「電卓」の機能紹介

Windows10に標準搭載されている「電卓」には、 単純な電卓機能だけでなく、日付の計算や通貨の変換など、便利な機能が実装されています。
今回は、「電卓」アプリの機能について紹介します。

起動方法

①「スタート」メニューのた行にある②「電卓」をクリックします。
また、スタートメニューの右側のタイルにあれば、③アイコンをクリックすることで起動できます。

アプリを起動すると、 通常の四則演算ベースの電卓 が表示されます。
④ 画面左上の三本線をクリックすると、⑤計算機能の種類が表示され、選択することができます。

通貨や長さなどの変換が行えるので、慣れていない単位を普段使っている単位に変換するといったことが可能になります。
特に通貨の変換は、インターネットに接続した状態であれば為替レートを取得して、最新の為替レートで計算が行えます!

機能一覧

標準
標準:通常の四則演算ベースの電卓
関数電卓:logや三角関数などの計算が可能
プログラマー:2進数数や8進数の計算などが可能なプログラマー兼電卓
日付の計算:2つの日付の差などが可能な機能

コンバーター
通貨:通貨間の変換
体積:体積単位の変換
長さ:長さの単位の変換
重さ:重さの単位の変換
温度:摂氏/華氏/ケルビンの変換
エネルギー:ジュールやカロリーといったエネルギーの単位
面積:面積単位の変換
速度:速度単位の変換
時間:時間単位の変換
電力/動力:ワット/馬力などの電力単位の変換
データ:GB/MBなどのデータ単位の変換
圧力:気圧/バール/パスカルなどの圧力単位の変換
角度:度/ラジアン/グラジアンの変換

「履歴」と「メモリ」機能

①画面の右上のアイコンをクリックすると、計算した履歴が表示されます。
計算をやり直したいといった場合に、②表示されている計算結果をクリックすると、その計算に戻ることができます。

また、電卓の③「MS」をクリックすると表示されている値が、保存されます。
複数保存することも可能なので、計算途中の値を「MS」で保存しておき、必要に応じて、呼び出すといったこともできます。

保存した値は、④「M▼」をクリックすると表示されます。
⑤メモリで保存した値を加減をすることもできます。

履歴とメモリは、画面の横幅を引き延ばすことで表示させることもできます。

最後に

「電卓」アプリは地味ですが、さらっと使えるので意外と出番が多いアプリでもあります。ぜひご紹介した機能を使って活用してみてください!

無料で使えるMicrosoft Officeソフト OneNoteについて④

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介4回目です。

前回の記事はこちら

前回に引き続き、手書き入力機能を紹介していきます。

手書きの文字をテキストへ変換する

OneNoteにはなんと、手書きの文字を認識して、パソコンのテキストに変換してくれる機能があるんです。



手書き文字をテキストへ変換するには「なげなわ選択」という機能を使う必要があります。

点線で○が描いてあるアイコンが 「なげなわ選択」のアイコンです。



「なげなわ選択」を選択して画面内をドラッグすると、カーソルにあわせて点線が表示されます。

手書き文字の周りを点線で囲みましょう。



文字を囲えたらマウスから手を放しましょう。

すると、選択範囲が四角く表示され、文字が太くなります。

それと同時に、「インクをテキストに変換」という項目に色がついて選択出来るようになります。



早速「インクをテキストに変換」をクリックしてみましょう。



手書き文字がテキストに変換されましたね!

ただ、うまく文字を識別してくれなくて、全然違う文字に変換されてしまうこともあるので注意しましょう。

手書きの図形を変換する

手書き文字をテキストに変換するだけではなく、OneNoteには手書きの図形をちゃんとした図形に変換する機能があります。

図形の変換機能を使うには、図形を描く前に「インクを図形に変換」をクリックします。



この状態で図形を描くと・・




手書きした図形が、自動でキレイな図形になりました!

もちろん、最初からキレイな図形を作ることもできます。



無料で使えるソフトなのに、手書き文字を識別したり、手書きの図形を識別出来るのは凄いですね。

次回からは手書き入力以外の機能を紹介していきます。

パソコン画面の録画機能をつかってみよう

パソコンを使っている時に、操作説明など「画面を録画できたらいいのに」と思うことはありませんか?

