その警告、本物ですか? マカフィー(McAfee)を装う偽物警告などについて

パソコンを使っているとある日突然画面に現れるメッセージ。

「お使いのパソコンはウイルスに感染しました」

なかにはパソコンから「ブーブー」と大きなアラート音が鳴る場合も。

警告の画面をよく見てみると、そこには有名なセキュリティーソフトのブランドロゴが…

ウイルス感染の表示に慌ててしまっている状況では、警告の標示に従ってつい画面をクリックしてしまいます。

実はこのウィルス警告は偽物であるケースが大変多く、クリックすることにより不正なWebサイトへと誘導されてしまいます。

ではこれら偽警告の正体は一体何なのでしょうか?

今回のブログでは、以前からパソコンユーザーを悩ませている、有名セキュリティソフトなどの名を騙る偽物警告について追いかけていきましょう。

警告の正体は、ブラウザーハイジャッカーによって仕組まれたプッシュ通知

画面に表示されるウィルス感染の通知は、Webプッシュ通知と呼ばれるもの。

この通知自体はウイルスやマルウェアではありませんのでまずはご安心を。

ではなぜウィルス感染を伝える偽のプッシュ通知が頻繁に表示されるようになってしまうのでしょう?

Webプッシュ通知自体は「GoogleChrome」や「マイクロソフトEdge」、「アップルSafari」などの有名プラウザーに必ず搭載されている機能です。

そのごく一般的なプッシュ通知機能が悪用され、偽のウィルス警告がパソコンに表示されているのです。

そのような悪用を可能にしているのが「ブラウザハイジャッカー」というコンピュータウイルスです。

「ブラウザハイジャッカー」って何…?

「ブラウザハイジャッカー」とは、Webブラウザの設定を勝手に変更してしまうコンピュータウイルスです。

有害サイトの広告やページを表示したり、Webサイトの閲覧中に勝手に異なるサイトに誘導するなどの行為を行います。

そして「ブラウザハイジャッカー」は、ユーザーの同意のもとパソコンに侵入しているのです!

いつの間にかウィルスの侵入に「同意」している

普段インターネットをしているとよく画面に表示される「〇〇が許可を求めています」の通知。

「許可」または「ブロック」の問いに答える形式で、広告や情報などの受信の可否を発信元が求めるものです。

つい何気なくしてしまう通知への「許可」。この時点からすでに罠が仕組まれています。

興味のある広告などには「許可」をして、特に見たくなければ「ブロック」をする、いつも何気無くしていることですね。

ほぼ習慣になっている通知への「許可」を利用して「ブラウザハイジャッカー」はパソコンに侵入しています。

大切なのは安易に「許可」をしないこと

「ブラウザハイジャッカー」の侵入を防ぐには、まず安易に「許可」をしないことです。

画面に表示された「〇〇が許可を求めています」の通知。

その「〇〇」の部分に記載されているサイト名を検索エンジンで調べて見ましょう。不正広告を出しているようなサイトかどうかを調べることができます。

「許可」をする前に発信元のサイトが安全なものか確認することが大切です。

偽警告による被害とは…?

では偽の警告をクリックしてしまうと、どのような被害があると考えられるのでしょうか?

・不審なサイトに誘導され、クレジット情報などを騙し取られる。

・電話を掛けるよう案内され、架空の契約を結ばされる。

その他の可能性もありますが、いずれも金銭に絡む深刻な被害と言えます。

またこの偽警告の画面自体も、消しても次々に表示される大変わずらわしいものです。

表示しないようにできないの…?

この大変危険でわずらわしい偽警告の画面、実はブラウザの設定を変えることで表示しないようにすることができます。

操作は使用しているブラウザごとに異なります。ここでは代表的な2つのブラウザ「GoogleChrome」と「マイクロソフトEdge」についての操作方法をご案内します。

