パソコンに飲み物をこぼしてしまった時、咄嗟の対応とは?

仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。
連続で長時間使用することが多いので、傍らに飲み物を置いているという方も多いのではないかと思います。
皆さんの中には、その飲み物をうっかりパソコンにこぼしそうになってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

今回は、もしノートパソコンに飲み物をこぼしてしまったら、いざという時どうすれば良いのかをご紹介していきます。

飲み物をこぼしてしまった際の対処方法は?

1.すぐに電源を切る!
飲み物をこぼしてしまったら、まずは落ち着いて電源を切ってACアダプターを抜きましょう。
パソコンに水分が入るとすぐに壊れてしまうイメージがあると思いますが、実は濡れた状態で電源をつけ続けることにより、ショートを起こしてしまうことがパソコンを壊す原因になるのです。
また、パニックになって思わず電源ボタンを長押しして強制的に電源をおとしてしまう人もいるかもしれませんが、これはあまり良くありません。通常の手順通りに切るようにしてください。
また、一度落とした電源を確認のために再度入れてしまうのもNGです。
 
2.乾いた布で水分を拭き取る!
次に、乾いた布でしっかり水分を拭き取りましょう。このときキーボードを取り外して内側までしっかり拭き取りましょう。
取り外し方はインターネットなどで検索すれば出てきますが、やり方や力の入れ具合を誤るとキーボードのツメを折ってしまい再び取り付けることが難しくなってしまいます。不安な方はメーカーに問い合わせたほうが無難かもしれません。また、飲み物がキーボードの下にどの程度入ってしまっているかパソコンを傾けながら覗き込んでしまうと、内部全体に水分が広がってしまう恐れがあります。
出来る限り、そっと扱うようにしましょう!
 
3.電源をつけるのは完全に乾いてから!
拭き取ってすぐに電源を入れたくなる気持ちを抑えて、ここは我慢です。
見えない部分まで水分が入り込んでしまっている恐れがあるので、完全に水分が乾燥するまでそのまま放置しておくようにしましょう。
 
 
なお、ここまでしても確実にパソコンが元通りになる確証はありません。
あくまでこれらは応急処置でしかないので、データがダメになってしまう最悪の事態も覚悟しておくようにしましょう。
 

最後に

いつ起こるか分からないハプニングだからこそ、大事なデータはこまめにバックアップをとっておくことをお勧めします。
もちろん、バックアップの際にはパソコン内部にではなくUSBや外付けのHDDなどに入れておくと安心です。
また、飲み物を倒しても問題のないように蓋つきのカップやタンブラーを使用することも対策の一つです。

 

人気のパソコンメガネについて

パソコンやスマートフォンの使用率が上がってくるに伴い、この数年で各ブランドからブルーライトカットの効果があるPCメガネ(パソコンメガネ)が数多く発売されるようになりました。

ただ、PCメガネがなんとなく良いものだとわかっていても、実際どのような効果を生むものなのか具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、ブルーライトとPCメガネの基本情報編をお届けしたいと思います。

 

ブルーライトが及ぼす悪影響とは?

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどのLED液晶から発せられる強力な青色光のことを指します。
紫外線と波長が近い380~500ナノメートルの光で、可視光線の中では最もエネルギーが強く、網膜にまで到達するほど強力なんです!

67d5cc7c60a6880d1eb158c8dbf2bb23
(参照:http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc/bluelight/

エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきや眩しさを感じさせる原因のひとつになると言われています。

このままブルーライトを浴び続けると思うと目の将来が非常に不安ですね。 そこで活躍すると言われているのが今回取り上げるPCメガネなのです。

 

パソコンメガネの役割とは?

ブルーライトを遮断し、直接目に入る光を少なくするのが役割です。
レンズはクリアレンズとうっすら黄色みのかかったレンズがありますが、最近は“いかにもPCメガネ”感の少ないクリアレンズタイプが主流になってきているようです。

ただし、よりブルーライトカット効果が高いのは黄色みのあるレンズなので、スマートフォンやパソコンの使用時間によって変えると良いでしょう。

ノートパソコンのタッチパッドが動かないときの、主な原因とは?

タッチパッドは、ノートパソコンには欠かせない重要なパーツのひとつです。
最近はタッチ可能なディスプレイも普及してきましたが、今の技術ではまだタッチパッドの方が操作しやすいと感じている人も多いのではないでしょうか。

そんなタッチパッドが動かなくなってしまうと、パソコンの操作が困難になってしまうため大変です。
ここでは、そんなときのために主な原因と対策を紹介します。

動かなくなった時の原因と対策

それでは早速、主な原因と対策について確認していきましょう。なお、タッチパッドの設定や対策はパソコンの種類(メーカーなど)によって異なります。

ここでは、どのメーカーにも共通する内容に絞って説明しています。

  • コントロールパネルの設定を確認
    まず、タッチパッドの機能がOFFになっていないかどうかを確認しましょう。
    タッチパッドの設定を変えた記憶がなくても、何かの拍子に設定をOFFにしてしまっていることもあるのです。
    タッチパッドを使用するか否かの設定は、OSの種類によって異なります。
    Windowsの場合は、コントロールパネルの中に設定があります。
  •  

  • BIOSの設定を確認(Windowsパソコンの場合)
    「BIOS(バイオス)」とは、パソコンに搭載されている基本ソフトであるファームウェアのことです。BIOSの設定においてタッチパッドの設定がOFFになっているとタッチパッドが使用できません。
    BIOSの設定を確認・変更する方法は、パソコンの種類によって異なります。一般的にはパソコン起動時、メーカーロゴが出た後にファンクションキーを押し続ける方法です。これで設定画面が開くので、タッチパッドの設定ができます。
    なおBIOSの設定には専門的な知識も必要なため、専門業者に依頼する方が安心でしょう。
  •  

  • タッチパッドを修理/交換
    上記の対策でも解決できない場合、タッチパッドが故障してしまっている可能性が考えられます。このケースでは、タッチパッドの修理・交換をする必要があります。

 

最後に

タッチパッドが動かない原因は多岐に渡ります。
ここで紹介した内容で改善しない場合は、無理をせずに専門業者に問い合わせてみましょう!