おうちでもオフィスでも作業を快適に!便利グッズをご紹介♪2

パソコン・スマホ・タブレット。
現代の生活においてこれらは必需品になりつつあり、お仕事ではもちろんプライベートでも長時間触る方が多いのではないでしょうか。本日は「あったら便利!」「作業がはかどる!」お役立ちグッズのご紹介をしていきたいと思います。
※こちらは第2回になります。第1回目(スマホ・タブレット編)は下のリンクからご覧ください。

あったら便利!パソコン編

MOFT Z (モフト ゼット)

作業スタイルに合わせて角度を調整できる便利なパソコンスタンドです。

25°・45°・60°・スタンディングモード と4段階の角度調整ができます。パソコンをテーブルに置いて座り作業する時は25°~60°、立ち作業する時はスタンディングモードに調整するだけ。

パソコンスタンドをスタンディングモードの状態で床に置けば簡易座卓にもなるので、在宅ワーク用の机があったら便利だけど家具を新調するのはちょっと…と考えている方にもオススメのアイテムです。

持運び・収納性が抜群なので、自宅のほかオフィスや外出先でも大活躍してくれそうです。

品名:MOFT Z
カラー: ブラック、オレンジ、グレー、ブルー
サイズ: (収納時) 長さ23.9cm、幅27.9cm、厚さ1.2cm

楽天で詳細を見る

 

ScreenBar

デスクトップパソコン向けのグッズになりますが、モニタに取り付けることができるデスクライトです。

コンパクトなデザインなので、デスク周りをスッキリさせたい方やデスクが狭い方にもオススメです。電源は便利なUSB供給。調光機能つきで、集中したい時は昼白色、リラックスしたい時は電球色に切り替えて目を休めることができるのも◎。

メーカー:BenQ
品名:ScreenBar
カラー:ブラック
サイズ: 9cm×45cm×9 cm

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

データホルダー

サンワサプライが出しているデータホルダ―です。

紙の資料を見ながらデータを作成したり、文字の書き起こしをする時などに重宝するのがこちらのグッズ。手元に置いて作業する場合は首を上下に動かす必要がありますが、データホルダ―を使えば目線を少し横にスライドさせるだけでなので集中力がUP♪飲み物をこぼして汚したり、腕でくしゃっとしてしまうことも防げるのでオススメです。

取り付けは両面テープなので、不器用さんでも簡単に設置できます。使用しない時は折りたたんでコンパクトにできるのも嬉しいポイントです。

メーカー:サンワサプライ
品名:サンワサプライ データホルダー
カラー:ブラック
サイズ:本体225mm×40mm、取り付け部分51mm×49mm

Amazonで詳細を見る

 

ワイヤレス式テンキー×電卓

表計算など数字をたくさん入力する際の必需品、テンキーです。

ノートパソコンにはテンキーが付いていないことがありますが、そんな時に活躍するのがこの外付タイプです。こちらのアイテムはパソコン用テンキーとしては勿論、普通の電卓として使うこともできる2WAY仕様になっています。テンキーとして使用する場合は単4電池が必要ですが、電卓として使用する場合はソーラー電池で動きます。

電卓で計算したデータをPCに送ることができるのも、便利ですね。

カラー:ブラック
サイズ: 約15.5cm×10cm×2cm

楽天で詳細を見る

 

肉球マウスパッド

手首を労わってくれるリストレスト付きのマウスパッドです。

身も心も癒してくれる可愛い猫足デザイン。 リストレスト部分は肉球になっており、そのもっちりとした感触は本物さながらです。オフィスでは使うのにちょっと勇気が必要かもしれませんが、在宅ワーク用などにして癒されてみるのはいかがでしょうか。


品名:肉球マウスパッド
カラー:ブラック×オレンジ、ミント×イエロー、
    ピンク×パープル、ピンク×ブルー
サイズ: 27cm×20cm×2.5cm

楽天で詳細を見る

 

あったら便利♪番外編

ラクマタン

長時間座ったままパソコンを触る方向けの便利アイテムです。

整体師監修!足を乗せることで疲れにくい姿勢をキープできるので、疲労感の軽減が期待できます。中反発のクッションが心地良く、背中枕にして胸と背中のストレッチをしたり、足枕にしてふくらはぎをマッサージしたり、リラックスタイムにも大活躍間違いなしです。

