スマホの写真も管理は「フォト」におまかせ

季節はもう10月です。

先月までの蒸し暑さが嘘のように、朝晩は肌寒さも覚えます。

季節が涼しくなり、お休みの日には散歩などにも行きたくなります。

先月までは、日差しの強さに躊躇しましたが、外を歩くのは気持ちがいいですね。

今はほとんどの人がスマホを持ち歩き、写真も手軽に撮ることができます。

外を歩いてシャッターチャンスに出会えば、スマホでパシャリ。

スマホの中は、ついつい写真が増えてしまいますね。

スマホの写真をクラウドでバックアップ

スマホの写真は撮ったままスマホの中。これではスマホが壊れた時に写真データも失ってしまうことに、、、

スマホの写真もバックアップをとることをオススメめします。バックアップにはクラウドサービスを利用しましょう。

クラウドサービスはオンラインストレージとも呼ばれ、インターネットを経由して所定のレンタルサーバーを使い、データの保存ができるサービスこのと。

iPhoneをお使いの方なら、すでにiCloudをお使いかも知れませんね。今回はマイクロソフト社が提供している「OneDrive」を使ってましょう。

マイクロソフトアカウント取得ですぐに利用

「OneDrive」を利用するには、まずマイクロソフトアカウントを取得します。

アカウントを取ったら、スマホから「OneDrive」へアクセスしましょう。

「ワンドライブ」で検索すると、すぐにアクセスできます。

OneDriveが開いたら「サインイン」をタップ

アカウントが認証されたら、スマホの写真を「OneDrive」へアップロードしましょう。

画面右上の「+」をタップしてアップロードの準備を始めましょう。
アップロードの前にはフォルダーを作成します。
「+」をタップしてアップロードを続けましょう。アップロードした画像は作成したフォルダの中へ。
アップロードをタップします。

「OneDrive」にスマホ写真をアップロードできたら、これでバックアップは完了です。

クラウドにバックアップした写真は、パソコンや他のスマホなどからでも見ることができます。

その権限を管理するのがマイクロソフトアカウントです。アカウントはとても大切なもの。IDとパスワードは大事に保管しましょう。

「OneDrive」のデータにパソコンからアクセス

散歩から帰ったらパソコンを開いて、「OneDrive」へアクセスしましょう。

マイクロソフトアカウントは、スマホからアクセスした時と同じものを使います。

「OneDrive」には、スマホからアップロードした写真が並んでいますね。

パソコンに保存したい写真を「OneDrive」からダウンロード。ダウンロードした写真はWindowsの「ピクチャ」フォルダへ保存しましょう。

ダウンロードしたい写真を選択します。
「ダウンロード」をクリックしましょう。

「フォト」アプリが写真を管理してくれる

「ピクチャ」フォルダへ保存した写真は、自動で「フォト」が管理下へ。

「フォト」とはWindows10に標準搭載の写真管理アプリです。

写真データは「ピクチャ」フォルダへどんどん保存しましょう。「フォト」が写真を日付順に整理してくれます。

整理整頓が苦手な方でも、これで写真の管理はバッチリです。

スマホ写真も、撮った後はしっかり管理。思い出したときに見返して、思い出を楽しみましょう。

お出かけ先で写真を取ったら、ぜひクラウドにバックアップ、してみてください。