Windows10 「Home版」と「Pro版」の違いとは?

Windows10には、32bit版と64bit版という物があります。

32bit版と64bit版の違いについては、この記事で紹介しています。

この32bit版と64bit版に加えて、Windows10は色々なバージョンに分かれているのですが

主に「Home版」と「Pro版」という物に分かれます。

聞いた事あるけど、何が違ってどっちがいいの?と思われている方も多いのではないでしょうか。

今回は、Windows10のHome版・Pro版の違いについて紹介します!

Windows10 Home版

Windows10のHome版は最も標準的なバージョンです!

電気屋さんなどで売られているパソコンにも、ほとんどHome版が入っています。

「Home」という名前の通り、一般家庭向けのOSという事ですね。

Windows10 Pro版

Windows10のPro版は、Home版に様々な機能が加えられたバージョンになります。

Home版の上位モデルという感じでしょうか。

ただ、そういった機能については一般的には必要ない機能で、主に企業などで使われる機能となります。

「Pro」という名前がついていますが、企業向けのOSという感じです。

その為、企業でパソコンを導入する際にはProが選択される事が多いです。

Pro版で追加される機能

Pro版にはHome版に無い機能が追加されるという事で

Pro版で追加される機能をいくつか紹介したいと思います。

・リモートデスクトップ機能

遠隔操作でパソコンを動かす機能です。

出先のノートパソコンから会社のパソコンを操作する時などに使われます。

・ グループポリシーの管理機能

社内で管理しているパソコンに様々な制限をかける機能です。

指定したソフトを起動させないようにする、パソコンの設定を変えれないようにする等

セキュリティ上のトラブルを防ぐ為に使用されます。

・キオスクモード

キオスクモードとは、あらかじめ指定したソフトしか動かす事が出来ないようにする機能です。

図書館や書店に設置されている本の検索用のパソコンや端末は

このキオスクモードを利用して他の機能は使用出来ないように制限されています。

グループポリシーの管理機能にちょっと似ていますが

キオスクモードでは1つのソフトしか開く事ができないようになります。

その他のHome版とPro版の機能の違いについては、Microsoftのホームページで公開されています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/compare-windows-10-home-vs-pro

一般的なバージョンはHome版

Home版とPro版の違いについて、Pro版だと企業でパソコンを一括管理する為の機能などが搭載されている事を紹介させていただきました。

Pro版の方が使える機能は多くなりますが、一般的には必要ない機能で、Pro版の方が価格も高くなってしまいます。

ご家庭で使われる場合は、一般的なHome版で問題ないでしょう!