Windows10の新機能と使えなくなる機能とは

現在、家電量販店などで販売されているパソコンのほとんどはWindows10になっています。
今回はWindows10にすることで使えるようになる新機能と逆に使えなくなる機能についてお話ししたいと思います。

使えるようになる機能

  • Windows10の新ブラウザーMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)
    Windows10ではインターネットブラウザが新しくなりました。
    新しいブラウザーだとうまく表示されないページもあるので、その時は今まで使っていたIE(インターネットエクスプローラー)を使うことも可能です。
  • タスクビューでのアプリを切り替え
    これまではアプリケーションを切り替えて使う時、キーボードの「Alt+Tab」で切り替えていましたが、Windows10では今開いているアプリケーションの一覧を表示してそこから選択できる機能が追加されました。
    使い方は簡単!タスクバーの「タスクビュー」ボタンをクリックします。すると起動中のアプリケーションが表示されるので、切り替えたいものをクリックすればOKです。
    キーボードで操作をする場合は、「Windowsボタン+Tab」を押すことでタスクビューが開きます。あとは矢印で目的のアプリケーションを選択してEnterを押せばOKです。
  • 仮想デスクトップを使って作業環境の切り分け
    仮想デスクトップ機能を使うと複数の作業を効率よく進めることが出来ます。
    例えば、[インターネットで調べながらWordで資料を作る作業]と[メールを確認しながらExcelで見積書を作成する作業]を同時に行っている場合、1つのデスクトップに4つのアプリケーションが開いていることになります。これだと作業が混乱する可能性がありますね。これを仮想デスクトップを使うことで
    「デスクトップ1:ブラウザーとWord」
    「デスクトップ2:メールとExcel」というように作業ごとにアプリケーションを開いているデスクトップを増やして切り替えながら使うことが出来ます。
    使い方は、先ほど紹介したタスクビューの画面右下の「新しいデスクトップ」ボタンをクリックすると画面下にデスクトップ1(今までのデスクトップ)とデスクトップ2(新しいデスクトップ)が表示されます。タスクビューを使ってアプリケーションの移動やデスクトップの切り替えを行うことが出来ます。

使えなくなる機能

  • Windows Media Center
    テレビを見たり録画したり、音楽を再生したりとさまざまなマルチメディアコンテンツを操作できるソフトです。Windows 10にはこれがありませんが、テレビ機能が付いているパソコンだと別に再生・録画ソフトが付いていることが多いのであまり気にならないかもしれません。
  • DVD再生機能
    Windows7では標準でDVD再生機能が付いていましたが、Windows10にはこれが無いので別途DVD再生ソフトが必要になります。こちらも別の再生ソフトが入っている場合や無料のDVD再生ソフトで代用できそうなので問題ないかもしれません。
  • Windows7のガジェット
    Windows8から既になくなってしまった機能ですがデスクトップ上に天気やアナログ時計、ニュースなどを表示できるソフトが使えなくなります。
  • ソリティアやマインスイーパーなどのゲーム
    Windows7で慣れ親しんだゲームは入っていません。もし使いたい場合は、Windowsストアから新しいものが無料でダウンロードできます。

最後に

仮想デスクトップなどの新しい機能を使いこなすことで作業を効率的に進められそうですね。
ただ、今使っているアプリケーションや機器がWindows10では動作しないこともありますのでご注意ください。

(出典:https://www.microsoft.com/JA-JP/windows

パソコンの利用を快適にする、おすすめ便利グッズ!

仕事やプライベートにパソコンを利用している方も多いかと思います。毎日のように使うパソコンだからこそ快適に使いたいものです。
今回は、パソコンを便利にそして快適に使うことのできるグッズをご紹介していきます。

 

便利系のグッズ

  • ハンディスキャナー
    あらゆる書類をスキャンして保存しておくことができます。書類が減ればデスク周りもスッキリです!最近では、スキャンしたデータをWiFiでパソコンに送ることのできる製品が人気です。
  • 記録メディア
    さまざまなデータを記録しておくためのものです。特にUSBメモリーは、携帯性にも優れた小型の製品も多く非常に便利です。
  • ケーブル収納グッズ
    電源ケーブルやUSBケーブルなど、パソコン周りにはたくさんのケーブルがあります。ケーブルをまとめておくことのできるアイテムを使えば、持ち運びの際にも便利です。

メンテナンス用のグッズ

  • エアダスター
    キーボードやファン周りには、思いのほか埃がたまってしまうものです。たまった埃を放っておくとパソコンに悪影響があります。エアダスターで定期的に埃を飛ばすようにしましょう。
  • 液晶クリーナー
    最近ではタッチ操作が可能なディスプレイも増え、液晶の汚れがより目立つようになりました。液晶対応のクリーナークロスを使えば、手垢などの汚れで画面が見づらくなってしまうこともなくなるでしょう。

快適なパソコン利用のためのグッズ

  • リストレスト
    リストレストはキーボードやマウスの手前に置いて、手首や手のひらをのせるためのクッションです。
    長時間パソコンを使用していると手首や指が疲れてきますが、リストレストを使用することでこういった疲れが軽減されるでしょう。リストレストは様々なタイプが市販されていますので、ご自身に合う製品を見つけてくださいね。
  • ブルーライト対応メガネ(PCメガネ)
    LED液晶画面からのブルーライトを軽減してくれるメガネです。ブルーライトをカットすることで、目の疲れを軽くする効果が得られると言われています。
  • USB扇風機
    USBに接続して使うタイプの扇風機です。電力はパソコンから得るので電源が必要なく小型のため携帯性にも優れています。
    パソコン周辺は温度が高くなることが多いので、特に夏場には活躍してくれそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ご紹介した便利グッズの他にも様々な製品がありますので、自分に合ったものを見つけて快適なパソコン生活を送ってくださいね。

タッチパネル搭載のパソコン、こんな使い方が!