メーカー: 河南屋
品名:ラクマタン
カラー:ブラック
サイズ: 40cm×20cm×10cm

Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

 

ジェルクリーナー

むにゅむにゅの感触がなんとも癖になる、お掃除スライムです。

隙間に入り込んだ埃やクズを吸着してくれるので、キーボードなどのお掃除にぴったりです。童心に返って遊びつつ、この機会にパソコンを細かいところまでお掃除してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

 

キーボードステーショナリーセット

事務作業をさりげなくサポートしてくれる、面白いデザインのミニステーショナリーセットです。

一見するとキーボードのようですが、キーはトレーから取り外しでき、クリップディスペンサー・キーボードブラシ・パンチ・ステープラーとして使うことができます。

メーカー: GLOBE
品名:キーボードステーショナリーセット
カラー: ホワイト、ブラック、レッド、グレー、ターコイズ
サイズ: パッケージサイズ 170×45×70mm

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る
ヴィレッジヴァンガードで詳細を見る

 

最後に

今回はパソコン版のあったら便利なグッズ紹介でした。
気になる物がありましたら是非通販ページを覗いてみてくださいね。

何故パソコン修理は高いのか?その理由とは?実は高くないパソコン修理

※注意※
色々な話を見たり聞いたりした情報が多分に含まれます。これに該当しない事例・お店もたくさんあると思いますので個人的見解としてお読みください。

こんにちわ、JEMTCです。
まだまだ終わらないコロナ禍どうお過ごしでしょうか?

さて、譲渡会で各地を回って修理補修会も長くやらさせてもらいました
その中でよく聞くのは、修理高すぎ!という声です。

うちはかなり安い設定なんですが、修理の相場や修理手順・方法を
知らないと意外とびっくりする値段になっちゃうんですよね

今回はそんな修理の話です。
長くて文字ばっかりになるので、休み休み見てくださいw

高額になるのはノートパソコン

デスクトップよりノートパソコンの修理がはるかに高額になります。
デスクトップはネジを数本・・機種によってはネジすら外さずワンタッチで分解できる機種もあります。
ノートパソコンは非常に多くのネジを外してようやく蓋が空きます。
そこからキーボードを外し、ネジを外して…を繰り返してようやくパーツが出てきます。

自分の場合になりますが、デスクトップのパーツにアクセスするのに5分もかかりません。
ノートパソコンはここだけで数十分を要します。
つまりこれだけで技術費・工賃に雲泥の差がでるわけですね。

修理ってなんで時間かかるの?

例えばですが、電源が入らない。うんともすんとも言わない。とします。

この場合壊れているかもしれない部分は
電源部分 電源と電源のコネクター マザーボード マザーボードから伸びているコネクタ CPU HDD(SSD)
最低でもこれだけ出てきます。

何かすごい機械に刺してボタンを押せば・・・「ピー…CPUエラー」 とか表示されるんじゃないの?

と、思われている方がたくさんいらっしゃいますが、そんな都合のいい機械はありません^^;
全部試してみるしかありません…ほんとに

電源を挿す→バラす→コネクタ等を見てわかる異常は無いか見る→マザーボードを交換してみる=CPU交換も必要
僕なら2時間は余裕で欲しいです;

と、点検して修理箇所・交換箇所を特定するだけでも技術・工賃・人件費がかかってしまいます。
なので、一般的な修理をしているお店はお見積り料金を設定している所がほとんどです。
(していない場合は技術料に含まれていると思います。)
よく、「お電話でのお見積り無料」がありますが、キャンセルした場合は料金発生。とかも書かれてたりするので油断なりません;

そもそも、お電話で正確にお見積りが出てくるのは、ユーザーサイドが正確にすべての情報を知っている場合だと思います。
電源がつかん!だけだとお見積りは3~10万みたいな言い方になっちゃうと思います・・

修理は基本高い

修理が高いのは何故なのか?
それは先にも述べた技術費や工賃が関わってくるのはもちろんですが・・・部品が高いのです。
特にメーカー修理となると独自開発したパーツを使っていることが多く市場に出回っていないため定価で買わされます。

私も気になったので、試しに2021年モデルのNECのパソコンをパーツごとにちょっと調べてみました。
調べてみたのはN1575/BAシリーズ2021年春モデルです
これが公式価格で176,880 円(税込)~となっています。 割と安いです
最安値が144,638円らしいので約15万円といったところです。

では、マザーボードが故障した想定で値段を見てみます。
まず、CPUですね。こちらが第11世代 インテル Core i7 1165G7となっています。
単品では出品がないので、インテルの希望小売価格をみてみました。
これが46798円なので市場に出ると43000円ぐらいでしょうか?
ここにCPUファンが必要になるので+5000円ぐらいでしょうかね

マザーボードの型番が記載していないのでわかりませんがNEC公式の修理値段をみると
58,960~62,260円とのこと。
CPUが含まれているのかわからないのでなんともいえませんがマザーボード単体で15000円~20000円くらい?

