パソコンが何だか重い…2

「パソコンが重い。」「前はもう少し動きが早かった気がする。」

長く使用していると感じる動作の重さ。修理や初期化をしなければ解決しない場合もありますが、もしかすると操作で改善できるかもしれません。今回はパソコンが重い時の対処法~第二段~をご紹介します。気になる方は是非お試しください。


▼ 第一弾は下のリンクからご覧いただけます。

自動メンテナンスを見直す

自動メンテナンスはシステムスキャンやソフトウェア更新などを自動で行う処理になります。「自動でやっておいてくれるなんて便利!」などと思う反面、資料作成や動画視聴中に自動メンテナンスが開始されると動作が非常に重くなり、最悪フリーズしてしまうなんてことも。

こう言ったアクシデントを防ぐために、メンテナンス時間は自分で設定することが可能です。例えば主なパソコンの使用時間が日中である方は、夜間に設定しておくと作業とバッティングすることがなく安心です。
 
 
 

メンテナンス時間を設定する

コントロールパネル>システムとセキュリティ>セキュリティとメンテナンスへと進み、画面右側の「メンテナンス(M)」をクリック。メンテナンス(M)内にある「メンテナンス設定の変更」をクリック。

 

「メンテナンス タスクの実行時刻」の右側にあるプルダウンボックスをクリックすると一時間刻みで時間が表示されるので、希望の時間を選んでください。選択後、画面下部の「OK」ボタンを押せば設定完了です。

 
  
 
 

自動メンテナンスを中止する

実行中の自動メンテナンスを停止させるには、下記の方法を行ってください。
上記で案内した「メンテナンス時間を設定する」と同様に コントロールパネル>システムとセキュリティ>セキュリティとメンテナンスへと進み、画面右側の「メンテナンス(M)」をクリック。

メンテナンス(M)内にある「自動メンテナンスの停止」をクリックすれば停止します。

タスクマネージャーを確認する

動作が重いと感じたら、「タスクマネージャー」を開いてメモリーの使用上状況を確認しましょう。タスクマネージャーはスタートボタンの右クリッメニュー、もしくは「CTRL+ALT+DELETE」キーから起動可能です。簡易表示で立ち上がった場合は、画面左下の「詳細」をクリックし、詳細モードに切り替えましょう。



詳細モードに切り替えて「プロセス」タブを開き、アプリの一覧を見てみましょう。メモリー消費量はアプリ一覧の「メモリ」の列で確認することができます。大量のメモリーを消費している重いアプリがあれば、そのアプリを表示させて終了しましょう。

 
 
 
 

電源オプションを見直す

Windowsの初期設定は、安定した速度で動作するよう平均的な消費電力と性能のバランスが設定されいますので、「電源オプション」の設定を変更して最大パフォーマンスを出すことによって速度アップを図れます。ただし、その分消費電力も大きくなるので注意しましょう。
 

コントロールパネル>システムとセキュリティ> 電源オプションから画面右側の「バランス(推奨)」内にある「プラン設定の変更」をクリック。



「詳細な電源設定の変更(C)」をクリック。

 

「詳細設定」から「プロセッサの電源管理」をクリックしてください。

設定例

最小のプロセッサの状態
 バッテリ駆動:100%
 電源に接続:100%

システムの冷却ポリシー
 バッテリ駆動:アクティブ
 電源に接続:アクティブ

最大のプロセッサの状態
 バッテリ駆動:100%
 電源に接続:100%


 
 

フォルダーオプションの無効化

フォルダーオプションでは、表示に関する様々な設定ができます。無駄なオプションを無効にすることでメモリへの負荷を減らすことができます。



スタート画面上の矢印>アプリ画面>エクスプローラーを開く。


表示>オプション>フォルダーオプション内の下記項目をオフ。(クリックしてチェックボックスからレ点チェックを外してください)

・ フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する
・ 登録されている拡張子は表示しない
・ 空のドライブは表示しない
・ フォルダーの結合の競合を非表示にする
・ フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する
・ 暗号化や圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示する


 
 
 

最後に

動作が重い時に試す対処法第二段はいかがでしたでしょうか?少しでも快適なパソコンライフのお役に立てましたら幸いです。
 
 
 

