インターネットとの付き合い方2

こんにちわ、JEMTCです

少し前にインタネットとの付き合い方を上げましたが
今回はもう少し深く突っ込んだ内容になります。

Twitter等のSNSは・・・

公共の場 ということはご存知でしょうか?
誰でも見ようと思えば見ることができる場の事を言います。
一昔前だと2chという大型掲示板が話題になりました。
今だとSNS(ツイッタ-やインスタなどですね)が話題ですが

日常にありふれてしまったせいか、トラブルも非常に多くなっています。
誹謗中傷やデマ情報の拡散
某合衆国の偉い人が使っていたフェイクニュース等が挙げられます。

公共の場という認識

昔、掲示板に○○日に○○学校を爆破する!
と書き込んだ人がいました。
当然本人はイタズラ目的でしたが当然逮捕と相成りました。

ネットの掲示板に書き込んだだけなのに!と当時は少し話題になりましたが
公共の場で犯罪予告すれば当然捕まります。
この人は公共の場という認識が全く無かったのです。

誹謗中傷

2019年に起こった常磐道のあおり運転殴打事件に関連して、元市議会議員が事件とは無関係の女性の写真を添付し
「(事件の犯人の)同乗者の女」「早く逮捕されるように拡散してほしい」という内容の文章をFacebookに投稿しました。

ニュースでも話題になった事があるので、知っている人もいると思います。
この事件は元市議会議員がデマ情報だったものを真実と決めつけて拡散したことが原因でした
公的な立場の人が発言したことで一気に噂は広まり

無関係な女性は犯人扱いを受け毎日嫌がらせを受けたそうです。
後に嘘だと発覚しましたがその女性は拡散する人を許すのでしょうか?解決したのでしょうか?

安易な拡散が悲しい事になってしまった事例です。

これを読んでいる方はおそらく10代20代ではなくもっと上の世代可と思います。
気をつけてほしいのは、お子さんお孫さんへの対応です。

特にお子さんは当たり前のようにSNSを使っているので面白半分で書き込みをしてる子も見受けられます。
それによって賠償金を請求されるケースも珍しくないです。
(ちなみに子供でも18才以上ですか?等に「はい」を選んだ場合は賠償金の支払いが発生します。)

スマホは便利ですが同時に危険も孕んでいるのでしっかりと学んで使いこなして欲しいです

パソコン画面の録画機能をつかってみよう

パソコンを使っている時に、操作説明など「画面を録画できたらいいのに」と思うことはありませんか?

Windows10には、標準搭載で 「Xboxゲームバー」の録画機能が使えます。
アプリのインストールは不要で、無料で使用することができます。
また、 パソコンにマイクが付いていれば、操作しながら音声も同時に録音することができます。

今回は、 「Xboxゲームバー」の録画機能 の操作方法をご紹介します。

操作手順

1.録画したい画面を開いておきます。

2.キーボードの「Windows」キー+「G」キーをクリックします。

3.画面上に①「キャプチャ」の操作パネルが表示されているか確認後、「●」ボタンをクリックすれば録画が開始されます。

※キャプチャの操作パネルが表示されない場合は、②横長のバーの「キャプチャ」ボタンをクリックすると表示されます。
※操作パネル自体が出ない場合は、「スタート」ボタン→「設定」→「ゲーム」→「ゲームバー」内の「ゲームバーを使ってゲームクリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする」項目が「オン」になっているか確認します。

4. 録画ボタンを押した後、操作パネル以外の部分をクリックすると操作パネルが消え、停止ボタンのパネルが表示されます。この状態でアプリを操作して録画しましょう。
録画を終了する場合は、③ 「■」ボタンをクリックすると録画が停止されます。

※音声も同時に録音したい場合は、 ④ マイクのボタンをクリックして斜線がない状態にします。
※パソコンの動作状況や性能によっては、録画が開始されるまでに少し時間がかかる場合があります。

