パソコンって何ができる?

 パソコンって何ができるの?
 スマホがあればパソコンっていらないんじゃない?
 そんな声を聞くことが最近多くなってきました。

  確かに 、今の時代インターネットを介して利用できるサービスが中心となってきたので、以前のようにパソコンでないとできないことは少なくなり、スマホでもパソコンでも同じことができるようになってきていると思います。

 そのようなことから、もうスマホがあればパソコンは要らないのでは?と感じている人もいらっしゃるかと思います。

 そこで今回は、スマホ時代だからこそ「パソコンでできること」に注目してみたいと思います。

スマホと比べてパソコンの優れている点

画面が大きい

 パソコンはスマホと比べて画面が大きいため、写真や動画を大きく、きれいに見ることができます。
 また文書ファイルなどの場合には、一度に表示できる情報量がスマホより多いです。

ストレージ容量が大きい

 パソコンはスマホと比べて本体や拡張できるストレージ容量が大きいため、写真や動画などのデータをより多く保存することができます。

キーボードで文字入力ができる

 ある程度長い文章を入力する場合にはキーボードを使った方が楽だと思います。仕事で書類を作成するような場面ではパソコンが使われていますね。スマホのフリックでの文字入力は短文向きといえるでしょう。

マウスを使った細かい操作ができる

 指で操作しなければならないスマホよりも、パソコンではマウスを使って細かい操作をすることができます。

※スマホとパソコンを比較した研究として以下のような研究があります。

https://www.spi.recruit.co.jp/spi3news/000078.html

パソコンの方がよりよくできること

 このようなパソコンの優れている点を考えてみると、以下のようなことはパソコンを使う方がよりよくできるのではないでしょうか。

文章・表・プレゼンテーションの作成

 大画面とキーボードによる文字入力で、パソコンの方がよりよくできるかと思います。弊協会ではそのためのアプリケーションソフトとしてWPS Office2をインストールしています。

ブログなどのWebサイトの作成

 文章がメインのブログのようなWebサイトを作成するような場合には、画面が大きく、キーボードで長文も文字入力できるパソコンで作成した方が楽かと思います。

動画や画像を見る

 パソコンを使えば、大画面で楽しむことができます。
 ただ、動画を見る場合には、画質のレベルに応じた高性能のパソコンが必要になる場合がありますので、注意が必要です。

オンラインショッピング

 パソコンを使えば、商品画像を大きく見ることができますので、細部まで確認することができます。また他商品の画像を並べて比較する、他のオンラインショッピングストアの画面を開いて比較する、ということもできます。

電子書籍を読む

 提供元が対応していれば、パソコンを使って大画面で読むことができます。
 外出先で読む、寝っ転がって読むというスタイルですとスマホで読むことになりますが、自宅で腰を落ち着けてじっくり読みたい場合にパソコンで読むという読書スタイルもありだと思います。

オンラインのミーティングやセミナーに参加する

 zoomをはじめとするオンラインミーティングやセミナーに参加する場合にはパソコンの方が利用しやすいと思います。
 ただしカメラやマイクが必要になる場合がありますので、それらの機器を用意しておく必要があります。

パソコンをよりディープに使いこんでみる

 スマホでもできるようになりつつありますが、まだまだパソコンでなければできない分野もあります。
 ただし、 快適に使いこなすために高性能なパソコンや高額な対応アプリケーションソフト・周辺機器を揃えなければならない場合がありますのでご注意ください。

PCゲームをする

 リアルで綺麗なPCゲームが提供されています。
 快適にゲームを動作させるためには高性能のパソコン・周辺機器が必要な場合があります。やりたいと思ったPCゲームが要求するパソコンの性能に注意してください。なお、ゲームに最適化されたゲーミングPCという専用のパソコンが販売されている分野でもあります。

写真の編集をする

  デジタル一眼カメラなどで撮影した写真を、 パソコンの画像編集アプリケーションソフトで調整・編集してより美しい写真に仕上げることができます。
 編集作業を行うためのレタッチアプリケーションソフトが必要で、快適に編集作業を行うためには相応の性能のパソコンが必要になりますのでご注意ください。

動画の編集・制作をする

 ビデオカメラで撮影した動画を、パソコンの動画編集アプリケーションソフトを使って編集して映像昨比を制作がすることができます。
 編集・制作作業を行うための動画編集アプリケーションソフトが必要で、快適に編集・制作作業を行うためには相応の性能のパソコンが必要になりますのでご注意ください。

音楽の制作・編集をする

 パソコンの楽曲制作アプリケーションソフトを使って楽曲を制作することができます。
 編集・制作作業を行うための楽曲制作アプリケーションソフトが必要で、快適に編集・制作作業を行うためには相応の性能のパソコンが必要になりますのでご注意ください。

マンガやイラストを制作する

 パソコンのイラスト制作アプリケーションソフトを使ってマンガやイラストをパソコンで制作することができます。 
 制作作業を行うためのイラスト制作アプリケーションソフトが必要で、快適に制作作業を行うためには相応の性能のパソコンが必要になりますのでご注意ください。

最後に

まとめると以下のようになります。
・「見る」「聞く」といった使い方が主であれば、スマホでもパソコンでもできることに大きな差はなくなってきています。
・パソコンには大画面・大容量を活かした使いやすさがあります。
・気合を入れていろいろな創作趣味をしたい場合にはやっぱりパソコンが必要になります。

 一言でいえば、適材適所でスマホやパソコンという「道具」を使い分けるということになると思います。
特に画面の大きい方がやり易いことの場合、パソコンのほうがやりやすいのではないかと思います。

スマホがあれば、パソコンなんて不要と思っている方は、今回の内容を参考にパソコンを入手して何かはじめてみるというのはいかがでしょうか?