パソコンのメモリ不足から起こる不具合とその解消方法について

パソコンを使用していたら急に動きが遅くなったり、固まってしまう…といったことはありませんか?
その場合の多くはパソコンのメモリ不足が要因です。

ではパソコンのメモリ不足を解消するためにはどうすれば良いのでしょうか。

今回はパソコンのメモリ不足で起こる不具合とその解消方法についてご紹介していきます!

メモリ不足とは

そもそもパソコンのメモリというのは、パソコン内のデータを一時的に記憶するために使用する場所です。メモリは作業机の大きさに例えられることが多く、メモリ数が大きいほど一度に処理できるデータ量が多くなります。
反対にメモリ数が少ないと作業するスペースが狭く、処理に時間がかかったりパソコンが固まりやすくなります。

つまりメモリ不足とは作業机の上に色々なものが置かれ、他の作業をするスペースが狭くなっている状態を指しています。

また作業スペースが狭くなると作業が進みづらくなるだけではなく、ファイルやアプリなどが開けなくなることもあります。また画面が固まってしまうと、強制シャットダウンをする必要もでてきます。

メモリ不足が起こる要因

メモリ不足が起こる要因はどんなことがあるのでしょうか。
メモリ不足が起こる要因は大きく分けて4つあります。

・パソコンのスペックが低い
メモリ容量が少ないパソコンで、動画やグラフィックソフト・3Dゲームなどメモリ容量をたくさん必要とするアプリの使用をするとメモリ不足となります。

・一度に多くのソフトウェアを起動している
一度に多くのソフトウェアを起動しているとメモリに負荷がかかります。同時に作業をすると、作業机にたくさんの物を置いている状態になるので、メモリ不足になりやすいです。

・HDDやSSDの空き容量が少ない
HDDやSSDなどストレージの空き容量が少なくなると、通常よりも多くのメモリが使用されるので、メモリ不足が起きやすくなります。

・周辺機器の影響
パソコンを使用する際にはマウスやプリンター、USBメモリなど周辺機器も同時に使用される方が多いかと思います。実はこの周辺機器もメモリを使用しているので、たくさんの周辺機器を接続している場合は、不要なものはパソコンから取り外しておきましょう。

パソコンのメモリ不足の確認方法

パソコンがメモリ不足かどうかは、タスクマネージャーを起動すると確認することができます。

タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーの起動方法はいくつかありますので、ご自身の操作しやすい方法を起動させましょう。

1つ目
「スタートボタン」を左クリックし、「Windowsシステムツール」の中の「タスクマネージャー」を左クリックします。


2つ目
下にあるタスクバーの何もないところを右クリックし、メニューから「タスクマネージャー」を左クリックします。

キーボードのショートカットキーから起動する際は、
「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押しましょう。

タスクマネージャーを起動させたら、「パフォーマンス」→「メモリ」の項目を確認しましょう。
メモリが100%に近いほどメモリ不足ということになります。

メモリ不足の解消方法

次にメモリ不足の解消方法についてご紹介します。

メモリを増設する

メモリ不足の場合はメモリを増設することで解消することができます。
ご自身で増設することもできますが、メモリは規格が様々、また正しい場所に差し込まないとパソコンが正常に起動しないこともありますので注意が必要です。
操作が不安な場合には、パソコン業者などに依頼するのもおすすめです。

不要なファイルを削除する

パソコンの中にはたくさんのファイルがインストールされています。使用しないファイルも多くあるので、不要なファイルを削除するだけで、ストレージの容量に余裕ができメモリ不足を解消することができます。
不要なファイルは「ディスクリーンアップ」で削除することが可能です。

