『筆まめ』で暑中見舞い

皆さんは暑中見舞いを出してますか?

最近ではパソコンのメールやスマホのラインアプリなどで遠方の方とも気軽に連絡が取れるため、わざわざ葉書を送る習慣も薄れてきているように感じます。

ですが気持ちのこもったお便りを受取ることは、やはり嬉しいものです。

暑中見舞いとは、普段は会えない遠くの方に暑い時期の健康を気遣う挨拶状で、その起源は江戸時代に生まれたといわれています。

遠方の方とのご縁を大切にし、暑い時期に贈り物や挨拶状を飛脚を使い届けていたとか。

その名残りが、現代のお中元と暑中見舞いです。

「暑中見舞い」と「残暑舞い」

夏のお便りには「暑中見舞い」と「残暑舞い」があります。

この2つは何が違うの?それは差し出す時期です。

時期は暦(こよみ)が基準になります。

実際に感じる暑さではないので注意しましょう。

「暑中見舞い」と「残暑舞い」を出す時期を表にまとめました。

2021年では下の表のようになります。

8月6日までに届かないようであれば「残暑舞い』として出しましょう。

「暑中見舞い」「残暑舞い」も『筆まめ』におまかせ!

それでは「暑中見舞い」や「残暑舞い」を作ってみましょう。

でもいざ作るとなると、文字の書き方はどうしよう?

写真は入れられるかな?

など「?」が多くてすぐには始められないことも、、

そこで『筆まめ』の登場です。

『筆まめ』には「暑中見舞い」や「残暑舞い」のメニューがあり、作り始めも簡単!

『筆まめ』は譲渡会でお譲りしたパソコンにインストールされています。

このブログを読みながらでも、すぐに使うことができます!

登場は2000年 はがき作成ソフトの老舗です。

『筆まめ』の使い方は弊協会が発行するパソコン雑誌『趣味のPC』に掲載されています。

誌面は『筆まめ 』 Ver.27を使用していますが、最新版のVer.29でも操作は同様です。

誌面上ではジェムテクの職員が暑中見舞い作りに挑戦!

その様子はこちらのURLからご覧いただけます。

クリックして、「暑中見舞い」の作り方をご参照ください。

『筆まめ』のここがいい!

では『筆まめ』の良いところを簡単におさらいしましょう。

まずはお便りの雛形がたくさん用意されていること!

雛形とイラストを組み合わせれば、すてきなお便りがどなたも簡単に作れます。

次に印刷が簡単にできること!

プリンターの操作も『筆まめ』のソフトからできるので、お便りを作る流れでそのまま印刷ができます。

そしてなんといっても、年賀状で使っている住所録がそのまま使えること!

年賀状を毎年出している方なら、『筆まめ』で「暑中見舞い」や「残暑舞い」を出すことはとても簡単です。

ふだんから年賀状を出している方に、夏のお便りも送ってみましょう。

最後に

今回は『筆まめ』を使って作る「暑中見舞い」や「残暑舞い」をご提案しました。

この記事が更新されるのは6月中旬です。

梅雨が明けて、夏に向けて暑くなり始める頃。

「暑中見舞い」を作り始めるにはちょうどいい時期かもしれません。

「年賀状を出しそびれた、、」そんな場合も『暑中見舞い』や『残暑舞い』を活用してお便りのお返しをしてみてはいかがでしょうか。

便利な遠隔操作ソフト

こんにちは、JEMTCです

今回は、遠隔操作が可能なソフトをいくつか紹介していきます。

自宅のパソコンで作業していたが会社に持ってくるの忘れた!
自宅から会社のパソコンをつないで作業をしたい
使い方は様々ですが、ふっとした時に意外と便利なソフトです。

筆者は出張先で自宅のPCとつないで使っています

パソコン遠隔操作ソフト

まず、おすすめしたいのが最もメジャーと思われる「TeamViewer」です
操作性や画質、できることの多さではもっとも使いやすいソフトです
しかも個人の利用の場合は無料で使えます!

使い方も簡単でお互いのパソコンにインストールして接続先のIDとパスワードを入力するだけ
塀協会の遠隔サポートもこれを使っているので皆さんのパソコンにもインストールしてあると思います。
ただし・・・

個人の利用ではないと判断された時は一切使用することができなくなります。
この判断をしているのはTeamViewer側なのでこちらからコントロールができません。
頻繁にファイルのやり取りをしている。とかだと思いますが・・・

一度ブロックされてしまうとTeamViewerの開発元にメールを送って解除して貰う必要がありますが・・なんと、英語で入力が必須との事^^;
敷居が高いですね;

ちなみにスマホからも設定しておけば操作ができるのでどこからでもつなぐことができます。
画面はスマホの中に収まっちゃうのでかなり小さくなりますけどね・・

TeamViewerはこちらからダウンロードできます
https://www.teamviewer.com/ja/

もう一つおすすめしたいのが「AnyDesk」です

機能面性能面ではTeamViewerに劣りますが
そこまで細かい機能まで使いこなす人は稀なので問題なく使用できます。
AnyDeskインストール不要で使えるので不要なアプリを常駐させません
使い方はアドレスを取得して入力するだけ。
ただし、相手側のパソコンで承認ボタンを押さないと遠隔操作は始まりません。

自分のパソコンを・・・といった場合は承認が押せないので押さなくても自動でつながる設定が必要です。

どちらも使いやすくて便利です
これから在宅ワークでの勤務形態も確立されると思いますので
なれておいても良いかもしれません

では、また

パソコンでお絵描きしよう!

