意味が全然違う!?間違えやすいパソコン用語

普段使っている何気なく使っているパソコン用語で、自分で認識している意味とは違っていた!なんてことはありませんか?

今回は、初心者の方が間違えやすいパソコン用語をご紹介します。

ダウンロードとインストール

インターネットなどから、データを取得する場合をダウンロードといいます。
ソフトウェアやアプリケーションなどを、システムへ導入することをインストールといいます。

USBメモリや、SDカード、CDからデータを移動させる場合は、データをダウンロードしているわけではなく、データコピーをしているだけになります。

アップデートとアップグレード

アップデートとは、インストールしているソフトウェアなどを同じバージョン内で更新することを言います。
例えば、Windows 10のバージョンが10.01の場合、アップデートすると10.02となります。


それに対しアップグレードとは、バージョンを上位へ上げることをいいます。Windows 7のバージョンから、Windows 10へ変更するような場合は、アップグレードとなります。

初期化とリセット

基本的にあまり使用しない機能ですが、間違えて覚えてしまうと取り返しがつかないので、注意が必要です。


リセットは、内部プログラムなどが誤動作を起こし、正常に作動しなくなった際に再起動することをいいます。

それに対して、初期化は「リカバリ」ともいいます。
内部状態を購入したばかりの状態に戻すことをいいます。
一度初期化をしてしまうと設定をはじめからやり直す必要がありますし、保存していたファイルなどのデータも消えてしまうので、作業を行う際は注意が必要です。

メモリとハードディスク(HDD)

メモリとHDDは別物になります。
HDDは、フォルダや写真などデータを保存できる容量を指しますが、メモリは 一時的にデータを読み込んでおくところで、大きいほど処理能力が高まります。

分かりやすくいえば、メモリは作業机の広さ、HDDは本棚になります。
本棚の本を勉強するときに、作業机が狭いと効率よく勉強することができないのと一緒です。

ファイルとフォルダー

ファイルは、データそのものをいいます。

フォルダーは、ファイルを収納する入れ物のことを言います。

最後に

今回は、間違えやすいパソコン用語をいくつかご紹介しました。

パソコン用語の勘違いで致命的なトラブルを誘発している例も多いですから、 今回ご紹介したパソコン用語以外も、この機会に改めて見直してみてはいかがでしょうか。

パソコンでラジオを聴こう インターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の紹介

皆さん、ラジオを聴くのは好きですか?

ラジオといえば、家事をしながら、車の運手のお供として、受験勉強の息抜きに…

何かをしながら…の、ながら作業の良きパートナーです。

トランジスタラジオ、ラジカセ、ステレオオーディオセット…、以前では家庭に必ず一つはあったラジオですが、最近ではラジオを聴く人も少なくなったそうです。

ラジオは人の声で番組が進み、どこか温かみのあるように感じます。聴く人が減っているのは残念ですね。

ですが、インターネットが進んだ現在では、デジタルコンテンツとしてのラジオが普及し、メディアとしての人気を取り戻しているんです!

今回は、インターネットで聴くラジオ『Radiko(ラジコ)』をご紹介します。

『Radiko(ラジコ)』とは

『Radiko(ラジコ)』は、株式会社radikoが運営する、インターネットでラジオ番組を配信するサービス。

料金は…基本的には無料です。かかるのは、ネット通信費とパソコンを動かす電気代。

その点は従来のラジオと同じですね。

では従来のラジオと違う点は何でしょうか?

