Zoomミーティング セキュリティ対策はしていますか?

近年のコロナ禍の影響により、社会全体でテレワークやビデオ会議をする機会が増えています。

そのビデオ通話を行なうアプリの中でも、最も多くの人に選ばれ利用されているのが今回取り上げる「Zoom」です。

2019年12月では約1,000万人だった利用者数も、2020年3月にはおよそ2億人へと、急激に増加しました。2021年の調査ではZoomユーザーは3億人に上るといわれています。

そんなに多くの人が利用する理由は、Zoomの簡単さや手軽さにあります。

ホスト以外はアカウントが不要。参加には招待URLをクリックするだけ。特別な知識も必要ありません。

ただその簡単に参加ができるがために、Zoomはサイバー犯罪の標的になりやすく、2019年以降のZoom利用者の増加に合わせ、サイバー犯罪の検挙率も増加しています。

『Zoom爆弾』と呼ばれるサイバー犯罪

ではZoomを標的にしたサイバー犯罪にはどのようなものがあるのでしょうか。

その多くはZoomミーティングに第三者が乱入し、WEB会議の情報が盗まれたり、また画面を乗っ取り不適切な画像や動画が送り付けらるといったものです。

これらのサイバー攻撃は『Zoom爆弾』と呼ばれています。

『Zoom爆弾』への対策は?

Zoom側も得た収益の多くをセキュリティ強化の開発費用へ費やしているそうですが、『Zoom爆弾』の問題はZoom側の対応だけでは対処が難しいようです。

ですがこの『Zoom爆弾』の問題は、ユーザー自身がZoomアプリの設定を変えることで被害を予防することができます。

ここからはユーザー自身でできる『Zoom爆弾』への対策法をご紹介していきます。

■対策その1■ 最新版のZoomを使用する

Zoomでは、アプリのセキュリティを強化するため、発見される不具合や脆弱性を日々改善しています。

改善点はプログラムに反映されるため、Zoomから最新版はリリースされる際には必ずアップデートをしましょう。

Zoomのバージョンの確認と更新の方法は以下の通りです。

Zoom画面の右上にある自身のアイコンを左クリックし、メニューの「アップデートを確認」を左クリックします。
最新版でない場合は更新しましょう。

■対策その2■ 招待リンク・ID・パスワードの管理を徹底する

Zoomミーティングにゲストを招待する際に送る招待リンクやID、パスワードを管理をしっかり行なうことも、重要なセキュリティ対策です。

リンクやIDなどが外部に漏れてしまうと、『Zoom爆弾』の被害へとつながってしまいます。

Zoomではゲストを招待する方法に『招待リンクをコピー』と『招待をコピー』の2種類があります。

『招待リンクをコピー』は、ミーティングにアクセスするURLのみをコピー。

『招待をコピー』はURLとID、パスワードも同時にコピーして相手に送ることができてとても便利…ですが、誤送信してしまった場合には部外者の乱入を招く恐れも。

『Zoom爆弾』の被害にあわないためにも、招待には『招待リンクをコピー』を使用して誤送信への対策をしましょう。

またSNSのような誰でも見れる場所にURLを公開することも決してしないようにしましょう。

2種類の招待方法『招待リンクをコピー』・『招待をコピー』。招待に多少手間がかかりますが、セキュリティの強化のためには『招待リンクをコピー』を使用するのがオススメ

■対策その3■ 「待機室」機能を使う

Zoomの「待機室」機能とは、「Zoomミーティングに入る前に参加者が待機できる場所」の機能のことです。

ミーティングを開催するホストの画面には待機室欄が表示されており、参加者の名前が一覧で表示されています。

待機室のゲストは、ホストからの入室許可を与えられて初めてミーティングに参加できます。

この「待機室」機能を使えば、部外者の予期しない入室を未然に防ぐことができます。

ホーム画面の「スケジュール」を左クリックします。
メニューにある「待機室」機能をオンに切り替えましょう。
ミーティングの最中でも、「待機室」機能のオン/オフを切り替えることができます。

