ご存じでしたか?『ノートパソコンのランプの意味』

普段使っているノートパソコン、よく見るといくつかのランプがあり、光ったり消えたり…

当たり前のことですが、このランプにはそれぞれ意味があり、パソコンの状況を表しています。

ですが、このランプの意味をよく知らない方もいらっしゃるかと思います。

今回はこれらのランプのが示す、それぞれの意味をご紹介します。

電源ランプ

パソコンの点灯時は電源がオン、点滅時はスリープの状態になっています。

パソコンの画面がついていなくても、電源ランプがついていたら、機器が通電しています。

シャットダウンの際にパソコンの画面が暗くなっても、電源ランプがついているうちは、パソコンの蓋を閉じないようにしましょう。

故障やトラブルの原因になってしまうことがあります。

アクセスランプ

円筒形のマークのランプです。

電源を入れると、まずこのランプがつきます。

パソコンがハードディスク(HDD/SSD)にアクセスして、データの読み書きが行なわれていることを示しています。

このアクセスランプが点灯または点滅しているときにパソコンの電源を切ると、データが消えてしまったり、

最悪のケースではシステムが破損してWindowsが起動しなくなることもありますのでご注意ください!

バッテリーランプ

乾電池のマークのランプです。

機器により、表示の種類が異なりますが、代表的な例としては

・オレンジで点灯:バッテーリー充電中

・緑色で点灯:充電終了

・消灯:ACアダプターが接続されていない、またはバッテリー駆動中

Num Lock(ナムロック)ランプ

鍵の中に数字(1または9)が書かれたマークです。

・点灯:Numlockオン、消灯:Numlockオン

Numlockとは、キーボードのテンキー機能のこと。

テンキーとは、数字入力のためのキーのことです。(パソコンによっては、キーボード右側に数字だけのキーが独立して並んでいるものがありますね)

テンキー:キーボード右側に電卓のような配列の数字だけのキー

Numlockがオンなら、テンキー機能が有効になり、オフなら無効になります。

Caps Lock(キャプスロック)ランプ

鍵の中にアルファベットの「A」が書かれたマークです。

・点灯:Caps Lockが有効になっていて、ローマ字での文字入力が、大文字で固定されます。

Shiftキー + Caps Lockキーでオン/オフを切り替えます。

Scroll Lock(スクロールロック)ランプ

鍵の中に矢印「↑」「↓」が書かれたマークです。

・点灯:Scroll Lockオン、消灯:Scroll Lockオン

Scroll Lock(スクロールロック)は、表計算ソフトを使う際などに活用する機能です。

矢印キーを押したときに、セル(枠)を移動させず、ページがスクロールしていきます。

Fnキー + Scroll Lockキーでオン/オフを切り替えます。

以上がノートパソコンに備わっている各ランプの役割です。

ランプそれぞれが、パソコンの現在の状況を示しています。

パソコンの動きがおかしい…操作がうまくいかない…

そんなときは、いちどパソコンのランプをチェックしてみてください。

解決方法が見つかるかもしれませんね。

困ったときは遠隔操作で助け合い

パソコンの操作がよく分からないから誰かに教えてもらいたい!他の人と画面を共有したい!ってことありませんか?

そんな時には「クイックアシスト」という遠隔操作アプリが便利です。

リモート接続を通じて2人のユーザーが1台のパソコンを共有でき、一方のユーザーがもう一方のユーザーのパソコンを使用できるようになります。

接続にはお互いの承認が必要になるので、不正アクセス等の心配もなく安心して使用ができます。

クイックアシストの開き方

①画面左下のWindowsロゴをクリック、もしくはキーボードの「Windowsキー」を押します。

「Windowsアクセサリ」を開きます。

「クイックアシスト」をクリックして開きます。

使い方

①「クイックアシスト」の画面が表示されたら、「他のユーザーを支援する」をクリックします。

支援するユーザーはMicrosoftアカウントが必要になるので、持っていない場合は使用前にアカウントの作成をしましょう。
※ 支援を受ける側はアカウントがなくても使用可能です。


②サインインが完了すると、セキュリティーコードが表示されます。
 有効期限は10分間なので、お互いに準備してからコードの表示をしましょう。

セキュリティコードの提供方法は様々です。


③支援を受ける側は教えてもらったセキュリティコードを「アシスタントからのコード」に入力し、「画面の共有」をクリックします。

お互いが使用を許可すると、リモート接続され、使用できるようになります。

クイックアシストで出来ること

クイックアシストでは様々なことができます。

①表示するモニターの切り替え(複数のモニターを接続している場合)
②デスクトップ上に直接コメントをする
③実際のサイズで表示する
④テキストチャットをする
⑤再起動する
⑥タスクマネージャーを起動する
⑦再接続をする
⑧一時停止する
⑨終了する
⑩各ボタンのラベルを表示させる


「一時停止」や「終了」の場合はまた再接続をすることができますが、画面を閉じてしまうと再度セキュリティコードが必要になります。

最後に

インターネットを介して遠隔操作をすることができるので、遠くに離れている方に操作を教えてあげたり、困っている友人や家族のサポートをすることができます。ぜひ活用してみてくださいね。

Zoom機能の裏技をご紹介!

今話題の「Zoom」では様々な機能が搭載されています。

機能については以前もブログでご紹介しているので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

Zoomミーティングに参加する際、なるべくならお部屋の風景は隠したいですよね。そんな時には『バーチャル背景の変更』を使えば部屋の様子を隠すことができます!

