パソコンの部品紹介-サウンドカード

今までパソコンに搭載される部品についての紹介をしてきましたが

今回は「サウンドカード」という部品について紹介します!

パソコンの部品の中でも、グラフィックボードと同じく

あまり知られていない部品だと思います。

サウンドカードってどんな部品?

サウンドカードはその名の通り、パソコンから音を出す為にある部品です。

今ではパソコンで音楽を聞いたり、動画を見たりする事は当たり前のように感じますが

初期のパソコンには、サウンドカードが搭載されていなかったので

機械音(ビープ音)しか出す事が出来ませんでした。

その為、パソコンを使う上でほぼ必須の部品といえます!

今のパソコンにはマザーボード(基板)にあらかじめ

サウンドカードの機能が組み込まれている事が多いので

単独のサウンドカードは少なくなってきました。

しかし、パソコンにあらかじめ組み込まれているサウンドカードは

必要最低限の物である事が多いので

パソコンから聞こえる音が悪いと感じている方や

より綺麗な音で音楽や映画を楽しみたい!と思う方は

別売されているサウンドカードを取り付けてみてはどうでしょうか?

サウンドカードを取り付けるには

サウンドカードにはパソコンの中に取り付ける内蔵型のサウンドカードと

USB端子などに接続する外付型のサウンドカードがあります。

内蔵型のサウンドカードは、専門的な知識がないと取り付けが難しく

デスクトップパソコンにしか取り付ける事が出来ないので

USB端子に挿すだけで、簡単に取り付けが出来る

外付型のサウンドカードがオススメです!

外付型であれば、パソコンを買い替えた時などに

新しいパソコンに繋げるだけで使い回せるのも魅力です。

中でも「Sound Blaster」という名前で クリエイティブテクノロジー社 から

販売されているサウンドカードが有名です。

安い物であれば数千円程度で販売されていて

安価な製品でも、サウンドカードを取り付ければ

今まで聞こえていた音との違いを実感出来ると思います。

サウンドカードを取り付けると内蔵スピーカーから音を出せなくなるので

スピーカーやヘッドフォンも必要になりますが

ビデオ通話の音声もクリアに聞こえたりするようになるので

パソコンを快適に使う上でもオススメの部品です。

パソコンの部品紹介-グラフィックボード

皆さん「グラフィックボード」という部品はご存じでしょうか?

「CPU」や「メモリ」はなんとなく聞いた事あるけど、「グラフィックボード」という言葉には馴染みがないという方が多いかと思います。

なぜなら、普通のパソコンには、この「グラフィックボード」が搭載されていない事が多いからなんです。

えっ、それじゃあ必要がない部品なんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かに、「グラフィックボード」がなくても、一般的な使用には問題がありませんが

パソコンを使う上では、この「グラフィックボード」がないと、困る事もあるんです。

今回は、そんな「グラフィックボード」がどんな部品かと、必要となる場面について紹介したいと思います!

グラフィックボードってどんな部品?

パソコンに欠かせない部品といえば、人間の脳みそにあたるCPUという部品ですが、画像や映像の処理に「GPU」(グラフィック プロセシング ユニット)という装置も必要となります。

CPUと名前が似ていて、ややこしいですよね。

この「GPU」は、モニターに画像や映像を映すための処理を行っている装置で、「GPU」がないとモニターには何も映す事が出来ません。

映像処理に特化した CPU という感じでしょうか。

そして、普通のパソコンはCPUや、基盤の中に、「GPU」が組み込まれている事が多いんです。

こういった「GPU」は、「内蔵GPU」と呼ばれています。

ほとんどのパソコンは、こういった「内蔵GPU」を使って映像などの処理をしているんですが

「内蔵GPU」は性能がとても低く、複雑な映像処理などには対応しきれない部分があります。

そんな時に必要となってくるのが「グラフィックボード」で

他の部品の一部でしかなかった「GPU」を、単体の部品にした物です。

この「グラフィックボード」、高価な部品なので、普通のパソコンには中々搭載される事が無いんです。

どんな時に必要?

ではこの「グラフィックボード」、どんな時に必要になるんでしょうか?

主に、撮影した映像を編集したり、3Dのゲームをしたり、設計(CAD)などを利用したりする方に必要になってきます。

こういった使用方法では、パソコンに高度な映像処理能力を求められるので、「内蔵GPU」では不十分な事が多いんです。

弊協会で取り扱っているパソコンの中にも、デスクトップパソコンには「グラフィックボード」を搭載している機種もありますので

そのような用途で使用される方は、是非「グラフィックボード」搭載のパソコンをお選びください!

パソコンの性能って何で決まるの?

今でも定期的にお問い合わせのあるパソコンの性能についての内容。

弊協会の有償譲渡会でも、展示スペースのパソコンの上に掲示している内容は下記3点です。

CPU

メモリ

ストレージ(HDD/SSD)

譲渡会ではこのようなPOPを掲示して案内しています!

メモリとストレージに関しましては、同じGBという単位で示しています。

一体何が違うの!?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

そこで分かりやすく解説していきたいと思います!

CPU

⇒数字が高い方が優秀で処理能力が高くなるので、例えばi3<i5になります。

ちなみに‥ Central Processing Unit ( セントラル・プロセッシング・ユニット )の略だそうです。

日本語に訳すと「中央処理装置」となり、文字通りパソコンにおける中心的な処理装置という意味通り、人間で例えるならば脳みそに当たる部分です。

パソコンの基本性能を決める重要なパーツ。

こんな部品が機器内に埋め込まれています!

メモリ

⇒よくイメージしやすい 机の広さ などに例えられます。

こんな部品も機器内には刺さっています!

仕事の場面に例えて掘り下げていくと‥

「ソフトを立ち上げる = メモリ容量を使用する=  机に書類を置く

「複数のソフトを同時に立ち上げる = 机に複数の書類を広げる」

「重たいソフトを立ち上げる = 大きい紙を机に広げる」

机を使ったイメージは掴めましたか!?

机は広ければ広いほど、沢山の書類や大きなサイズの紙を広げることが出来ますね。

逆に書類を1,2枚しか広げないのに会議用の横長の机は必要ないですよね‥?

複数のソフトを同時に立ち上げたり、重たい映像編集用のソフトなどを使用したりする場合には、より多くのメモリが必要となりますが‥

逆にインターネットしかしないよ!という人が、大容量のメモリを搭載したパソコンを使用している(例えば32GBとか)のは、過剰な性能ということになります。

ストレージ(HDD/SSD) 

机の引き出しの広さ本棚などに例えたりします。

収納可能な範囲を示しています。

数値が多いほうが収納可能なスペースが広いということになります。

本を収納出来るスペースが多い=ストレージの数字も大きい

まとめ

OSやCPUなどの性能にも寄りますが、インターネット+オフィスソフト程度の使用であれば‥

私のパソコンも現在も絶賛稼働中ですが、重いソフトを使いこなさないといけないような専門的な作業をやられたりしない限り、4GBメモリで十分快適に動く容量と言えます!

是非今回ご紹介した3点のバランスを考えながら、機器選びに役立てて頂ければと思います。