※Zoomの待機室は、バージョン4.0からは初期設定で「有効」になっています。

■対策その3■ ミーティングの「ロック」機能を使う。

ホスト側からミーティングをロックすることで、第三者の侵入を防ぐことができます。

たとえ第三者がIDとパスワードを知っていたとしても、ロックされたミーティングには入室することはできません。

こちらも『Zoom爆弾』をふせぐのに有効な手段です。

ミーティング中に「セキュリティ」ボタンから「ロック」機能をオンにすることができます。

■対策その4■ フリーWi-Fiを使用しない

ミーティングを開催する際には安全なインターネット環境を選びましょう。

パスワードのないフリーWi-Fiの環境でZoomを使用すると、部外者に侵入される危険性があります。

最後に

以上、Zoomのユーザー自身でできる『Zoom爆弾』へのセキュリティ対策をまとめました。

『Zoom爆弾』のようなサイバー犯罪は、想像するよりもっと身近に存在します。

皆さんも今以上にセキュリティの意識を高めてZoomを使用しましょう。

マイクロソフトを装うサポート詐欺にご注意ください

ある日、パソコンを使っていると突然ピーピーという大きなアラート(警告)音とともに、画面にはこんなメッセージが

「あなたのPCはトロイの木馬に感染しています。このウイルスはクレジットカード情報、SNSのパスワード、その他個人情報をリモートIPアドレスを通してハッカーに送信しています。フリーダイヤルで今すぐ当社にお電話ください。」

トロイの木馬とはコンピュータウイルスの一種のこと。

あなたのパソコンにコンピュータウイルまだが侵入し個人情報が盗まれようとしているので、私たちマイクロソフト社のサポートスタッフがお電話でウィルスの駆除をお手伝いします…といった内容です。

このようなメッセージが、マイクロソフト社のロゴとともに画面に表示されます。

大きな警告音が鳴っている最中の、マイクロソフトからと思しきメッセージ…

あなたなら信じてしまうでしょうか?

マイクロソフト社を装う詐欺

実はこれは、マイクロソフト社を装った詐欺行為で、サポート料の名目で多額のお金をだまし取ろうとするものです。

全国の消費生活センターに、2016年頃から被害の相談が出始め、今では年間500件以上の相談件数があるそうです。

その被害額は、1件の平均で約15万円、最高額は300万円近くにも上るそうです。

はじめの警告はただの見せかけ

大きな警告音と、マイクロソフト社を騙るメッセージ…

これらはまだ犯人がだまし取ろうとしている準備の段階。

まだウイルスに感染したわけではないので、落ち着いて対処しましょう。

また、警告のメッセージは、通常では画面を閉じる「×」印のクリックが効かない場合も。

また「×」印にも仕掛けが施されている可能性があります。

対処法は?

対処法としては、キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押して「タスクマネージャー」を表示させましょう。