ディスクリーンアップの操作方法については下記記事よりご確認ください。

外付けのHDDを使用する

先ほどストレージの容量が少ないとメモリ不足の原因となるとご説明しました。
つまりストレージの容量を増やすことでメモリ不足も解消することができます。

外付けHDDについては家電量販店や通販サイトなどで購入することができます。

新しいパソコンに買い換える

利用用途とメモリ容量が伴っておらずメモリ不足が起きている場合は、思い切って高スペックのパソコンに買い換えるのもおすすめです。

おすすめのメモリ数

パソコンの使用用途によって必要なメモリ数は異なります。
使用する時に必要となるおおまかなメモリ数についてご案内します。

・4GBがおすすめの場合
インターネット検索や動画閲覧、簡単なドキュメントの作成をメインで行う方は4GBがおすすめです。
上記の操作はそこまでパソコンの負担にならないので、メモリ数が少なめでも快適に使用することができます。

・8GBがおすすめの場合
動画編集やCADツール、グラフィック編集ソフトを使用するなど、クリエイティブ系の作業をする場合は8GB以上のものを選ぶと良いでしょう。

・16GBがおすすめの場合
オンラインゲームの利用を考えている方は16GBがおすすめです。
最近のオンラインゲームはグラフィックの向上も高く非常に多くのメモリが使用されます。そのため快適に使用するためには16GBあると良いでしょう。

また同時に複数の作業をする方なども16GBあるとフリーズせずに快適に使用することができます。

最後に

今回はパソコンのメモリ不足の要因と、解消方法についてご案内しました。
メモリ不足になるのは何らかの原因があるので、困った際の参考にしてみてください。

Windowsセキュリティでウィルスチェックをしてみよう!

Windows10には 「Windowsセキュリティ 」というセキュリティ対策ソフトが標準搭載されています。
セキュリティソフトを購入しなくてもウイルススキャンをすることができます。今回は、Windowsセキュリティを利用したウイルスチェックの方法をご紹介します。

Windowsセキュリティとは?

Windows Defenderとは、Windows 10に標準装備されたセキュリティ機能の1つで、マルウェアと呼ばれる悪意のあるソフトウェア(ウイルスやスパイウェアなど)や、疑わしいアプリを検出して削除できます。

スキャンをしてみよう

スタートメニューから「Windowsセキュリティ」を開きます。

「ウィルスと驚異の防止」の項目を選択します。

「クイックスキャン」を左クリックします。

クイックスキャンがはじまります。

スキャンが完了すると、画面の右下にスキャン結果が通知されます。


スキャン結果が表示されます。そのほかにも、スキャンを行った日時や、スキャンしたファイル数などが表示されます。

スキャンのオプション

クイックスキャン以外にも、スキャンのオプションを変更しておこなうことができます。

「スキャンのオプション」をクリックします。

項目の中から実行したスキャンを選びます。

  • クイックスキャン
    システム内で脅威が検出されることが多いフォルダをチェックします。
  • フルスキャン
    ハードディスク上のすべてのファイルと実行中のプログラムをチェックします。システムによっては1時間以上かかります。
  • カスタムスキャン
    チェックするファイルと場所を選ぶことができます。
    USBメモリや外付けHDDなどのメディアをスキャンする場合はここから行います。
  • Windows Defenderオフライン スキャン
    悪意のあるソフトウェアの一部は、デバイスからの削除が非常に難しい場合があります。
    Windows Defender オフラインを使用すると、最新の脅威の定義を使用して、このようなソフトウェアを検出して削除できます。このスキャンは、再起動が必要となり、処理には約15分かかります。

実行したスキャンのオプションを選択し、「今すぐスキャン」を左クリックします。

脅威が検疫された時の対処方法

「保護の履歴」をクリックします。

表示された内容を確認して、内容を確認のうえ検疫や削除、許可などを行います。

最後に

スキャン中にはパソコンの動作が遅くなることがあります。
パソコンを使用しない時間を利用して行うことをお勧めします。
また、定期的にWindows アップデートにて更新していき、常に最新の状態で使用しましょう。

USBメモリの注意点・購入する際のポイント

データの持ち出しや移行をする際に便利なUSBメモリ。データの保存や移行の際に使用している方も多いのではないでしょうか。

とても便利なUSBメモリですが、選ぶ製品によってデザインや容量、転送速度、セキュリティ対策などは様々です。それだけ多くの種類があると、どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね。

今回はそんなUSBメモリの選び方や使用する際の注意点についてご紹介していきます!

