Flash Playerのサポート終了について

皆さんはFlash Playerのサポートが今年の12月31日に終了するというニュースを目にされた事はありますか?

以前からパソコンを使われていた方にとっては、驚きのニュースだったのではないでしょうか。

このサポート終了に伴い、Flash Playerがパソコンにインストールされている方は、パソコン上からアンインストールする事が推奨されています。

今回はFlash Playerとは何なのか、サポートが終了するとどうなるのか、アンインストール方法についてを紹介していきます!

Flash Playerとは

かつてWebサイトで動画を表示する際に必要だった技術、Flashの再生に必要なソフトで

FlashはYoutubeなどにも使用されていました。

しかし、近年ではHTML5という新しい技術の登場により

Flash PlayerがなくてもWebサイト上で動画が再生出来るようになったのと

Flash Playerは以前からセキュリティ面で度々脆弱性が指摘されていたので

新しいWebサイトでは殆ど利用される事がなくなりました。

Youtubeなどでも現在では使用されていません。

サポートが終了するとどうなるの?

Flash Playerのサポートが終了しても、以前と同じ様に使う事は可能です。

しかし、サポートが終了したWindows7と同じく、パソコンにインストールされているままだと

セキュリティ面での危険があるので、Flash Playerを公開しているAdobeシステムズから、パソコン上からアンインストールするように呼びかけられています。

その為、現在Flashを利用しているWebサイトの管理者は、HTML5を利用したコンテンツの作成に切り替える必要があります。

基本的にWebサイトの閲覧者である私達がする事は、Flash Playerのアンインストールのみなので安心してください。

(新しいソフトをパソコンにインストールするなどの必要はありません)

更新されていない昔のWebサイトの場合、Flashを使用されている事が多いので、そういったWebサイトのコンテンツはFlash Playerをアンインストールすると利用出来なくなりますが、これは仕方ないです。

Flash Playerのアンインストール

Flash Playerについてよく分からないという方も、もしかしたらパソコンにインストールされているかもしれないので

一度、確認する事をオススメ致します。

①画面左下のWindowsロゴをクリック、もしくはキーボードの「Windowsキー」を押します。

②スタートメニューが表示されるので、歯車のアイコン(設定)をクリックします。


③設定メニューが表示されるので、「アプリ」の項目をクリックします。


④インストール済のアプリが表示されます、「Adobe Flash Player」が表示されていたら、この項目をクリックします。(表示されない方はそのままで大丈夫です)


⑤「アンインストール」という項目が表示されるのでクリックしてください。


あとは画面の案内に従い、アンインストールを完了させましょう。

Zoom機能の裏技をご紹介!

今話題の「Zoom」では様々な機能が搭載されています。

機能については以前もブログでご紹介しているので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

Zoomミーティングに参加する際、なるべくならお部屋の風景は隠したいですよね。そんな時には『バーチャル背景の変更』を使えば部屋の様子を隠すことができます!

「バーチャル背景」の問題点

とても便利なバーチャル背景ですが『バーチャル背景の変更』は、すべてのパソコンで設定できるわけではなく、このような画面になってしまうことも…。

背景だけでなく、人物も透過しています。

これは、Zoomが要求するパソコンの性能が高いため、数年前の年式のパソコンでは条件を満たせないことがあるためです。

お使いの端末によって必要条件は異なりますが、このようになります。

  • PC→デュアルコア2Ghz以上プロセッサ
  • アンドロイド→対応していない
  • iPad・iPhone→iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降
  • Windows→OS:Windows10 64bit/CPU:Core i7 クアッドコア以上
  • mac→mac OS 10.13以降 CPUがクアッドコア以上、Intel Core i7以上

そこで今回は、条件の満たないパソコンでバーチャル背景を設定するための裏ワザをご紹介します!

「Snap Camera」を使ってみよう

今回ご紹介するのは『Snap Camera』というカメラアプリとZoomを組み合わせる方法です。 『Snap Camera』を使えば、条件を満たしていないパソコンでもバーチャル背景を設定することができます。

①インターネットの検索で「Snap Camera」を検索します。



『Snap Camera』の公式サイトから、アプリをダウンロードします。



※検索の際、インターネットブラウザーに『Microsoft Edge』を使用すれば、英語のサイトを日本語に翻訳することができます。



③ダウンロードが完了したら、検索窓に「green screen」と入力します。



④検索結果の中から、グリーンスクリーンが使用されているレンズを選択します。


『Snap Camera』の背景がグリーンスクリーンに変わりました。


これでグリーンスクリーンの設定は完了になります。
次にZoomを起動して設定していきましょう!

「バーチャル背景」の設定方法

「Zoom」を操作する際は「Snap Camera」を起動したままにしておきます。
「ビデオの開始」横の矢印を左クリックし、「カメラの選択」の項目で『Snap Camera』を選択します。


Zoomに『Snap Camera』のグリーンスクリーンが適用され、バーチャル背景を使用することができました。

今回はバーチャル背景の設定に、Zoomとは全く別のカメラアプリを組み合わせる裏ワザをご紹介しました。バーチャル背景が使用できたら、安心してZoomミーティングに参加できますね。ぜひ一度お試しください!

