パソコンデータの引越し方法

前回はパソコン廃棄前のデータ消去方法についてのblogを書きました。

大切なデータは、消去前に引越しさせることも忘れないようにしましょう。

パソコンを買い換える際は、古いパソコンのデータを取り新しいパソコンに移す必要があります。

データ移行の方法には、主に3つの方法がありますのでそれぞれ紹介します。

手動でバックアップデータを移行する

手動でバックアップをとって移行する際には、容量が大きめの外付けハードディスクやUSBメモリーを用意しましょう。

メリットとしては自分で移行したいデータを選別できる事です。

古いパソコンのデータをUSBにコピーし、新しいパソコンにUSBを差し込んでデータの移行をします。

また、 Dropboxなどのクラウドサービスを使って移行する方法もあります。

これならインターネット上にデータを預けて引き出すため、USBメモリ等を購入する必要もなく、費用がかかりません(但し2GBまで)。

≪外付けハードディスクやUSBを使って移行する方法≫

≪古いパソコンの操作≫

  1. 移行に使うハードディスクやUSBを差し込み、移行したいデータをドラッグ&ドロップで移動します。→けっこう根気がいるかもしれません。。
  2. すべて移動し終わったらハードディスクやUSBを抜きましょう。

≪新しいパソコンの操作≫

  1. データを入れたハードディスクやUSBを差し込み、ドラッグ&ドロップで新しいパソコンに移します。
  2. 無事にすべて移動できたら完了。

≪Dropboxを使って移行する方法≫

≪古いパソコンの操作≫

  1. インターネットで「Dropbox」と検索し、サイトでアカウントを作成。
  2. アカウント作成後、サイト上にドラッグ&ドロップで移行したいデータをコピーしましょう。
アカウント作成画面です。Gmailアカウントがある方は紐付けした登録が楽です。
Gmail登録がある場合、選択肢がいくつか出てきます。
使いたいアドレスを選択し、「許可」ボタンをクリックして進みます。
Gmail登録内容が表示されますので、「登録する」をクリックして進みます。
無事登録が完了するとこの画面が開きます。
画面右の「ファイルをアップロード」を選択し、
追加したいファイルを選び追加されたのが赤線で示したファイルです。
こまめに同期したいファイルを追加していきましょう。

≪新しいパソコンの操作≫

  1. Dropboxのサイトにアクセスし、先ほど作ったアカウントでログインします。
  2. Dropboxのフォルダをパソコンにインストールしましょう。画面に出る指示通りに「次へ」をクリックしながら進めれば簡単にインストールできます。
  3. サイト上のデータがフォルダに同期するのを待ち、同期が終われば完了。

有料のソフトを使ってデータ移行

パソコンのデータを移行するための有料ソフトを使うのもひとつの方法です。

家電量販店等で販売されているのですぐに手に入ります。

古いパソコンと新しいパソコンの両方のパソコンにソフトをインストールし、ケーブルを接続することで使用可能です。

ただ、注意すべきなのは、有料ソフトの種類によっては移行できるデータが異なり、移行したいものができないということも想定されます。


また、ソフトによってはOSのバージョンが異なる場合にはデータの移行ができないこともあり、購入時には注意が必要です。


せっかく購入したのに使えなかったという事態にならないためにも事前に下調べすることが確実です。

データ移行の専門サービスを利用する

お金はかかりますが、確実な方法として専門店に依頼するという方法があります。

あまり、パソコンの知識がなくて不安という方には心強い存在だと思います。

冒頭にあります前回blogテーマ内でも触れましたリネットジャパン株式会社は、回収とデータ移行作業(消去サービス含む)を同時進行で行ってくれるサービスもありますので、参考にしてみて下さい。

データバックアップと消去サービスを同時に行ってくれます!

番外編:故障したパソコンからデータを取り出す

廃棄前に 既に故障しているパソコンからデータを移行したいという場合もありますね。

故障したパソコンからデータを取り出す方法もあります。

USB接続変換アダプタを用意し、壊れたパソコンからハードディスクドライブを取りだして新しいパソコンに接続するという方法ですが、ハードディスクドライブはパソコンのデータの要なので扱いを間違えるとデータが飛んでしまう恐れもあります。

そんなリスクが怖い方や壊れていないパソコンデータ移行に関しましても、是非一度弊協会の補修センターまでご相談下さい!

パソコン廃棄前のデータ消去の仕方

前回のブログでは、パソコン処分・廃棄方法をご紹介しました。

今回は個人情報の漏洩を防ぐデータ消去の方法をご案内します。

パソコンは、オフィスや家庭などで、いろいろな用途に使われるようになってきて生活に欠かせない存在となりつつあります。

これらパソコン内のHDDやSSDという記憶装置に、重要なデータが記録されています。

したがって、そのパソコンを廃棄する時には、これらの重要なデータを消去するということが必要です。 

ところが、パソコン内に書き込まれたデータを消去するというのは、それほど簡単ではありません。

パソコンにはアプリやサービスのアカウント情報やクレジットカード情報など様々な個人情報が含まれているので、 そのまま捨ててしまうのは悪用される危険があるので非常に危険です。

データを消去する」という場合、一般的に

① データを「ごみ箱」に捨てる

②「削除」操作を行う

③「ごみ箱を空にする」操作をして空っぽにする

④ ソフトで初期化する

⑤ 付属のリカバリーCDを使ったり、ない場合は付随した作業を行い工場出荷状態に戻す

などの作業を行うイメージだと思います。

ですが‥ 一見データが消去されたように見えますが、WindowsなどのOSの元で、それらのデータを呼び出す処理が出来なくなっただけで、本来のデータは残っているという状態にあるのです。

