シークレットモードの使い方

みなさんはシークレットモードという機能をご存じですか?

通常であればブラウザの閲覧履歴や検索結果などはパソコン上に残ってしまいますが、シークレットモードを使用すれば閲覧履歴を残すことなく使用することができるんです!

人にパソコンを貸してもらう時や、共通のパソコンを使用している時など、履歴を残したくない!って方は必見の機能です。

シークレットモードとは?

シークレットモードは、Google Chromeが提供している閲覧履歴や検索結果などを毎回削除する機能になります。

Google Chromeだけでなく他のブラウザでも同様の機能があり、名称はブラウザによって異なります。

シークレットモード(Google Chrome)
・InPrivateブラウズ(Internet Explorer)
・プライベートブラウジング(Firefox)
・プライベートブラウズモード(Safari)
・プライベートウィンドウ(Opera)

メリットとデメリット

シークレットモードにはメリットとデメリットがあるので、使用前に一度確認してみましょう。

・メリット

シークレットモードではサイト上に入力したログイン情報なども残さずに使用することができます。ネットショッピングの際の個人情報や、クレジットカード情報なども残らないので安心して使用が可能です。

・デメリット

デメリットとしては過去に入力したログイン情報が残らないので、会員制サイトの場合は毎回入力する必要があります。
また履歴が残らないので、またあのサイト見たいって時に辿りつくのが困難なことも…。 少し気になるなってサイトを見つけた際には、お気に入りなどに入れておくのをお勧めします。
ただお気に入り履歴はそのままなので、注意してくださいね。

シークレットモードの使用方法

Google Chromeを立ち上げ、画面右上の設定ボタンをクリックし、「シークレットウィンドウを開く」を選択します。

クリックすると、シークレットモードが起動されます。

シークレットモードを起動させると、画面が黒くなります。

この状態になったら、履歴等は残さずに使用することができます。

とても利便性が高いシークレットモードですが、メリット・デメリットがあるので、使用状況に合わせて使い分けてみましょう。