無料で使えるMicrosoft Officeソフト OneNoteについて

ワード・エクセル・パワーポイントが有名なMicrosoftのオフィスソフト。

ほとんどの業務で欠かせない程の便利なソフトですが、その分お高いソフトでもあります・・。

そんなオフィスソフトの中でも、OneNoteというソフトは

インターネットの環境と、Microsoftアカウントがあれば無料で使う事が出来るんです!

今回はそんなOneNoteについて紹介したいと思います。

OneNoteの利用に必要なもの

・インターネット環境

・ Microsoftアカウント

Microsoftアカウントをお持ちでない場合は、こちらの記事を参考に Microsoftアカウント を作成してください。

OneNoteとは

OneNoteとは、その名のとおり、パソコン上のノートのような物で

メモ帳代わりに使うこともできますし、思いついたアイディアを絵と一緒に書き留めておくことが出来ます。

ノートは何冊も作る事が出来ます、一冊のノートは「ノートブック」といいます。

更に、ノートブックの中を分類ごとに分ける事が出来るんです。

ノートブックの中にある分類のことを「セクション」といいます。

記入する内容の分類ごとにセクションを作成して

セクション内にページを追加していき、ノートの内容をどんどん充実させていく、というのが基本の使い方になります。

メモ帳とほとんど変わらないと思われるかもしれませんが

OneNoteには、簡単に他の人とノートブックを共有する事が出来るという特徴があります。

ノートブックを共有したい人を招待すると、招待された人もノートブックを自由に閲覧したり、編集する事が出来ます。

編集した内容はオンラインで反映されるので、みんなで出し合ったアイディアをそれぞれが記入していったり、スケジュール管理などにも活用出来るんです!

今回はOneNoteの使い方についても、簡単に紹介したいと思います。

セクションの追加

まずはノート内の整理に役立つセクションを追加してみましょう。

左下の「セクションの追加」をクリックするとセクションを追加する事が出来ます。

クイックノートの下に新しいセクションが作成されました。

自分の作りたい内容に合わせて、セクションの名前を変更しましょう。

ページについて

実際に文章や絵を記入するところは、セクションの中にあるページです。

既に「無題のページ」というページが用意されていますが

このページは自由に増やしたり、減らす事が出来ます。

ページを追加するときは、左下の「ページの追加」をクリックしましょう。

「無題のページ」の上で右クリックをして「ページ名の変更」をクリックする事でページ名を変える事も出来ます。


ページ内の何もない空間をクリックすると、テキストボックスが表示されて、文字を入力出来るようになります。



作成した文章はドラッグ操作で好きな場所に移動させれます。



上のメニューバーからはフォントを変えたり、文字の色を変える事が出来ます。



基本的な使い方は、ExcelやWordなどの他のオフィスソフトと同じような感じですね。

今回はここまで、次回からは画像の挿入や、ページに絵を描く方法などを紹介していきます!