Outlookは無料で使用できるの!?

幣協会では「Outlookを使用できますか?」という質問が多数寄せられます。OutlookはMicrosoft社が提供しているメールサービスとなりますが、Microsoftをインストールしていなくても使用できる方法があるんです!
今回はOutlookについてご紹介していきます。

Outlookとは

まずはOutlookについてのご紹介です。

OutlookとはMicrosoftが提供している個人情報管理ソフトになります。Microsoft Officeの一部として提供されており、メールソフトとして認知されていますが、実は予定表・仕事・連絡先管理・メモなどさまざまな機能を備えたソフトになっています。

メールソフトと思いがちですが、実はさまざまな機能が備わっているんですね。

その為メールと予定表を一緒に管理できたり、Googleサービスで連携することでさらに便利に活用することができます。

Office365 Soloを使用する

ではさっそく、無料でOutlookを使用する方法ご紹介していきます。

まず1つ目はOffice365 Soloの体験版を使用する方法です。
通常Microsoft Officeは有料となっておりますが、体験版であれば1ヵ月無料で使用することができます。

期間限定となりますが登録してから1ヵ月は正規版と同じ機能を無料で使用することができるので、 購入前に一度検討したいという方におすすめです。 Microsoft Officeは高価なものになりますので、 購入前にお試しで使用することができるのも安心ですね。

※登録してから1ヵ月は無料になりますが、2か月目からは自動で課金されるので、無料の試用期間の期限日を確認の上使用するようにしましょう。

OutlookのWeb版を使用する

2つ目はOutlookのWeb版を使用する方法です。
Microsoftはインストール版の他、無料でWeb版のOutlookを提供している為、Web版であれば無料で使用することができます。
 ※ Web版を使用する場合には、Microsoftアカウントの登録とネットワーク環境が必須になります。

①「https://outlook.live.com/owa/」にアクセスし、「サインイン」からログインをします。
(Microsoftアカウントをまだ作成していない方は「アカウントをお持ちでない場合、作成できます。」からアカウントを作成しましょう。)

②サインインを求められるので、Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

③サインイン後、Web版のOutlookが表示されます。

◎Web版Outlookの特徴  
 ・Outlookがインストールされていないパソコンでも使用可能
 ・メールボックス容量は15GB
 ・Microsoftの広告が表示される

Web版のOutlookではできない機能もいくつかあるので、気になる方は導入前に調べてみてくださいね。

最後に

Microsoftを使用してる方には馴染み深いOutlook。
条件つきにはなりますが、無料で使用することもできますので、購入するか迷っている方はぜひ一度お試しください!
ただいくつか注意点もあるので、きちんと確認した上で使用してみてくださいね。

賢く使おう!フリーWi-Fi

パソコン・スマホ・TV・ゲーム機など、様々な端末をケーブル不要でネットワーク接続できる「Wi-Fi(ワイファイ)」。

今では飲食店や駅などの公共施設で誰でも利用できる「フリーWi-Fi」が普及ししつつあります。パソコン・スマホユーザーならば、一度は利用した経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

外出先で高速通信したい時やスマホのパケット通信量を抑えたい時など、無料で使える公衆のWi-Fiは非常にありがたい存在です。

ただ、便利なフリーWi-Fiも良い点ばかりではありません。
今回はその便利さの裏にある怖さをご紹介します。しっかり注意点をおさえ、必要に応じてフリーWi-Fiを活用しましょう!
 
 

こんな点に注意

覗かれているかも?

誰でも使えるフリーWi-Fiは、誰かに個人情報を盗み見される危険があります。ネットショッピングやネットバンキングなど、金銭の情報を扱う場合はフリーWi-Fiの利用を避けた方が良いでしょう。

また、インターネットブラウザを利用する際は、アドレスバーにも注目してください。「https」「🔒(鍵マーク)」が最初につくWEBサイトはSSLと言う暗号化技術で保護されているため、通信内容の盗み見が困難とされています。WEBサイトを閲覧する際は、これらがついているか確認しましょう。
 
 

それは正規のフリーWi-Fiですか?

