ブラウザを使いこなしてインターネットを楽しもう!

わたし達が普段、インターネットを見る為に利用しているソフトの事を「ブラウザ」と呼びます。

スマホなどでも、インターネットで検索する時にはブラウザを使います、つまり、現代ではほとんどの人が日常的に使っているソフトなんです。

しかし、ブラウザの機能を使いこなしているという人は少ないのではないでしょうか。

ブラウザには、インターネットを快適に楽しむための様々な機能が搭載されています。

そんな便利機能を使わないでいるのはモッタイナイ!

今回は、世界で最も使われているブラウザ「Google Chrome」の便利機能を

基本的な機能も含めて紹介していきます!

ブックマーク機能

ブックマーク機能は多くの方が利用されている機能だと思います。

(Internet Explorer、Microsoft Edgeではお気に入りという名前になっています)

一度ブックマークに登録したページは、リストから簡単に開けるようになり

インターネットを楽しむ上ではほぼ必須の機能といえます。

Google Chromeでのブックマークの追加・確認方法は以下の通りです。

ブックマークの追加方法

ブックマークに登録したいページを開き

右上の☆マークをクリックして「ブックマークを追加」をクリックします。

「ブックマークを追加しました」という画面が表示されます。

この際、ブックマークの名前を自由に設定出来ます。

ブックマークの確認方法

右上の「その他」アイコン(縦に3つ点が並んだアイコン)をクリックします。

「ブックマーク」の項目にカーソルを合わせます。

ブックマークに追加したページが確認出来ます。

また、ブックマークに追加したページは

ブラウザの上側にあるブックマークバーでも確認が出来ます。

ブックマークバーが表示されていない場合は

先程のブックマークの項目から「ブックマークバーを表示」にチェックを入れましょう。

リーディングリスト

リーディングリストは、ブックマーク機能に似ていますが

ブックマーク機能に比べ、一時保存の意味合いが強いのが特徴です。

リーディングリストの追加方法は、ブックマークの追加とほとんど同じで

「ブックマークを追加」の代わりに「リーディングリストに追加」をクリックします。

右上の「リーディングリスト」をクリックすると

リストに登録したページの一覧が確認出来ます。

リーディングリストは未読と既読で分かれて表示されるので

気になるページを見つけたけど、時間がないから後で見ようという時にひとまずリストに登録して

見終わったらリストから削除するという使い方が出来ます。

削除したい時は、リストの一覧から該当のページ名にカーソルを合わせて

右側に表示される「×」をクリックしましょう。

タブの管理

Google Chromeでインターネットを利用していると

上部のタブがいっぱいになってしまって

自分が今、何を開いているのか分からなくなる事があります。

このように増えすぎたタブを管理する為の機能を紹介します!

タブの一覧表示

右上の▼マークをクリックすると、開いているタブの一覧が表示されます。

この一覧から開きたいタブを選ぶ事も出来ますし

必要ないタブを選んで、右側の「×」ボタンをクリックする事で不要なタブを閉じる事も出来ます。

また、ここでは最近閉じたタブも確認出来るので

間違えて閉じたタブがあっても、すぐに復帰出来るようになっています。

タブのグループ化

Google Chromeでは、開いているタブをグループで分類して管理する事も出来ます。

グループの作成

グループにしたいタブの1つを右クリックし、「タブを新しいグループに追加」をクリックします。

グループの名前を入力し、イメージカラーを選択しましょう。

グループへタブを追加

グループを作成すると、タブの右クリックで表示される

「タブを新しいグループに追加」が「タブをグループに追加」に変わります。

カーソルを合わせると、作成したグループ名が表示されるので

グループに追加したいタブがあれば、そのグループ名をクリックしましょう。

また、追加したいタブをグループにドラッグする追加方法もあります。

タブをグループの部分に向けてドラッグして

枠がグループの色に変化した所で離すとグループへ追加されます。

グループの解除

グループを解除したい時は、解除したいグループ名を右クリックして

「グループを解除」を選択します。

この際「グループを閉じる」を選択すると

グループに追加されているタブの一覧を全て閉じれます。

グループ化のメリット

グループに追加したタブは、グループの色で表示されるようになるので、見分けがつきやすくなります。

また、タブの一覧表示時にグループ名が表示されるようになります。

他のタブを開いている状態で、画面上部のグループ名をクリックすると

グループ内のタブを折りたたむ事が出来ます。

再度グループ名をクリックする事で、折りたたまれたグループの一覧が再表示されます。

グループ機能を活用すれば、たくさんのタブを開いていても

スッキリした状態でインターネットを楽しめます!