録画した動画を確認する

「スタート」ボタンをクリックし、「ドキュメント」をクリックします。

画面左側にある「ビデオ」フォルダをクリックし、「キャプチャ」フォルダをクリックすると、保存された動画をみることができます。

画質や音質の設定変更

「スタート」ボタンをクリックし、「設定」をクリックします。

設定画面の中から、「ゲーム」をクリックします。

画面右側にある「キャプチャ」をクリックし、画質や音質などの設定を変更します。

画面録画機能で注意したいこと

録画できるのは1回につき一つのアプリのみです。
複数のアプリを同時に録画したり、録画中に別のアプリに切り替えたりすることはできません。 アプリ内で別ウィンドウを開くようなメニューの録画もできません。
また、デスクトップ画面やフォルダー画面の録画には対応していません。

録画した動画が長時間になる場合は、データの容量が多くなることがあるため、パソコンのハードディスクドライブの空き容量を確保しておきましょう。

最後に

画面の保存方法として、他にはスクリーンショットもありますが、使用用途に合わせて、機能を使い分けて活用してみましょう!
『スクリーンショットの活用方法』 についてはこちらでご紹介しています。

無料で使えるMicrosoft Officeソフト OneNoteについて③

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介3回目です。

前回の記事はこちら

OneNoteの最大の特徴は手書き入力機能にあります。

手書き入力機能を活用すれば、作成した資料にフリーハンドでメモを添えたり、手書きのイラストを添える事ができるので

キーボードの文字入力だけで作成した資料よりも、温かみがあってユニークな資料を作り出せる事ができます!

手書き入力の使い方

上のメニューバーから「描画」をクリックします。




メニューに表示されるペンを選択すると、手書き入力が可能になります。

選択したペンは背景の色が変わり、右下に「▽」のようなマークが表示されるようになります。



ためしにペンを選択した状態で画面の中をドラッグすると、マウスを動かした場所に線が引かれるのが分かると思います。



ペンは何もない場所だけではなく、貼り付けた写真の上や、キーボードで入力した文字の上にも使うことができます。

選択済のペンをもう1度クリックすると、 ペンの設定画面が開いて、太さや色を変える事が出来ます!



右側に表示されている「+」を選択すると、自分で新しいペンを作る事が出来ます。



「鉛筆」・「ペン」・「蛍光ペン」の三種類からペンを選んで、色と太さを選びます。



ペンの一覧に自分が作成したペンが追加されました!

お気に入りのペンの設定などがあれば、このようにペンを作成するのがオススメです。

ちなみに、ペンを選択した状態では文字の編集や入力が出来なくなります。

元のように戻すには左上にある「オブジェクトの選択またはテキストの入力」を選択しましょう。



次回は引き続き、手書き入力について紹介していきます。

インターネットとの付き合い方

こんにちわ、JEMTCです。

今回のテーマはインターネットの使い方です
使い方と言っても操作方法ではなく・・・

心構えです。
講義のような物と捉えてお読みくださると幸いです。

■よく聞く話題

昨今、インターネットは私達に欠かせない存在になりました。
それと同時に盲目的に利用する人がものすごく増えました。
みなさんの周りにもこういう人はいませんか?

○○商店さん、潰れるらしいよ、ネットに書いてあった!
あの芸能人浮気してるらしいよ、ツイッターで拡散されてた!

見に覚えがある方もいると思います。

ネットは便利にすぐ検索出来ますが、その信憑性は?

信憑性を考えず盲目的にネット=真実 皆が言ってるから=真実
と思い込まず、自分で考えてみてください。

■信じる前に・・

お試しでネットを知らない人等に置き換えてみてください。

○○商店さん、潰れるらしいよ、知らないおじさんが言ってた
あの芸能人浮気してるらしいよ、そこの子どもたちが話してた
近いうちに大地震がくるみたいだよ、自称預言者って人がいってた

全然、信用できないですね

特にSNS(ツイッター等)は子供でも大人でも使えます。
適当なデタラメを言って信じてる人をみて笑ってる人は・・・結構います。

■自分で調べる癖をつけよう

○○商店が潰れるならネットに掲載なり、お店に聞いてみればわかります。
芸能人が浮気して問題になっているなら雑誌・テレビでも報道があるはずです。
大地震が来るなら大事件です。政府機関のHPを確認してみましょう。

折角、ネットがあるんです。審議を確かめてみてはどうでしょうか?

次回はそんな真偽を確かめず、大事件に発展した事例を見ながら紹介します。