パソコンで再生出来ないDVDがある?CPRMについて

パソコンでのよくあるトラブルとして、DVDが再生出来ないという物があります。

その原因としてはDVDを読み取るドライブという部品の故障や、再生ソフトの不具合などが考えられます。

また、再生しようとしているものがDVDではなくてBlue-rayの場合は、Blue-ray再生に対応しているパソコンでなければ再生出来ません。

しかし、中には同じDVDでもパソコンでは再生出来ない形式の物が存在するんです!

パソコンの故障だと思って修理に出しても、そもそも再生出来ない形式であれば意味がありません。

DVDが再生出来ない場合はそのDVDの形式を確認してみましょう。

今回はパソコンで再生出来ない形式のDVDについてと

そのDVDを見る方法について紹介したいと思います!

CPRM

CPRMとはコピーガードの方式のことで

デジタル放送のテレビ番組には殆どこのCPRMが施されています。

まず、このようなテレビ番組を録画する時にはCPRM対応のディスクに録画をする必要があります。

その上で、パソコンで再生するためには、 CPRMの再生に対応したドライブと、専用のソフトが必要になってくるんです。

最近のパソコンにはCPRMの再生に対応したドライブが内蔵されている事が多いのですが

新しいパソコンでなければ、CPRMの再生に対応していない可能性が高いです。

CPRM再生に対応したドライブ

CPRMの再生に対応していないパソコンでも

CPRMに対応している外付のDVDドライブを購入して、パソコンに接続すれば再生出来るようになります!

エレコムさんがCPRMに対応している外付ドライブ製品の一覧を掲載しているので、ご参考ください。

http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=4899

CPRM再生に対応した再生ソフト

ドライブだけでなく、CPRMで保護されたDVDについては、CPRM対応のソフトでないと再生が出来ません。

Windows標準のソフトや、フリーソフト(無料で使えるソフト)では再生出来ない事が殆どです。

CPRMに対応しているソフトは高機能な有料ソフトになります。(WinDVDやPowerDVDといったソフトが有名です)

外付ドライブの購入時に、CPRM対応の再生ソフトが付属する事もあります。

最後に

このように、CPRMで保護されたDVDを再生する場合

「CPRM再生に対応したドライブ」「CPRM再生に対応したソフト」の2つが必要になってきます。

また、CPRM以上に強力なコピーガードが施されている場合、家庭用のDVDプレイヤーでないと再生出来ない物もあります。

ディズニー映画などはパソコンだと再生出来ない物が多いようです。

パソコンでDVDが再生出来ないのは、故障だけが原因ではないので

他のDVDは再生出来るかどうかなど検証をしてみてください!