Windows10の付箋(Sticky Notes)の使い方

机やディスプレイの枠に、予定などを付箋で貼っている人も結構多いんではないでしょうか?

付箋が多いとデスク回りもごちゃごちゃした印象になってしまいますね。

そんな時に、活用して頂きたいのがWindows10の標準アプリである「付箋」アプリです。

今回は、そんな「付箋」アプリの使い方をご紹介します。

起動方法

スタートメニューから「付箋」をクリックします。
※ [は]のカテゴリーで探してみてください。

「付箋」の使い方

付箋の色を変える

[…]をクリックして、画面上部にある一覧から好きな色を選択します。

書式アイコン

①太文字 ②斜体 ③下線 ④取り消し線
⑤行頭文字の表示/非表示 ⑥画像の追加

付箋の追加

追加は [ + ]をクリックします。

メモの一覧から検索・削除する方法

[…]をクリックし、[メモ一覧]をクリックします。

検索ワードを入力すると、対象のメモが表示されます。

また、付箋上で右クリック→ [メモの削除]をクリックするとメモが削除されます。

絵文字を入力する

付箋に絵文字を使用すると、目立たせることができていいかもしれませんね!

Windows + . (ピリオド)で、絵文字の一覧を表示を入力することができます。

ショートカットキーの活用

絵文字入力のとき以外でも、役立つショートカットキーをご紹介します。

書式設定

  • 太文字 Ctrl + B
  • 斜体  Ctrl + I
  • 下線  Ctrl + U
  • 取り消し線  Ctrl + T
  • 元に戻す  Ctrl + Z
  • やり直し  Ctrl + Y
  • 切り取り  Ctrl + X
  • コピー  Ctrl + C
  • 貼り付け  Ctrl + V
  • すべて選択  Ctrl + A
  • 行頭文字の表示/非表示  Ctrl + Shift + L

ナビゲーション

  • ウィンドウを閉じる  Ctrl + W
  • メモ一覧を表示する  Ctrl + H
  • メモの削除  Ctrl + D
  • 検索  Ctrl + F
  • 新しいメモを開く   Ctrl + N

最後に

「付箋」アプリは、紙の付箋と変わらない利用方法ができる点が便利です。
色を自由に変えられるうえに表示サイズも変更でき、紙とデジタルのよい部分を併せ持っています。

便利で楽しい付箋アプリをぜひ活用してみてください!

欲しいアプリはMicrosoft Storeで安全にダウンロード

パソコンを使うためには、アプリが必要です。

私たちがパソコンを使って何かをする時は、必ず何らかのアプリを起動して作業をしています。

逆に言うと、アプリはパソコンのOS(オペレーティングシステム)が動かしています。

OSとアプリの両方が揃って初めて、パソコンを使うことができます。

アプリとは?

アプリとはアプリケーションの略で、パソコンで動かすソフト全般を指します。

以前は「ソフト」と言う呼び方が一般的でした。「ワープロソフト」などと呼ぶのはその名残りですね。

アプリにはどんなものがあるの?

アプリの代表としては、ワープロや表計算などのオフィスソフト、インターネットを閲覧するためのインターネットブラウザ、メールを送受信するためのメールソフトなどがあります。

これらは譲渡会でお譲りしたパソコンにも、あらかじめインストールされていますね。

それら基本的なアプリ以外でも、必要なアプリをパソコンへインストールし、パソコンをどんどん便利な道具へと変えていきましょう。

Windows10のアプリはMicrosoft Storeからダウンロード!

欲しいアプリはどうやって手に入れればいいの?

Windows 10にはMicrosoft StoreというGoogle PlayやApp Storeのようなアプリストアがあり、ユーザーはそこから好きなアプリを入手することができます。

Microsoft Storeは見やすい画面でジャンルも様々、その中から欲しいアプリや好みのアプリを探しましょう。

ゲームなどの種類も豊富。中には無料のゲームも配信されているので、気軽にダウンロードして楽しむこともできます。

Microsoft Storeのアプリは安全

Microsoft Storeで配信されているアプリは、従来のインストールアプリとは違った仕組みを持っています。

これはパソコンにインストールした際に、パソコン内の特定の場所にまず保存され、ファイルが展開されるというものです

このことにより、万一インストールしたアプリのプログラムがコンピューターウイルスに感染していたとしても、ウイルスがOSに入り込むことはありません。

従来のインストールアプリの多くは、パソコンのOSの中で展開されるため、ウイルス感染の心配がありました。

コンピューターウイルスの脅威については、また別の機会にお話しします。

難しい話はさておいて、皆さんも一度Microsoft Storeを覗いてみてください。気に入るアプリや楽しいゲームが見つかるかもしれませんよ!

パソコンお役立ちソフト紹介!-Cliborで効率向上

今回は「Clibor」という名前のソフトを紹介したいと思います!

パソコンを使う上で、ほぼ必須の「コピー&ペースト」ですが

違う文字をコピーすると、今までコピーした文字の情報はリセットされてしまいます。

前にコピーした文字を使いたい時には、またその文字をコピーして貼り付ける必要がありますよね。

ところが、 Cliborを使用すると、コピーした文字の履歴をさかのぼって簡単に貼り付ける事が出来るんです!