パソコンが何だか重い…

「パソコンが重い。」「前はもう少し動きが早かった気がする。」

長く使用していると感じる動作の重さ。修理や初期化をしなければ解決しない場合もありますが、もしかすると操作で改善できるかもしれません。今回はパソコンが重い時の対処法をいくつかご紹介します。気になる方は是非お試しください。



整理整頓をしよう

ドライブの空き容量を確認する

広い運動場があれば快適にスポーツができるように、Windowsも快適に動作させるためには十分な起動ドライブの空き容量が必要になります。不要なアプリを削除したり、普段使わないデータを他のドライブ移動させたりするなどして整理整頓をしてみましょう。
 
 
 

アプリを削除する

 

アプリの削除は「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムのアンインストール」から行うことができます。

一覧から不要なアプリを右クリックすると選択肢が表示されるので「アンインストール」をクリックすれば削除完了です。
 
 
 

ディスククリーンアップをする

ディスククリーンアップは使用頻度が低い・不要なファイルを自動でリスト化し削除してくれるツールです。 整理整頓が苦手な方はディスククリーンアップを活用してみましょう。
 

1.タスク バーの検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」と入力し、検索結果の一覧から 「ディスク クリーンアップ」 を選択

2.クリーンアップするドライブを選択し、「OK」をクリック

3. [削除するファイル] で、削除するファイルの種類を選択。
  ファイルの種類の説明を確認するには、その種類を選択。

4.「OK」を選択
 
 
 

高速スタートアップを有効にする

高速スタートアップ設定は「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「電源オプション」にある「シャットダウン設定」から設定ができます。「高速スタートアップ」のチェックボックスが外れている場合は、高速スタートアップが無効になっていますのでチェックを入れておきましょう。
 
 

▲「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「電源オプション」
 

▲ 左メニューから「電源ボタンの動作を選択する」をクリック
 

▲ 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック
 

▲ 「高速スタートアップを有効にする(推奨)」をクリック
  下部にある「変更の保存」ボタンをクリックで設定完了です。
 
 
 

スタートアップアプリを無効化する

スタートアップアプリはパソコン起動時に自動的に起ち上がるアプリのことを指します。数が多いとシステムに負荷がかかり、起動時間が長くなる原因になります。
 
 

▲ 「アプリと機能」から「スタートアップ」をクリック
 

▲ アプリ一覧から「オン」「オフ」をクリックで切り替えましょう。

スイッチをオフにする際、システムへの影響が大きいアプリを優先して無効化するとより大きな効果を得ることができます。影響についてはオン・オフスイッチの右横に表示されている「影響」を確認しましょう。(大・中・小で表示)
ただし、スタートアップを停止させるとアプリの動作に不具合が生じてしまう場合もありますので、しっかり見極めて切り替えてください。
 
 

視覚効果を無効化する

視覚効果を無効にした場合は画面表示のデザインがシンプルになるため、パソコンの負荷が軽減され動作を軽くすることができます。 動きの速さを重視したい方は、思い切って視覚効果をなくしてしまうのも有効な手段です。
 
 
視覚効果を無効化設定は「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「セキュリティ」にある「システムの詳細設定」 から設定ができます。
 
 

▲ 「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「セキュリティ」 をクリック
 

▲ 「システムの詳細設定」をクリック
 

▲「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリック
 

▲ 「パフォーマンスを優先する」を選択し、「OK」ボタンをクリックで完了

「パフォーマンスを優先する」 を選ぶと、すべてのデザインが簡素化されます。簡素化させたくない視覚効果があれば「カスタム」を選びましょう。視覚効果一覧から自分の好みで取捨選択できます。また、簡素化したデザインを元に戻したい時は「デザインを優先する」を選べば戻すことができます。
 
 
 

最後に

今回ご紹介した方法は、数ある対処法の中からほんの一部の抜粋になります。また折りを見て第二段を掲載しますので、どうぞお楽しみに!少しでも快適なパソコンライフのお役に立てましたら幸いです。
 
 
 

トップ画面が見慣れない画面に!?

急に画面が下記のようになってしまったことはありませんか?

いつもの画面と表示が異なっています。

見慣れない画面に変わってしまうと故障したのかも…と不安になってしまうかもしれませんが、そんな心配は無用です!

