拡大鏡を使って見えずらい画面を拡大しよう!

webページをみている時に文字が小さくてみにくいな…
なんてことありませんか?
そんな時使えるのが、拡大鏡の機能です。
虫眼鏡のように、文字を拡大して表示することができます。

拡大鏡の表示方法

ショートカットキーで、 「Windows」キー + 「+」キーを押すと表示できます。

拡大鏡を終了したいときは、 「Windows」キー + 「ESC」キーを押すと、操作パネルが消えます。

拡大範囲の変更方法

拡大鏡ビューは、3種類あります。
ビューによって「拡大鏡」を起動したときの動作が異なります。
また、拡大鏡を合わせる拡大ポイントとしてマウスポインター、キーボードフォーカス、テキストカーソル、ナレーターカーソルを指定することができます。
ご自身の使いやすいビューと好みの拡大ポイントを組み合わせて設定してみてください!

固定

画面上部に拡大鏡のウィンドウが表示されます。
拡大ポイントに合わせた、拡大表示がウィンドウ内で表示されます。

全画面表示

拡大ポイントを基準点として、画面全体が拡大表示されます。
ディスプレイ内に収まらない部分は、マウスポインターを移動すると画面も移動します。

レンズ

マウスポインターの周囲のみ拡大表示されます。
マウスポインターを移動すると、レンズも移動します。
レンズサイズを変更することもできます。

操作方法

「スタート」ボタンをクリックして、スタートメニューから「設定」ボタンをクリックします。

設定画面から、「簡単設定」をクリックします。

画面左側の「拡大鏡」をクリックします。
画面右側をスクロールして、「拡大鏡ビューの変更」項目へ移動します。

「ビューを選んでください」をクリックして、表示された項目の中から好みの画面設定を選択します。

固定と全画面表示の設定は、「拡大鏡を合わせる」で拡大ポイントを選択できます。

レンズ設定のレンズサイズは「レンズサイズの変更」で変更できます。

検索エンジンの変更方法

Windows10に標準搭載されている、Edgeですが、Microsoftのbingという検索エンジンがデフォルトで利用されるようになっています。

デフォルトのbingではなくて、GoogleやYahoo!など、別の検索エンジンを使いたい!という方に、検索エンジンを変更する方法をご紹介します。

設定方法

画面右上の「…」アイコンをクリックし、「設定」をクリックします。

設定項目の中から、「プライバシー、検索、サービス」をクリックします。
画面右側の「アドレスバーと検索」をクリックします。

「アドレスバーで使用する検索エンジン」の横のプルダウンメニューをクリックします。
表示された検索エンジンの一覧の中から、選択します。
今回は、「Google」で設定してみます。

変更後はアドレスバーからのGoogle検索が可能になります。
アドレスバーにキーワードを入力し、「Enter」キーを押します。検索結果がGoogleで表示されます。

起動ページを変更

初期状態だと起動時に、Edge独自のスタートページが開く設定になっています。
ここでは、EdgeのホームページをYahooやGoogleのページに変更する方法をご紹介します。

同じように、 画面右上の「…」アイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
設定項目の中から、「 起動時」をクリックします。
「特定のページを開く」にチェックを入れ、「新しいページを追加してください」をクリックします。

表示したいページのURLを入力します。今回も、Googleで設定します。
「追加」をクリックします。

起動時のページがGoogleに設定できました。設定画面を閉じます。

再度、Edgeを起動すると、Googleのページで表示されます。

同じように、Yahooや、 ご自身の好きなページを設定することができます。

無料で使えるMicrosoft Officeソフト One Noteについて⑤

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介5回目です。

前回の記事はこちら

4回に渡って、One Noteの基本的な機能について紹介してきましたが、今回はOne Noteに備わっている応用的な機能を紹介します。

One Noteの紹介は今回で最後となります、仕事や仲間内での利用から、日記やメモ代わりなど一人でも利用出来る便利なソフトになっていますので、この記事で興味を持った方はぜひ使ってみてください。

録音機能

録音した内容を、ボイスメモとしてノート内に残す事が出来ます。

(録音機能の利用には、マイクがパソコンに内蔵されているか、外付型のマイクがパソコンに接続されている必要があります。)

