写真をたくさん保存するにはクラウドが便利!!

現在、世界中に様々なクラウドサービスが登場しています。
今回は、クラウドサービスで写真を管理することのメリットについてご紹介します。
クラウドの導入に迷っている方、そもそもクラウドをよくご存じない方も参考にしてみてください。

クラウドで管理できるもの

ビジネスから個人利用まで様々なクラウドサービスが提供されています。
保管できる情報には、テキスト文書やメール、カレンダー情報、連絡先、バクアップ情報など多岐に渡ります。そして、もちろん写真もクラウドで管理することが可能です。
それでは、クラウドに写真を保存することのメリットについて説明していきます。

1.複数人で共有ができる

最も大きなメリットは、複数人でデータを共有できることです。アクセスできる権限をもつ人が全員、クラウドに保存された写真にアクセスすることができます。
メールやCD、USBを利用することなく、すぐに写真を共有できるため非常に便利です!

2.場所やデバイスを問わずに写真管理ができる

クラウドサービスを利用しているデータには、場所やデバイスを問わずにアクセスすることが可能です。
つまりネット環境さえあれば、旅行先や出張中、もちろん自宅でも自由にアクセスすることができるんです!!

3.オンラインで写真の編集ができる

クラウドサービスの中には、オンラインで写真編集ができる機能提供しているものもあります。
この機能を活用すれば、ローカルパソコンに写真編集ソフトをインストールしておく必要がありません。

4.クラウドサービス独自の機能が使える

Evernoteなどのクラウドサービスでは写真を対象に、文字検索が可能なサービスを提供しています。
例えば、会議のPDF資料や、ホワイトボードのメモ書き写真からも検索が可能になります!!
このような独自に提供しているクラウドサービスを活用すれば、今までにない便利な使い方ができるでしょう!

5.ローカルサーバーの容量を節約できる

写真などの画像情報は、データ量が大きくなってしまうことがあります。
特に高画質の写真を利用する場合、これらのデータがストレージ容量を圧迫してしまうことは少なくありません。

クラウドを使っていれば、そんな悩みを解消することができます。高画質な写真などのデータ量が大きいファイルをクラウドに保存することで、ローカルパソコンやローカルサーバーのデータ領域を節約することができるのです。

なお、クラウドの技術もまだ発展途上のサービスです。
クラウドの導入にあたってはセキュリティーの問題にはしっかりと対策をしましょう。

コメントを残す