パーツだけで7万近く費用がかかりここに技術費・工賃が載ってくるので10万円くらいになりそうですね…
つまり10万円は妥当な金額だという事になってしまいます。
修理が高いのは取り替えるパーツが高いからなんですねー
特に独自のパーツを使っている(DELLさんとか)はすごく高いみたいです。

ちなみに、過去のパーツの場合はメーカーの保管費用も乗る場合があるとか
仕方ないとはいえ、いやはやですね;

交換するメーカーは高い

基本的に修理は交換。が基本になります。
早く済むし余計なエラーや不具合も起きにくいので早くて安全です
反面、高いパーツを新品定価で買ってくるので費用が高いのです。

弊協会の修理は交換ではなく、修理を基本としています。
マザーボードの修理が可能な場合は修理を試みます。
だから他社より安くすみます(宣伝)
修理をお願いするときは交換をしているのか、修理をしているのかを見極めてみてください。

修理を出す際の注意

最近は、だいぶよくなりましたが、保証内のメーカー修理は危険が潜んでいます。
それは修理を出す際の契約書。
これは絶対よく読んでください。
お店の店員さんはメーカーの人ではないのでお答えができない場合があるので、専門のスタッフさんがいたら呼んでもらいましょう。

危険な部分はデータの扱いに関してです。

お客様の大切なデータをなんたらかんたらと書いてありますが
個人情報をぶちまけると大変なことになるから修理工場に出す前にリカバリーするからね?
といった文言がやんわりと書いてあったりします。
これは携帯ショップだとほぼ、書いてある文言ですね。

修理の過程でデーターのロストは十分ありえる自体です。

修理の過程でリカバリー(初期化)をすることも十分ありえますし、告知なしでリカバリーするメーカーも実際いました。
その時は契約書に書いてありますので。で終わってしまったが実際書いてあったので仕方がない;;

データーの管理はユーザー様自身に責任があります。
大切なデータは必ずUSB等に保管しておいてください。

自分で出来る修理と修理の判断

5分で治るような修理でもそこそこお金取られたりする修理ですが
自分でできるような物もあるんです。
それこそ、ドライバー一本でOKなものから一切工具を必要としないものまで色々とあります。

そして修理に出すべきかどうかの判断材料にもなります。
そんな小技も少し紹介します。

1:電源がつかない

電源ランプは付いてるけど真っ暗なままメーカーのロゴもでない!
壊れた!と思う前に一度試してみてください!

まず、マウスやらテンキーやらUSBに刺さっているものはすべて抜いてください。
電源ケーブルも抜いてください。
次に裏にひっくり返してください。

大体の場合はお尻側?にバッテリーが刺さっています。
つまみ式だったりスライドロックされていたりするのでこれを解除します。
よーくみるとロック解除のマークなんかがついているのでわかるかなとは思います。

バッテリーが抜けたらもう一度ひっくり返します。
パソコンを開いて電源ボタンを数回押してください。

当然うんともすんとも言いませんが、これで内部の余計な電力が消費されて放電された状態になります。
急ぎでなければこのまま数時間放置するとベストです。

電源ケーブルを繋いで電源ボタンを押してみてください。

つきましたか?

つかなかった場合は故障の可能性が大です。

体感で3割り程度の人はこれで治ったりします。

2:真っ青な画面になった!