なかには「なりすましアクセスポイント」と言い、あたかもお店が正規で提供しているように見せかけて悪意ある人間が設置した偽物のフリーWi-Fiが存在します。マルウエアをダウンロードさせたり、個人情報を抜き取ることを目的とした悪意ある「なりすまし」です。
フリーWi-Fiを利用する時は、掲示されているWi-Fi案内(ポスター・ステッカー)を確認したり、お店のスタッフに直接たずねてみましょう。

最後に

今回は便利!けれど危険も潜んでいるフリーWi-Fiについてのご紹介でした。正しい知識や情報を身につけていれば、不要なトラブルを減らすことが可能です。

あたらしいサービスを利用する前は、きちんとメリットとデメリットを調べた上で活用していきましょう。

誰かに見られてる?ターゲティング広告について

インターネットをしていて気になる広告があれば画像をクリック、内容を見て楽しみますよね。

すると翌日、別のサイトを見ていたら昨日と同じ広告が。

またその翌日には、どのサイトを見ていても、同じジャンルの広告が出てきて、、、。

これでは、つい自分のネット閲覧が誰かに監視されているような感覚に陥ってしまいます。

ネット広告の手法『ターゲティング広告』

実を言うとこれは、インターネット広告の手法のひとつ『ターゲティング広告』と呼ばれるものです。

ウェブサイトを訪れた際に残るログイン情報や閲覧履歴を使って、企業などがターゲットを絞り広告を発信しています。

それにより、ユーザーは自分に興味のある情報を受け取りやすくなり、広告主は収益を得やすくなります。

ネットを見ていると、「こんな商品やサービスがあったんだ」「このお店、ウチの近くね」といったような広告に出会う機会が多くありますが、それも『ターゲティング広告』の効果によるものかも知れません。

広告の秘密は『クッキー』

この『ターゲティング広告』を実現させているのは、ウェブブラウザに情報を保存する『Cookie(クッキー)』という仕組みです。

ネットでのログイン情報や閲覧履歴は『Cookie』に蓄積されます。

その情報を通信サービス会社などが収集し、広告主に提供、広告主は趣味や地域を特定してユーザーに広告を届けます。

またネットショッピングなどで、ブラウザがパスワードを記憶していたり、ショッピングカートに選んだ商品がいつまでも残っていたりするのも、この『Cookie』の仕組みによるものです。

『クッキー』は個人情報ではない

この『Cookie』により個人情報が抜き取られているわけではないので、まずはご安心を。

ただ、この『ターゲティング広告』を不快に思う、また見られているような不安感を覚えるケースも多々あるため、最近ではこの『Cookie』による情報取集に規制がかかる動きもあるようです。

最後に

今回はインターネットの『ターゲティング広告』について触れてみました。

役に立つけど不安も感じる『ターゲティング広告』。

個人情報が重要視される現在、この広告の手法がいつまで続けられるのかに注目です。

便利な遠隔操作ソフト

こんにちは、JEMTCです

今回は、遠隔操作が可能なソフトをいくつか紹介していきます。

自宅のパソコンで作業していたが会社に持ってくるの忘れた!
自宅から会社のパソコンをつないで作業をしたい
使い方は様々ですが、ふっとした時に意外と便利なソフトです。

筆者は出張先で自宅のPCとつないで使っています

パソコン遠隔操作ソフト

まず、おすすめしたいのが最もメジャーと思われる「TeamViewer」です
操作性や画質、できることの多さではもっとも使いやすいソフトです
しかも個人の利用の場合は無料で使えます!

使い方も簡単でお互いのパソコンにインストールして接続先のIDとパスワードを入力するだけ
塀協会の遠隔サポートもこれを使っているので皆さんのパソコンにもインストールしてあると思います。
ただし・・・

個人の利用ではないと判断された時は一切使用することができなくなります。
この判断をしているのはTeamViewer側なのでこちらからコントロールができません。
頻繁にファイルのやり取りをしている。とかだと思いますが・・・

一度ブロックされてしまうとTeamViewerの開発元にメールを送って解除して貰う必要がありますが・・なんと、英語で入力が必須との事^^;
敷居が高いですね;

ちなみにスマホからも設定しておけば操作ができるのでどこからでもつなぐことができます。
画面はスマホの中に収まっちゃうのでかなり小さくなりますけどね・・

TeamViewerはこちらからダウンロードできます
https://www.teamviewer.com/ja/

もう一つおすすめしたいのが「AnyDesk」です

機能面性能面ではTeamViewerに劣りますが
そこまで細かい機能まで使いこなす人は稀なので問題なく使用できます。
AnyDeskインストール不要で使えるので不要なアプリを常駐させません
使い方はアドレスを取得して入力するだけ。
ただし、相手側のパソコンで承認ボタンを押さないと遠隔操作は始まりません。

自分のパソコンを・・・といった場合は承認が押せないので押さなくても自動でつながる設定が必要です。

どちらも使いやすくて便利です
これから在宅ワークでの勤務形態も確立されると思いますので
なれておいても良いかもしれません

では、また