液晶モニタの表面処理について

皆さんがお使いになっている、ノートパソコンやデスクトップパソコンの液晶モニタには、偏光フィルターという物が設置されています。

この偏光フィルターの表面処理の仕方によって、液晶は2種類に分かれます!

その2種類を、光沢液晶ノングレア(非光沢)液晶といいます。

聞いた事があるという方も多いかもしれませんね、それぞれメリット・デメリットがあるので

今回は光沢液晶とノングレア液晶の特徴について紹介したいと思います!

光沢液晶

光沢液晶は見栄えが良く、高級感があるので

電気屋さんに展示されているノートパソコンのほとんどがこの光沢液晶を搭載しています。

光沢液晶は表面がツルツルピカピカになっており、光を多く反射するようになっているのが特徴です。

画面の明暗の差が大きく、特に黒が引き締まって見えると言われているのでキレイな画面でパソコンを楽しむ事が出来ます。

デメリットとしては、光の反射が強いので、画面の角度によっては蛍光灯や

部屋の背景が画面に写りこんでしまう事があります。

反射によって画面が見づらい状態だと目が疲れやすく、長時間の作業には向かないといわれています。

また照明の条件によって見え方が左右され、明るい場所での使用には向いていません。

ノングレア液晶

非光沢液晶、アンチグレア液晶ともよばれています。

ノングレア液晶は、私達には分からないレベルで表面がザラザラ・デコボコになっているので

光を反射しにくく、光沢液晶のような写り込みも殆どありません。

長時間の使用でも目が疲れにくいので、企業・官公庁などで使われるパソコンには殆どノングレア液晶が採用されています。

照明による影響を受けにくく、明るい場所で使用しても写り込みが少ないので

公共の場所に設置されるような液晶モニタにも、ノングレア液晶が選ばれる事が多いです。

デメリットとしては、光沢液晶のようにメリハリのある発色は出せないので

光沢と比べると地味に見えてしまいます。

最後に

このように液晶の光沢、非光沢によって見え方や目の疲れ方にも違いが出てきます。

見た目を重視される方は光沢液晶、実用性を重視される方はノングレア液晶が適しているといえるでしょう。

パソコンや液晶モニタを選ばれる際には参考にしてみてください!

シークレットモードの使い方

みなさんはシークレットモードという機能をご存じですか?

通常であればブラウザの閲覧履歴や検索結果などはパソコン上に残ってしまいますが、シークレットモードを使用すれば閲覧履歴を残すことなく使用することができるんです!

人にパソコンを貸してもらう時や、共通のパソコンを使用している時など、履歴を残したくない!って方は必見の機能です。

シークレットモードとは?

シークレットモードは、Google Chromeが提供している閲覧履歴や検索結果などを毎回削除する機能になります。

Google Chromeだけでなく他のブラウザでも同様の機能があり、名称はブラウザによって異なります。

シークレットモード(Google Chrome)
・InPrivateブラウズ(Internet Explorer)
・プライベートブラウジング(Firefox)
・プライベートブラウズモード(Safari)
・プライベートウィンドウ(Opera)

メリットとデメリット

シークレットモードにはメリットとデメリットがあるので、使用前に一度確認してみましょう。

・メリット

シークレットモードではサイト上に入力したログイン情報なども残さずに使用することができます。ネットショッピングの際の個人情報や、クレジットカード情報なども残らないので安心して使用が可能です。

・デメリット

デメリットとしては過去に入力したログイン情報が残らないので、会員制サイトの場合は毎回入力する必要があります。
また履歴が残らないので、またあのサイト見たいって時に辿りつくのが困難なことも…。 少し気になるなってサイトを見つけた際には、お気に入りなどに入れておくのをお勧めします。
ただお気に入り履歴はそのままなので、注意してくださいね。

シークレットモードの使用方法

Google Chromeを立ち上げ、画面右上の設定ボタンをクリックし、「シークレットウィンドウを開く」を選択します。

クリックすると、シークレットモードが起動されます。

シークレットモードを起動させると、画面が黒くなります。

この状態になったら、履歴等は残さずに使用することができます。

とても利便性が高いシークレットモードですが、メリット・デメリットがあるので、使用状況に合わせて使い分けてみましょう。

意味が全然違う!?間違えやすいパソコン用語

普段使っている何気なく使っているパソコン用語で、自分で認識している意味とは違っていた!なんてことはありませんか?