いわゆるブルースクリーンです。
サポート担当者に伝えてくださいと載っている停止コードはMicrosoftのサポートに伝えるコードです。
お問い合わせでお伝えしてくれる方が多いですが、さっぱりわかりませんので聞かれても答えられません;

これはデバイス(USBやらマウスやら)が原因の場合が多いのでUSB等電源コード以外は全て抜いてみてください。
運が良ければ起動しますのでそのあとさっき抜いたマウスやらを一個つけては再起動をしてください。
例えばマウスを刺して再起動したら同じ画面になった
マウスを刺さずに起動したら起動した。
場合はマウス、もしくはマウスが刺さっていたUSBポートが原因です。
刺さっていた場所に別のものを刺してブルスクリーンが出たらUSBポート側・・つまりマザーボードの可能性が高いです。
修理に出す際にこれを教えてもらえるだけでぐっと修理が早くやりやすくなります。

3:動作が安定しない(固まって動いてを繰り返す等

一度電源を落とすためにシャットダウンしてください。
次にネットワークに繋がっている場合は切断します。
有線なら有線ケーブルを抜いてください。
wifiなら右下の地球儀マークからwifiを切断します。

再度起動します。

問題なく動いている場合は、ウインドウズの更新プログラムか
まだ問題がある場合はウインドウズのメンテナンス機能です。

前者の場合はネットワークに再度繋いで暫く待ちましょう。
ここで強制終了をすると二度と起動しない故障につながってしまいます。
知らず知らずにこれで止めを指す方は多いです。

ウインドウズ10のメンテナンス機能はウインドウズ10が裏でファイルのチェックをしたり、整理整頓しています。
これにはパソコンの処理能力を最優先させて行うので急激に動作が遅くなります。
これも暫く待ってみましょう。

どちらも暫く使っていなかったり、最初に起動したとき等に起こるので
焦らずここは待ってみましょう。

落とし穴としてはウイルスバスターやノートンを低スペックのパソコンで使っている場合です。
これもソフトウェアが更新作業を行う際に処理能力の殆どを使ってしまうため
他の作業が行えないほど遅くなります。

故障と決めつける前に、それらを確認することも大切なメンテナンスです。

大事なパソコン、使っているのは自分自身なので、可能な限り、自分で面倒を見てみたいと思い、色々調べたり失敗して知識になったわけですが
わからないものはわからないと思うので素直に修理窓口に聞いてみましょうw

譲渡会ユーザーの皆様なら保証期間もあるので気軽に相談してみて下さい。
ただし、決めつけで○○が悪い!最初からおかしい!と決めつけずに
修理も簡単ではない。楽ではないという事もどこかで忘れずに覚えておくといいですね。

ではまた!

マルチディスプレイを活用してみよう!

パソコンを使っている方の中には、パソコンに別のディスプレイを接続して、マルチディスプレイとしてパソコンを利用されている方が少なくありません。

複数のディスプレイを使うと聞くと、パソコン上級者という感じがするかもしれませんが、マルチディスプレイを活用すれば、どなたにとっても便利にパソコンを利用出来るようになります。