「GoogleChrome」の場合

1.画面右上のメニューボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択。

2.表示された「設定」画面上部の「設定項目を検索」に「通知」と入力。

3.表示された画面から「サイトの設定」をクリック。

4.ベルのマークが表示されている「通知」項目をクリック。

5.「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、次に「ブロック」をクリック。

「マイクロソフトEdge」の場合

1.画面右上のメニューボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択。

2.表示された「設定」画面左上部の「設定の検索」に「通知」と入力。

3.表示された画面から「通知」をクリック。

4.「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、次に「ブロック」をクリック。

マカフィー(McAfee)を装う偽物警告が代表的

今回ご紹介しているブランドロゴを利用したウイルス感染の偽警告、その代表的なのもは、マカフィー(McAfee)を装ったものです。

マカフィー(McAfee)といえば、有名なウイルス対策ソフト。

偽物警告の被害に遭っているパソコンにも、実際にマカフィー(McAfee)がインストールされているケースも少なくありません。

実際にマカフィーがインストールされている場合には、このような偽警告を本物と思い込んでしまいます。

ウイルスソフトにマカフィーを使用されている方はより一層十分な注意が必要です。

この偽警告の件についてはマカフィーの公式サイトからも注意喚起がなされています。

詳しくはマカフィー公式の専用ページをご確認ください。

最後に

今回はウィルス感染を知らせる偽の警告についてお伝えしました。

ウィルス警告の正体は、ブランドを装いユーザー不安な気持ちにさせ、不正サイトに誘導するプッシュ通知というもの。

その原因となるものはユーザーが何気無く行なっている、見知らぬサイトからの通知への「許可」でした。

インターネットでは世界中のサイトにつながり、ネットの向こう側には悪意ある人たちも存在します。

ネット社会の危険を理解し、自分の身は自分で守ることを心がけましょう。

新技術の5Gがすごい理由と大活躍の場が想像を超えている。

技術革新 という言葉がありますが、5Gはまさにそれと言えるでしょう。
知らない所でひっそりと確実にその力を拡大しています。

IT技術は興味がないとー・・・いつの間にか置いてけぼり。という事が多いですよね。
例えばスマホが進出した2007年…皆さんは想像しましたか?
スマホがここまで普及することに。

ガラケで必死にweb検索してたのはどこへ行ったのか…

必死にゲオへ通っていた皆さん。
今はゲオやツタヤに行ってますか?
今は・・・ストリーミングでみれちゃうんです。

そんな時代の変革に起きた一つの技術革新。
5Gについて紹介していこうと思います!

5Gとは…?

5Gとは、「第5世代モバイル通信システム」と言われております。
過去にも1~4Gが存在し

1Gは1980年代に登場したアナログ携帯電話。

2Gは1990年代、通信がアナログからデジタルに移行し、インターネットへの接続が可能に。

3Gは2000年代、通信が高速化し携帯電話などでのインターネット接続が一般化。

4Gは2010年代、LTEという高速化技術とスマートフォンの台頭。

では今話題になっている5Gはどんな特徴を持っているのでしょうか?

大きく3つの特徴があります。

超高速での通信
多数接続数の増加
遅延の大幅な減少(低遅延)

が、挙げられます。一つ一つ見ていきましょう。

超高速通信

Wikipediaによると4Gの通信速度は
第4世代携帯電話の特徴としては、50Mbps – 1Gbps程度の超高速大容量通信
となっています。

一方、5Gは10Gbpsとも言われています。(下りは20Gbpsとも)

これにより、今まで高画質の動画(4Kや8K)がスムーズに視聴になるし
より大きなデータを高速で送受信できるようになります。

身の回りだけを考えると通信速度が大幅UP!ラッキーぐらいの感覚ですが世界的に注目を集めているのは、とある分野での活躍です。
そちらは最後の方でまとめで語っていきます。

同時接続数の増加

こちらはあまり私達の身の回りでは大きな影響はなさそうです。
主に、企業さんのサービスに多様性が生まれる。程度の理解で問題はなさそうですね。

超低遅延

こちらも身の回りでの大きな変化はなさそうです。
これまでよりもリアルタイムで情報が送られてくるようになるので
天気予報や電車の遅延情報や渋滞などでしょうか、これらは便利ですが真の目的の前では小さな活躍です。

5Gがもたらす世界の変化

主に活躍が期待されている。もしくはすでに動いて稼働している分野もあります。

色々ありますが、私は自動車産業と医療の分野で期待を膨らませています。
まず自動車産業ですが…低遅延で大容量・多数接続ができるので
夢のAI自動車が稼働できるようになります。

すでに自動運転の車が迎えに来て、「目的地にご主人さまを降ろして勝手に帰っていく。」カーシェアリングの考えが出てきています。
すでにアメリカのテスラ社などが手掛けており、将来的にAI自動車が普通になり
車を持っている人は一部のお金持ちや趣味。の人だけになると予想されています。

TOYOTAのアプリ連携できるディスプレイオーディオもこれを主眼において作ったのでは?との声も。

これですね^^

自動車大国の日本。どんどん進化してもらいたいですねb

次に医療の話ですが、こちらはドローンを使った事例を紹介していきます。

5Gの影響でドローンの開発も進んでいます。
日本では規制が厳しくて中々見かけることはありませんが・・・

海外ではドローンを使った意外な方法が注目を浴びています。
現在、アフリカで活躍を期待されているのが血液輸送だそうです。

いろいろ調べてみて驚きましたが、皆さんのドローンのイメージってどんなんでしょう?