録音機能の使い方

①メニューバーから「挿入」をクリックします。

②表示されたメニューから「オーディオ」をクリックします。



すぐに録音が始まり、「ヘルプ」の横に「録音中……」と表示されます。



録音を終える時は「停止」をクリックしましょう。



OCR機能

「OCR機能」とは、画像に含まれる文字を認識し、パソコンに抽出する事の出来る機能の事です。

One NoteはこのOCR機能にも対応しているので、写真に含まれている文字を簡単にパソコンへ取り込む事が出来ます。

OCR機能の使い方

①対象の画像を右クリックします。

②メニューから「画像からテキストをコピー」を選択します。



あとは「Ctrl + V」でコピーされた文字を貼り付けできますよ。

テキストをコピー出来るまでには時間がかかります、 One Noteに画像を貼り付けてからすぐはコピー出来ないので注意しましょう。

また、画像によっては文字を読み取る事が出来ない事があります。

チェックリストの作成

One Noteでは、チェックリストを簡単に作成する事が出来ます。

お買い物リストやToDoリストを作成するときに便利ですよ。

チェックリストの作り方

①メニューバーから「ホーム」を選択します。

②チェックリストにしたいテキストを選択します。

③ホームメニューの中からチェックボックスのアイコンをクリックします。





選んだテキストがチェックリストになりました!

勿論チェックボックスをクリックしてチェックを入れる事も出来ます。



ノートブックを共有する

One Note最大の特徴が、作成したノートブックを簡単に共有出来るという事です。

更に、共有したノートブックの更新内容はオンラインで反映されるので

複数人でノートブックの内容を書き換えていくという使い方が出来ます。

ノートブックを共有する方法

①右上のメニューから「共有」をクリックします。

②ノートブックを共有したい相手のメールアドレスを入力します

③共有相手もノートブックを編集できる「編集可能」か、ノートブックの閲覧のみが出来る「表示可能」を選択します。




「共有」ボタンを押すと、メールで 相手にノートブックへの招待状が送られます。

ちなみに、One NoteはiPhone・Androidのアプリでも公開されているので、スマホから利用する事も出来ますよ!

「電卓」の機能紹介

Windows10に標準搭載されている「電卓」には、 単純な電卓機能だけでなく、日付の計算や通貨の変換など、便利な機能が実装されています。
今回は、「電卓」アプリの機能について紹介します。

起動方法

①「スタート」メニューのた行にある②「電卓」をクリックします。
また、スタートメニューの右側のタイルにあれば、③アイコンをクリックすることで起動できます。

アプリを起動すると、 通常の四則演算ベースの電卓 が表示されます。
④ 画面左上の三本線をクリックすると、⑤計算機能の種類が表示され、選択することができます。

通貨や長さなどの変換が行えるので、慣れていない単位を普段使っている単位に変換するといったことが可能になります。
特に通貨の変換は、インターネットに接続した状態であれば為替レートを取得して、最新の為替レートで計算が行えます!

機能一覧

標準
標準:通常の四則演算ベースの電卓
関数電卓:logや三角関数などの計算が可能
プログラマー:2進数数や8進数の計算などが可能なプログラマー兼電卓
日付の計算:2つの日付の差などが可能な機能

コンバーター
通貨:通貨間の変換
体積:体積単位の変換
長さ:長さの単位の変換
重さ:重さの単位の変換
温度:摂氏/華氏/ケルビンの変換
エネルギー:ジュールやカロリーといったエネルギーの単位
面積:面積単位の変換
速度:速度単位の変換
時間:時間単位の変換
電力/動力:ワット/馬力などの電力単位の変換
データ:GB/MBなどのデータ単位の変換
圧力:気圧/バール/パスカルなどの圧力単位の変換
角度:度/ラジアン/グラジアンの変換

「履歴」と「メモリ」機能

①画面の右上のアイコンをクリックすると、計算した履歴が表示されます。
計算をやり直したいといった場合に、②表示されている計算結果をクリックすると、その計算に戻ることができます。

また、電卓の③「MS」をクリックすると表示されている値が、保存されます。
複数保存することも可能なので、計算途中の値を「MS」で保存しておき、必要に応じて、呼び出すといったこともできます。

保存した値は、④「M▼」をクリックすると表示されます。
⑤メモリで保存した値を加減をすることもできます。

履歴とメモリは、画面の横幅を引き延ばすことで表示させることもできます。

最後に

「電卓」アプリは地味ですが、さらっと使えるので意外と出番が多いアプリでもあります。ぜひご紹介した機能を使って活用してみてください!