次にインターネットを閲覧しているブラウザを選択し「タスクの終了」を左クリックします。

これで、警告音とメッセージを消すことができます。

パソコンの操作に不慣れな方の場合では、電源ボタンの長押しでシャットダウンしてしまうのも一つの方法です。

また、対処後には現在お使いのウイルスソフトを使ってパソコンをスキャンしておきましょう。

絶対に電話はかけないで

警告音が響く中で表示されるサポートダイヤルの電話番号と「お電話でサポートします」のメッセージ。

つい電話をかけたくなりますが、電話をしてしまうと詐欺の犯人グループとつながってしまいます。

では、サポートダイヤルを騙る電話での手口はどのようなものなのでしょうか。

犯人グループの組織は複数あるようですが、手口は似ているようです。

下記は手口の代表的な例です。

〇電話の相手は外国人で片言の日本語でサポートを案内されます。

〇パソコンがウイルスに感染したことを告げられ、遠隔操作用のソフトウェアをインストールするよう指示されます

〇インストールが完了すると、相手はパソコンを操作して警告音を止め、不審なメッセージを画面から消し、パソコンのユーザーに安心感を与えようとします。

〇その上で、ユーザーに対しサポート契約を結ばせようとします。

〇そしてそのサポート料金の数万円を、コンビニなどで購入できる前払式電子マネーで払うよう指示されます。

〇また、購入した前払式電子マネーのコードを電話口で伝えると「エラーが起きた」などと言い、前払式電子マネーを複数回買わされるケースも報告されています。

巧妙で恐ろしい手口ですね…

電話をかけ、パソコンを操作されてしまったら

つい電話をかけてしまい、遠隔操作用のソフトウェアをインストールしてしまっても、慌てず対処しましよう。

パソコンをそのままにしておくと、大切な個人情報を盗み取られてしまう可能性がありますので、まずはパソコンの電源を切りましょう。

その後は、インターネットにつながすに起動させ、遠隔操作用のソフトウエアをアンインストールしましょう。

それでも心配な場合は、パソコンをリカバリーしましょう。

リカバリーに自信のない方は、詳しい方に教えてもらったり、パソコンを購入した販売店に相談するのも手段の一つです。

最後に

実在するマイクロソフト社や、その関連会社が、パソコンに警告を出し、ユーザーに電話連絡を求めるようなことは一切ありません。

下記に、このような被害にあった際の相談窓口を記載いたします。

万が一の際に、ご確認いただければ幸いです。

マイクロソフト カスタマーサービス0120-54-2244
消費者ホットライン
(最寄りの消費者生活センターをご案内します)
188【いやや】
(局番なし)
警察相談専用窓口♯9110(局番なし)

パソコンの動作が遅い!本当に見直すべきパソコンの部分とは

こんにちわ、JEMTCです。

パソコンが重い!何十年も前からユーザーはこの問題と戦ってきました。
体感ですが、7割ぐらいの人は

最初から重いパソコンを買っています。
そして重いパソコンに買い換えています。

特に最近はスマートフォンが流行っています。
スマートフォンのイメージで動作を想像している人もかなり多く見受けられます。

スポーツカーに乗った後に原付に乗って、遅い遅い。と言ってる感じでしょうか

それでも遅い!を少しでも何とかしようと、改善する方法がないか模索している人のために、重い原因を解消・改善する方法を紹介・解説していきます。

よくある、重い時はコレっていう方法が紹介されていますが、起動に5分かかる状態を3分にすることは不可能です。

パソコンのストレージ問題

パソコンのストレージには大きく分けてHDDとSSDがあります。
まずは、ここを確認してみましょう。

ウインドウズ10の場合、左下に虫眼鏡マークでここに入力して検索 という部分があると思います。
ここにデフラグ と入力し、デフラグツールをクリックします。

こちらで、Cドライブがソリッドステートドライブになっているか、ハードディスクになっているかを確認してみてください。

ハードディスクになっている場合は、残念ながら早くすることはできません。
仮にCPUやメモリを最新の物を搭載していてもHDDである以上改善は見込めません。
SSDのパソコンを買う、HDDをSSDに換装する(改造)のどちらかしか道はありません。

こちらは、SSDの速度をチェックするソフトです。
1秒間にどれだけのデータをやり取りできるか。というデータになります。
※古めのSSDなので、これでも通常のSSDよりかなり遅いです。

パソコンは動作をするために、常にデータを読み書きしています。
そのほとんどが小さいデータのやり取りになります。
上の写真で見るなら2番目の数値が速度の体感にかかわってくると思ってください。

コチラがHDDのデータです。

一番上は半分程度ですが、2番目の値は読み込みで70倍 書き込みで14倍ちがいますよね?
これがSSDがサクサク動く。HDDはもっさりしている。の違いになります。

比較してみましょう。左がHDD右がSSDです。

どんなに努力しても70倍の成果をあげなさい。といっても不可能なわけですね
つまり、HDDでサクサク動かしたいなら、SSDに買えた方が良いです。
どれだけ努力をしてもサクサクにはならないのです。

ちなみに最新の機器を使うと

ここまでしても体感はそこまで変わらないと聞きますが、数値だけ見るとHDDの性能の低さが際立ちます。

スペック不足?

パソコンの動作は読み書きの能力が重要という話をしました。
中には、高性能CPUを使ってるから早いんじゃ!?
と思う方もいると思います。

パソコンのデータの流れがここで重要になってきます。
ざっくり解説しますと

例えばインターネットをするためにブラウザを起動させるとします。

【ユーザー】「グーグルクロームポチィ!」
【CPU】「了解!・・・・・データ処理完了!ストレージさんこの処理おなしゃす!」
【ストレージ】「じゃあ、ページの読み書き終わるまで待ってね!」
【CPU】「じゃあ、読み込んだページを処理して表示させるね!」
【ユーザー】「お、出てきた出てきた」

ざっくり、こんな流れで処理を動かしていきます。
※厳密にはもっと多くのステップを踏みますが割愛

かならずストレージという部署を経由して書類の申請が下りるイメージです。
CPUがどれだけ優秀であったとしてもストレージが遅いと、待ち時間が発生するため、結局処理が進まないのです。
同じHDDであれば、CPUの差は如実に出ますが、SSD搭載のセレロンにも負けてしまいます。

今の時代、スペックをどうするか、よりもまずはSSD。が大正義となるわけです。

設定変更でパソコンに変化?

