パソコンの動作が遅い!本当に見直すべきパソコンの部分とは

こんにちわ、JEMTCです。

パソコンが重い!何十年も前からユーザーはこの問題と戦ってきました。
体感ですが、7割ぐらいの人は

最初から重いパソコンを買っています。
そして重いパソコンに買い換えています。

特に最近はスマートフォンが流行っています。
スマートフォンのイメージで動作を想像している人もかなり多く見受けられます。

スポーツカーに乗った後に原付に乗って、遅い遅い。と言ってる感じでしょうか

それでも遅い!を少しでも何とかしようと、改善する方法がないか模索している人のために、重い原因を解消・改善する方法を紹介・解説していきます。

よくある、重い時はコレっていう方法が紹介されていますが、起動に5分かかる状態を3分にすることは不可能です。

パソコンのストレージ問題

パソコンのストレージには大きく分けてHDDとSSDがあります。
まずは、ここを確認してみましょう。

ウインドウズ10の場合、左下に虫眼鏡マークでここに入力して検索 という部分があると思います。
ここにデフラグ と入力し、デフラグツールをクリックします。

こちらで、Cドライブがソリッドステートドライブになっているか、ハードディスクになっているかを確認してみてください。

ハードディスクになっている場合は、残念ながら早くすることはできません。
仮にCPUやメモリを最新の物を搭載していてもHDDである以上改善は見込めません。
SSDのパソコンを買う、HDDをSSDに換装する(改造)のどちらかしか道はありません。

こちらは、SSDの速度をチェックするソフトです。
1秒間にどれだけのデータをやり取りできるか。というデータになります。
※古めのSSDなので、これでも通常のSSDよりかなり遅いです。

パソコンは動作をするために、常にデータを読み書きしています。
そのほとんどが小さいデータのやり取りになります。
上の写真で見るなら2番目の数値が速度の体感にかかわってくると思ってください。

コチラがHDDのデータです。

一番上は半分程度ですが、2番目の値は読み込みで70倍 書き込みで14倍ちがいますよね?
これがSSDがサクサク動く。HDDはもっさりしている。の違いになります。

比較してみましょう。左がHDD右がSSDです。

どんなに努力しても70倍の成果をあげなさい。といっても不可能なわけですね
つまり、HDDでサクサク動かしたいなら、SSDに買えた方が良いです。
どれだけ努力をしてもサクサクにはならないのです。

ちなみに最新の機器を使うと

ここまでしても体感はそこまで変わらないと聞きますが、数値だけ見るとHDDの性能の低さが際立ちます。

スペック不足?

パソコンの動作は読み書きの能力が重要という話をしました。
中には、高性能CPUを使ってるから早いんじゃ!?
と思う方もいると思います。

パソコンのデータの流れがここで重要になってきます。
ざっくり解説しますと

例えばインターネットをするためにブラウザを起動させるとします。

【ユーザー】「グーグルクロームポチィ!」
【CPU】「了解!・・・・・データ処理完了!ストレージさんこの処理おなしゃす!」
【ストレージ】「じゃあ、ページの読み書き終わるまで待ってね!」
【CPU】「じゃあ、読み込んだページを処理して表示させるね!」
【ユーザー】「お、出てきた出てきた」

ざっくり、こんな流れで処理を動かしていきます。
※厳密にはもっと多くのステップを踏みますが割愛

かならずストレージという部署を経由して書類の申請が下りるイメージです。
CPUがどれだけ優秀であったとしてもストレージが遅いと、待ち時間が発生するため、結局処理が進まないのです。
同じHDDであれば、CPUの差は如実に出ますが、SSD搭載のセレロンにも負けてしまいます。

今の時代、スペックをどうするか、よりもまずはSSD。が大正義となるわけです。

設定変更でパソコンに変化?

はっきりいって、設定変更で改善はないと思ってください。
完全にないわけではありませんが、立ち上げに10秒かかるアプリが5秒になる!」みたいな変化はありません。
せいぜい10秒が9,8秒になるとか9秒になるとかです。

数字で見ると改善はあるかもしれませんが、遅いもんは遅いですからね。

特定の設定がウインドウズの動作はを妨げていて、それをオフにすることで動作が軽くなる。
と言ったこともないことはないですが、限定的で根本的な解決にはなりません。

たとえば、ウインドウズアップデートが原因で重くなっている場合は、アップデート自体を止めてしまえばいいのですが
アップデートを止めれば、最適なサービスが受けられなく場合があります。

重い!の原因にもよる。基本的にはハードウェアに依存している。
というのがまとめになります。

ソフトウェアのリソース

パソコンは1つ仕事をするために、リソースが必要です。
人間も同じです。
普段やっている仕事に10個も20個も仕事を依頼されたら手一杯になります。

そしてその仕事が終わりがない仕事だとしたらどうでしょう?
電話かけた相手がずーっと仕事の話をしてくる状態です。
あなたのリソースはその相手に対してリソースをかけ続ける状態になります。

ブラウザのタグを閉じずにそのままにしていませんか?
面倒になってスリープで待機させていませんか?
ウインドウズのアップデートをせずにほったらかしになっていませんか?

これらすべてがパソコンのリソースを圧迫し遅い原因を作っています。

これらの原因を作らないように、使い終わったものは閉じる。
アップデートはこまめに行う。
シャットダウンでパソコンの電源を落とす。
等など、基本的な所を見直すのも重い原因を取り除くことにつながります。

どうだったでしょう。
パソコンを軽くする方法!みたいな記事はたくさんありますが、中には
効果が殆どない(0ではない)ものもたくさんあります。

特にHDDではなんの意味もない。と思える改善策がたくさん出てきます。
SSDに替える事がいかに変化があるのかを取り扱いました。
これを気に”まだ”HDDのパソコンを使っている方はSSDに替えてみてはどうでしょうか

弊教会でも、HDDからSSDに換装する事ができます。
古いノートパソコンだけど愛着あるから使いたい!って方は是非ご検討ください。

お問い合わせは 052-325-7412 月~金 10時から17時で営業しています。
ウインドウズ7のHDDからSSDにしてついでにウインドウズ10の正規ライセンスインストールとセットアップまで行います。是非ご相談を!

では、また