シークレットモード

1つのパソコンを複数人で使い回している場合

インターネットの検索履歴が他の人にも見られたり

WEBメールをご使用されている場合

保存されているアカウントの情報から、他の人にもメールが見られてしまう可能性があります。

小さいお子さんがパソコンを触れる環境だと

保存されているクレジットカードの情報から、勝手に買い物をされてしまう危険性も・・

そんな時に便利なのがシークレットモードです。

シークレットモード中は閲覧履歴が残らず、ページに入力した情報も保存されません。

シークレットモードの使い方

右上の「その他」アイコン(縦に3つ点が並んだアイコン)をクリックします。

表示されたメニューから「新しいシークレットウインドウ」を選択します。

新しいウインドウが開き「シークレットモードです」という画面が表示されたら

それ以降、シークレットモードでインターネットをご利用出来ます。

シークレットモードでは、情報が保存されない分

ページにログインする為のIDやパスワードはその都度入力する必要があります。

ただ、通常モード中に保存された情報は、シークレットモードにも反映されるので注意しましょう。

通常モード中の閲覧履歴や、予測変換なども表示されます。

シークレットモードの解除

シークレットモード中は、画面右上に「シークレット」と表示されています。

シークレットモードを解除する際は、この「シークレット」をクリックして

「シークレットモードを終了」を選択します。

ゲストモード

ゲストモードは、シークレットモードよりもプライバシー性が強化されたモードです。

シークレットモードでは、通常モードで利用していた際の情報が一部反映されますが

ゲストモードでは全く反映されなくなります。

ブックマークに登録したページも、ゲストモードでは表示されなくなるので

まるで、別のパソコンでインターネットを利用しているような状態になります。

ゲストモードの使い方

右上の「ユーザー」アイコン(人型のアイコン)をクリックし、「ゲスト」を選択。

「ゲストモードでブラウジング中」という画面が表示されたら、それ以降ゲストモードとして利用出来ます。

ゲストモードの解除

ゲストモード中は、画面右上に「ゲスト」と表示されています。

ゲストモードを解除する際は、この「ゲスト」をクリックして

「ゲストモードを終了」を選択します。

最後に

色々なGoogle Chromeの便利機能を紹介しましたが、どうでしょうか?

既に活用されている機能も、初めて知った!という機能もあったかと思います。

ここで紹介しきれなかった機能もいくつかあるので

それらは次の機会にまた紹介したいと思います。

全ての機能を使う必要はありませんが、便利だと思った機能はぜひ活用してみてください!

仮想デスクトップ機能で複数画面化!作業効率をアップしよう!

 Webを見ながら資料を作成するいうような作業をしているとき、Web画面を大きくするとワープロ画面が小さくなってしまい、ワープロ画面を大きくするとWeb画面が小さくなってしまって、作業するのがとても大変というようなことはありませんか?

ワープロとWebブラウザの画面をうまく調節しながら使わないといけないのはとても大変

そのようなときには「仮想デスクトップ」を活用してみてはいかがでしょうか。

仮想デスクトップとは?

 仮想デスクトップとは、パソコンのデスクトップ環境を拡張して、1台のパソコンで複数のデスクトップ環境が使えるようになる機能です。
 この機能を使うと複数のアプリを使って行う作業が効率的にできるようになります。
 仮想デスクトップ1はWeb参照用としてWebブラウザだけ開いたデスクトップにし、仮想デスクトップ2はワープロ用としてワープロソフトだけ開いたデスクトップにし、それらの仮想デスクトップを切り替えてながら使うことができます。

仮想デスクトップとマルチディスプレイ

Windowsのデスクトップ環境を広く使うことができる機能には、もう一つマルチディスプレイという機能もあります。

この二つの違いはなんでしょうか?

