Microsoftアカウントでアプリやデータの管理を一つに

Microsoftアカウントをご存じですか?

パソコンを使うには、アカウントが必要です。

Windowsパソコンの場合は、アカウントには2種類あります。ローカルアカウントとMicrosoftアカウントです。

ローカルアカウントとは?

特定のパソコンでだけで使用できるアカウントです。

いつもパソコンの電源を入れ、パスワードを入力して、Windowsにサインインしますね?

そのサインインパスワードなど、パソコンを使用するために登録したユーザー情報がローカルアカウントです。

ローカルアカウントがあればパソコンを使用することはできますが、
MicrosoftアカウントがあればさらにWindowsが便利になります。

Microsoftアカウントとは?

パソコンやスマートフォンなどを利用して、Microsoft社が提供するインターネット上の様々なサービスを利用するための権利のことで、分かりやすく言えば会員登録のようなものです。

またアカウントを作成することでデータの利用者を特定できて、第三者からの不正な利用を防ぐことができます。

Microsoftアカウントでできること

Microsoftアカウントを取得すると、Windows利用の幅が一気に膨らみます!

ここで、Microsoftアカウントでできることの例をあげてみましょう。

・メールサービス「Outlook」が使える

・クラウドストレージ「OneDrive」が利用できる

・デジタルノート「OneNote」が使える

・「Microsoft Store」でアプリをダウンロードできる

etc….

テレビ電話ができる「Skype」も同じMicrosoftアカウントで利用できるようです。

Microsoftアカウントで、複数のデバイスからデータを共有

またMicrosoftアカウントを持つことで、複数のパソコンで、またスマートフォンなどからも同じデータにアクセスできるようになります。

その機能を利用すれば、パソコンを新しくした際にも以前の設定を同期することもできます。

Microsoftアカウントをまだの方は、ぜひ取得しましょう。
Microsoft社の連携サービスが利用できると、パソコンがもっと便利で楽しくなりますよ!