プロペラがついてふわーと浮かんでる物体・・ではないでしょうか?
あんなのでどうやって輸送するんだよwwwとか思ってしまいますが

今や最先端ドローンをもつアフリカ。
翼が生えて空を飛び、目的地で荷物をパラシュートで降ろします。

うん、すげぇ

速度も100キロでるとか…
小さな荷物はドローン郵便とかドローン運送にお任せ!100キロ県内なら即日届きますb
とかできそうですね。

私達の譲渡会パソコンもドローンで即日自宅まで配送!とかできちゃうかもしれません。

こんなに便利な5Gですが、意外な問題点も残っています。

つながるエリアが少ない

まだまだ日本では普及しておらず、インフラ整備も進んでおらず
5Gの携帯を持っていても恩恵を受けられる人が少ないのが実情です。
エリアもごく一部のスポットが多いみたいです。

対応機種もまだ少なく、料金も高いのでこの辺りをどうにかしないと難しいですね;

5Gがもっとも普及している国

5Gが最も導入されている国はみんなの良く知っているあの国

アメリカ 中国です。

2020年の調査結果で、すでに5Gを利用しているに答えた人は
中国で10% ドイツ4% フィンランド7% とデータが出ている。
もっとも普及していて10%で 5Gの乗り換えに最初期に参戦したイギリスが2%である。

では、先進国の中でもTOPランクを維持する日本は?

1%未満

さらにわからないと回答したのは日本が最高の27%なんです

上記で上げた、最新の技術は日本では全く活用されず
今後中国の実績を元に最新技術を手に入れ
代わりに最高品質の部品を送る…という未来が見えちゃいますね・・・悲しいです

日本は今あるものを大事にする民族です。
使えるものを大事に使い、新しいものが出たから古いものを切り捨てる。という文化はありません。
九十九神という名前の神様がいますが、99年使って100年使う間に供養したり、捨てたり‥
なんて話が残ってるので、昔から大事に物を使う民族だということがわかります。

とても素晴らしい文化ですが、現在はそれが足かせになって新しい物を拒む・恐れるという傾向があるように思えます。
現在、日本は世界的に見ると衰退傾向にあると言われていますが、この辺りの考え方が一つの原因にも感じます。

アフリカのマサイ族をご存知でしょうか?
槍でライオンと戦う伝統的な民族ですが…
タブレット使って観光客を動員するシステムを使っています。10年以上前から。
当然、状況や環境の問題があるので、一概にこれだけで判断はできませんが
僕らが思っているより、技術はドンドン進化を遂げ、どこかの国で最先端が使われていきます。
2050年には世界の覇権を握る最先端技術国はアフリカといわれています。

今ある物を大事にするのはとても大事ですが、我々はもっともっと最新の技術・知識に目を向け諸外国に負けないようにしないといけませんね
もっといろんな最新技術を知ってもらうために色々調べてブログにしていきたいと思います!

では、また!

参考
2020年に向けた5G及びITS・自動走行 に関する総務省の取組等について
https://www.kiai.gr.jp/jigyou/h29/PDF/0608p1.pdf

使わなくなったパソコン 処分は正しく安全に

皆さんは使わなくなったパソコンの処分はどうしていますか?

『パソコンを買い替えたはいいけど、使わなくなったパソコンはどうしたらいいの? 』 このように処分に戸惑ってしまう人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

以前ならパソコンも粗大ゴミとしてして処分ができましたが、2003年に施工された資源有効利用促進法(リサイクル法)により、パソコンは資源として回収することが義務付けられました。