 マルチディスプレイとは1台のパソコンに複数台のディスプレイを接続してデスクトップを拡張する機能となり、仮想デスクトップとは1台のディスプレイに複数の仮想的なデスクトップを表示させる機能となります。

 わざわざ2台のディスプレイを用意しなくても、またスペース的に2台のディスプレイを置けない環境でも、仮想デスクトップ機能を利用すれば、2台以上のディスプレイを使うかように効率良く作業ができるようになります。

物理的に2台のディスプレイを使うことをマルチディスプレイといいます
1台のディスプレイに仮想的なデスクトップを複数構成することを仮想デスクトップといいます

仮想デスクトップの操作方法

 それでは仮想デスクトップの使い方を説明していきます。

新しい仮想デスクトップを作成する方法

 まずは新しい仮想デスクトップを作ってみましょう。

(1) タスクバーの「タスク ビュー」をクリックします
(2) 「+ 新しいデスクトップ」をクリックします
(3) 新しいデスクトップが作成されます

またキーボード操作で作成することも可能です。
Windowsキー + Ctrlキー + Dキーを押すと新しい仮想デスクトップが追加されます。

なお、すでに2つ以上の仮想デスクトップを作成している場合は、
「新しいデスクトップ」の画面の中の「+」をクリックします

仮想デスクトップを切り替える方法

 作成した仮想デスクトップは切り替えて使いこなしていきます。
仮想デスクトップの切り替え方を説明していきます。

(1) タスクバーの「タスク ビュー」をクリックします
(2) 使いたい仮想デスクトップをクリックします
(3) 選択した仮想デスクトップが表示されます

 またキーボード操作で切り替えることも可能です。
 Windowsキー + Ctrlキー + 左キーを押すと左隣の仮想デスクトップに、Windowsキー + Ctrlキー + 右キーを押すと右隣の仮想デスクトップ に切り替えることができます。

仮想デスクトップの名前を変更する方法

 作成した仮想デスクトップは「デスクトップ+連番」で名前がついています。

この名前は変更することができます。役割等のわかりやすい名前にしてみましょう。

(1) 仮想デスクトップの一覧を表示させ、名前のところをクリックすると
名前が変更できるようになります
(2) 変更したい名前を入力します
(3) 入力後、入力欄以外をクリックすると変更した名前が確定します

仮想デスクトップにアプリを配置する方法

 新しく作成した仮想デスクトップに、既存の仮想デスクトップで開いていたアプリを移動させることができます。

新しく作成した仮想デスクトップにWebブラウザを配置してみましょう。

(1) 仮想デスクトップの一覧をさせ、移動させたいアプリの画面をマウスで選択して、
移動したい仮想デスクトップの画面内にドラッグ&ドロップします
(2) 元の仮想デスクトップからなくなり、移動先の仮想デスクトップに移動されました

 ドラッグ&ドロップだけではなく、アプリ画面の右クリックメニューから変更することもできます 。

アプリ画面の右クリックメニューの「移動先」から移動したい仮想デスクトップを選択します

仮想デスクトップを削除する方法

 不要になった仮想デスクトップは削除することができます。

 インターネット参照用仮想デスクトップが不要になったと想定して、削除してみましょう。

仮想デスクトップのアイコン画面の「×」をクリック すると削除されます
アプリは一つ前の仮想デスクトップに移動します

 キーボード操作でも削除することができます。
 Windows キー + Ctrlキー + F4キーを押すと、現在開いている仮想デスクトップが削除されます。

その他)高精度タッチパッド搭載機種であればジェスチャで操作できます

 お使いのノートパソコンが2本以上の指で操作できるマルチタッチに対応している高精度タッチパッドを搭載していれば、ジェスチャで操作できます。
 今回は説明は省略します。

仮想デスクトップを駆使して効率的に作業をしよう!

 このように仮想デスクトップ機能を使えば、簡単に複数のデスクトップ環境を作り、切り替えながら使うことで効率的な作業ができるようになります。
 ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

【音質向上】外付けスピーカー7選!

