」ボタンをクリックして設定完了です !


これで作成したフォルダに、条件に当てはまるメールが自動的に振り分けられます。

色々なメールがゴチャゴチャしている・・という方は活用してみてください。

最後に

実はまだまだThunderbirdには便利な機能があります。

こういった機能を使いこなせるようになると、更にパソコンライフが快適になるので

みなさんも是非活用してみてください!

メールソフト「Thunderbird」の便利機能その1

こちらでお譲りしているパソコンには、メールソフトとして

「Thunderbird」(サンダーバード)という名前のソフトが入っています。

今までThunderbirdを使った事がないという方も多いようなので

ガイドブックを参考にメール設定はしたけど

いまいち使い方が分かっていないという方もいると思います。

今回は、譲渡会でパソコンを持ち帰られた方向けに

Thunderbirdを使う上で便利な機能を紹介したいと思います!

※プライバシーに関わる部分は一部隠させていただいています。

見づらい箇所もあると思いますが、ご了承ください・・。

検索機能

基本の機能ですが、メールの検索機能です。

見たいメールがあるけど、受信メールで埋もれていて

どこにあるか分からない・・という時は

件名や、メールの本文に含まれていそうなワードで検索すると

ワードに引っかかるメールを抽出する事が出来ます。

メールの検索をしたい時は、右上にある検索窓に

ワードを打ち込んで、エンターキーを押しましょう。


そうすると、ワードに引っかかるメールが表示されますよ。

ただ、この方法だと、自分から送信したメールも検索されたり

他のアカウントを設定している場合、そのアカウントのメールも検索されるので、検索結果が見づらいです。

見やすい表示にするには、検索したいアカウントの

検索したいメールBOX(受信トレイ・送信トレイなど)を開いた状態で

左上のメニューから「クイックフィルター」をクリックします。


すると、右上の検索窓の下に

「このフォルダーのメッセージを絞り込む」という検索窓が表示されるので

ここにワードを打ち込んで検索します。


この方法で検索すると、検索結果が見やすく表示されるので

検索したいメールが、どのアカウントのどのメールBOXにあるか分かっている場合には

こちらの方法がオススメです!

スター機能

メールのお気に入り機能のような物です。

重要なメールなど、受信メールの中で埋もれたら困るメールには

スターをつけてみましょう!

受信トレイや、送信トレイの中を見ると

メールの件名の左側にうっすらと星のマークがあります。


この星のマークをクリックするだけでスターをつけれます。


星のマークに色がつきました。

スターを付けたメールは、簡単に表示させれるようになります!

メールBOX内の左上にある星マークをクリックしてみましょう。


すると、このように星マークをつけたメールがまとまって表示されます。

こうやって、大事なメールにスターをつけておけば

他のメールで埋もれてしまっても、すぐに確認する事が出来ますね。

タグ機能

タグ機能は、スター機能に少し似ている機能ですが

細かくメールを分類する事が出来るので

・仕事関連のメール

・知人からのメール

・家族からのメール

というように、タグ機能を活用すると

設定した分類ごとにメールを見れるようになります!

タグをつけるには、メールBOXの中からタグをつけたいメールを選択した状態で

左上にある「タグ」と書いてあるボタンをクリックします。


すると、タグのメニューが表示されます。

頭に数字がついている部分から、つけたいタグを選択しましょう。


タグがつけられたメールを選択すると、周囲の色が塗りつぶされるので

特別なメールだという事が分かりやすくなります!

件名の色も変わるので、一覧で見た時にも見つけやすくなりますよ。


もちろん、タグは自分で作る事も出来ます。

新しくタグを作りたい時は、タグのメニューを開いて

「新しいタグ」をクリックしましょう。


タグには好きな名前をつける事が出来ます。

右側の黒い部分をクリックすると、タグに対応する色も設定出来るんです!

タグごとにメールを確認したい時は

左上のメニューから「クイックフィルター」をクリックして

下に表示されたメニューから「タグ付き」を選択しましょう。


すると、タグが付けられたメールが一覧で表示されます。

メニューの下には、登録されているタグの名前が表示されるので

タグの名前をクリックすると、そのタグがついているメールだけ表示されます!

タグの名前を次々にクリックしていくと複数選択されてしまうので

表示したくないタグはもう一度名前の所をクリックして選択から外しましょう。

最後に

今回は主に必要なメールを見やすくする為の機能について紹介しました。

Thunderbirdには他にも様々な機能があって紹介しきれないので

今回はここまでにさせていただきます。

今まで使っていなかったという方は是非活用してみてください!

フリーメールの使い方 Yahoo!メール編

前回、Gmailの使い方について紹介しましたが

今回はYahoo! JAPANより提供されている、Yahoo!メールの使い方について紹介したいと思います!