また、最近のテレビは大体パソコンを接続出来るようになっているので、テレビをモニター代わりに利用するといった使い方も可能になります。

特に、ノートパソコンを利用されている方は、いつもと違う大画面でパソコンを利用する事が出来るので、画面が小さくて見づらいと思っている方にもオススメの機能です。

接続端子を確認しよう


パソコンにディスプレイを接続するには、ディスプレイケーブルが必要となります。

このディスプレイケーブルの端子には色々な種類があり、パソコン・ディスプレイの双方がその端子に対応している必要があります。

スマートフォンの充電ケーブルも、USB Type-B、USB Type-C、Lightningケーブルなど、色々な種類に別れていますが

それと同じで、対応していないケーブルだと繋げる事が出来ません。

主な接続端子は以下の通りで、パソコンやディスプレイは、基本的にこの中のいずれかの端子に対応しています。

VGA

D-subとも呼ばれ、多くの場合、端子部分が青く、両側のネジで固定出来るようになっています。

以前主流だった端子で、プロジェクターなどにも多く搭載されており、見た事があるという方も多いのではないでしょうか。

VGAに対応している機械は多く、現在も広く使われています。


DVI

VGAの次に登場した端子で、VGA以上の解像度を出力する事が出来るようになりました。

ややこしい事にDVIは、DVI-D・DVI-I・DVI-Aといった端子に別れていますが、DVI-Dが使われている事が多いようです。


HDMI

現在主流の接続端子で、広く普及しています。

映像だけではなく、音声も伝送出来るようになっている上に、高い解像度にも対応しています。

そのため、VGAとHDMI両方の端子が使える場合には、HDMIを使用される方がオススメです。

このHDMIも、DVIのように色々な種類に別れていて

ミニHDMIや、マイクロHDMIといった端子もあります。

一般的な端子は、「HDMIタイプA」という物になります。


DisplayPort

HDMIと同じく、音声も伝送出来る上に、HDMI以上の解像度を出力する事が出来る端子です。

主にパソコン専用のモニターに搭載されていて、テレビに搭載されている事は稀です。

また、基本的にDisplayPortに対応しているパソコンは、グラフィックボードが搭載されている高価格帯の機種になります。

このような理由から、 HDMIに比べると普及は進んでいません。


ディスプレイを繋げてみよう

パソコンの端子に対応したディスプレイとケーブルが用意出来たら、いよいよマルチディスプレイを実装してみましょう。

といっても、基本的には、ディスプレイの電源ケーブルをコンセントに差し、パソコンとディスプレイをケーブルで接続したら、ディスプレイの電源を入れるだけで完了です。

この時、黒い画面に「NO SIGNAL」や「信号なし」といったメッセージが表示されている状態になったら、入力切替をする必要があります。

ディスプレイは大体複数の端子に対応しているので、どの端子の信号を受け取るのかこちらで選択しなければいけません。

入力切替の方法はディスプレイによって異なるので、ディスプレイの説明書を参照しましょう。

テレビに接続した場合も、入力切替で「HDMI」や「コンピューター」といった項目に切り替える必要があります。

入力切替が終われば、ディスプレイにパソコンの画面が表示される筈です。

それでも画面が映らない場合は、ディスプレイケーブルを抜き差ししてみると解決する事があります。

どうしてもパソコンの画面が表示されない時は、パソコン本体とディスプレイの電源がちゃんと付いているか確認してみましょう。

マルチディスプレイの設定をしてみよう

マルチディスプレイの表示方法には「拡張」と「複製」の2種類があります。

設定で簡単に変更出来るので、試してみましょう。

(マルチディスプレイの状態でなければ設定出来ません)


1. デスクトップの何もない場所で右クリックをする。

2. 表示されるメニューから「ディスプレイ設定」をクリックする。



すると、このようなディスプレイの設定画面が開きます。



下の方へスクロールしていくと、「マルチディスプレイ」という項目がありますが、ここで画面の表示方法を変更する事が出来ます。



「表示画面を拡張する」は、新しいディスプレイと今までのディスプレイの画面を合わせて、1つの大きな画面として使う表示方法です。

画面を広く使ったり、左右で別々の物を表示させるというような使い方が出来ます。



「表示画面を複製する」を選択すると、2つのモニターに同じ画面を映しだします。

誰かと一緒に、パソコンで同じ物を見たりする時に便利です。

また、小型パソコンと同じ画面を大きいモニターに出力して、 モニターの画面を見ながら手元のパソコンで操作をするというような使い方をするのに向いています。

モニターの配置設定を変更してみよう

「表示画面を拡張する」設定でモニターを表示させていた場合

左にモニターを置いているのに、カーソルを右の方に動かさないと左のモニターを操作することが出来ないという事があります。

これはパソコンが「右にモニターが置いてある」と認識してしまっているからです。

ディスプレイの設定画面を開いた時に一番上に表示される「ディスプレイの配置を変更する」という項目で配置設定を変更してみましょう。



表示されているディスプレイの絵をドラッグで動かして配置を変更出来ます。



ディスプレイの位置は上下に設定する事も出来るので、自身の環境に合った配置設定にしましょう。

マルチディスプレイで快適なパソコンライフを


一度マルチディスプレイの環境に慣れてしまうと、1つのディスプレイだけでパソコンを使うのが不便に感じる程快適になります。

フルHDのディスプレイなども今は1万円前後で購入出来るので、パソコンで作業をよくされる方は是非マルチディスプレイを導入してみてください!

便利なデジタルガジェット

こんにちわ、JEMTCです

今回、ご紹介するのはデジタルガジェットです。

デジタルガジェットとは。

目新しく、興味をそそる携帯型の電子機器。多く、スマートホン、タブレット型端末、小型のデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤーなどを指し
ユニークな見た目や機能をもつパソコンの周辺機器を含めることもある。電子ガジェット。モバイルガジェット。
出典:コトバンク

つまり便利な周辺機器ということです

ミラスクリーンレシーバー

https://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=58387

自宅のテレビでスマホの画面を映せるアイテム「ミラスクリーンレシーバー」
wifi環境が必須になりますが、小さな画面で動画を楽しんでいるけど大画面でも見たい!
スマホのゲームを大画面で!などあると便利そうですね
紹介ページにつなぎ方や使用感のレビューがあるので、優しいですね

