Windows 10 Anniversary Update

正式リリースから1周年を迎えたWindows10は、2016年8月2日に「Windows 10 Anniversary Update」を配信しました。
基本的には、恒例のバグ修正やパフォーマンスの向上を中心としたアップデートですが、インターネットの回線速度が低下したり、パソコンの設定がリセットされたりなどの問題が取り上げられています。
主な、問題として下記の内容があるようです。
・ダウンロードが途中(○○%などユーザーによってまちまち)で止まる
・アップデートが完了せず自動的に従来バージョン(November Updateなど)に戻る
・再起動のループに入る
・マウスやキーボードが無効化される
どの症例も、インストールができないか、仮にできたとしてもすぐにシステムがダウンしてしまうなどの障害が出るケースがあるようです。
新たにインストールしたWindows 10 Anniversary Updateを削除することで問題が解決するそうです。
また、Anniversary Updateには以前のビルドに戻す機能が搭載されていて、インストールから10日以内であればインストール前の状態に戻すことが可能で、Windowsが公開している方法は以下の2つがあります。

  1. 回復環境を利用する
    (1)パソコンを再起動します。サンイン画面で、Shiftキーを押しながら電源→再起動を選択します。
    (2)パソコンが再起動したら、オプションの選択画面が表示されたら、トラベルシューティング→詳細オプション→以前のビルドに戻すを選択します。
    このオプションがない場合には、方法2を行います
  2. セーフモードで設定アプリを使う
    (1)パソコンを再起動します。サンイン画面で、Shiftキーを押しながら電源→再起動を選択します。
    (2)パソコンが再起動したら、オプションの選択画面が表示されたら、トラベルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定→再起動を選択します。
    (3)パソコンが再起動すると、オプションの一覧が表示されます。4またはF4を選択してセーフモードでパソコンを起動します。
    (4)設定アプリを開きます。
    (5)更新とセキュリティ→回復の順に進みます。
    (6)”以前のビルドに戻す”の下にある開始ボタンをクリックし、表示される手順に従います。

上記の症状がでるのはすべてのユーザーではなく、問題なくインストールが完了するユーザーも多く、一部の障害とみられています。
Microsoft社員によるユーザーコミュニティーへの投稿によれば、同社は既に事態を把握しており、詳細が判明次第、情報共有していくとのことです。
また、当面の対策としては、Microsoftがこの問題を解決するまで、アップデートのインストールは避けた方が無難でしょう。

Cドライブの容量確保の方法とは?

パソコンを使っていて、写真や動画のデータを保存したり、アプリケーションをインストールしているうちに「ディスク領域不足」という警告が出る場合があります。
Windowsが入っているCドライブの空き容量が不足してくると、動作が遅くなるなどの支障が出てきます。
Cドライブの4分の1は、少なくとも確保しておきたいところです。
今回は、そんなCドライブの空き容量が減ってしまう理由と、空き容量を確保する方法をご紹介します。

Cドライブとは?

パソコンはたいてい、ハードディスクが2つに分かれています。それぞれにCドライブとDドライブが割り当てられていることが多いです。
ここで、みなさんなぜ「Cドライブ」からなんだ?なんて疑問に思われる方もいらっしゃるかと思います。
その理由は、かつてパソコンをフロッピーディスクで動かしていた時代に、2つのフロッピーディスクドライブにそれぞAドライブ・Bドライブを割り当てていたあらなんです。
やがてハードディスクが一般的になり、A・Bの次であるcドライブが割り当てられたのです。現在、フロッピーディスクがその役目を終えた今でも、ハードディスクにcドライブが割り当てることが続いていのです。

今回ご紹介するのは、Windowsが入っているCドライブと、Dドライブの2つのパーティション(ハードディスクを分けたひとつのことをパーティションと呼びます。)がある状態が前提になります。

Cドライブの空き容量が減る理由

Cドライブの空き容量が減る理由は、自分が意図していなくても、どんどんとCドライブにデータが詰まっていくからです。
特に設定をしていない場合に、新しいアプリケーション、ダウンロードしたファイル、写真や音楽も、Cドライブにある「Program File」やマイドキュメントなどに保存されます。さらに一時ファイルや、バックアップデータなどでCドライブの容量を使用していき、気がついたときには最適化もできない状態になっていた。というこうとも珍しくありません。
また、パソコンの動作が遅いということで確認してみると、Cドライブはパンパンなのに、Dドライブは全く使われていないという例もあります。

ドライブの空き容量はコンピューターのハードディスクドライブを見れば確認できます。
右クリックでプロパティを開けば円グラフで表示されますので、グラフの空き容量が4分の1以上ある状態を心がけましょう。

Cドライブの空き容量を確保する方法

◎データの移動
一番有効な方法は、マイドキュメントをDドライブに移動することです。意外と簡単な操作で移動することができるので、ぜひやってみてください。

マイドキュメントを移動するには、まず、Dドライブに「マイドキュメント」というフォルダを新しく作成します。そして、“スタート”、“(ユーザー名)”の順に開き、その中にある“マイドキュメント”を右クリックして、一番下の“プロパティ”をクリックします。“場所”のタグをクリックして開き、真ん中辺りにある“移動”をクリックして、先ほど作成したDドライブのマイドキュメントを選択すると移動できます。(Windows7の場合)

同様に、容量の大きそうな”マイピクチャ”や”マイミュージック”などもDドライブに移動しておきましょう。
今までやっていなかった場合は、かなりの空き容量を確保できると思います。
また、個人的なデータはDドライブに移動しておけば、万が一Windowsにトラブルが出た場合にもCドライブのみリカバリーをすればよいので、復旧が楽になります。

◎不要なデータの削除
まず行ってほしいのはディスクのクリーンアップです。Cドライブのプロパティを開き真ん中あたりにあるディスクのクリーンアップをクリックして、指示に従っていけば不要なファイルを削除することができます。
普段あまり行っていない場合は意外と大きな空き容量を確保できるでしょう。

ディスクのクリーンアップでも不必要な「一時ファイル」というものが残る場合があります。「一時ファイル:というのは文字通り一時的に使用するファイルのことなので、削除してしまっても問題は起こりにくいです。”Temp”というフォルダを探して中のデータを削除してください。
最近動作が遅い、領域不足のメッセージが出た、という方は、まず空き容量を確認してみてください。Cドライブはたくさん使用しているのに、Dドライブはほとんど使っていないという場合は大チャンスです。上記の方法を行うことで、快適な環境を取り戻すことができるでしょう。

写真をたくさん保存するにはクラウドが便利!!

