目的から考えるパソコン選び。

こんにちわ、JEMTCです。

今回は、譲渡会で聞かれる目的から選ぶパソコン選びになります。
普通の方は、譲渡会PCでも対応はできます、
今回は、譲渡会では対応できない目的とその理由なんかを載せていきます。

クリエイティブ系ソフトの必要スペックと推奨スペック

ここでは、イラストレーターやフォトショップや3DCADなどの高スペックを要求するソフトに限定して勧めていきます。

良く、高価なソフトウェアやアプリケーションソフトには必要・推奨スペックが記載されています。
ここに罠が隠されています。
必要スペックは「これだけあれば大丈夫。」というものではありません。

最低限これぐらいはないと動かなくても責任とれないよ?
という性能です。
ソフトの開発側はユーザーの思い道理に動くかどうかは関係ありません。
そのソフトが「動作する。」ためにどれだけの性能が必要なのか。が重要です。
快適に動くかどうかは考慮されません。ぶっちゃけ動けばOKなんですから

そして、書かれている必要スペックの殆どはデスクトップでかつ現行モデルもしくは、当時のモデルが基準になっています。
中古は考慮されていません。
素直に、推奨されているパソコンを買うのが正解です。

よく、知り合いがこれぐらいでも動いてるよ。という声をいただきますが、そのお知り合いの方のスペックが正確に言えないのであればその買い方は非常に危険です。
お知り合いのパソコンは最新に近い現行モデルかもしれません。

以前、CPUの世代の話をしましたがその人は第7世代のハイパワー用かもしれません。
パッと見の性能、数字ではなく細かく知る必要があります。

では、よく聞かれる譲渡会では対応しにくいソフト別にどれぐらいの性能が要求されているのか大雑把に例を見てみましょう。

イラストレーター

イラストを描いたりする代表的なソフトです。
作業内容にもよりますが、イラストレーターの機能を使って作業する事が前提なら非常に高い性能が必要です。
譲渡会で求められる際は、一番高いデスクトップで最低限となります。さくさく動作するかはわからないです。

まずは、必要スペックを見てみましょう。
CPU:Intel マルチコアプロセッサー(64 ビット対応必須)
メモリ:8 GB 以上の RAM(16 GB 以上を推奨)
GPU:OpenGL 4.x

わかんない人にはなんのこっちゃ。ですね
ざっくり紐解くと、CPUはiシリーズでメモリ8GB以上のものなら大体OKです。
ただし、動作はする。使い物になるかどうかはわかりません。
妥協して、譲渡会PCのような性能で我慢するか
10~15万円の予算を組んで新品を買いましょう。
国産モデルは諦めてください。

試しに富士通で最低これぐらいは欲しいよね・・で見積もりを撮ったら20万円行きました;
オフィスソフトもなしなので、高性能なノートパソコンは国産では難しいようです。

おすすめはヒューレット・パッカードの製品です
10万円程度で・・となれば無難なメーカですね。

フォトショップ

こちらの必要な性能もイラストレーターとあまりかわりません。
CPUはI5以上・メモリは16GBの現行モデルかそれに近いもの。を選べばOKです。

3DCAD

3DCADは企業レベルで使うものは今回は省きます。
飛行機の設計などに使うものなどは数百万円以上かかるそうです。
ここでは、個人レベルで扱う作業を行う。とします。

3DCADはイラストレーター、フォトショップ等より遥かに高い性能のパソコンが必要です。
ノートパソコンは個人的には非推奨です。
3DCADと相性の良いグラフィックボードが選択肢がなく高価です。
3DCADをノートで・・となればGPUの項目にNVIDIA Quadro と書かれたものがおすすめになります。

色々調べてみても20~50万円のものが多いです。
譲渡会では間違いなく対応できないので、ネットなどで色々調べて選んでください。
妥協をしても良いことはないので、じっくり吟味してください。

まとめます。
クリエイティブな作業をするなら性能が高いパソコンが必要。
家電量販店で安いからと購入すると泣きをみます。

自身がどれだけの作業をするのかを考えてパソコンの性能を上げてください。
推奨スペック=全ての作業に対応しているわけではありません。

国産モデルは諦めてください。
金額を見て妥協に走る事になります。

色んな性能のパソコンが売っているのには理由があります。
必要な性能を吟味し、快適な作業ライフを送ってください!