MOFTノートPCケース

再びテレワーク需要が高まっていますが、こちらの商品はノートパソコンのケース
だけではなく、ノートパソコンスタンドにもなります。
協会で提供している譲渡パソコンは中古の特性上、ゴム足が無い場合もありますが、こちらのスタンドを利用すればガタツキもなくなりますね
スタンドに置けば作業もしやすくなる上に終わった後はPCケースに仕舞うことも。

こんな感じで設置します

サウンドバー

棒状の外付けスピーカーです
スピーカーと言えば縦に場所を使ったり、場所を作るために小さいものを用意して結局音が小さい
そんな、悩ましいアイテムです。
今回、ご紹介するのは横長の棒状スピーカーです。
特にデスクトップを愛用している方におすすめです。
横長なので、モニターと台座の間におけるので、場所を取りません。
自分も使っていますが、音質も悪くなく、音量調節もつまみを回すだけのタイプなので簡単に設置できました。

サウンドバーという商品ではなくカテゴリーの紹介になりますので
アマゾン等で検索してみてください。ピンからキリまでありますので自身の求めている性能にあったものをお選びください。

モバイルディスプレイ

その名の通り、持ち運びできるディスプレイです。
こちらもテレワーク需要で人気が高まった商品です
ノートパソコンでテレワークしないといけないけど画面小さいし効率悪いなぁ…と思った方が多数いらっしゃたのかと思います。
もちろん、先程紹介したミラスクリーンと併せてスマホとつなげたり
任天堂スイッチなんかにも使えます
種類も豊富で、12インチのコンパクトタイプから15インチの大きいものまであります。
タッチパネル対応や2k画質に対応したものやら色々あります。
おすすめはモバイルディスプレイで検索してみてください。色々比較しているブログが沢山あります

スマホ除菌ツール

お使いのスマートフォンを紫外線で除菌する機器です。
一見マウスのように見えてしまいますが、中にスマホをいれて5分程度で除菌ができるそうです。
すべての菌に有効ではありませんが、毎日触るものなのでお子さんがいる人は
お子さんの携帯を定期的に除菌してあげるといいかもしれません。
写真のタイプはアマゾンさんで1400円程度となっているので手を出しやすいです

調べると色々なタイプがあって値段もピンきりみたいです。
こちらのタイプは9800!?とお高いですが効果の程は…

スマホは便器の15倍・・・18倍…汚いという話もありますし、試して見るもの良いのでは無いでしょうか

UV除菌ハンドライト

https://getnavi.jp/digital/564358/
同じく除菌グッツとしてハンドタイプの紫外線装置です。
外出の際に役立つ充電式のアイテムです。
マスク(花粉にも効果的) パソコンの キーボードやマウス 外出先のトイレ 枕やふとん テレビなどのリモコン…etc
活躍の場面は多そうですが、値段も5,6千円とやや高め。
流行りのウイルスに効果があるかまではわかりませんが
安心して暮らすためにはこういうものも必要なのかもしれません。

※先の物も同様ですが、紫外線は人体に有害です決して人に向けないでください
目に照射した場合は失明などもあり得るそうです。

冷却台

https://worktoolsmith.com/miyoshi-nsf-01/
ミヨシ NSF-01/BK

これから段々と熱くなる時期に向けてご紹介したいのは
冷却台…ノートPCスタンドです。

譲渡会でお譲りしているパソコンのCPUはパワーをだす代わりに発熱もすごいタイプが、ほとんどです(特にi5・i7)youtubeをみていると常時80~90℃になります
もちろん、これがこの頃の普通なのでそこまで問題はありませんが
パソコンに優しいかと言われれば寿命を短くしてそうです。

今回はNSF-01/BK という商品を例にしています。
アマゾン等でご検索ください。

パソコンは発熱して温度が高くなると自動的にシャットダウンするようにできています
いわゆるフェールセーフです。
そしてフェールセーフが起こらないように、自動的にパソコンのパワーを
落としてエコモードになるようにもできています。
ここまで来るとパソコンが全然動かない!という状態にもなりますので
夏場はパソコンを冷やして使うのがベストです。
特に金属製の冷却台は冷却性能が高いのでおすすめです。

夏が来てパソコンがダウンする前に一度ご検討は如何でしょう?