気軽に処分できなくなったパソコン。では、その処分にはどのような方法があるのでしょうか。

今回のブログでは、パソコン処分法についてお伝えします。

またその際に気になるデータ消去のことについても、あわせて見ていきましょう。

パソコン処分の方法は6通り

パソコン処分には、大きく分けて6通りの方法があります。
それでは順番にご紹介していきましょう。

1.回収サービスを利用する

ご自身での処分が面倒、またはどうしていいか分からない、そんなときはパソコン業者が提供する回収サービスを利用しましょう。

業者のなかには無料で回収をしてくれるところもあります。

また回収業者の大部分がデータ消去においてもガイドラインを設けているため、安心して処分を依頼することができます。

そのような回収業者を探すには、インターネットで「パソコン 処分」などと検索してみましょう。

2.中古ショップで買い取ってもらう

不要になったパソコンがまだ使える状態のものなら、中古パソコンショップで買い取ってもらうことができます。

またスペックが高く、市場で値打ちのあるものなら思わぬ価格で買い取ってくれることも。

ショップによって買い取りの価格が異なりますので、依頼する際には複数のショップで買い取り査定をしてもらいましょう。

パソコン内のデータについても、ほとんどのショップが完全消去を行なってくれますが、心配な場合は買い取りを依頼する際に確認しましょう。

3.パソコンメーカーの回収サービスを利用する

資源有効利用促進法の施工に基づき、パソコンを製造するメーカーには不要パソコンを回収する義務があります。

お使いのパソコンに「PCリサイクルマーク」のシールが貼られていれば、そのパソコンを製造したメーカーが無料で回収してくれます。

「PCリサイクルマーク」はパソコンの底に貼られています。お手元のパソコンをチェックしてみましょう。

PCリサイクルマークが貼られたパソコンは無料回収の対象に

回収には別途申し込みが必要です。申し込み方法については各メーカーのサイトを確認しましょう。

このシールが貼られていない場合には回収は有償となり、3,000円の費用がかかります。

有償・無料にかかわらず、パソコン内のデータについてはメーカー側で完全に消去してくれるので、安心して回収を依頼することができます。

4.自治体の回収ボックスを利用する

2013年から施行されている小型家電リサイクル法の規定により、全国の自治体では不要になった小型家電を回収するための専用のボックスが設置されるようになりました。

パソコンも回収の対象となっており、回収ボックスに投入することで処分ができます。

回収ボックスの大きさは自治体により様々ですが、デスクトップパソコンは入らない場合が多いため、デスクトップの処分には別の方法を探す必要があります。

回収ボックスによって処分されたパソコン内に残ったデータは行政により消去されますが、無人のボックスに入れるという性質上、事前にご自身でデータ消去をされることをおすすめします。

各自治体の回収ボックスの設置場所については、こちらのサイトで検索することができます。

5.パソコン買い替え時に、販売店の下取りサービスを利用する

家電量販店やパソコン販売店のなかには、パソコンを買い替えの際に下取りを実施している店舗もあります。

下取りの価格分が値引きされ、新しいパソコンをお得に購入することができます。

下取りサービスは新しい機器をそのお店で購入することが前提で、買い取りだけでは対応してくれないのでご注意ください。

データ消去については店舗により対応が異なるので、下取り前には確認が必要です。

6.ネットオークションやフリマアプリを利用して販売する

自身でネットオークションやフリマアプリを使って売るという方法もあります。

こちらは自身で値段を設定でき、中古ショップに買い取りを依頼するよりも高値で売れる可能性があります。

この場合は個人間でのやり取りとなりますのでパソコン内のデータについても自身で消去する必要があります。

万一パソコン内データが消去できていなかった場合には、個人情報の流出につながってしまいます。完全な消去ができなければこちらの処分方法は避けるべきです。

6通りの処分方法を比較してみよう

ここまでご紹介した6つの処分方法のメリット・デメリットを表にまとめました。処分方法に迷った際にはご参照ください。

メリットデメリットデータ消去
業者回収サービス専門業者の為、安心して依頼できる有料の場合あり
中古ショップ高値買い取りの場合もありショップにより買い取り価格に差
回収ボックス手軽に処分できるデスクトップは不可・データ消去に不安も
メーカー回収無料にて回収・高い信頼性PCリサイクルマークが無い場合は別途3,000円が必要
店舗下取り下取り価格分を買い替えPCの価格から値引買い替えが前提・買い取りのみは不可
オークション・フリマ高値での取引が期待できる個人間でのやりとりの為、データ漏洩の危険性あり×

データの消去方法については?