はっきりいって、設定変更で改善はないと思ってください。
完全にないわけではありませんが、立ち上げに10秒かかるアプリが5秒になる!」みたいな変化はありません。
せいぜい10秒が9,8秒になるとか9秒になるとかです。

数字で見ると改善はあるかもしれませんが、遅いもんは遅いですからね。

特定の設定がウインドウズの動作はを妨げていて、それをオフにすることで動作が軽くなる。
と言ったこともないことはないですが、限定的で根本的な解決にはなりません。

たとえば、ウインドウズアップデートが原因で重くなっている場合は、アップデート自体を止めてしまえばいいのですが
アップデートを止めれば、最適なサービスが受けられなく場合があります。

重い!の原因にもよる。基本的にはハードウェアに依存している。
というのがまとめになります。

ソフトウェアのリソース

パソコンは1つ仕事をするために、リソースが必要です。
人間も同じです。
普段やっている仕事に10個も20個も仕事を依頼されたら手一杯になります。

そしてその仕事が終わりがない仕事だとしたらどうでしょう?
電話かけた相手がずーっと仕事の話をしてくる状態です。
あなたのリソースはその相手に対してリソースをかけ続ける状態になります。

ブラウザのタグを閉じずにそのままにしていませんか?
面倒になってスリープで待機させていませんか?
ウインドウズのアップデートをせずにほったらかしになっていませんか?

これらすべてがパソコンのリソースを圧迫し遅い原因を作っています。

これらの原因を作らないように、使い終わったものは閉じる。
アップデートはこまめに行う。
シャットダウンでパソコンの電源を落とす。
等など、基本的な所を見直すのも重い原因を取り除くことにつながります。

どうだったでしょう。
パソコンを軽くする方法!みたいな記事はたくさんありますが、中には
効果が殆どない(0ではない)ものもたくさんあります。

特にHDDではなんの意味もない。と思える改善策がたくさん出てきます。
SSDに替える事がいかに変化があるのかを取り扱いました。
これを気に”まだ”HDDのパソコンを使っている方はSSDに替えてみてはどうでしょうか

弊教会でも、HDDからSSDに換装する事ができます。
古いノートパソコンだけど愛着あるから使いたい!って方は是非ご検討ください。

お問い合わせは 052-325-7412 月~金 10時から17時で営業しています。
ウインドウズ7のHDDからSSDにしてついでにウインドウズ10の正規ライセンスインストールとセットアップまで行います。是非ご相談を!

では、また

何故パソコン修理は高いのか?その理由とは?実は高くないパソコン修理

※注意※
色々な話を見たり聞いたりした情報が多分に含まれます。これに該当しない事例・お店もたくさんあると思いますので個人的見解としてお読みください。

こんにちわ、JEMTCです。
まだまだ終わらないコロナ禍どうお過ごしでしょうか?

さて、譲渡会で各地を回って修理補修会も長くやらさせてもらいました
その中でよく聞くのは、修理高すぎ!という声です。

うちはかなり安い設定なんですが、修理の相場や修理手順・方法を
知らないと意外とびっくりする値段になっちゃうんですよね

今回はそんな修理の話です。
長くて文字ばっかりになるので、休み休み見てくださいw

高額になるのはノートパソコン

デスクトップよりノートパソコンの修理がはるかに高額になります。
デスクトップはネジを数本・・機種によってはネジすら外さずワンタッチで分解できる機種もあります。
ノートパソコンは非常に多くのネジを外してようやく蓋が空きます。
そこからキーボードを外し、ネジを外して…を繰り返してようやくパーツが出てきます。

自分の場合になりますが、デスクトップのパーツにアクセスするのに5分もかかりません。
ノートパソコンはここだけで数十分を要します。
つまりこれだけで技術費・工賃に雲泥の差がでるわけですね。

修理ってなんで時間かかるの?