USBメモリとは

USBメモリとは、パソコンのUSBポートに接続してデータの読み書きを行う、小さな記憶装置です。「USBフラッシュメモリ」や「USBフラッシュドライブ」などとも呼ばれています。

パソコンやゲーム機、スマートフォンなどに保存してあるデータのバックアップを取ったり、別の媒体にデータを移し替えたりするのが主な用途です。
特にスマートフォンとあわせて使用すれば、パソコンがなくでもデータを取り込むことができ、とても便利です。

※USBメモリをスマートフォンで使用する場合は、お使いの端末に合わせた変換アダプタが必要となります。最近ではスマホのコネクタに対応したUSBメモリも販売されているので、そちらを購入すれば変換アダプタは不要です。

USBメモリのメリット

USBメモリはコンパクトなため、簡単にデータの持ち運びをすることができます。データの保存は外付けHDDやCDなどでも可能ですが、USBメモリが一番手軽で持ち運びも便利です。また容量の大きなデータの保存も可能です。

さらに使い方はパソコンに差し込むだけ。取り扱いも簡単です。

使用する際の注意点

USBメモリはとても便利な機器ですが、いくつか注意点もあります。

紛失に注意

USBメモリは本体がとても小さいので、保管には注意が必要となります。

ストラップをつけたり、同じ場所で保管するようにするなどして、紛失しないよう取り扱いには注意しましょう。

保存期間

USBメモリは簡単にデータを保存することができますが、データの長期保存には向いておらず、一時的な保存やデータ移行に適している製品です。

またUSBメモリにはデータの書き込み回数に上限があり、限界を超えてデータを更新するとエラーが発生するリスクがあります。

なおUSBメモリの寿命は、メーカーや保存環境、使用頻度によっても異なりますが、低価格のものだと1~2年と言われています。中には10年使用できるものもありますので、長期で使用したい場合にはメーカーの動作保証年数を確認して購入しましょう。

USBメモリを選ぶ際のポイント

容量の大きさ

USBメモリの容量は1GBのものから1TBを超えるものまで様々なモデルが販売されています。容量が大きいほど高額にはなります。

一般的な書類や写真、音楽データの場合、16~64GBほどあれば不便に感じることはありません。動画データを保存する場合は、多くのデータ容量が必須となるため、128GB以上のUSBメモリを選ぶと良いでしょう。

転送速度

パソコンからUSBメモリにデータを移す際、転送速度が速いほうがストレスなく使用できます。大量のデータや高解像度の画像・動画といった容量の大きなデータを扱う場合は、転送速度も確認しましょう。多くの場合では、規格が新しいUSBメモリほど転送速度が速く設定されています。

転送速度はモデルによる違いはありますが、USB3.0や3.1(Gen1)規格に対応している製品なら、高速データのやり取りを行うことができます。

※本来の転送速度で使用するにはパソコン側にも同規格に対応している必要があります。 パソコン側がUSB2.0以下だとスペック通りの速度が出ないため注意しましょう。

セキュリティ機能

USBメモリの中にはパスワードを設定してロックをかけられるものがあります。
ビジネス用途など重要なデータを保存する場合には、セキュリティ機能を搭載したモデルを選ぶのがおすすめです。またパスワード設定や指紋認証機能があると、アクセスできる人を制限することもできます。

