「電卓」の機能紹介

Windows10に標準搭載されている「電卓」には、 単純な電卓機能だけでなく、日付の計算や通貨の変換など、便利な機能が実装されています。
今回は、「電卓」アプリの機能について紹介します。

起動方法

①「スタート」メニューのた行にある②「電卓」をクリックします。
また、スタートメニューの右側のタイルにあれば、③アイコンをクリックすることで起動できます。

アプリを起動すると、 通常の四則演算ベースの電卓 が表示されます。
④ 画面左上の三本線をクリックすると、⑤計算機能の種類が表示され、選択することができます。

通貨や長さなどの変換が行えるので、慣れていない単位を普段使っている単位に変換するといったことが可能になります。
特に通貨の変換は、インターネットに接続した状態であれば為替レートを取得して、最新の為替レートで計算が行えます!

機能一覧

標準
標準:通常の四則演算ベースの電卓
関数電卓:logや三角関数などの計算が可能
プログラマー:2進数数や8進数の計算などが可能なプログラマー兼電卓
日付の計算:2つの日付の差などが可能な機能

コンバーター
通貨:通貨間の変換
体積:体積単位の変換
長さ:長さの単位の変換
重さ:重さの単位の変換
温度:摂氏/華氏/ケルビンの変換
エネルギー:ジュールやカロリーといったエネルギーの単位
面積:面積単位の変換
速度:速度単位の変換
時間:時間単位の変換
電力/動力:ワット/馬力などの電力単位の変換
データ:GB/MBなどのデータ単位の変換
圧力:気圧/バール/パスカルなどの圧力単位の変換
角度:度/ラジアン/グラジアンの変換

「履歴」と「メモリ」機能

①画面の右上のアイコンをクリックすると、計算した履歴が表示されます。
計算をやり直したいといった場合に、②表示されている計算結果をクリックすると、その計算に戻ることができます。

また、電卓の③「MS」をクリックすると表示されている値が、保存されます。
複数保存することも可能なので、計算途中の値を「MS」で保存しておき、必要に応じて、呼び出すといったこともできます。

保存した値は、④「M▼」をクリックすると表示されます。
⑤メモリで保存した値を加減をすることもできます。

履歴とメモリは、画面の横幅を引き延ばすことで表示させることもできます。

最後に

「電卓」アプリは地味ですが、さらっと使えるので意外と出番が多いアプリでもあります。ぜひご紹介した機能を使って活用してみてください!