JEMTCが取り扱う再生パソコンは、家庭モデルではなく耐久性に優れたビジネスモデルが基本となっています。ビジネスモデルはオフィスでの使用を想定して作られているため、音量のボリュームも比較的おとなしめで、最大値までゲージを上げてもちょっと物足りないかも…と言うご意見を耳にします。

趣味で使用するなら音楽鑑賞や映画や動画鑑賞など、なるべくきれいな音で目いっぱい楽しみたいものです。

今日は、そんな方のためにオススメのスピーカをご紹介します。たくさん種類があるので迷ってしまった!と言う方は是非参考にしてみてくださいね。

コスパで選ぶなら…?

音質を上げたいけれど、いきなり高価格帯のスピーカーに手を出すことにはちょっと抵抗がある方にオススメ!お財布にやさしいお値段で、ちょっぴり良い音を楽しめるコストパフォーマンス重視のお手軽スピーカーをご紹介します。

 

Creative Pebble

メーカー ‎クリエイティブ・メディア
製品サイズ ‎114 ×113 ×116 cm 重量:783 g
出力4.4W
ブラック、ホワイト

★ 低音重視の迫力スピーカー ★

ノートパソコンやデスクトップパソコンのUSBポートに接続して、USBバスパワーでの動作が可能。電源アダプターが不要で、コンセント要らずのUSB電源を採用したアクティブ スピーカーです。

球状デザインのコンパクトなボディながら、最大4.4Wの出力によりパワフルなステレオ サウンドを再生。そしてリスナーへサウンドがダイレクトに伝わるよう、スピーカー ドライバーを45°の上向きに配置し、パーソナル リスニングに適したサウンドステージを実現。

右スピーカー前面には電源スイッチと音量ノブを備え、電源のオン/オフや音量を手元でコントロールが可能。スピーカー背面にパッシブラジエーターを備え、重低音の効いた奥行きのあるサウンドを再生できます。

価格.comで価格を見る

 

ステレオスピーカー

メーカー Logicool(ロジクール)
製品サイズ ‎8.99 × 8.79 ×11 cm 重量: 248 g
出力 ‎1.2 W ( 0.6W+0.6W )
ホワイト

★ 程よく良音!圧倒的コスパを誇るスピーカー ★

1,000円とちょっとで購入できる、最強コスパのスピーカーです。USB給電で使用できるので、デスクトップパソコンだけではなくノートパソコンまたはネットブックでも快適。コンパクトサイズと収納機能付きケーブルで、すっきりとしたデスク周りを保てます。

Amazonで価格を見る

 

CUBE

メーカー ‎サンワサプライ
製品サイズ ‎6 ×6.6 × 6.6 cm 重量: 400 g
出力3W (1.5W+1.5W)
ブラック

★ てのひらサイズの超省スペースなスピーカー ★

とにかく安くて軽くて小さい物が良い方にオススメ。USBケーブル1本で電源と音源を供給できる簡単接続USBスピーカー。USBケーブル1本を接続するだけなので簡単に使え、使いたいときだけさっと設置できて便利です。

パソコン内の高音質データをデジタルのままスピーカーへ送信し、ノイズ影響の少ないスピーカー内でアナログ変換することでクリアで高品質な音源を再現できます。

価格.comで価格を見る

 

Amazonベーシック ダイナミックサウンドスピーカー

メーカー Amazonベーシック(Amazon Basics)
製品サイズ 10.01 × 6.6 × 7.32 cm 重量:648.64 g
出力 2.4 W( 1.5W+1.5W)
ブラック、シルバー

★おしゃれで中音重視のスピーカー★

低音用の底部ラジエーターを備えた、USB接続電源 (5V) のコンピュータースピーカー。通販サイトで有名なAmazon製です。シンプルなプラグアンドプレイでのセットアップ (ドライバーは不要) 可能、音量を簡単に調整するためのインライン音量コントロール機能付き。 本体はつや消しのブラックメタル仕上げ、LEDアクセントライトが内蔵されており底辺 がブルーに光ります。

Amazonで価格を見る

 

音質で選ぶなら…?