日本では、Gmailと並んで利用者数の多いフリーメールです!

Yahoo! JAPAN ID を作成しよう

Yahoo!メールを利用するには、Yahoo! JAPAN IDの作成が必要になります。

まずはYahoo!JAPANを開き、右下部分の「ID新規取得」をクリックしましょう。

※Yahoo!JAPAN IDは携帯電話をお持ちでないと作成出来ません!

「携帯電話番号でID登録」という画面が開きます。

ここに、お使いの携帯電話番号を入力します(ハイフンは必要ありません)

入力が完了したら「次へ」をクリックしてください!

入力した番号の携帯に、確認コードを記載したショートメッセージが送信されます。

送られてきた確認コードを入力して、「確認する」ボタンをクリックしてください。

続いて、ご自身の生年月日や名前なども登録していきます。

ここで入力した名前は、他の人にも見られる名前になるので

本名を公開したくない方は、ニックネームなどで登録しても大丈夫ですよ。

連絡用メールアドレスについては、他にパソコン用のメールアドレスをお持ちでない場合、携帯のメールアドレスを登録しましょう。

お知らせメールについては、セールやお買い得商品の情報などが配信されるサービスになります。

必要でない方はチェックを外してから「登録する」ボタンをクリックしましょう!

続いて、オプション設定が表示されます。

Yahoo!JAPANを通してお買い物をされる際に、PayPayやTポイントの利用を紐づける事が出来ます。

今回は、こちらの設定についてはスキップしたいと思いますので

「登録しないで先に進む」をクリックします。

IDの作成が完了し「Yahoo!JAPANへようこそ」と表示されます!

「次へ」ボタンをクリックするとTopページに戻りますよ。

Yahoo!メールを開こう

IDの作成が完了したら、早速Yahoo!メールを開きましょう!

Yahoo!メール を開くには、Yahoo!JAPANの右上に表示されている「メール」をクリックします。

初めてメールを開くときには「Yahoo!メールへようこそ!」という画面が表示されます。

「Yahoo!メールのご利用はこちら」をクリックするとYahoo!メールを開く事が出来ますよ。

これがYahoo!メールの画面です、こちらも見やすく、使いやすいように作られています!

受信箱に入っている「ようこそYahoo!メールへ」というメールには

メールアドレスや、Yahoo!JAPAN IDが記載されているので、消さないように保管しておくのがオススメです。

新しくメールを作成する際には、左上の「メールの作成」ボタンをクリックしましょう!

勿論、Yahoo!メールでも画像データなどの添付もご利用いただけます!

Yahoo!IDの作成には、携帯電話が必要なので、Gmail程気軽に使い始める事は出来ませんが

Yahoo!IDを作成すれば、オークションやショッピングなどのサービスも利用出来るようになるので

この機会にぜひ作成してみてはいかがでしょうか!

フリーメールの使い方 Gmail編

通常、メールアドレスはインターネットを契約しているプロバイダー会社さんから付与されますが

中には、自分のメールアドレスやパスワードを忘れてしまった!という方もいると思います。

そんな時に便利なのが、無料で、簡単に使えるフリーメールサービスです!

今回は、世界中で4億人以上の人が利用している

世界最大のフリーメールサービスである、Gmailの使い方を紹介していきます。

Googleアカウントを作成しよう

Gmailを利用するには、Googleアカウントの作成が必要になります。

既にGoogleアカウントをお持ちの方は、すぐに利用を始める事が出来ますよ。

Googleアカウントの作成方法については、パソコンレッスン動画のサイトでご確認いただけます。

ここで作成したユーザー名が、そのまま自分のメールアドレスになります!

Gmailを開こう

Googleアカウントの作成が完了したら、早速、GoogleからGmailを開きましょう。

Gmailはトップ画面の右上にある「Gmail」という文字をクリックして開く事が出来ます。

この時、ログイン状態じゃないと、メールアドレスとパスワードの入力を求められます。

入力画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力しましょう。

メールアドレスは、ユーザー名@gmail.comです。

例えば、ユーザー名がJEMTCだったら、メールアドレスは

JEMTC@gmail.comになります。

これがGmailの画面です、シンプルで見やすいですね。

右側に受信したメールが表示されます。

新しくメールを作成したい時には、左上にある「作成」ボタンをクリックしましょう。

勿論、画像などのデータを添付する事も出来ます!

プロバイダーのメールアドレスは、プロバイダーを解約・変更した場合、使えなくなってしまいますが

フリーメールの場合にはその心配がありません。

更に、ご家族・ご友人との連絡にはプロバイダーのメールアドレスを使う。

サイトの会員登録にはフリーメールアドレスを使うという風に

メールアドレスを使い分けたりと、快適なパソコンライフを過ごす為のツールになるので是非ご活用ください!