それは、デジタルならではのクリーンな音で番組を楽しめること。

選局は、聴きたい放送局や番組名をクリック。ラジオのダイヤルを回して周波数を合わすなんて、そんな時代もありましたね。

ノイズが混じったラジオの音声も味わい深いですが、好きな番組はクリーンな音で聴きたいですよね。

聴き逃した番組は『タイムフリー』で

好きな番組を聞き逃しちゃた… ラジオの時間に用事が重なって…

そんなときに便利なのが、ラジコの『タイムフリー』機能。

放送が終了した番組を、遡って視聴できます。

番組の一時停止・巻き戻し・早送りもできちゃいます。

番組がデジタル化されているラジコならではのサービスです。

こんな便利な機能も無料なんです。ただ、遡れるのは24時間までですのでご注意ください。

聴きたい番組を探せる『検索』機能

聴きたい番組がなかなか見つからない… そんな時は『検索』機能を使いましょう。

番組名はもちろん、出演者、ジャンルなどから探せば、検索結果がズラリ。

番組情報をチェックして、気に入った番組を再生して聴きましょう。

有料プランも

これまでご紹介した無料の機能はデジタルコンテンツであるラジコの特徴です。

それ以外にも、有料のプランもあります。

ラジコの『エアフリー』プラン。日本全国のラジオ番組が聞き放題です。

これまでは、電波が届く範囲の番組を聴くのがラジオ放送の鉄則でした。

日本全国の放送を聴くことができるのは、インターネットラジオならではですね。

スマホでも『Radiko(ラジコ)』

パソコンだけじゃなく、ラジコはスマホでも楽しめます。

専用アプリをインストールするだけ。もちろん無料です。

スマホ版も、パソコン版と同じ機能が使えて、ラジオ放送をとことん楽しめます。

スマホでラジオを聴いていると、まるでトランジスタラジオのようですね。

今回はインターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の良いところを沢山ご紹介しました。

気になった方は、いちど『Radiko(ラジコ)』でラジオを聴いてみてください。

パソコンをしながら? 家事をしながら?

ながら作業が、きっとはかどりますよ!

インターネット中毒

動画を視聴したり、ニュース記事を読んだり、SNSで交流したり、インターネットには興味深いコンテンツが星の数ほど存在します。楽しくてついつい長時間閲覧してしまい、気付けば真夜中…はたまた朝を迎えてしまった経験を持つ方は意外といらっしゃるのではないでしょうか?

楽しいことに熱中するのは悪いことではありませんが、時間を忘れて没頭してしまうことは避けたい…今日はそんな時におススメのソフトをご紹介します。
 
 

あなたの中毒レベルはどれくらい?

  • 家族や友達といるよりインターネットをしている方が楽しいと感じる
  • 気がつくと何時間もインターネットをしている
  • 隠れてネットをする
  • インターネットをやめるように言われると腹が立つ
  • インターネットをしていない時もインターネットのことが頭から離れない
  • 普段の生活よりインターネットをしているほうが安心する
  • しなくてはならないことがあってもインターネットを優先する
  • インターネットをしているとき、自分が変わったように感じる
  • ネットで知り合った人の方が現実の友達や親より大事になる
  • ネット以外の生活に興味がなくなる
  • 人間の生死の意味がわからなくなる
  • ネットの相手をわざと挑発したくなる
  • ネットなしでは生きていけないと思う

上の項目にたくさん当てはまる方は、少し注意が必要かもしれません。

自分の意志では中々ブラウザを閉じられない。また、熱中してしまい時間の経過に気付けないと言う方は「ブラウザキラー」を使ってみてはいかがでしょうか?

ブラウザキラー

提供元: Juraku-Software
ブラウザキラーはタイマーを設定してブラウザを自動で終了させるソフトです。設定した時間になると強制的にブラウザーを終了させてくれるので、やめ時が分からない方や、時間の感覚を忘れがちの方にはうってつけのアイテムです。

対応しているブラウザ一覧
・Internet Explorer
・Google Chrome
・Firefox
・Safari
・Opera Internet Browser
・Microsoft Edge
 
  
 
 

ダウンロードしよう

ブラウザキラーのダウンロードはこちらから ➡  Vector


リンク先のページ下部にある「ダウンロードページへ」のアイコンを左クリックしましょう。
 


次に「このソフトを今すぐダウンロード」を左クリックします。
その後、自動でソフトのダウンロードが開始します。

 
 
 

設定しよう

ダウンロードしたら、早速ブラウザキラーのフォルダを開きましょう。
ブラウザキラーのフォルダの内容は2点です。

BrowserKiller…ソフト本体
Readme…ブラウザキラーの取扱説明書

 

 

 

1 ソフトを起動する

「BrowserKiller」を左クリックするとソフトが起動します。

 
 
 

2 監視対象を設定する

監視対象(ブラウザ)を設定します。普段ご使用になるブラウザに☑(レ点)を入れてください。

 
 
 

3 終了タイマーを設定する

いつブラウザを終了するか、タイマーを設定してください。


時間(プルダウン)を左クリックすると、設定可能な時間が表示されます。1分から最大5時間まで選択できます。

📝ブラウザを終了させる必要がない時は「監視のみ(終了しない)」を選びます。※ブラウザの使用時間のみ計測されます。
 
 