「バーチャル背景」の問題点

とても便利なバーチャル背景ですが『バーチャル背景の変更』は、すべてのパソコンで設定できるわけではなく、このような画面になってしまうことも…。

背景だけでなく、人物も透過しています。

これは、Zoomが要求するパソコンの性能が高いため、数年前の年式のパソコンでは条件を満たせないことがあるためです。

お使いの端末によって必要条件は異なりますが、このようになります。

  • PC→デュアルコア2Ghz以上プロセッサ
  • アンドロイド→対応していない
  • iPad・iPhone→iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降
  • Windows→OS:Windows10 64bit/CPU:Core i7 クアッドコア以上
  • mac→mac OS 10.13以降 CPUがクアッドコア以上、Intel Core i7以上

そこで今回は、条件の満たないパソコンでバーチャル背景を設定するための裏ワザをご紹介します!

「Snap Camera」を使ってみよう

今回ご紹介するのは『Snap Camera』というカメラアプリとZoomを組み合わせる方法です。 『Snap Camera』を使えば、条件を満たしていないパソコンでもバーチャル背景を設定することができます。

①インターネットの検索で「Snap Camera」を検索します。



『Snap Camera』の公式サイトから、アプリをダウンロードします。



※検索の際、インターネットブラウザーに『Microsoft Edge』を使用すれば、英語のサイトを日本語に翻訳することができます。



③ダウンロードが完了したら、検索窓に「green screen」と入力します。



④検索結果の中から、グリーンスクリーンが使用されているレンズを選択します。


『Snap Camera』の背景がグリーンスクリーンに変わりました。


これでグリーンスクリーンの設定は完了になります。
次にZoomを起動して設定していきましょう!

「バーチャル背景」の設定方法

「Zoom」を操作する際は「Snap Camera」を起動したままにしておきます。
「ビデオの開始」横の矢印を左クリックし、「カメラの選択」の項目で『Snap Camera』を選択します。


Zoomに『Snap Camera』のグリーンスクリーンが適用され、バーチャル背景を使用することができました。

今回はバーチャル背景の設定に、Zoomとは全く別のカメラアプリを組み合わせる裏ワザをご紹介しました。バーチャル背景が使用できたら、安心してZoomミーティングに参加できますね。ぜひ一度お試しください!

足りない機能は無料ソフトで補おう PDFフリー編集ソフトのご紹介

欲しい機能がパソコンに入っていない場合、皆さんはどうしていますか?

ソフトを購入する?仕方がないとあきらめる?

もちろん、ソフトを購入するのはいい方法ですが、ちょっとした操作がしたいだけの場合には、高額なソフトを購入することはためらってしまいますよね。

そんなときに頼りになるのが、インターネット上で無料で配布されているフリーソフトです。

たくさんのソフトが無料配布されています

無料で配布されているフリーソフトには、じつに様々なものがあります。

まずよく見かけるのは、写真編集ソフトや動画編集ソフトです。

写真や動画の編集ソフトは、購入しようと思うと高額なものが多く、また内容も専門的なため、買ったはいいが使いこなせないことも…

まずはフリーソフトを使ってみて専門的な操作などに慣れてから、ソフトの購入を検討するのも一つの手段です。

PDFができる便利なフリーソフトをご紹介

今回このブログでは、PDFファイルを編集できるフリーソフトをご紹介します。

PDFファイルは容量が軽く、また詳細な画像などもきれいに表現できるため、仕事などにおいてよく使われるファイル形式です。

いくつかあるPDFフリー編集ソフトの中から、今回は『CubePDF Utility』をご紹介します。

主な機能は複数のPDFファイルを統合し、一つにまとめることができます。

ノートパソコン有償譲渡会でお譲りしているパソコンには、「Acrobat Reader DC」というPDFソフトがインストールされていますが、こちらは閲覧専用ソフト。ファイルに何か手を加えることはできません。

『CubePDF Utility』では、ファイルの統合の他には、ファイルにパスワードを設定するセキュリティ機能が備わっています。

まずはインターネットで『CubePDF Utility』と検索しましょう。
公式サイトからソフトをダウンロード/インストールします。

複数のファイルをつないで1枚のPDFに

何枚ものPDFファイルをつないで1枚のPDFファイルにまとめることができます。

関連する資料などは一つにまとめて保管しやすくしましょう。

『挿入 』 メニューで複数のPDFを1枚のファイルに。

セキュリティ機能で情報を守る

『CubePDF Utility』では、パスワードを設定することで、自分以外の人とファイルを共有する際に、権限を制限することができます。

制限は閲覧と編集の両方に設定することができます。

『セキュリティ』を左クリックすると設定のメニューが開きます。
閲覧・編集の両方にセキュリティの設定が可能です。

今回はPDF編集ソフトをご紹介しましたが、現在お持ちのパソコンにちょっとした機能を付けたしたい場合には、インターネットでフリーソフトを探してみましょう。

フリーソフトの中には、無料なのが嘘のような多機能なものもあります。

フリーソフトを探す際には、くれぐれも安全なサイトからダウンロードするように注意しましょう。

また、フリーソフトを見つけたら、まずはインターネットでそのソフト名を検索して、有名なものをインストールするようにしましょう。
有名なソフトなら、多くのユーザーが使用していて、ソフトの安全性が確立されています。

フリーソフトを賢く利用して、パソコンを便利に使いましょう。