オンライン授業向けのパソコンを紹介!

今、お子さんがオンライン授業をするためのパソコンが欲しい!という方が増えています。

そういった方にお話をお伺いすると、オンライン授業に適したパソコンってどんなパソコン?という疑問を抱かれている方が多いので

今日は、どんなパソコンがオンライン授業に適しているのかを解説したいと思います!

オンライン授業って何をするの?

そもそも、オンライン授業ではどのような事をするのでしょうか?

内容はその学校によって変わってきますが、主にリアルタイム方式と、オンデマンド方式という、2種類の授業形態があります。

リアルタイム方式では、ビデオ会議ソフトを使って、生徒さんと、先生、お互いの姿を映した状態で授業を受講する事になります。

その名前の通り、リアルタイムで授業が進行していくので、実際に学校で授業を受けているのと同じような感覚で授業を受講できるのが特徴です!

質問があったりした時も、ビデオ会議を通じて、先生に質問をする事が出来ます。

この授業形態の場合、パソコン用のカメラと、マイクが必要となります。

オンデマンド方式では、ビデオ会議などは行わず、あらかじめ先生が用意した資料や授業動画などを

生徒さんがダウンロードして、指定された期日までに課題を終了させるという内容になります。

成果物については、指定された場所にアップロードするという事になり、質問などは、掲示板のようなサービスを使ってされる事が多いです。

この授業形態の場合、リアルタイムでの質問ができないので、質問の返事に、時間差が発生したりしますが、生徒さんは自身のペースに合わせて授業を進める事が出来ます!

オンデマンド方式では、カメラやマイクなどは必要ありません。

オンライン授業に適したパソコン

それでは、オンライン授業に適したパソコンとは何なんでしょうか?

オンラインという名前もついている通り、リアルタイム方式でも、オンデマンド方式でも、インターネット接続は必須になります!

その為、まずはインターネットに適したパソコンが必要となります。

弊協会でご案内している、インターネットに適したパソコンとは

メモリ:4GB 以上

CPU:Core i3 以上

こういった性能の機種になります。

メモリとCPUの説明については、こちらの記事をご覧ください!

それに加え、オンライン授業では、動画などの視聴が多くなると思われますので

ネット授業向けの機種として、オススメの性能は

メモリ:4GB 以上

CPU:Core i5 以上

更に、SSD搭載の機種ですと、快適にご利用いただけます。

SSDについては、こちらの記事をご覧ください!

また、リアルタイム方式ではカメラ・マイクが必要となりますので

出来ればカメラやマイクが内蔵されているパソコンが良いのですが

全てのパソコンに、マイクやカメラが内蔵されている訳ではございません。

パソコンを選ぶ際には、マイクやカメラが内蔵されているか注意をして選んでいただくか

マイクやカメラを別で購入して、パソコンに接続していただくという方法もあります!

購入される製品によりますが、一般的に、パソコン本体に内蔵されているカメラやマイクよりも

外付けで接続するカメラやマイクの方が、高性能な事が多いので、こちらは特にこだわらなくともよいかと思います。

オンライン授業向けパソコンをご希望の方へ

弊協会で取り扱っているパソコンにも、上で紹介をしたオンライン授業向けの機種がございますが

現在、新型肺炎感染拡大により、会場をお借りしてのパソコン有償譲渡会は中止させていただいております。

その代わり、インターネット上での注文をお受けしておりますので

ご希望される方は、こちらのホームページからお申込みください!

https://jemtc-ns.com/

よく見るあの漢字、どうやって変換するの?

文章を入力していくときに、どのように入力すればいいのか迷うことはありませんか?

今回は、そんな文字入力に迷った時の解消法をご紹介します。

手書きで検索して入力する

緑色の枠で囲んだアイコンをクリックします。

上記の画面が表示されます。

上から順番に、

  1. 手書き
    マウスで文字を描いて漢字を検索できます。画数の少ない漢字は手書きで検索すると便利です。
  2. 文字一覧
    一覧から文字や記号を探して入力できます。特殊な記号を入力するときに利用します。
  3. ソフトキーボード
    キーボードを使わずに、クリック操作だけで文字を入力できます。キーボードが壊れてしまったときなどに利用します。
  4. 総画数
    総画数から漢字を検索できます
  5. 部首
    部首から漢字を検索できます。

