パソコンのメモリ不足から起こる不具合とその解消方法について

パソコンを使用していたら急に動きが遅くなったり、固まってしまう…といったことはありませんか?
その場合の多くはパソコンのメモリ不足が要因です。

ではパソコンのメモリ不足を解消するためにはどうすれば良いのでしょうか。

今回はパソコンのメモリ不足で起こる不具合とその解消方法についてご紹介していきます!

メモリ不足とは

そもそもパソコンのメモリというのは、パソコン内のデータを一時的に記憶するために使用する場所です。メモリは作業机の大きさに例えられることが多く、メモリ数が大きいほど一度に処理できるデータ量が多くなります。
反対にメモリ数が少ないと作業するスペースが狭く、処理に時間がかかったりパソコンが固まりやすくなります。

つまりメモリ不足とは作業机の上に色々なものが置かれ、他の作業をするスペースが狭くなっている状態を指しています。

また作業スペースが狭くなると作業が進みづらくなるだけではなく、ファイルやアプリなどが開けなくなることもあります。また画面が固まってしまうと、強制シャットダウンをする必要もでてきます。

メモリ不足が起こる要因

メモリ不足が起こる要因はどんなことがあるのでしょうか。
メモリ不足が起こる要因は大きく分けて4つあります。

・パソコンのスペックが低い
メモリ容量が少ないパソコンで、動画やグラフィックソフト・3Dゲームなどメモリ容量をたくさん必要とするアプリの使用をするとメモリ不足となります。

・一度に多くのソフトウェアを起動している
一度に多くのソフトウェアを起動しているとメモリに負荷がかかります。同時に作業をすると、作業机にたくさんの物を置いている状態になるので、メモリ不足になりやすいです。

・HDDやSSDの空き容量が少ない
HDDやSSDなどストレージの空き容量が少なくなると、通常よりも多くのメモリが使用されるので、メモリ不足が起きやすくなります。

・周辺機器の影響
パソコンを使用する際にはマウスやプリンター、USBメモリなど周辺機器も同時に使用される方が多いかと思います。実はこの周辺機器もメモリを使用しているので、たくさんの周辺機器を接続している場合は、不要なものはパソコンから取り外しておきましょう。

パソコンのメモリ不足の確認方法

パソコンがメモリ不足かどうかは、タスクマネージャーを起動すると確認することができます。

タスクマネージャーの起動方法

タスクマネージャーの起動方法はいくつかありますので、ご自身の操作しやすい方法を起動させましょう。

1つ目
「スタートボタン」を左クリックし、「Windowsシステムツール」の中の「タスクマネージャー」を左クリックします。


2つ目
下にあるタスクバーの何もないところを右クリックし、メニューから「タスクマネージャー」を左クリックします。

キーボードのショートカットキーから起動する際は、
「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押しましょう。

タスクマネージャーを起動させたら、「パフォーマンス」→「メモリ」の項目を確認しましょう。
メモリが100%に近いほどメモリ不足ということになります。

メモリ不足の解消方法

次にメモリ不足の解消方法についてご紹介します。

メモリを増設する

メモリ不足の場合はメモリを増設することで解消することができます。
ご自身で増設することもできますが、メモリは規格が様々、また正しい場所に差し込まないとパソコンが正常に起動しないこともありますので注意が必要です。
操作が不安な場合には、パソコン業者などに依頼するのもおすすめです。

不要なファイルを削除する

パソコンの中にはたくさんのファイルがインストールされています。使用しないファイルも多くあるので、不要なファイルを削除するだけで、ストレージの容量に余裕ができメモリ不足を解消することができます。
不要なファイルは「ディスクリーンアップ」で削除することが可能です。