Windows10には2つのモードが存在しマウスとキーボードに適している「デスクトップモード」と、タッチパネルに適した「タブレットモード」があります。

通常のパソコンに適用されているデスクトップモード
タッチパネルに適したタブレットモード

通常パソコンを使用する際に設定されているのはデスクトップモードになりますが、この画面はタブレットモードがONになっている時に表示されます。

タブレットモードとはどんな機能?

タブレットモードとは、タブレット端末でWindows10を使う時に最適化されたモードのことです。

タッチでの操作がしやすいように全画面のスタート画面やアプリが表示されたり、操作メニューの幅が広くなるといった特徴があります。

タブレット使用時には便利なモードになりますが、通常のパソコンを使用時にはなんだかやりにくい…って感じる方もいるのではないでしょうか。

このタブレットモードは簡単にON/OFFの切り替えをすることができるので、パソコンの設定を触っていたらうっかりONにしてしまうといったことも…

もしもの時に慌てずに済むようにタブレットモードの解除法について確認していきましょう!

タブレットモードの解除方法

画面右下のアクションセンターをクリックします。

吹き出しのような図形になります。

青く表示されている時はONの状態になります。 タブレットモードをクリックするとOFFに変更されます。

青色から灰色に変更されました。

OFFにしたのでデスクトップモードに変更されました。

なにか表示画面がおかしいなって思った時は、タブレットモードがONになっていないか確認をしてみましょう!

ご存知ですか!?ネットウイルス除去110番

弊協会検索トップ画面に、実はこんな案内があるのをご存知ですか?

赤い線を引っ張った箇所です!

早速クリックして次のページに進んでみましょう。

弊協会が2017年10月より始めたサービスです!!

弊協会でお譲りしている機器には、セキュリティ対策としてSOURCENEXT社の「ZERO ウイルスセキュリティ」がインストールされています。

インターネットを利用する際、ウイルスに感染しないよう気を付けながら使っている方がほとんどだとは思いますが、その警戒網を掻い潜ってウイルスが万が一侵入してしまい、動きが悪くなっておかしいな?と思った際は、是非このサービスを利用してみて下さい!

但し、注意点があるのでご参照下さい。

JEMTC検索サイトをブラウザのホームページとして使い続けている方が対象です。
※ こちらのホームページを経由してYahoo検索等をご利用頂く場合も対象。
また、受付時間は平日10時~17時になります。

問い合わせ内容として多いのが、ウイルス感性しましたといった警告が出たけどどう対処したら良いか?

あとは、見慣れない広告が出てきて何だかやたらとアップデートを煽ってくるんだけどどう消したら良いか?

といった内容が多いです。

インターネットウイルスは、主に3種類あります!

警告型擬似ウイルス勧誘型ウイルス、それとメール添付型ウイルスです。

最近特に問い合わせが多いのは、以下2種類の偽警告です。

【偽警告】Driver Update(ドライバーアップデート)の一例

〈出典元: https://mako-antimalware.com/driver-update

windows セキュリティーシステムが破損している、古いドライバーの更新を促す広告が突如現れ、思わず「ダウンロード」ボタンや 「今すぐ登録」を押さないように注意しましょう!

【偽警告】Slim Clearner Plus(スリムクリーナープラス)の一例

〈出典元: https://mako-antimalware.com/slimcleaner

パソコンを「点検」すると称して複数のアラートを表示し、有料ライセンスを購入させる上でクレジットカード情報入力を促し、個人情報を盗むと言った手口です。

偽エラー数を表記し、不安を煽ってくるので注意!

基本的に上記2例は、勝手に侵入してきてしまったスパムウェアなので、アンイストールすれば正常に戻ることが殆どです!

警告音が流れるタイプのスパムウェアに関しては、最初ビックリしてしまい音を消したいが故に「インストール」するなど押してしまうのは危険ですので、冷静になって強制終了することをお勧めしております。

念の為、強制終了後セキュリティソフトの検査を実施して問題なければOKです。

その際に必要なリモートサポートソフトのインストール方法につきましては、実際にサイトで確認して手順通り進めましょう。

何か怪しい広告が出て不安になったら、一度手を止め弊協会のネットウィルス除去110番に相談、活用してみて下さい!