例えばですが、電源が入らない。うんともすんとも言わない。とします。

この場合壊れているかもしれない部分は
電源部分 電源と電源のコネクター マザーボード マザーボードから伸びているコネクタ CPU HDD(SSD)
最低でもこれだけ出てきます。

何かすごい機械に刺してボタンを押せば・・・「ピー…CPUエラー」 とか表示されるんじゃないの?

と、思われている方がたくさんいらっしゃいますが、そんな都合のいい機械はありません^^;
全部試してみるしかありません…ほんとに

電源を挿す→バラす→コネクタ等を見てわかる異常は無いか見る→マザーボードを交換してみる=CPU交換も必要
僕なら2時間は余裕で欲しいです;

と、点検して修理箇所・交換箇所を特定するだけでも技術・工賃・人件費がかかってしまいます。
なので、一般的な修理をしているお店はお見積り料金を設定している所がほとんどです。
(していない場合は技術料に含まれていると思います。)
よく、「お電話でのお見積り無料」がありますが、キャンセルした場合は料金発生。とかも書かれてたりするので油断なりません;

そもそも、お電話で正確にお見積りが出てくるのは、ユーザーサイドが正確にすべての情報を知っている場合だと思います。
電源がつかん!だけだとお見積りは3~10万みたいな言い方になっちゃうと思います・・

修理は基本高い

修理が高いのは何故なのか?
それは先にも述べた技術費や工賃が関わってくるのはもちろんですが・・・部品が高いのです。
特にメーカー修理となると独自開発したパーツを使っていることが多く市場に出回っていないため定価で買わされます。

私も気になったので、試しに2021年モデルのNECのパソコンをパーツごとにちょっと調べてみました。
調べてみたのはN1575/BAシリーズ2021年春モデルです
これが公式価格で176,880 円(税込)~となっています。 割と安いです
最安値が144,638円らしいので約15万円といったところです。

では、マザーボードが故障した想定で値段を見てみます。
まず、CPUですね。こちらが第11世代 インテル Core i7 1165G7となっています。
単品では出品がないので、インテルの希望小売価格をみてみました。
これが46798円なので市場に出ると43000円ぐらいでしょうか?
ここにCPUファンが必要になるので+5000円ぐらいでしょうかね

マザーボードの型番が記載していないのでわかりませんがNEC公式の修理値段をみると
58,960~62,260円とのこと。
CPUが含まれているのかわからないのでなんともいえませんがマザーボード単体で15000円~20000円くらい?

パーツだけで7万近く費用がかかりここに技術費・工賃が載ってくるので10万円くらいになりそうですね…
つまり10万円は妥当な金額だという事になってしまいます。
修理が高いのは取り替えるパーツが高いからなんですねー
特に独自のパーツを使っている(DELLさんとか)はすごく高いみたいです。

ちなみに、過去のパーツの場合はメーカーの保管費用も乗る場合があるとか
仕方ないとはいえ、いやはやですね;

交換するメーカーは高い

基本的に修理は交換。が基本になります。
早く済むし余計なエラーや不具合も起きにくいので早くて安全です
反面、高いパーツを新品定価で買ってくるので費用が高いのです。

弊協会の修理は交換ではなく、修理を基本としています。
マザーボードの修理が可能な場合は修理を試みます。
だから他社より安くすみます(宣伝)
修理をお願いするときは交換をしているのか、修理をしているのかを見極めてみてください。

修理を出す際の注意

最近は、だいぶよくなりましたが、保証内のメーカー修理は危険が潜んでいます。
それは修理を出す際の契約書。
これは絶対よく読んでください。
お店の店員さんはメーカーの人ではないのでお答えができない場合があるので、専門のスタッフさんがいたら呼んでもらいましょう。

危険な部分はデータの扱いに関してです。

お客様の大切なデータをなんたらかんたらと書いてありますが
個人情報をぶちまけると大変なことになるから修理工場に出す前にリカバリーするからね?
といった文言がやんわりと書いてあったりします。
これは携帯ショップだとほぼ、書いてある文言ですね。

修理の過程でデーターのロストは十分ありえる自体です。

修理の過程でリカバリー(初期化)をすることも十分ありえますし、告知なしでリカバリーするメーカーも実際いました。
その時は契約書に書いてありますので。で終わってしまったが実際書いてあったので仕方がない;;