ディスクリーンアップの操作方法については下記記事よりご確認ください。

外付けのHDDを使用する

先ほどストレージの容量が少ないとメモリ不足の原因となるとご説明しました。
つまりストレージの容量を増やすことでメモリ不足も解消することができます。

外付けHDDについては家電量販店や通販サイトなどで購入することができます。

新しいパソコンに買い換える

利用用途とメモリ容量が伴っておらずメモリ不足が起きている場合は、思い切って高スペックのパソコンに買い換えるのもおすすめです。

おすすめのメモリ数

パソコンの使用用途によって必要なメモリ数は異なります。
使用する時に必要となるおおまかなメモリ数についてご案内します。

・4GBがおすすめの場合
インターネット検索や動画閲覧、簡単なドキュメントの作成をメインで行う方は4GBがおすすめです。
上記の操作はそこまでパソコンの負担にならないので、メモリ数が少なめでも快適に使用することができます。

・8GBがおすすめの場合
動画編集やCADツール、グラフィック編集ソフトを使用するなど、クリエイティブ系の作業をする場合は8GB以上のものを選ぶと良いでしょう。

・16GBがおすすめの場合
オンラインゲームの利用を考えている方は16GBがおすすめです。
最近のオンラインゲームはグラフィックの向上も高く非常に多くのメモリが使用されます。そのため快適に使用するためには16GBあると良いでしょう。

また同時に複数の作業をする方なども16GBあるとフリーズせずに快適に使用することができます。

最後に

今回はパソコンのメモリ不足の要因と、解消方法についてご案内しました。
メモリ不足になるのは何らかの原因があるので、困った際の参考にしてみてください。

その警告、本物ですか? マカフィー(McAfee)を装う偽物警告などについて

パソコンを使っているとある日突然画面に現れるメッセージ。

「お使いのパソコンはウイルスに感染しました」

なかにはパソコンから「ブーブー」と大きなアラート音が鳴る場合も。

警告の画面をよく見てみると、そこには有名なセキュリティーソフトのブランドロゴが…

ウイルス感染の表示に慌ててしまっている状況では、警告の標示に従ってつい画面をクリックしてしまいます。

実はこのウィルス警告は偽物であるケースが大変多く、クリックすることにより不正なWebサイトへと誘導されてしまいます。

ではこれら偽警告の正体は一体何なのでしょうか?

今回のブログでは、以前からパソコンユーザーを悩ませている、有名セキュリティソフトなどの名を騙る偽物警告について追いかけていきましょう。

警告の正体は、ブラウザーハイジャッカーによって仕組まれたプッシュ通知

画面に表示されるウィルス感染の通知は、Webプッシュ通知と呼ばれるもの。

この通知自体はウイルスやマルウェアではありませんのでまずはご安心を。

ではなぜウィルス感染を伝える偽のプッシュ通知が頻繁に表示されるようになってしまうのでしょう?

Webプッシュ通知自体は「GoogleChrome」や「マイクロソフトEdge」、「アップルSafari」などの有名プラウザーに必ず搭載されている機能です。

そのごく一般的なプッシュ通知機能が悪用され、偽のウィルス警告がパソコンに表示されているのです。

そのような悪用を可能にしているのが「ブラウザハイジャッカー」というコンピュータウイルスです。

「ブラウザハイジャッカー」って何…?

「ブラウザハイジャッカー」とは、Webブラウザの設定を勝手に変更してしまうコンピュータウイルスです。

有害サイトの広告やページを表示したり、Webサイトの閲覧中に勝手に異なるサイトに誘導するなどの行為を行います。

そして「ブラウザハイジャッカー」は、ユーザーの同意のもとパソコンに侵入しているのです!

いつの間にかウィルスの侵入に「同意」している

普段インターネットをしているとよく画面に表示される「〇〇が許可を求めています」の通知。

「許可」または「ブロック」の問いに答える形式で、広告や情報などの受信の可否を発信元が求めるものです。

つい何気なくしてしまう通知への「許可」。この時点からすでに罠が仕組まれています。

興味のある広告などには「許可」をして、特に見たくなければ「ブロック」をする、いつも何気無くしていることですね。

ほぼ習慣になっている通知への「許可」を利用して「ブラウザハイジャッカー」はパソコンに侵入しています。

大切なのは安易に「許可」をしないこと

「ブラウザハイジャッカー」の侵入を防ぐには、まず安易に「許可」をしないことです。

画面に表示された「〇〇が許可を求めています」の通知。

その「〇〇」の部分に記載されているサイト名を検索エンジンで調べて見ましょう。不正広告を出しているようなサイトかどうかを調べることができます。

「許可」をする前に発信元のサイトが安全なものか確認することが大切です。

偽警告による被害とは…?