現在、世界中に様々なクラウドサービスが登場しています。
今回は、クラウドサービスで写真を管理することのメリットについてご紹介します。
クラウドの導入に迷っている方、そもそもクラウドをよくご存じない方も参考にしてみてください。

クラウドで管理できるもの

ビジネスから個人利用まで様々なクラウドサービスが提供されています。
保管できる情報には、テキスト文書やメール、カレンダー情報、連絡先、バクアップ情報など多岐に渡ります。そして、もちろん写真もクラウドで管理することが可能です。
それでは、クラウドに写真を保存することのメリットについて説明していきます。

1.複数人で共有ができる

最も大きなメリットは、複数人でデータを共有できることです。アクセスできる権限をもつ人が全員、クラウドに保存された写真にアクセスすることができます。
メールやCD、USBを利用することなく、すぐに写真を共有できるため非常に便利です!

2.場所やデバイスを問わずに写真管理ができる

クラウドサービスを利用しているデータには、場所やデバイスを問わずにアクセスすることが可能です。
つまりネット環境さえあれば、旅行先や出張中、もちろん自宅でも自由にアクセスすることができるんです!!

3.オンラインで写真の編集ができる

クラウドサービスの中には、オンラインで写真編集ができる機能提供しているものもあります。
この機能を活用すれば、ローカルパソコンに写真編集ソフトをインストールしておく必要がありません。

4.クラウドサービス独自の機能が使える

Evernoteなどのクラウドサービスでは写真を対象に、文字検索が可能なサービスを提供しています。
例えば、会議のPDF資料や、ホワイトボードのメモ書き写真からも検索が可能になります!!
このような独自に提供しているクラウドサービスを活用すれば、今までにない便利な使い方ができるでしょう!

5.ローカルサーバーの容量を節約できる

写真などの画像情報は、データ量が大きくなってしまうことがあります。
特に高画質の写真を利用する場合、これらのデータがストレージ容量を圧迫してしまうことは少なくありません。

クラウドを使っていれば、そんな悩みを解消することができます。高画質な写真などのデータ量が大きいファイルをクラウドに保存することで、ローカルパソコンやローカルサーバーのデータ領域を節約することができるのです。

なお、クラウドの技術もまだ発展途上のサービスです。
クラウドの導入にあたってはセキュリティーの問題にはしっかりと対策をしましょう。

マウスの動きが鈍い!!そんな時は….

「マウス」は、パソコンをスムーズに操作するうえで大切な道具ですね。
そんなマウスの動きが鈍くて、イライラとした経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか??
マウスが動かなくなったり、不調の時の多くは、利用環境や電池の消耗、周辺からの電波の影響などが原因であげられます。
今回ご紹介する項目をぜひチェッックしてみてください。

 

パソコンがフリーズしていないか確認

使用中にマウスのポインターが動かなくなったときには、マウスが動かなくなったのか、パソコン本体がフリーズして動かなくなっているのかを特定します。
スタートメニューが表示されない。画面が全く反応しない。
この場合はパソコン本体がフリーズしているため、強制的に一度パソコンの電源を切って起動し直します。

 

マウスの利用環境を確認

マウスカーソルの動作がカクカクしたり、反応が鈍いなどするときには、マウスやパソコンの利用環境を確認てみてくだい。
マウスは底面にあるセンサーで動きを検知して動きます。以下のような表面では正しく度往査を検知で着ないことがあるため、この場合はマウスパッドの利用をおススメします。

  • 反射しやすい物(鏡やガラスなど)
  • 白いもの
  • 光沢がある物
  • 同じパターンが連続している物
  • 濃淡がはっきりした縞模様や柄の物

 

マウスの電源スイッチを確認

ワイヤレスマウスの電源スイッチを確認します。
いったん電源をOFFにし、10秒後に再度電源を入れ直します。
また、電池が切れていないかも合わせて確認しましょう。

 

マウスのセンサーの汚れを確認

マウスのセンサー部にほこりなどが付着しているか確認します。次の手順を実施して改善されたかご確認ください。

  1. マウス底面の電源を切る(センサー部の穴を見つめないように注意)
  2. センサー部の穴の汚れを点検する
    ホコリなどがついていないか確認し、あれば綿棒で取り除きます。
  3. 10秒間待ってマウスの電源を入れる

 

機内モードになっていないか確認画面(ノートパソコンの場合)

機内モードになっている場合にはワイヤレスマウスは反応せず、動きません。
Windows10では、次の手順で機内モードの状況確認とON/OFFが設定できます。

  1. タスクバーの アクションセンターアイコン をクリック(または右からスワイプ)する
    アクションセンサーが表示されます。
  2. 「機内モード」をクリックする
    クリックするたびに、ON(青色)とOFF(灰色)が切り替わります。

画面イメージ

 

 

 

今回、ご紹介したの一部になります。参考にしてみてください。
どうしても、動かないなどあった場合には新しいマウスに買い替えるのをおススメします。