Internet Explorerが開けなくなってお困りの方へ!

最近、Internet Explorerを開くと、自動的にMicrosoft Edgeが起動してしまう!

Internet Explorerが使えなくなった!という方はいらっしゃいませんか?

これは、2022 年6月16日のInternet Explorerサポート終了に伴い、Microsoft社が、Microsoft Edgeへの移行を促す為に実装している機能になります。

現状、 Internet Explorerを使い続けるメリットはないので、素直にMicrosoft Edgeへの移行が推奨されるのですが

Internet Explorerでしか開く事が出来ないページというのも数多くあります。

(特に、企業などで使われているシステムに多いようです)

今回は、Internet Explorerでしか開けないページを見る方法を2種類紹介したいと思います!

IEモードを使う(推薦)

Microsoft Edgeに搭載されている「IEモード(Internet Explorerモード)」という機能を使えば、 Internet Explorerを使っているのと同じ状態になります。

Internet Explorerでしか開けないページも、この「IEモード」を使う事で簡単に開けるようになるんです。

「IEモード」を使うためには、Microsoft Edgeで専用の設定が必要になるので、以下の設定方法を参考にしてください。

IEモードの設定

①Microsoft Edgeを開き、右上の「…」アイコンをクリックし、表示されたメニューから「設定」を開きます。



②設定画面が表示されるので、左側のメニューから「既定のブラウザー」を選択します。



③「Internet Explorerの互換性」にある「Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可」の項目を「許可」に設定します。



「この設定を有効にするには、ブラウザーを再起動してください」と表示されたら、案内に従ってMicrosoft Edgeを閉じましょう。

IEモードを利用する為の設定は以上で完了です!

IEモードの使い方

まずはIEモードで利用したいページをMicrosoft Edgeで開きましょう。

ページを開いたら、 右上の「…」アイコンをクリック、メニューから「Internet Explorerモードで再度読み込む」をクリックします。



すると、IEモードでページが開き直されます、Internet Explorerでしか開けなかったコンテンツも利用出来るようになっている筈です。

IEモードを使った際に、「次回このページをInternet Explorerモードで開く」にチェックを入れて「完了」を押すと、次回以降、指定されたページは、自動的にIEモードで開かれるようになります。



書いてあるように、IEモードではInternet Explorerを利用しているのと同じ状態になるので、セキュリティの観点からあまり推薦されません。

IEモードを使うのは、どうしてもInternet Explorerでしか利用出来ないページを開く時だけにしましょう。

Microsoft Edgeでの起動設定を無効にする(非推薦)

Internet Explorerを起動した際に、Microsoft Edgeが代わりに起動する設定を解除する方法もあります。

しかし、Internet ExplorerがMicrosoft Edgeの代わりに起動する事で、ユーザーがセキュリティ上危険が伴うInternet Explorerを利用してしまわないように保護しているという側面もあります。

ここで紹介している設定については、ある程度パソコンを使い慣れている方のみ自己責任にて実施してください。

設定方法

①Microsoft Edgeを開き、右上の「…」アイコンをクリックし、表示されたメニューから「設定」を開きます。



②設定画面が表示されるので、左側のメニューから「既定のブラウザー」を選択します。



③「Internet Explorerの互換性」にある 「Internet ExplorerにMicrosoft Edgeでサイトを開かせる」の項目を「なし」に設定します。



設定変更後、 従来通りInternet Explorerが起動出来るようになる筈です。

困った時はIEモードを使ってみよう

思ったように動かないWebページがある場合は、Internet Explorerでしか動作出来ないページなのかもしれません。

例えば、国税庁の電子申請サービスであるe-Taxなども、現段階ではInternet Explorerにしか対応していないサービスになります。

なんでMicrosoft EdgeやGoogle chromeなどでも利用出来るようにならないの?というと

こういったシステムの開発・修正には莫大な時間と費用がかかるので(e-Taxの開発費は500億円といわれています)

そうそう簡単に修正する事が出来ないという事情があります……

このように予算などの問題で、いまだにInternet Explorerでの動作しか保証されていないページもあるので

Webページを見ていて困った時は、一旦IEモードでちゃんと動くか試してみるといいかもしれませんね。