では偽の警告をクリックしてしまうと、どのような被害があると考えられるのでしょうか?

・不審なサイトに誘導され、クレジット情報などを騙し取られる。

・電話を掛けるよう案内され、架空の契約を結ばされる。

その他の可能性もありますが、いずれも金銭に絡む深刻な被害と言えます。

またこの偽警告の画面自体も、消しても次々に表示される大変わずらわしいものです。

表示しないようにできないの…?

この大変危険でわずらわしい偽警告の画面、実はブラウザの設定を変えることで表示しないようにすることができます。

操作は使用しているブラウザごとに異なります。ここでは代表的な2つのブラウザ「GoogleChrome」と「マイクロソフトEdge」についての操作方法をご案内します。

「GoogleChrome」の場合

1.画面右上のメニューボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択。

2.表示された「設定」画面上部の「設定項目を検索」に「通知」と入力。

3.表示された画面から「サイトの設定」をクリック。

4.ベルのマークが表示されている「通知」項目をクリック。

5.「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、次に「ブロック」をクリック。

「マイクロソフトEdge」の場合

1.画面右上のメニューボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択。

2.表示された「設定」画面左上部の「設定の検索」に「通知」と入力。

3.表示された画面から「通知」をクリック。

4.「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に「・」が3つ並んでいるボタン)をクリックし、次に「ブロック」をクリック。

マカフィー(McAfee)を装う偽物警告が代表的

今回ご紹介しているブランドロゴを利用したウイルス感染の偽警告、その代表的なのもは、マカフィー(McAfee)を装ったものです。

マカフィー(McAfee)といえば、有名なウイルス対策ソフト。

偽物警告の被害に遭っているパソコンにも、実際にマカフィー(McAfee)がインストールされているケースも少なくありません。

実際にマカフィーがインストールされている場合には、このような偽警告を本物と思い込んでしまいます。

ウイルスソフトにマカフィーを使用されている方はより一層十分な注意が必要です。

この偽警告の件についてはマカフィーの公式サイトからも注意喚起がなされています。

詳しくはマカフィー公式の専用ページをご確認ください。

最後に

今回はウィルス感染を知らせる偽の警告についてお伝えしました。

ウィルス警告の正体は、ブランドを装いユーザー不安な気持ちにさせ、不正サイトに誘導するプッシュ通知というもの。

その原因となるものはユーザーが何気無く行なっている、見知らぬサイトからの通知への「許可」でした。

インターネットでは世界中のサイトにつながり、ネットの向こう側には悪意ある人たちも存在します。

ネット社会の危険を理解し、自分の身は自分で守ることを心がけましょう。

Microsoft IMEの便利機能を使って楽に日本語を入力しよう

パソコンを使うときに一番使っているソフトウェアといえばなんでしょう?
ブラウザでしょうか?ワープロや表計算でしょうか?
たぶんきっと、日本語を入力するソフトウェアではないでしょうか。

Microsoft IMEとは?

Windows10に標準で搭載されている日本語を入力するソフトウェアは「Microsoft IME」(以下MS-IME)といいます。

IME(あいえむいーと読みます)とは、「Input Method Editor」(入力方式エディター)の略で、コンピュータに日本語を入力するためのソフトウェアのことです。

IMEを使うことで、キーボードから入力した文字を、カナ漢字交じりの日本語の文章とすることができるようになるわけです。

MS-IME以外にも、Googleが提供している「Google 日本語入力 」やジャストシステムが提供している「ATOK」などがあります。

MS-IMEには楽に日本語を入力できるいろいろな機能があります

MS-IMEには日本語を楽に入力するためのいろいろな便利な機能があります。
今回はそれらの便利な機能を紹介していきたいと思います

日付や時刻を楽に入力したい

日付や時刻を入力するときに数字で打たなくても入力できる機能があります。

MS-IMEでは、今日の日付を入力したいときは「きょう」と入力するか、「にちようび」というように今日の曜日を入力すると、今日の日付が候補として表示されます。
また「いま」と入力すると、現在時刻が候補として表示されます。