更に、よく使う文書を定型文として保存しておく事が出来る、とっても便利なソフトなんです。

導入方法

Cliborは、こちらからダウンロード出来ます。

https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se472890.html

無料のソフトですが、寄付という形での購入も出来ます。

無料でダウンロードする場合は、「ダウンロードページへ」というボタンをクリックしてください。

ダウンロードが完了したら、フォルダを開いて矢印のアイコンが描いてあるCliborというファイルを開いて起動します。


設定方法

Cliborを起動したら、まずは使いやすいように設定するのがオススメです。

パソコン画面右下の三角マークをクリックし、Cliborのアイコンを右クリックしてメニューから「設定」を開きます。

設定画面を開いたら「自動貼り付けを有効にする」にチェックを入れて

左下の「スタートアップへ登録」ボタンをクリックします。

これで、次からパソコンを起動する時にCliborも自動で立ち上がるようになるので、いちいち開く必要がなくなります!

設定が完了したら、右下の「設定変更」ボタンを押して設定画面を閉じましょう。

使い方

Cliborを使う時は、「Ctrlキー」を2回連続で押します。

すると、今までにコピーした文字の一覧が表示されるので、貼り付けたい文字をマウスで選んでクリックします。

これだけでコピーされた文字を貼り付ける事が出来るんです!

Ctrlキー を2回押すだけですぐ使えるので、一時的なメモとしても利用出来そうですね。

また、よく使う文書は定型文に保存をしておくと便利です。

定型文を登録するには、「定型文」という部分にマウスのカーソルを合わせ、Clibor ver○○と表示されている部分で右クリックをして、「新規登録」をクリックします。


入力欄が表示されるので、よく使う文書を入力して、右下の「登録」ボタンを押す事で定型文が登録されます。

更に、定型文では時刻を表示するマクロを登録する事が出来ます。

上のメニューから「マクロ」をクリックし、表示させたい時刻表示を選択して登録すると、自動取得した時刻を貼り付けれるようになります!


このように、Cliborはパソコンをより便利に使えるようにするソフトです。

設定方法も細かく変える事が出来るので、 常に画面上に表示させるようにしたり、 自分の使いやすいようにカスタマイズ出来るのもこのソフトの魅力です!

パソコンお役立ちソフト紹介!-Google日本語入力


インターネットには、パソコンをより便利に使う為のソフトがたくさんあります。

その中で、無料で使えて、特に便利なソフトを厳選して紹介していきたいと思います!

今回紹介するのはGoogle日本語入力というソフトです。

どんなソフト?

パソコンには、キーボードで文字を入力・変換する為に「IME」というソフトがインストールされています。

Windowsのパソコンだと、「Microsoft IME」 という名前のIMEソフトが、標準でインストールされています。

Google日本語入力は、このIMEソフトの一種で、高い評価を受けているソフトなんです。

Google日本語入力 を入れるメリット

既にIMEソフトが入っているのに、違うソフトを入れ直す意味があるの?と思えますが

Google日本語入力には、 Microsoft IME よりも高い入力補助機能が搭載されているといわれています。

例えば、パソコンで文字を入力している途中に、入力している文字から予想された文書が、自動的に表示されますよね。

これは IMEソフトに備わっている、予測変換機能( サジェスト機能 )という機能なんですが

Google日本語入力は、この予測変換機能が優れていて、自分が入力したい文書が表示されやすいんです!

更に、漢字の変換機能なども優れているので

Microsoft IMEであれば、中々変換されにくい文字でも

Google日本語入力は、目的の文字に変換しやすく、文字を入力する上でとても便利です!

インストール方法

Google日本語入力については、こちらからダウンロードが出来ます。

https://www.google.co.jp/ime/

画面を開いたら、「WINODWS版をダウンロード」と書いてあるボタンをクリックしましょう!

すると、Google日本語入力を利用する上での、利用規約が表示されます。

内容を確認したら、左下の「同意してインストール」をクリックしましょう。

Google日本語入力のダウンロードが始まります、完了したらダウンロードしたファイルを開きましょう。

Google Chromeをお使いの場合は、画面左下にダウンロードしたファイルが表示されるので

表示されているファイル名をクリックしてください!

この際、「このファイルを実行しますか?」という画面が表示されたら「実行」ボタンをクリックします。

あとは、自動的にインストールが始まります!

インストールが完了すると、このような画面が表示されます。

3つの項目にチェックが入っていることを確認して、右下の「OK」ボタンをクリックしてください。

以上で、インストール完了です!

インストール完了が完了すると、パソコン画面の右下に青い丸の絵が表示されますが、これがGoogle日本語入力のマークです。

あとは、パソコンで文字を入力する際に、自動的にGoogle日本語入力が動いてくれるようになります!

もし、Microsoft IMEに戻したくなった場合は、Google日本語入力のマークをクリックしてください。

すると、使用するIMEを選ぶ画面が表示されるので、 Microsoft IMEをクリックすると

使用するIMEを、Microsoft IMEに戻すことが出来ますよ。

もちろん、Microsoft IMEの方が使いやすいと感じる人もいますが

Google日本語入力は、人気が高く、多くの人に利用されているIMEソフトなので、是非利用してみてください!