以上で設定は完了です。

タイマーをスタートさせるには「監視開始」ボタンを左クリックします。
終了させる場合は右隣の「監視終了」ボタンを左クリックしてください。




   

その他のメニュー

ブラウザキラーには上でご説明した「ブラウザ管理」の他、「使用時間」「設定変更」のメニューがあります。メニューの表示切替えはメイン画面左側のタブより行うことができます。
 
 
 

ブラウザの使用時間を確認する

メニュー一覧から「使用時間」(①)を左クリックします。

■設定する内容
表示対象期間…表示する期間をプルダウンより設定します
集計単位
…表示する単位を日/月/年より ひとつ選択します
表示対象ブラウザ
…表示するブラウザを選択します(6種類すべてチェック可)

上記3項目の設定を終えたら「表示」ボタン(②)を左クリックします。
検索結果は画面右側、グレーの範囲に表示されます。


 

設定変更をする

メニュー一覧から「設定変更」を左クリックします。

ブラウザ終了モード
ブラウザを終了できない場合は、「強制終了モード」を実行して改善を試みます。初期設定では「通常終了モード」が選択されています。

バルーン表示

上の画像のようにお知らせを表示します。
設定する場合は「バルーン表示する」に☑(レ点)を入れた後、表示パターンを選択します。「分単位で残り時間を表示させる」「残り〇分になったら〇分ごとにお知らせを出す」の2種類あります。

使用時間記録
使用時間を記録するか、しないかを選択します。初期設定では記録される選択がされています。

ブラウザ終了失敗時の動作
ブラウザ終了が失敗してしまう場合は、「強制終了を試す」 を実行して改善を試みます 。初期設定では「監視を中止する」が選択されています。

ブラウザ終了直後の再起動を制限
終了後、ブラウザを任意の時間内は再起動できないよう制限します。
設定する場合は「再起動を制限する」に☑(レ点)を入れた後、制限時間を入力します。設定は1分単位で行うことができます。

その他
・「最小化時、タスクトレイにのみ表示する」
 タスクトレイの アイコンをクリックしてメイン画面を表示できます。
・「起動時に自動で監視を開始する」
 ソフト起動時に自動で監視を開始します。

どちらも初期設定では未設定になっています。


 

最後に

インターネットの長時間使用防止に役立つソフト「ブラウザキラー」のご紹介はいかがでしたでしょうか?

熱中してずっと画面にかじりついていると、目の疲れや腰痛肩こりの原因にもなり得ます。一般的に60分集中した場合は、10分~15分程度リフレッシュタイムを挟むと良いと言われています。適度にタイマーを設定して、連続使用防止策として活用するのも良いかもしれせんね。
 

USB端子について その1

パソコンを使っていると、様々な所でUSB接続を使用することになります。

スマートフォンの充電などで使用するのもUSBケーブルなので

今では、ほぼ全ての方がUSBを利用されているといっても過言ではないかもしれません。

そんなUSBを利用する上で知っておきたい様々な知識を、JEMTCブログで紹介していきたいと思います!

今回は、USBの表と裏を判別する方法の紹介です。

表と裏の判別方法

パソコンなどに接続する、長方形型の見慣れた形のUSB端子は

USB Type-Aという正式名称があります。

USBメモリの差し口も、このUSB Type-Aになっています。

USB Type-Aには表と裏があるので、差し込む時の向きを間違えてしまうと接続することが出来ません。

向きが分からず、USBが中々差さらなくてもどかしい思いをされた事がある方も多いのではないでしょうか。

実は、USBには何種類か表と裏を判別する方法があるので、その方法を知っていればこのようなもどかしい思いをすることも少なくなります!


1.USBマークを確認する。

接続口部分にUSBのマークが描いてある場合は、そちらが表面になります!

※この判別方法はマークが描かれている物限定になります。


2.穴を確認する。


差込口に2箇所穴が空いている面が表面になります。


裏面は穴が塞がっています!


3.溝を確認する。


差込口に溝が入っている面が裏面になります。

溝がなければ、表面ということですね。


USB Type-Aはこのような方法で表と裏を判別出来るようになっているので

是非参考にしてみてください!