このように「きのう」「あした」や「どようび」「げつようび」のような日付に関連する言葉を入力すると、それに対応する日付が候補として表示されます。

和暦を楽に入力したい

例えば2010年を和暦で入力したい場合、過去のカレンダーで和暦を確認してから入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは「2010ねん」と入力すれば、その年の和暦や干支が候補として表示されます。ちなみに2010年は平成22年で寅年であることがわかります。

ただし、和暦を西暦に変換することはまだできないようです。

住所を楽に入力したい

住所を入力したい場合、すべて日本語で入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは入力したい住所の郵便番号を入力すれば、その住所が候補として表示されます。また、その逆に住所を郵便番号に変換することもできます。

私どもJEMTCを例としますと、所在地は〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁です。この住所を入力したい場合、わざわざ「愛知県名古屋市東区白壁」と入力しなくても、「461-0011」と入力すれば「愛知県名古屋市東区白壁」が候補として表示されます(「4610011」ではなくハイフンつきの「461-0011」と入力します)

また「愛知県名古屋市東区白壁」と入力して、マウスでその文字列を選択してから[変換]キーを押す、または右クリックメニューの[再変換]をクリックすると、再変換の状態となり、その変換候補として郵便番号が表示されます。

読みのわからない漢字を楽に入力したい

読みがわからない漢字はどうやって入力していますか?

MS-IMEではマウス操作で漢字を書いて入力することができる「IMEパッド」という機能があります。

タスクバーの「あ」または「A」アイコンを右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」を選択します。「IMEパッド 手書き」画面が表示されます。その画面の「ここにマウスで文字を描いてください」というところでマウスの左ボタンを押したまま動かすとそこに線が描かれますので、知りたい漢字をマウスで描きます。
そうすると、その右側に漢字の候補が表示されますので入力したい漢字をマウスでクリックすると、その選択された漢字が入力されます。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします 。
表示されたメニューの「IMEパッド」をクリックします。
ここにマウスを使って文字を描きます。
「鯲」は「どじょう」と読むことがわかりました。

候補が表示されないときは「認識」をクリックして、候補を表示させましょう。

誤変換を楽に修正したい

変換したときに違う同音異義語で確定してしまった場合、どのように修正していますか?
いったんすべて削除して、再度入力して変換していますか?

MS-IMEでは直前の誤変換を簡単に修正できる機能があります。
直前の誤変換に気が付いたら、[変換]キーを押します。するとその直前に確定した文字が変換状態に戻って、ふたたび変換候補から正しい文字を選べるようになります。
ただしこの機能は直前1回の変換にしか対応していません。

ひらがなと半角英数字が混在する文章を楽に入力したい

日本語の文章の途中に英語が混じる文章って案外多いかと思います。そのまま入力していけば、英語の部分も全角になってしまうので、まず日本語の部分を確定し、半角に切り替えて英語入力し、また日本語の文章に戻ったときに、全角に戻すというような操作をしていませんか?

もし混じる英語の先頭文字が大文字であれば、MS-IMEでは[Shift]キーを押しながら入力するとそこから大文字半角英字を入力できます。そして[Shift]キーから指を離すと以降小文字半角英字をそのまま入力し続けることができます。
日本語の入力に戻したいときは、[Shit]キーをもう一回押すか、 入力した英字を確定させます。

変換候補が多いときに楽に選択したい

日本語には読みが同じだけれど、漢字が違う言葉が多いですね。特に人名はひとつの読みに対していろいろな漢字があてられています。

通常、読みを入力してスペースキーを一回押すと、変換候補が現れますが、10個以上の変換候補がある場合、最初の9個しか表示されません。その9個の中に変換した単語がなければ、スペースキーで候補を先に進めていくことになるため、何度もスペースキーを押さなければならないことになってしまいます。

MS-IMEでは候補リスト画面で[Tab]キーを押すと候補一覧を一度に最大4列(36候補)表示することができます。

たとえば「剛士」さんの名前を入力したいとき、一覧表示ができると楽になりますね。

なお、「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」からは1列目の最終候補にフォーカスがあたると自動的最大4列の候補一覧が表示されるようになります。

ローマ字入力で小さいかな文字だけ入力したい

小さいかな文字(「ぁ」「ぃ」「ゃ」「ゅ」「ょ」など)だけを入力したいことありませんか?
さてどうやって入力しましょう?
「ちゃんと」のように小さいカナが含まれる単語で入力して、不要な部分を削除しましょうか?