パソコンを処分する際にいちばん気になるのは、HDDなどの記録媒体に保存されているデータですね。

パソコン業者やメーカーに処分を依頼する場合は特に心配はありませんが、個人間で処分のやり取りをする場合には、データ消去については細心の注意が必要です。

ですがパソコン内のデータを消去することは簡単なことではありません。

普段の操作では、いらないファイルはPCのごみ箱に入れて「ごみ箱を空にする」ことでデータは消去されます。

ですがその操作では、実はデータを消去したことにはなりません。

データ復元ソフトを使うことで、それら消去したはずのデータは復元されてしまいます。

他の人に渡った後にデータが復元されてしまうと、それは個人情報の漏洩につながってしまいます。

それでは、確実にデータを消去するにはどのような方法があるのでしょうか。

ここからはデータを完全に消去する3つの方法をご紹介します。

データを完全消去する3つの方法

1.専用のソフトを使用する

データを完全消去するための専用のソフトが家電量販店などで販売されています。

ソフトにより消去できる記録媒体の種類が異なるので、購入する際には対応する記録媒体がHDDだけか、またはSSDにも使用できるかなどの確認が必要です。

ネット上で無料のデータ消去ソフトが出回っていますが、確実にデータを消去するには一般に販売されているものを使用しましょう。

2.強力な磁気によりHDDを破壊する

磁力を使いHDDを破壊するという方法があります。

HDD内部に強力な磁力を照射し、ディスク内の磁気信号を破壊してデータを消去します。

専用の装置を使用するため個人ではなかなか難しく、専門の業者でなければできない消去方法です。

ただこちらの方法はSSDの記録媒体には効果がないため、SSDには別の方法が必要となります。

3.HDDやSSDを物理的に破壊する

データの入ったHDDやSSDをハンマーで叩く、バラバラに分解するなど、物理的に破壊してデータを読み込ませなくします。

磁気を使用することに比べ簡単なように思いますが、個人で行なった場合では、破壊したつもりが十分ではなく、データが復元できてしまうケースがあります。

またその際に飛び散った部品で思わぬケガをしてしまうことも…

この方法にも、やはり専用の機材を用いるほうが確実と言えます。

やはりパソコン処分の方法を選ぶ際には、データ消去も確実に行える業者やメーカーに依頼する方が安全と言えますね。

最後に

リサイクルの観点はもとより、個人データが入っている以上慎重にならなくてはいけないパソコン処分。

今回のブログを参考にしていただき、皆さんにとって最適な処分方法をご検討ください。

インターネットとの付き合い方2

こんにちわ、JEMTCです

少し前にインタネットとの付き合い方を上げましたが
今回はもう少し深く突っ込んだ内容になります。

Twitter等のSNSは・・・

公共の場 ということはご存知でしょうか?
誰でも見ようと思えば見ることができる場の事を言います。
一昔前だと2chという大型掲示板が話題になりました。
今だとSNS(ツイッタ-やインスタなどですね)が話題ですが

日常にありふれてしまったせいか、トラブルも非常に多くなっています。
誹謗中傷やデマ情報の拡散
某合衆国の偉い人が使っていたフェイクニュース等が挙げられます。

公共の場という認識

昔、掲示板に○○日に○○学校を爆破する!
と書き込んだ人がいました。
当然本人はイタズラ目的でしたが当然逮捕と相成りました。

ネットの掲示板に書き込んだだけなのに!と当時は少し話題になりましたが
公共の場で犯罪予告すれば当然捕まります。
この人は公共の場という認識が全く無かったのです。

誹謗中傷

2019年に起こった常磐道のあおり運転殴打事件に関連して、元市議会議員が事件とは無関係の女性の写真を添付し
「(事件の犯人の)同乗者の女」「早く逮捕されるように拡散してほしい」という内容の文章をFacebookに投稿しました。

ニュースでも話題になった事があるので、知っている人もいると思います。
この事件は元市議会議員がデマ情報だったものを真実と決めつけて拡散したことが原因でした
公的な立場の人が発言したことで一気に噂は広まり

無関係な女性は犯人扱いを受け毎日嫌がらせを受けたそうです。
後に嘘だと発覚しましたがその女性は拡散する人を許すのでしょうか?解決したのでしょうか?

安易な拡散が悲しい事になってしまった事例です。

これを読んでいる方はおそらく10代20代ではなくもっと上の世代可と思います。
気をつけてほしいのは、お子さんお孫さんへの対応です。

特にお子さんは当たり前のようにSNSを使っているので面白半分で書き込みをしてる子も見受けられます。
それによって賠償金を請求されるケースも珍しくないです。
(ちなみに子供でも18才以上ですか?等に「はい」を選んだ場合は賠償金の支払いが発生します。)

スマホは便利ですが同時に危険も孕んでいるのでしっかりと学んで使いこなして欲しいです