データーの管理はユーザー様自身に責任があります。
大切なデータは必ずUSB等に保管しておいてください。

自分で出来る修理と修理の判断

5分で治るような修理でもそこそこお金取られたりする修理ですが
自分でできるような物もあるんです。
それこそ、ドライバー一本でOKなものから一切工具を必要としないものまで色々とあります。

そして修理に出すべきかどうかの判断材料にもなります。
そんな小技も少し紹介します。

1:電源がつかない

電源ランプは付いてるけど真っ暗なままメーカーのロゴもでない!
壊れた!と思う前に一度試してみてください!

まず、マウスやらテンキーやらUSBに刺さっているものはすべて抜いてください。
電源ケーブルも抜いてください。
次に裏にひっくり返してください。

大体の場合はお尻側?にバッテリーが刺さっています。
つまみ式だったりスライドロックされていたりするのでこれを解除します。
よーくみるとロック解除のマークなんかがついているのでわかるかなとは思います。

バッテリーが抜けたらもう一度ひっくり返します。
パソコンを開いて電源ボタンを数回押してください。

当然うんともすんとも言いませんが、これで内部の余計な電力が消費されて放電された状態になります。
急ぎでなければこのまま数時間放置するとベストです。

電源ケーブルを繋いで電源ボタンを押してみてください。

つきましたか?

つかなかった場合は故障の可能性が大です。

体感で3割り程度の人はこれで治ったりします。

2:真っ青な画面になった!

いわゆるブルースクリーンです。
サポート担当者に伝えてくださいと載っている停止コードはMicrosoftのサポートに伝えるコードです。
お問い合わせでお伝えしてくれる方が多いですが、さっぱりわかりませんので聞かれても答えられません;

これはデバイス(USBやらマウスやら)が原因の場合が多いのでUSB等電源コード以外は全て抜いてみてください。
運が良ければ起動しますのでそのあとさっき抜いたマウスやらを一個つけては再起動をしてください。
例えばマウスを刺して再起動したら同じ画面になった
マウスを刺さずに起動したら起動した。
場合はマウス、もしくはマウスが刺さっていたUSBポートが原因です。
刺さっていた場所に別のものを刺してブルスクリーンが出たらUSBポート側・・つまりマザーボードの可能性が高いです。
修理に出す際にこれを教えてもらえるだけでぐっと修理が早くやりやすくなります。

3:動作が安定しない(固まって動いてを繰り返す等

一度電源を落とすためにシャットダウンしてください。
次にネットワークに繋がっている場合は切断します。
有線なら有線ケーブルを抜いてください。
wifiなら右下の地球儀マークからwifiを切断します。

再度起動します。

問題なく動いている場合は、ウインドウズの更新プログラムか
まだ問題がある場合はウインドウズのメンテナンス機能です。

前者の場合はネットワークに再度繋いで暫く待ちましょう。
ここで強制終了をすると二度と起動しない故障につながってしまいます。
知らず知らずにこれで止めを指す方は多いです。

ウインドウズ10のメンテナンス機能はウインドウズ10が裏でファイルのチェックをしたり、整理整頓しています。
これにはパソコンの処理能力を最優先させて行うので急激に動作が遅くなります。
これも暫く待ってみましょう。

どちらも暫く使っていなかったり、最初に起動したとき等に起こるので
焦らずここは待ってみましょう。

落とし穴としてはウイルスバスターやノートンを低スペックのパソコンで使っている場合です。
これもソフトウェアが更新作業を行う際に処理能力の殆どを使ってしまうため
他の作業が行えないほど遅くなります。

故障と決めつける前に、それらを確認することも大切なメンテナンスです。

大事なパソコン、使っているのは自分自身なので、可能な限り、自分で面倒を見てみたいと思い、色々調べたり失敗して知識になったわけですが
わからないものはわからないと思うので素直に修理窓口に聞いてみましょうw

譲渡会ユーザーの皆様なら保証期間もあるので気軽に相談してみて下さい。
ただし、決めつけで○○が悪い!最初からおかしい!と決めつけずに
修理も簡単ではない。楽ではないという事もどこかで忘れずに覚えておくといいですね。

ではまた!