MS-IMEでは、xまたはlをつけることで入力することができます。
xyaやlyaと入力すると「ゃ」になります。

入力履歴は消したい、記録されたくない

複数人で一つのPCを使っているときなど、プライバシーの問題などで、ほかの人に自分の入力した履歴を見られたくない場合があるかと思います。

MS-IMEでは、入力履歴を削除する機能、入力履歴を保存しない設定にする機能があります。

入力履歴は以下の手順で削除します。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします。
表示されたメニューから「設定」をクリックします。
「Microsoft IME」画面の「学習と辞書」をクリックします 。
「学習と辞書」画面の「入力履歴の消去」をクリックします。
確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

これでそれまで入力した履歴が削除されます。

今後履歴が保存されないように設定するにはプライベートモードを有効にします。

先ほどのメニューの「プライベートモード(オフ)」にマウスカーソルをあわせます。
有効/無効が表示されます。「有効」をクリックして有効にします。
「あ」アイコンが錠前がついたアイコンに変わります。

これでプライベートモードが有効になりました。

最後に

今回はMS-IMEで便利に入力するための機能をご紹介しました。
普段何気なくMS-IMEを使っていらっしゃる方も多いかと思います。

このような小技の効いた便利機能を使って、より楽に使いこなしてみるというのはいかがでしょうか。

マイクロソフトのオンラインサービスを便利に使うために…取得しておこう『Microsoft アカウント』

現在は大部分の方が、パソコンはWindows10を使用していることと思います。

シンプルで洗練された画面に、これまでのWindowsを踏襲した操作感で、Windowsユーザーにとってとても使いやすく仕上がっています。

今後リリースが決まっているWindows11も、Windows10の流れをくむ画面デザインとなっています。Windows10に慣れ親しんだユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