最近ではタッチパネル搭載のパソコンや液晶モニターを家電量販店などでも多く見かけるようになってきました。
キーボードやマウスで操作するのがメインとなるパソコンにタッチパネルが搭載されていても、どう使うのかイメージしづらい方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんなタッチパネル搭載パソコンがどんな場面で有効なのかをご紹介します。

 

タッチパネルのこんな使い方

1.Windowsアプリ
タッチパネル搭載パソコンの多くにはWindows8(ウィンドウズエイト)が入っています。なぜならWindows8自体がタッチ操作に最適化されたOS(オーエス)ということもあり、様々なWindows8専用のアプリが提供されています。これらのアプリはタッチ操作を前提に開発されているので、スクロールや拡縮、複数箇所の同時選択等の操作がしづらいなどのストレスを感じずにアプリが利用できます。

2.画面の拡大と縮小
スマートフォンやタブレットでもおなじみですが、指2本で簡単に拡大と縮小が出来ます。ネットサーフィンなどで小さい画像の拡大や拡大した画面を元に戻すのに非常に便利です。
キーボードやマウス操作だとショートカットを覚えたり、ボタンをいくつか押さないといけない場合もあるのでタッチ操作のほうが指2本で手軽にできてしまうので楽ですね。

 

最後に

非常に手軽で直感的に操作ができるタッチパネル搭載パソコン。まだまだ紹介しきれない機能や使い方もあります。
スマートフォンやタブレットをお使いの方であればすぐに操作に慣れるでしょうし、初めてタッチ操作する方でも説明書がイラスト付きになっている事も多くて分かりやすいです。
この機会にタッチパネル搭載パソコンを使ってみるのはいかがでしょうか。

 

無線LANが繋がらないときの確認と対策

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。
無線LANを使い始めたが全く繋がらない、もしくは急に無線LANが繋がらなくなった場合を対象として、具体的な対策を説明します。

無線LANの仕組み

はじめに、無線LANの仕組みについて理解しておきましょう。
「無線LAN」とは、LANケーブルなどの物理的な配線を必要としないネットワーク接続のことです。タブレットPCやスマートフォンの普及にともない、幅広く利用されるようになりました。
無線LANを利用するためには、パソコンやスマートフォンなどの機器(子機)から、アクセスポイント(親機・ルーター)を介してネットワークに接続します。

 

無線LANがつながらなくなった時の確認と対策

それでは、無線LANが繋がらなくなったときの確認と対策についてご紹介していきましょう。上で説明した無線LANの仕組みを頭に入れてから読み進めると、理解しやすいかと思います。

  • セットアップが完了していない
    最初から無線LANが繋がらない場合は、セットアップが完了していない可能性が高いでしょう。ルーターなどに付属しているセットアップガイドを参考にして、全ての手順が完了しているかを確認する必要があります。また、ステルスモードやMACアドレスフィルタリングなどの設定をしているかどうかも、同時に確認しておきましょう。
  • パソコンやスマートフォンの設定ができていない
    親機側のセットアップが正常に完了しているにも関わらず無線LANに繋がらない場合は、パソコンやスマートフォンなどの子機側の設定ができていない可能性が高いです。
    パソコンやスマートフォンの無線接続がONになっているか、SSIDやパスワードの入力は正しくできているか、などをチェックしてみてください。
    また、設定ではありませんがパソコンやスマートフォンを再起動することで無線LANに接続できるようになる場合もあります。併せて試してみてください。
  • ハードウェアのトラブル
    無線LANに繋がらない、もしくは繋がらなくなった原因としてハードウェアのトラブルも考えられます。例えば、ルーターや親機が故障している場合があるので、正常に動作しているのか確認する必要があります。
    正常に動作していない場合はハードウェアの交換や修理を行うことになります。
  • ソフトウェアの更新
    無線LANが断続的に繋がる、もしくは接続が不安定な場合に多いのですが、ファームウェアやドライバーの更新が必要な場合も考えられます。
    念のためにソフトウェアの更新も行うと良いかもしれません。
  • セキュリティー対策ソフトの設定
    セキュリティー対策ソフトは、ファイアーウォール機能でネット通信をチェックしています。この設定が厳しすぎるために、無線LANに繋がらないことがあります。
    この場合は、ファイアーウォール機能の設定を変更することで解決するでしょう。

 

最後に

無線LANは有線での場合と比較して、通信速度や安定性では劣っています。しかし、それを上回るメリットが得られることも事実です。
最近では無線LAN環境が急速に普及しており、無線LANがネットワーク接続のスタンダードになりつつあります。
業務効率化はもちろんのこと、ネットを十分に楽しむためにも、こういった知識は身につけておきたいものですね。