せっかく外付けのスピーカを買うのなら、やっぱり音質にはこだわりたい…そんな方にオススメ!ちょっとお値段は張りますが、その分だけ音質はかなりきれいになります。

 

JBL Pebbles バスパワードスピーカー

メーカー JBL
製品サイズ 78×150×132mm  重量:1.00kg
出力 2.5W ( 1.25W + 1.25W )
ブラック

★ 低音~高音までバランスよくきれいに響くスピーカー ★

USBに接続するだけで、パソコンからデジタル音楽信号と給電の両方を受ける事ができます。ACコンセント不要なので設置の自由度も大幅に向上。USB接続時にパソコンが自動認識するので、専用ドライバーソフトなどのインストールも必要ありません。

USB DAC内蔵による高音質再生。独自のサウンドテクノロジーにより開発された、高解像度再生を可能にする50㎜径フルレンジドライバーを搭載。高効率かつクリーンなデジタルアンプがしっかりとドライブします。

価格.comで価格を見る

 

Razer Nommo

メーカー ‎Razer(レイザー)
製品サイズ ‎14 x 17 x 22 cm 重量:2 Kg
出力
ブラック

★ どっしりした低音、大音量もおまかせのスピーカー ★

ゲーミングデバイスとソフトウェアを取り扱う有名ブランド「Razer」から販売されている2.0ch アクティブスピーカーを搭載したゲーミングスピーカー です。 内蔵された3インチのドライバーはグラスファイバー繊維でコーティングされており、透明感のあるスッキリとしたサウンドを実現しています。

Amazonで価格を見る

楽天で価格を見る

 

Creative Pebble V3

メーカー クリエイティブ・メディア
製品サイズ ‎25.6 × 13.2 × 13.2 cm 重量:920 g
出力16W(ピーク出力)

★ Creative Pebbleの進化モデル! ★

人気のUSBパワー スピーカー Creative Pebbleが機能面でもさらに進化! USB Type-C対応&出力パワーアップに加え、新たにBluetoothワイヤレスとUSBオーディオ再生にも対応!!雑誌も認めるハイコスパPCスピーカー 。 USBオーディオ再生に対応したことで、より高音質なデジタル オーディオ再生と電源供給が1本のケーブルを接続するだけで実現 。

価格.comで価格を見る

 

最後に

本日は外付けのスピーカーについてのご紹介でした。
ちょっとした周辺機器でパソコンライフはもっともっと楽しい物になります。
お気に入りの一点が見つかりましたら幸いです。

注目のiPhone13シリーズ 販売開始

スマートフォンをリードするApple iPhoneの最新機器-iPhone13が、日本では2021年9月24日(金)に販売が開始されました。

iPhoneといえばその登場から現在まで、スマートフォンの技術進化をリードする存在。

日本国内ではスマホユーザーの半数以上をiPhoneが占めています。

実はこれは稀なケースで、世界的な割合はAndroid:7割・iPhone:3割ほど。

日本でのiPhone人気の高さがうかがい知れます。

時代を変えた〝iPhone〟

〝iPhone〟が世界に登場したのは2007年。

同年6月29日に世界に先駆けアメリカで発売されました。

発売当初は各ショップに長蛇の列ができ、1時間もしないうちに完売することもあったそうです。

6月に発売された初代iPhoneは、同年9月までにその販売台数は100万台を突破しました。

この模様はテレビのニュースでも取り上げらることも多かったので、覚えている方もいらっしゃるかと思います。

iPhoneは発売されて以降、絶え間なく進化をし続けてきました。

そのことは、私たちの生活を大きく変えてしまいます。

iPhoneは高性能カメラであり、決済ツールであり、また音楽プレーヤーであり、SNSなどコミュニケーションツールでもあります。

iPhoneひとつで、注文から決済まで完結。生活様式も大きく変わりました。

また、iPhoneを持つことは、一人ひとりの放送局を持つことでもあります。

iPhoneはまさしく、電話機能を備えたポケットコンピューターです。

13代目の〝iPhone〟

出典:apple.com

そんなiPhoneの最新バージョンとなる、iPhone13先日発売されました。

iPhoneは毎年新しいバージョンを発売しています。

その進化を楽しみに待っているファンの方もお大勢いらっしゃいますよね。

では最新のiPhone13はどのような性能なのでしょうか。一緒に見てきましょう。

モデル名は?

iPhone13シリーズのモデル名は、通常モデルは「iPhone 13/iPhone 13 mini」、Proモデルは「iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max」。

iPhone12シリーズから継承されたものとなっています。

画面サイズは?