そんなWindows10向けのアプリやサービスには、オンライン専用のものがいくつかあります。

オンラインアプリやサービスを利用するには、自身がWindowsのユーザーであることを証明しなくてはなりません。

その自身を証明する会員証のようなものが『Microsoft アカウント』です。

今回は『Microsoft アカウント』の取得方法と、『Microsoft アカウント』で使用できるWindows10のアプリやサービスをご紹介します。

『Microsoft アカウント』は会員証

オンラインアプリやサービスを使用するには、まずは『Microsoft アカウント』のIDとパスワードをWindowsに入力します。

会員証を提示して自身がオンラインで使用しているデータをマイクロソフト社から取得するということです。

ネットショッピングのAmazonなどでIDやパスワードを入力すると、クレジットの情報や購入履歴が記録されているのと同じことですね。

『Microsoft アカウント』の取得方法

『Microsoft アカウント』の取得はとても簡単です。

マイクロソフトのホームページで、『Microsoft アカウント』で使用したいメールアドレスと、パスワードを設定するだけ。

パスワードも、自身で自由に決められます。

手順は下記でご案内します。

まずはインターネットで account.microsoft.com へ移動します。

URLを打つのが面倒な場合は『Microsoft アカウント』で検索しましょう。

開いたマイクロソフトのホームページで、「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

「サインイン」の右「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

メールアドレスと任意のパスワードをそれぞれ登録しましょう。

アカウントで使用したいメールアドレスを入力します。
続けて任意のパスワードを入力します。

アカウントの作成が完了しました。

アカウントの取得が完了しました。さっそくサービスを利用しましょう。

これでさまざまなWindows10のオンラインアプリ・サービスを利用できるようになります。

登録に使用したメールアドレスとパスワードは忘れないように手元に記録しておきましょう。

『Microsoft アカウント』で利用できるアプリやサービス

『Microsoft アカウント』を取得することで、Windows10の使用用途がぐっと広がります。

オンラインアプリやサービスの中には有料のものもありますが、多くが無料で利用できます。

今回のブログではJEMTCがお勧めする無料のオンラインアプリやサービスをご紹介します。

メールサービス『Outlook』

『Outlook』とはマイクロソフト社が提供するフリーメールサービスです。

『Outlook』もアカウントの取得はとても簡単です。

こちらも『Microsoft アカウント』のときと同様で、マイクロソフトのホームページでメールアドレスとパスワードを入力するだけです。

アカウントの作成はこちらのURLから

または『Outlook』で検索しましょう。

『Outlook』は無料で使用できて、Microsoft Office に同梱される有料版と比べても、広告が表示されること以外には、そん色ない使い心地です。

フリーメールは複数のアカウントを所有できるので、お仕事用。お買い物用などに分けて使えるのも魅力です。

オンラインストレージ『OneDrive』

マイクロソフト社が提供するオンラインストレージサービスが『OneDrive』です。

『OneDrive』では有料プランもありますが、無料で使用できるのは5ギガまで。

ライバルとなる「Google Drive」(Google社が提供するオンラインストレージ)の無料プランが容量15ギガ。

それを考えると少々見劣りがしますが、15ギガと言えば、一般的な写真を2メガとすると2,500枚も保存できる計算になります。

『Outlook』などとアカウントを共有できる点を考えると、「これで十分!」とも言えます。

『OneDrive』の利用を始めるには、まずこちらへアクセス。

または『OneDrive』で検索してください。

デジタルノート『OneNote』

『OneNote』とはパソコン画面をノートに見立ててメモを書き記したり写真を貼ったりすことができるノートアプリです。

あまり耳慣れないアプリかと思いますが、まるで本物のノートのような使い心地のアプリです。

『OneNote』のすごいところは自由な位置に書き込めること。また本物のノートのようにページをめくる感覚でデータを管理します。

『OneNote』のことは、JEMTC発行のパソコン雑誌『趣味のPC』のバックナンバーにて詳しく取り上げています。気になる方は下記をチェック!

『趣味のPC』2019年8月号

『趣味のPC』2019年9月号

『OneNote』はインストール型のアプリですが、データは『OneDrive』に管理されます。

『OneDrive』に管理されたデータは、『Microsoft アカウント』を使うことで閲覧・編集ができます。

『OneNote』のダウンロードはこちらから。

または『OneNote』で検索!

アプリストア『Microsoft Store』

最後にご紹介するのは、マイクロソフト社のアプリストア『Microsoft Store』です。

配信されているアプリはゲーム・健康・学習などジャンル多彩!

無料のアプリもたくさん配信されているので、欲しいものを見つけてダウンロードしましょう。
※アプリのダウンロードはあくまでも自己責任でお願いします。

『Microsoft Store』からアプリを入手するときにも『Microsoft アカウント』を使用します。

ここまで、『Microsoft アカウント』で利用できる無料サービス・アプリをいくつかご紹介してきました。

『Microsoft アカウント』を持っていると、Windows10のさまざまなオンラインサービスを使えて、パソコンの用途が広がることがわかりますね。

『Microsoft アカウント』で端末を越えてデータを共有

はじめにお伝えしたように、『Microsoft アカウント』は会員証の役割を果たします。

ひとつの会員証でパソコンやスマホなど、複数の端末からログインし、同じデータを共有できます。

今回ご紹介した、メールやクラウド、ノートアプリは、複数の端末で共有できるととても便利。好きな場所から好きなときにメールを確認したり、データをチェックすることができます。

最後に

フリーメールやLINEアプリなど、オンラインでのサービスが当たり前のように普及している現在、私たちは意識することなくそのサービスを利用しています。

情報の漏洩なども心配される中、それらオンラインサービスを安全に利用できているのは『アカウント』で管理されているからです。

マイクロソフト社が管理する『Microsoft アカウント』は、安全性も高く、安心して使用することができます。

『Microsoft アカウント』がまだの方は、ぜひ取得してさまざまなサービスでパソコンをもっと便利に使いましょう。