パソコンの部品紹介-グラフィックボード

皆さん「グラフィックボード」という部品はご存じでしょうか?

「CPU」や「メモリ」はなんとなく聞いた事あるけど、「グラフィックボード」という言葉には馴染みがないという方が多いかと思います。

なぜなら、普通のパソコンには、この「グラフィックボード」が搭載されていない事が多いからなんです。

えっ、それじゃあ必要がない部品なんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かに、「グラフィックボード」がなくても、一般的な使用には問題がありませんが

パソコンを使う上では、この「グラフィックボード」がないと、困る事もあるんです。

今回は、そんな「グラフィックボード」がどんな部品かと、必要となる場面について紹介したいと思います!

グラフィックボードってどんな部品?

パソコンに欠かせない部品といえば、人間の脳みそにあたるCPUという部品ですが、画像や映像の処理に「GPU」(グラフィック プロセシング ユニット)という装置も必要となります。

CPUと名前が似ていて、ややこしいですよね。

この「GPU」は、モニターに画像や映像を映すための処理を行っている装置で、「GPU」がないとモニターには何も映す事が出来ません。

映像処理に特化した CPU という感じでしょうか。

そして、普通のパソコンはCPUや、基盤の中に、「GPU」が組み込まれている事が多いんです。

こういった「GPU」は、「内蔵GPU」と呼ばれています。

ほとんどのパソコンは、こういった「内蔵GPU」を使って映像などの処理をしているんですが

「内蔵GPU」は性能がとても低く、複雑な映像処理などには対応しきれない部分があります。

そんな時に必要となってくるのが「グラフィックボード」で

他の部品の一部でしかなかった「GPU」を、単体の部品にした物です。

この「グラフィックボード」、高価な部品なので、普通のパソコンには中々搭載される事が無いんです。

どんな時に必要?

ではこの「グラフィックボード」、どんな時に必要になるんでしょうか?

主に、撮影した映像を編集したり、3Dのゲームをしたり、設計(CAD)などを利用したりする方に必要になってきます。

こういった使用方法では、パソコンに高度な映像処理能力を求められるので、「内蔵GPU」では不十分な事が多いんです。

弊協会で取り扱っているパソコンの中にも、デスクトップパソコンには「グラフィックボード」を搭載している機種もありますので

そのような用途で使用される方は、是非「グラフィックボード」搭載のパソコンをお選びください!