USBメモリは商品によってセキュリティ機能の強度に差がありますので、ご自身のご利用方法や、機能性を考えたうえで選択しましょう。

接続端子

USBメモリの端子はUSB TypeAが一般的ですが、中にはUSB Type-CやLightning端子を搭載した製品もあります。

購入前にはUSBメモリを使用するデバイスの接続端子を確認しましょう。

端末の収納方法

USBメモリは端末を保護するための収納機能がついています。

スライド式
 本体についているレバーをスライドして、コネクタ部を出し入れします。

回転式
 コネクタ部を回転させて、本体内部に収納します。

・フック式
 ボールペンのようにUSBメモリ本体のボタンを押すことでコネクタ部を出し入れできます。

キャップ式
 一般的なUSBメモリの収納形式となり、コネクタ部をキャップを保護するデザインです。
  ※キャップはついつい紛失しがちなので、取り扱いには注意しましょう。

最後に

今回はUSBメモリの種類についてご紹介しました。

使用用途によって重視するポイントは変わってきますので、今回ご紹介したポイントに注目しながらご自身に合うUSBメモリを選択してみましょう。

Microsoft IMEの便利機能を使って楽に日本語を入力しよう

パソコンを使うときに一番使っているソフトウェアといえばなんでしょう?
ブラウザでしょうか?ワープロや表計算でしょうか?
たぶんきっと、日本語を入力するソフトウェアではないでしょうか。

Microsoft IMEとは?

Windows10に標準で搭載されている日本語を入力するソフトウェアは「Microsoft IME」(以下MS-IME)といいます。

IME(あいえむいーと読みます)とは、「Input Method Editor」(入力方式エディター)の略で、コンピュータに日本語を入力するためのソフトウェアのことです。

IMEを使うことで、キーボードから入力した文字を、カナ漢字交じりの日本語の文章とすることができるようになるわけです。

MS-IME以外にも、Googleが提供している「Google 日本語入力 」やジャストシステムが提供している「ATOK」などがあります。

MS-IMEには楽に日本語を入力できるいろいろな機能があります

MS-IMEには日本語を楽に入力するためのいろいろな便利な機能があります。
今回はそれらの便利な機能を紹介していきたいと思います

日付や時刻を楽に入力したい

日付や時刻を入力するときに数字で打たなくても入力できる機能があります。

MS-IMEでは、今日の日付を入力したいときは「きょう」と入力するか、「にちようび」というように今日の曜日を入力すると、今日の日付が候補として表示されます。
また「いま」と入力すると、現在時刻が候補として表示されます。

このように「きのう」「あした」や「どようび」「げつようび」のような日付に関連する言葉を入力すると、それに対応する日付が候補として表示されます。

和暦を楽に入力したい

例えば2010年を和暦で入力したい場合、過去のカレンダーで和暦を確認してから入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは「2010ねん」と入力すれば、その年の和暦や干支が候補として表示されます。ちなみに2010年は平成22年で寅年であることがわかります。

ただし、和暦を西暦に変換することはまだできないようです。

住所を楽に入力したい

住所を入力したい場合、すべて日本語で入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは入力したい住所の郵便番号を入力すれば、その住所が候補として表示されます。また、その逆に住所を郵便番号に変換することもできます。

私どもJEMTCを例としますと、所在地は〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁です。この住所を入力したい場合、わざわざ「愛知県名古屋市東区白壁」と入力しなくても、「461-0011」と入力すれば「愛知県名古屋市東区白壁」が候補として表示されます(「4610011」ではなくハイフンつきの「461-0011」と入力します)

また「愛知県名古屋市東区白壁」と入力して、マウスでその文字列を選択してから[変換]キーを押す、または右クリックメニューの[再変換]をクリックすると、再変換の状態となり、その変換候補として郵便番号が表示されます。

読みのわからない漢字を楽に入力したい

読みがわからない漢字はどうやって入力していますか?

MS-IMEではマウス操作で漢字を書いて入力することができる「IMEパッド」という機能があります。

タスクバーの「あ」または「A」アイコンを右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」を選択します。「IMEパッド 手書き」画面が表示されます。その画面の「ここにマウスで文字を描いてください」というところでマウスの左ボタンを押したまま動かすとそこに線が描かれますので、知りたい漢字をマウスで描きます。
そうすると、その右側に漢字の候補が表示されますので入力したい漢字をマウスでクリックすると、その選択された漢字が入力されます。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします 。
表示されたメニューの「IMEパッド」をクリックします。
ここにマウスを使って文字を描きます。
「鯲」は「どじょう」と読むことがわかりました。

候補が表示されないときは「認識」をクリックして、候補を表示させましょう。

誤変換を楽に修正したい

変換したときに違う同音異義語で確定してしまった場合、どのように修正していますか?
いったんすべて削除して、再度入力して変換していますか?