Windows10には、標準搭載で 「Xboxゲームバー」の録画機能が使えます。
アプリのインストールは不要で、無料で使用することができます。
また、 パソコンにマイクが付いていれば、操作しながら音声も同時に録音することができます。

今回は、 「Xboxゲームバー」の録画機能 の操作方法をご紹介します。

操作手順

1.録画したい画面を開いておきます。

2.キーボードの「Windows」キー+「G」キーをクリックします。

3.画面上に①「キャプチャ」の操作パネルが表示されているか確認後、「●」ボタンをクリックすれば録画が開始されます。

※キャプチャの操作パネルが表示されない場合は、②横長のバーの「キャプチャ」ボタンをクリックすると表示されます。
※操作パネル自体が出ない場合は、「スタート」ボタン→「設定」→「ゲーム」→「ゲームバー」内の「ゲームバーを使ってゲームクリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする」項目が「オン」になっているか確認します。

4. 録画ボタンを押した後、操作パネル以外の部分をクリックすると操作パネルが消え、停止ボタンのパネルが表示されます。この状態でアプリを操作して録画しましょう。
録画を終了する場合は、③ 「■」ボタンをクリックすると録画が停止されます。

※音声も同時に録音したい場合は、 ④ マイクのボタンをクリックして斜線がない状態にします。
※パソコンの動作状況や性能によっては、録画が開始されるまでに少し時間がかかる場合があります。

録画した動画を確認する

「スタート」ボタンをクリックし、「ドキュメント」をクリックします。

画面左側にある「ビデオ」フォルダをクリックし、「キャプチャ」フォルダをクリックすると、保存された動画をみることができます。

画質や音質の設定変更

「スタート」ボタンをクリックし、「設定」をクリックします。

設定画面の中から、「ゲーム」をクリックします。

画面右側にある「キャプチャ」をクリックし、画質や音質などの設定を変更します。

画面録画機能で注意したいこと

録画できるのは1回につき一つのアプリのみです。
複数のアプリを同時に録画したり、録画中に別のアプリに切り替えたりすることはできません。 アプリ内で別ウィンドウを開くようなメニューの録画もできません。
また、デスクトップ画面やフォルダー画面の録画には対応していません。

録画した動画が長時間になる場合は、データの容量が多くなることがあるため、パソコンのハードディスクドライブの空き容量を確保しておきましょう。

最後に

画面の保存方法として、他にはスクリーンショットもありますが、使用用途に合わせて、機能を使い分けて活用してみましょう!
『スクリーンショットの活用方法』 についてはこちらでご紹介しています。

無料で使えるMicrosoft Officeソフト OneNoteについて③

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介3回目です。

前回の記事はこちら

OneNoteの最大の特徴は手書き入力機能にあります。

手書き入力機能を活用すれば、作成した資料にフリーハンドでメモを添えたり、手書きのイラストを添える事ができるので

キーボードの文字入力だけで作成した資料よりも、温かみがあってユニークな資料を作り出せる事ができます!

手書き入力の使い方

上のメニューバーから「描画」をクリックします。




メニューに表示されるペンを選択すると、手書き入力が可能になります。

選択したペンは背景の色が変わり、右下に「▽」のようなマークが表示されるようになります。



ためしにペンを選択した状態で画面の中をドラッグすると、マウスを動かした場所に線が引かれるのが分かると思います。



ペンは何もない場所だけではなく、貼り付けた写真の上や、キーボードで入力した文字の上にも使うことができます。

選択済のペンをもう1度クリックすると、 ペンの設定画面が開いて、太さや色を変える事が出来ます!



右側に表示されている「+」を選択すると、自分で新しいペンを作る事が出来ます。



「鉛筆」・「ペン」・「蛍光ペン」の三種類からペンを選んで、色と太さを選びます。



ペンの一覧に自分が作成したペンが追加されました!

お気に入りのペンの設定などがあれば、このようにペンを作成するのがオススメです。

ちなみに、ペンを選択した状態では文字の編集や入力が出来なくなります。

元のように戻すには左上にある「オブジェクトの選択またはテキストの入力」を選択しましょう。



次回は引き続き、手書き入力について紹介していきます。