それぞれの機能にあわせて、漢字を見つけていきましょう。

読みを入力して変換する方法(ローマ字入力)

ひらがなの入力
  • 「を」 wo
  • 「ぢ」 di
  • 「ゐ」 wi
  • 「ゑ」 we
  • 「ぃ」 li または xi (小さい文字は先頭に「L」または「X」を付けます)
  • 「あっぷ」 appu (子音を重ねると「っ」を出せます)
  • 「でぃ」 deli または dexi または dhi
  • 「でゅ」 delyu または dexyu または dhu
カタカナの入力
  • 「ヴ」 vu
  • 「ヶ」 lke
漢字の入力
  • 「々」 ”おなじ”と打って変換
  • 「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」 ”くりかえし”と打って変換
記号の入力
  • 「※」 kome (「こめ」と入力)
  • 「〜」 kara (「から」と入力)
  • 「゛」 dakuten(「だくてん」と入力)
  • 「~」 (チルダ) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【へ】キーを押します。
  • 「&」 (アンド) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【お】キーを押します。
  • 「_」 (アンダーバー) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【ろ】キーを押します。
  • 「@」 (アットマーク) 【せ】キーの右にある、【@】キーを押します。
  • 「→」 yajirushi (「やじるし」と入力。方向ごとに「うえ」や「みぎ」で「↑」や「→」と入力できます)
  • 「  」(括弧) kakko (「かっこ」と入力。変換を繰り返すことで、{}や“”など、括弧の種類を変更できます)

最後に

使用頻度が高いものを今回はご紹介しました。

参考にしていただければ嬉しいです!

スマホからパソコンにデータを送る方法とは?

スマホを使って、書類や写真などのデータを作成することも増えてきました。

スマホとパソコンをうまく連携することで、もっと効率的に作業ができると思います。

今回は、スマホからパソコンへデータを送る方法をご紹介します。

自由にデータをやり取りして、業務の効率化に活用してください!

有線ケーブルを使う

USBケーブルなどの優先ケーブルを使う方法です。

ほとんどのスマホは、外部接続端子を備えており、これを利用して有線でデータを送ります。

メリットは、データ量の大きなファイルでも短時間で送れること。写真や動画などのデータを送りたいときに適しています。

デメリットは、有線ケーブルに合った外部接続端子が必要なことや、接続する手間が必要なことです。

記録媒体を使う

SDカードなどの記録媒体を利用して、データを送る方法です。

スマホから記録媒体にデータを入れておけば、いつでもどこでもデータを移すことができます。

また、複数のパソコンに同じデータを配布することも出来るメリットもあります。

マルチカードリーダーを利用すれば、記録媒体の形式にとらわれずに、自由なデータのやり取りが可能です。

ウェブサービスを利用する

ウェブサービスを利用して、スマホからパソコンにデータを送ることもできます。

Evernoteなどのクラウドサービスや、Dropboxなどのオンラインストレージサービスなどです。

アカウントの登録が必要な場合がほとんどですが、端末間であらゆるデータをやり取りすることができるので便利です。

ネットワーク下で端末を利用していれば、ファイルを保存した瞬間にデータ連携が開始されます。

ユーザーが意識することなく、端末間でのやり取りができます。

メールで添付して送る

メールで送る方法です。

送付するデータはメールに添付して、パソコンで閲覧できるアドレスに送ります。

ファイルサイズが大きい場合には、メール送信に失敗することも…

少し手間ですが、ファイルやフォルダに圧縮を併用するようにしましょう。

 

最後に

一言にデータといっても、さまざまな種類があります。

ワードなどのテキストデータや写真などの画像データ、データベースファイル、設定ファイルなど。また、ファイルサイズも様々ですよね。

特に写真や動画は、ファイルサイズが大きくなりがちです。

スマホのカメラも日々性能が良くなっていますから、その分だけ記録されるデータ量も大きくなるのです。

重要なことは、送りたいデータの種類やサイズによって、送る方法を決めることです。

クラウドサービスが便利だからと言っても、サイズの大きな動画ファイルはアップロードしたくありません。アップロードに時間がかかりますし、通信量も大きくなってしまいます。

そういう場合は、USBなどの有線ケーブルを利用した方が、労力も少なく済みます。

データにあわせて、ご紹介した方法を上手に活用してみてください。