画面サイズも、iPhone12シリーズから同サイズで引き継がれています。

大きさは下記の通り。

・iPhone 13:6.1インチ
・iPhone 13 mini:5.4インチ
・iPhone 13 Pro:6.1インチ
・iPhone 13 Pro Max:6.7インチ

ただ、「ノッチ」と呼ばれる画面上部の出っ張りは12シリーズから小さくなり、その分ディスプレイ面積は広くなっています。

「ノッチ」って?

「ノッチ」とは、iPhone12・13シリーズなどに見られるディスプレイ上部の切り出しの部分。

赤枠の部分がノッチ。 通話用のスピーカー・カメラを内蔵します。

この「ノッチ」には通話用のスピーカー、カメラが埋め込まれています。

ディスプレイの枠を取り除、前面全てがディスプレイになっているスマートフォンは、ノッチだけが残っている状態になります。

その逆で、ディスプレイの枠のことを「ベゼル」と呼びます。

赤枠の部分がベゼル。写真のiPhoneの場合、上部に 通話用のスピーカー・カメラを
下部にホームボタンを備えます。

「ベゼル」のあるiPhoneは、最近ではiPhoneSEシリーズなどがあります。

画面の上下部分に枠が残っており、ホームボタンやスピーカー・カメラなどを備えます。

「ベゼル」があることのメリットは、画面強度が上がること。

また、誤って指が触れる誤操作を防ぐことができることなどが挙げられます。

では「ベゼル」がないことのメリットは、やはり美しい画面を楽しんだり、ゲームで遊ぶ際などの没入感が高まることですね。

出典:apple.com

新色カラーはあるの?

iPhone13シリーズには新色として、iPhone 13/13 miniにピンク、iPhone 13 Pro/Pro Maxではシエラブルーが加わりました。

どちらも淡くて可愛らしい色となっています。女性からの支持が集まりそうですね。

写真は Pro/Pro Max専用の新色シエラブルー
出典:apple.com

デザインは?

外観デザインもiPhone12シリーズからで引き継がれ、側面が角ばったデザイン。

同じAppleのノートパソコン「MacBook」にも通ずる意匠で、Macのファンには馴染みやすいデザインなではないでしょうか。

カメラの性能は?

カメラ性能もiPhone12シリーズを引き継ぎ、iPhone 13/miniに2眼カメラ、iPhone 13 Pro/Pro Maxには3眼カメラが搭載されてします。

もともとiPhoneは、初代の頃から搭載カメラの性能に力を注いできました。

最新のiPhone13シリーズのカメラにも下記のような注目の新機能が搭載されています。

・「LiDARスキャナ」(Proモデルのみ)
・「シネマティックモード」
・「フォトグラフスタイル」
・「マクロ撮影」機能

「LiDARスキャナ」

「LiDARスキャナ」とは、Proモデルにのみ搭載された大型センサーにより、被写体との距離を測りナイトモードをより美しく撮影する機能です。

夜間の人物撮影を美しく表現します。

「シネマティックモード」

出典:apple.com

動画撮影に登載される機能で、浅い被写界深度による被写体のボケ効果を自由に操作することができ、撮影する動画を映画のワンシーンのように仕上げることができます。

「フォトグラフスタイル」

撮影時での設定を保存しておくことができます。

自分好みの設定を保存し、いつでも自分らしいトーンの撮影が楽しめます。

「マクロ撮影」機能

被写体を近距離から撮影でき、細部まで鮮明に、また迫力のある撮影を楽しめます。

プロセッサは?

スマートフォンの頭脳ともいうべき「プロセッサ」。

iPhone 12シリーズの「A14 Bionic」から進化した「A15 Bionic」が新作13シリーズには登載されています。

これにより、グラフィックス性能は50%速くなり、また効率的に動作するため、iPhone 12シリーズよりバッテリーの持続時間も向上しました。

最後に

ここまでApple iPhoneの魅力と、その最新機器-iPhone13についてご紹介してきました。

初代の初登場から現在まで、衰えることなく世界をリードするiPhoneシリーズの魅力が、少しでも伝わりましたでしょうか?

近々スマホの買い替えを検討されている方、またはiPhone13を待っていたという方も、

店頭などで実機をご確認いただき、最新のiPhoneを手にしてみてはいかがですか?