無線と有線どちらがおすすめ?

パソコンにインターネットやマウス、プリンターなどを接続する際、有線・無線どちらが良いんだろう…と迷ったことはありませんか?

どちらを使用しても大差はありませんが、それぞれメリット・デメリットがあるので確認していきましょう。

有線LANの場合

まずは有線のメリット・デメリットを紹介していきます。

○有線LAN使用時のメリット

・高速通信で使用でき、通信速度が安定する

・LANケーブルを差すだけなので、設定がしやすくセキュリティ面も安心できる

・LANケーブルを増やせば簡単に接続台数を増やすことができる


○有線LAN使用時のデメリット

・LANケーブルは消耗品のため損傷するリスクがある

・配線の工夫をしないとケーブルがごちゃごちゃして煩わしい


無線LANの場合

次に無線LANのメリット・デメリットを紹介します。

○無線LAN使用時のメリット

・ケーブルに繋ぐ必要がないので見た目がスッキリし、部屋の中がごちゃごちゃすることがなくなる

・無線が届く範囲であれば、場所を選ばずに作業ができる


○無線LANのデメリット

・ルーターから離れれば離れるほど電波が届きにくなる為、通信速度が遅くなったり切断される 

・複数の端末を同時に接続すると、電波が不安定になる

・電波を飛ばしている為、情報が漏洩したり抜き取られるリスクが高くなる


どちらを選べばいいの?

では有線、無線どちらを選択すればいいのでしょうか?

場所を固定して使用する、接続する端末が多い場合は有線を、
自由に移動しながら使用する場合は無線を と、
使う目的や場所、用途になどによって使い分けるのがポイントです。

またパソコンは有線、マウスやプリンターは無線など使用する機器によって使い分けるのもおすすめですよ。