パソコンで書類作成やインターネットサーフィンをされる方は多いと思いますが、お絵描きをされる方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回はインターネット環境がある方におすすめ!ブラウザ上で簡単にお絵描きができるアプリをご紹介します。

 

pixv SKETCH

pixv SKETCH

WEBサイト⇒ https://sketch.pixiv.net/
鉛筆風ブラシを中心とした、スケッチやラフなどが手軽に描けるツールです。

その場で落書きするだけの場合は新規登録不要!
「描いてみる」ボタンをクリックすると、お絵描きページへ移動します。
 

ツールの紹介

ここではお絵描きページの各ツールをご紹介します。
直感操作ができるシンプルなつくりなので、説明書がなくても使いやすいかと思います。

 
 
 

①鉛筆

その名の通り、線を引くためのツールです。鉛筆のアイコンを二回クリックすると、描画線の一覧が表示されます。鉛筆のような線から毛筆ような線まで、さまざまな書き味の線を選ぶことができますので、好きなものを選んでみましょう。

 
 
 

②消しゴム

その名の通り、書いたものを消すためのツールです。
こちらも鉛筆ツール同様、消しゴムのアイコンを二回クリックすると、消しゴムの一覧が表示されます。ごしごし消せるような物から、ふんわり消せるような物まで、さまざまな消し味を選ぶことができます。
 
 

③ぼかし

描写部分をぼかすためのツールです。
このツールを使えば、ドラッグした箇所を指でこすったように ぼかすことが可能です。鉛筆ツールや消しゴムツールと同様に、ぼかしのアイコンを二回クリックすると、ぼかしのニュアンスを選ぶことができます。

 
 
 

⑤塗りつぶし

囲まれた線の内側を任意の色で塗りつぶすためのツールです。
線の始まりと線の終わりがつながっていないと、色がキャンバス全体に広がってしまうため、塗りつぶしたい部分がきっちりと線で囲えているか注意しましょう。
 
 

⑥スポイト

色を吸い出すためのツールです。
すでに描画されている部分をクリックすると、触れた部分と同じ色を吸い出すことができます。どの色を使ったか忘れてしまった際に使用すると便利です。
 
 

⑦カラーパレット

描画色を変えるためのツールです。
基本的な色はあらかじめセッティングされています。使いたい色がない場合は、適当なパレットを二回クリックしてください。下の画像のように色相環が表示され、自分好みにブレンドした色と置き換えることができます。



 

⑧拡大と縮小

キャンバスを拡大および縮小するためのツールです。
見づらくて拡大したい時は「+」マークのついた虫眼鏡をクリックし、拡大しすぎてしまった時は「-」マークのついた虫眼鏡をクリックします。好みのサイズになるまでクリックを繰り返してください。
 
 

⑨自動着色

その名の通りコンピューターが自動で絵の着色を行うツールです。
何色で塗ればいいのかわからない時は、自動着色ツールを使ってみましょう。普段の自分では選ばないような色で着色されることもあるため、とても面白い機能です。

描き終えたら…

描き終えたら、絵を保存することも可能です。
ブラウザの左上あたりにある歯車のアイコンをクリックすると、一覧が表示されます。その中から「画像でダウンロード」を選択しましょう。PNG形式で画像がパソコンにダウンロードされます。



 

終わりに

pixv SKETCH のご紹介はいかがでしたでしょうか?
ソフトのダウンロードや初期設定の手間がないのはうれしいですね。ブラウザですぐ描けて、自動で着色できるのもとても便利です。

お絵描きはマウスを細かく動かす練習にもなりますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

Googleフォトが有料化に!?

スマートフォンやデジカメなどで撮った写真と動画を、高画質のまま保存できることで人気だったGoogleフォト。写真などの整理に使用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなGoogleフォトですが、無期限ストレージを2021年6月1日から廃止することを発表しました。

今まではアップロードの上限がなかったのですが、2021年6月以降は無料で使用できるのが15GBまでとなり、15GBを超える容量を使用する場合は有料プランに変更する必要があるとのこと。

今までアップロードしたデータはどうなるの…と不安になってしまいますよね。
しかし2021年5月末までにアップロードされた写真と動画に関しては、これまでと同様にアップロード容量には含まれないので、とりあえずは一安心…ですね。

しかし今後のことを考えると早めに対策を考えなければ…って方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はGoogleフォトの他のストレージサービスについてご紹介していきます!

なおGoogleフォトについては以前にもまとめているので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

おすすめのストレージサービス

おすすめのストレージサービスをまとめてみました。
なお、Googleフォトでも有料プランにアップグレードすれば、これまで通り使用可能です。

・Googleフォト
 無料サービス:15GB
 有料サービス: 100GB(月額250円)、200GB(月額380円)、他…

・OneDrive
 無料サービス:15GB
 有料サービス:50GB(月額249円)

・Dropbox
 無料サービス:2GB
 有料サービス:1TB(月額1200円)

・Amazon Photos
 無料サービス:5GB
 有料サービス:100GB(年間2400円)、1TB(年間13800円)
 ※Amazonプライムに入会している場合は、写真データは無制限、
  その他の動画ファイルなどは5GBまでアップロード可能です。

・iCloud
 無料サービス:5GB
 有料サービス:20GB(月額100円)、200GB(月額400円)、他…

・MEGA
 無料サービス:50GB
 有料サービス:200GB(月額600円)、1TB(月額1200円)

いずれのストレージサービスも有料プランもありますが、無料で使用できるものとなっています。サービスによって内容も異なりますので、使用前に確認してみてくださいね。

最後に

オンラインストレージサービスには様々な種類があります。
使用するサービスによってメリット・デメリットがあるので使用用途にあったサービスを探してみましょう。