今回は、初心者の方が間違えやすいパソコン用語をご紹介します。

ダウンロードとインストール

インターネットなどから、データを取得する場合をダウンロードといいます。
ソフトウェアやアプリケーションなどを、システムへ導入することをインストールといいます。

USBメモリや、SDカード、CDからデータを移動させる場合は、データをダウンロードしているわけではなく、データコピーをしているだけになります。

アップデートとアップグレード

アップデートとは、インストールしているソフトウェアなどを同じバージョン内で更新することを言います。
例えば、Windows 10のバージョンが10.01の場合、アップデートすると10.02となります。


それに対しアップグレードとは、バージョンを上位へ上げることをいいます。Windows 7のバージョンから、Windows 10へ変更するような場合は、アップグレードとなります。

初期化とリセット

基本的にあまり使用しない機能ですが、間違えて覚えてしまうと取り返しがつかないので、注意が必要です。


リセットは、内部プログラムなどが誤動作を起こし、正常に作動しなくなった際に再起動することをいいます。

それに対して、初期化は「リカバリ」ともいいます。
内部状態を購入したばかりの状態に戻すことをいいます。
一度初期化をしてしまうと設定をはじめからやり直す必要がありますし、保存していたファイルなどのデータも消えてしまうので、作業を行う際は注意が必要です。

メモリとハードディスク(HDD)

メモリとHDDは別物になります。
HDDは、フォルダや写真などデータを保存できる容量を指しますが、メモリは 一時的にデータを読み込んでおくところで、大きいほど処理能力が高まります。

分かりやすくいえば、メモリは作業机の広さ、HDDは本棚になります。
本棚の本を勉強するときに、作業机が狭いと効率よく勉強することができないのと一緒です。

ファイルとフォルダー

ファイルは、データそのものをいいます。

フォルダーは、ファイルを収納する入れ物のことを言います。

最後に

今回は、間違えやすいパソコン用語をいくつかご紹介しました。

パソコン用語の勘違いで致命的なトラブルを誘発している例も多いですから、 今回ご紹介したパソコン用語以外も、この機会に改めて見直してみてはいかがでしょうか。

パソコンでラジオを聴こう インターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の紹介

皆さん、ラジオを聴くのは好きですか?

ラジオといえば、家事をしながら、車の運手のお供として、受験勉強の息抜きに…

何かをしながら…の、ながら作業の良きパートナーです。

トランジスタラジオ、ラジカセ、ステレオオーディオセット…、以前では家庭に必ず一つはあったラジオですが、最近ではラジオを聴く人も少なくなったそうです。

ラジオは人の声で番組が進み、どこか温かみのあるように感じます。聴く人が減っているのは残念ですね。

ですが、インターネットが進んだ現在では、デジタルコンテンツとしてのラジオが普及し、メディアとしての人気を取り戻しているんです!

今回は、インターネットで聴くラジオ『Radiko(ラジコ)』をご紹介します。

『Radiko(ラジコ)』とは

『Radiko(ラジコ)』は、株式会社radikoが運営する、インターネットでラジオ番組を配信するサービス。

料金は…基本的には無料です。かかるのは、ネット通信費とパソコンを動かす電気代。

その点は従来のラジオと同じですね。

では従来のラジオと違う点は何でしょうか?

それは、デジタルならではのクリーンな音で番組を楽しめること。

選局は、聴きたい放送局や番組名をクリック。ラジオのダイヤルを回して周波数を合わすなんて、そんな時代もありましたね。

ノイズが混じったラジオの音声も味わい深いですが、好きな番組はクリーンな音で聴きたいですよね。

聴き逃した番組は『タイムフリー』で

好きな番組を聞き逃しちゃた… ラジオの時間に用事が重なって…

そんなときに便利なのが、ラジコの『タイムフリー』機能。

放送が終了した番組を、遡って視聴できます。

番組の一時停止・巻き戻し・早送りもできちゃいます。

番組がデジタル化されているラジコならではのサービスです。

こんな便利な機能も無料なんです。ただ、遡れるのは24時間までですのでご注意ください。

聴きたい番組を探せる『検索』機能

聴きたい番組がなかなか見つからない… そんな時は『検索』機能を使いましょう。

番組名はもちろん、出演者、ジャンルなどから探せば、検索結果がズラリ。

番組情報をチェックして、気に入った番組を再生して聴きましょう。

有料プランも

これまでご紹介した無料の機能はデジタルコンテンツであるラジコの特徴です。

それ以外にも、有料のプランもあります。

ラジコの『エアフリー』プラン。日本全国のラジオ番組が聞き放題です。

これまでは、電波が届く範囲の番組を聴くのがラジオ放送の鉄則でした。

日本全国の放送を聴くことができるのは、インターネットラジオならではですね。

スマホでも『Radiko(ラジコ)』

パソコンだけじゃなく、ラジコはスマホでも楽しめます。

専用アプリをインストールするだけ。もちろん無料です。

スマホ版も、パソコン版と同じ機能が使えて、ラジオ放送をとことん楽しめます。

スマホでラジオを聴いていると、まるでトランジスタラジオのようですね。

今回はインターネットラジオ『Radiko(ラジコ)』の良いところを沢山ご紹介しました。

気になった方は、いちど『Radiko(ラジコ)』でラジオを聴いてみてください。

パソコンをしながら? 家事をしながら?

ながら作業が、きっとはかどりますよ!