ショートカットキーでワープロソフトの操作をすばやく

パソコンのアプリの中でも、使用する機会の多いワープロソフト。

ノートパソコン有償譲渡会でお譲りしたパソコンにも、ワープロソフトがインストールされています。

「ワープロ」と書かれた、青色のデスクトップアイコン。

製品名はキングソフト社が開発した「WPSオフィス/Witer(ライター)」です。

ワープロソフト独自のショートカット

ショートカットキーと言えば、複数のアプリで共通のものも多くあります。

代表的なものには「Ctrl+C」(コピー)、「Ctrl+V」(貼り付け)、「Ctrl+S」(保存)などがありますね。

他にもショートカットキーは無数に存在しますが、中には「ワープロソフト」専用のショートカットキーもあります。

ショートカットキーを使えば、キーボードからマウスに持ち替えることなく文字入力を続けることができ、効率がぐっと上がります。

ワープロ専用ショートカットキーのご紹介

では、「ワープロソフト」専用のショートカットキーにはどのようなものがあるのか、実際に紹介をしていきます。

■カーソルの移動

【Ctrl + Home / End】:文書の先頭、末尾に移動する

【Ctrl + ↑↓】:前後の段落に移動する

【Ctrl + PageUp / PageDown】 前後のページの先頭に移動する

【Ctrl + G】 指定のページに移動する

入力欄にページ番号を入力すると、そのページにジャンプします。

■文字の選択

【Shift + ↑↓】:1行ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の行も合わせて選択します。

【Ctrl + Shift+ ↑↓】:1段落ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の段落も合わせて選択します。

■文字の入力

【Ctrl + Enter】:新しいページを挿入する

【Alt+ I  メニュー表示後に T】:日付・現在時刻を入力する

入力する日付の書式を選択しましょう。

最後に

すでにご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、いままでご存じでなかった方は目からウロコではないでしょうか?

今回ご紹介したショートカットキーは、あくまで「WPSオフィス/Witer(ライター)」についてのものです。

他のワープロソフトでは対応していない場合もりますのでご了承ください。

ワープロソフト専用のショートカットキーはまだ他にもいくつかありますが、それはまた別の機会に。

ショートカットキーを使いこなして、ワープロソフトの操作をすばやく!

作業をはやく終わらせて、残った時間を有意義に使いましょう。