MS-IMEでは直前の誤変換を簡単に修正できる機能があります。
直前の誤変換に気が付いたら、[変換]キーを押します。するとその直前に確定した文字が変換状態に戻って、ふたたび変換候補から正しい文字を選べるようになります。
ただしこの機能は直前1回の変換にしか対応していません。

ひらがなと半角英数字が混在する文章を楽に入力したい

日本語の文章の途中に英語が混じる文章って案外多いかと思います。そのまま入力していけば、英語の部分も全角になってしまうので、まず日本語の部分を確定し、半角に切り替えて英語入力し、また日本語の文章に戻ったときに、全角に戻すというような操作をしていませんか?

もし混じる英語の先頭文字が大文字であれば、MS-IMEでは[Shift]キーを押しながら入力するとそこから大文字半角英字を入力できます。そして[Shift]キーから指を離すと以降小文字半角英字をそのまま入力し続けることができます。
日本語の入力に戻したいときは、[Shit]キーをもう一回押すか、 入力した英字を確定させます。

変換候補が多いときに楽に選択したい

日本語には読みが同じだけれど、漢字が違う言葉が多いですね。特に人名はひとつの読みに対していろいろな漢字があてられています。

通常、読みを入力してスペースキーを一回押すと、変換候補が現れますが、10個以上の変換候補がある場合、最初の9個しか表示されません。その9個の中に変換した単語がなければ、スペースキーで候補を先に進めていくことになるため、何度もスペースキーを押さなければならないことになってしまいます。

MS-IMEでは候補リスト画面で[Tab]キーを押すと候補一覧を一度に最大4列(36候補)表示することができます。

たとえば「剛士」さんの名前を入力したいとき、一覧表示ができると楽になりますね。

なお、「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」からは1列目の最終候補にフォーカスがあたると自動的最大4列の候補一覧が表示されるようになります。

ローマ字入力で小さいかな文字だけ入力したい

小さいかな文字(「ぁ」「ぃ」「ゃ」「ゅ」「ょ」など)だけを入力したいことありませんか?
さてどうやって入力しましょう?
「ちゃんと」のように小さいカナが含まれる単語で入力して、不要な部分を削除しましょうか?

MS-IMEでは、xまたはlをつけることで入力することができます。
xyaやlyaと入力すると「ゃ」になります。

入力履歴は消したい、記録されたくない

複数人で一つのPCを使っているときなど、プライバシーの問題などで、ほかの人に自分の入力した履歴を見られたくない場合があるかと思います。

MS-IMEでは、入力履歴を削除する機能、入力履歴を保存しない設定にする機能があります。

入力履歴は以下の手順で削除します。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします。
表示されたメニューから「設定」をクリックします。
「Microsoft IME」画面の「学習と辞書」をクリックします 。
「学習と辞書」画面の「入力履歴の消去」をクリックします。
確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

これでそれまで入力した履歴が削除されます。

今後履歴が保存されないように設定するにはプライベートモードを有効にします。

先ほどのメニューの「プライベートモード(オフ)」にマウスカーソルをあわせます。
有効/無効が表示されます。「有効」をクリックして有効にします。
「あ」アイコンが錠前がついたアイコンに変わります。

これでプライベートモードが有効になりました。

最後に

今回はMS-IMEで便利に入力するための機能をご紹介しました。
普段何気なくMS-IMEを使っていらっしゃる方も多いかと思います。

このような小技の効いた便利機能を使って、より楽に使いこなしてみるというのはいかがでしょうか。