足りない機能は無料ソフトで補おう PDFフリー編集ソフトのご紹介

欲しい機能がパソコンに入っていない場合、皆さんはどうしていますか?

ソフトを購入する?仕方がないとあきらめる?

もちろん、ソフトを購入するのはいい方法ですが、ちょっとした操作がしたいだけの場合には、高額なソフトを購入することはためらってしまいますよね。

そんなときに頼りになるのが、インターネット上で無料で配布されているフリーソフトです。

たくさんのソフトが無料配布されています

無料で配布されているフリーソフトには、じつに様々なものがあります。

まずよく見かけるのは、写真編集ソフトや動画編集ソフトです。

写真や動画の編集ソフトは、購入しようと思うと高額なものが多く、また内容も専門的なため、買ったはいいが使いこなせないことも…

まずはフリーソフトを使ってみて専門的な操作などに慣れてから、ソフトの購入を検討するのも一つの手段です。

PDFができる便利なフリーソフトをご紹介

今回このブログでは、PDFファイルを編集できるフリーソフトをご紹介します。

PDFファイルは容量が軽く、また詳細な画像などもきれいに表現できるため、仕事などにおいてよく使われるファイル形式です。

いくつかあるPDFフリー編集ソフトの中から、今回は『CubePDF Utility』をご紹介します。

主な機能は複数のPDFファイルを統合し、一つにまとめることができます。

ノートパソコン有償譲渡会でお譲りしているパソコンには、「Acrobat Reader DC」というPDFソフトがインストールされていますが、こちらは閲覧専用ソフト。ファイルに何か手を加えることはできません。

『CubePDF Utility』では、ファイルの統合の他には、ファイルにパスワードを設定するセキュリティ機能が備わっています。

まずはインターネットで『CubePDF Utility』と検索しましょう。
公式サイトからソフトをダウンロード/インストールします。

複数のファイルをつないで1枚のPDFに

何枚ものPDFファイルをつないで1枚のPDFファイルにまとめることができます。

関連する資料などは一つにまとめて保管しやすくしましょう。

『挿入 』 メニューで複数のPDFを1枚のファイルに。

セキュリティ機能で情報を守る

『CubePDF Utility』では、パスワードを設定することで、自分以外の人とファイルを共有する際に、権限を制限することができます。

制限は閲覧と編集の両方に設定することができます。

『セキュリティ』を左クリックすると設定のメニューが開きます。
閲覧・編集の両方にセキュリティの設定が可能です。

今回はPDF編集ソフトをご紹介しましたが、現在お持ちのパソコンにちょっとした機能を付けたしたい場合には、インターネットでフリーソフトを探してみましょう。

フリーソフトの中には、無料なのが嘘のような多機能なものもあります。

フリーソフトを探す際には、くれぐれも安全なサイトからダウンロードするように注意しましょう。

また、フリーソフトを見つけたら、まずはインターネットでそのソフト名を検索して、有名なものをインストールするようにしましょう。
有名なソフトなら、多くのユーザーが使用していて、ソフトの安全性が確立されています。

フリーソフトを賢く利用して、パソコンを便利に使いましょう。

ストレージセンサーの使い方

Windows10には自動でパソコン内の不要なデータを掃除してくれる、
「ストレージセンサー」という機能が備わっています。

「ストレージセンサー」とは、前回ご紹介した「ディスクリーンアップ」を自動で行ってくれる機能となりますので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

「ディスクリーンアップ」の内容は目次の 1.3 になります。

自動でパソコンの掃除をしてくれるなんでとても便利な機能ですよね。まずはディスクリーンアップの機能についておさらいをしてみましょう。

ディスクリーンアップとは

パソコンは長く使っていると不要なデータが蓄積されてしまうので、定期的な掃除が必要となります。

そんな不要なデータを削除することを「ディスクリーンアップ」と言います。

通常でしたらそこまで時間はかかりませんが、購入して一度もやったことがない場合は、かなりの時間を費やしてしまう可能性も…。そういったことがないように、定期的に行うことが推奨されています。

ディスクリーンアップは自分で行う必要がありましたが、自動で行ってくれるのが今回ご紹介する「ストレージセンサー」です。

ストレージセンサーの設定方法

スタートボタンをクリックし、設定をクリックします。


システムをクリックします。


ストレージの項目を選択し、ストレージセンサー項目をオンに変更します。


④オンに変更した後、ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行するをクリックすると、細かな設定をすることができます。


⑤ストレージセンサーの設定をしていきましょう。

 ①ストレージセンサーを実行するタイミング
 ②ゴミ箱に移行してから削除する期間
 ③ダウンロードフォルダに保存後に削除する期間

上記の設定した期間ごとに自動で掃除をすることができます。

ストレージセンサー機能を活用して、パソコンを快適に使用してみてくださいね!