パソコンの状態によっても、データ消去の方法が変わります。

(出典元: http://www.pc3r.jp/home/data_erase.html )

以下いくつかの方法を紹介しますので参考にして下さい。

専用のソフトウェアを用いて消去する

データ消去ソフトウェア は、 パソコンメーカーやパソコン販売店のホームページなどを参照して入手して下さい。

消去の仕方は、 上書き1回、3回、4回、7回とデータ消去の回数や方式によって、データ消去の完全性はもちろん上がっていきます。

一般社団法人 パソコン3R推進協会では、協会の会員が推奨するデータ消去プログラムがあります。

各メーカーの消去プログラムについて紹介しているので一度、確認してみてください。

データ消去はあくまでも自己責任ですので、 心配な方は自分でパソコンデータの消去を行うようにします。

http://www.pc3r.jp/common/dataerase_program.html

データ消去プログラムの紹介があります。

HDDに強磁気をかけて破壊する

電磁消去は、内部に強力な磁力を照射して、磁気信号を破壊することでデータ消去を行います。

起動しないハードディスクでもデータ消去ができるというメリットがあります。

この方法は専用装置が必要になるので個人で行うにはなかなか難しいため、依頼をすれば処理してくれるオススメ業者として 「パソコン廃棄.com」 という会社もあります。

https://www.pc819.com/individual/erase/

パソコン回収はもちろん、データ消去に関しても相談出来るのは心強いですね!

HDDを物理的に破壊する

そもそものデータを記憶するハードディスクを物理的に破壊することで機能を消失させて、データを読み取れなくさせる方法です。

この方法も、専用の装置にて破壊処理を行うので、ハンマーなどで個人的に壊そうとすると怪我をしてしまう恐れもあるため、必ず業者などに依頼して消去してもらうようにしましょう。

物理的に破壊するのも技術が必要です!
(出典元:https://www.pc819.com/individual/haiki/datadelete.html#ask)

以上、3パターンの方法を説明しました。

データ消去とパソコン廃棄はセットだと思いますので、同時に対応してくれる信頼出来る業者を探すか、一度弊協会の補修センター窓口までお気軽にご相談下さい!

パソコン処分・廃棄方法

パソコンの処分・廃棄は大きく分けて買取回収です。

資源有効利用促進法が施行され、自治体ではごみとして回収・収集が出来なくなりました。

今の時代は弊協会の行っているリユース再生事業のように、今ある資源を有効活用しようという動きが活発です。

令和の時代に入り、その動きは更に加速するでしょう。

その一貫として、不要になったパソコンも使える部分は使おうという動きの元で正しく処分しましょう!

それでは、不要になったパソコンはどのように処分するのか。

今回は、パソコンの処分方法の種類をいくつか解説していきます。

弊協会の譲渡会開催会場に直接持込む

全国47都道府県で毎週開催している弊協会の譲渡会。

開催会場に直接持ち込んで頂ければ無料で回収しています。

中の個人情報に関しては、弊協会の補修センターへ持ち帰り破壊処理にて物理的に壊して処理しますので御安心下さい。

基本的に台数制限はない上に、問い合わせ不要で直接持ち込めばOKなのでいちばんオススメです。

是非ご活用下さい!

※名古屋、京都など一部自治体での開催時は回収を行っておりませんのでご注意下さい。

買取業者に売却

中古パソコンは買取業者に依頼することで売却も可能です。

今は買取方法も多様化しており、店頭持ち込み、自宅から指定住所に送る宅配買取、複数台ある場合の出張買取等より便利になっています。

但し、余りにも古い型番だったり壊れている機器は買取や処分が難しい場合もあるので、心配なら事前に問い合わせしてみましょう。

データ消去に関しては、おざなりにしていると企業の信頼失墜に繋がりかねないのでしっかり管理しているという場合が多いですが、心配なら事前に消して持ち込みましょう。

以下いくつかのオススメ業者です。

パソコン高く売れるドットコム


https://www.pc-takakuureru.com/?_ga=2.44254371.660577839.1558413265-139530507.1558082737

電話の混雑状況も随時更新されており、親切な印象です。
ホームページ中央部には、リアルタイム買取実績などの進捗状況も更新され、全国の方が利用されているのが分かります。

ReRe買取

https://www.rere.jp/sell/category/pc

ホームページ下段部分には、買取額の一覧が写真付きで載っており分かりやすいです。

本やCD,DVD買取はよくお願いしているBOOK-OFF


パソコンなどの精密機器も取り扱いがありました

https://www.bookoff.co.jp/sell/electronic/pc/

個人的には買取業者の大手というイメージが強いです。

無料回収サービスで廃棄

パソコンを手間なく、すぐに処分したい場合には、パソコンリユース企業を利用するのも手。

宅配や出張回収に対応しているところもあり、わざわざパソコンを持ち運ぶ必要もないのは有り難いですね。

以下、オススメ業者を紹介します。

ライズマーク

https://pc.risemark.net/cont2/pc_disposal.htm

迅速!安心!信頼!と謳う2005年創業の実績・経験が豊富な業者です。

リネットジャパン株式会社

しばらくホームページを開いているとこんな案内が!

https://www.renet.jp/

個人的には最近ネット広告などでよく見かける気がします。
最短翌日回収とは便利ですね!
心配なデータ消去方法も3種類から選べて安心ですね。

パソコン回収.com

https://www.pc-kaishu.com/

パソコン以外にも楽器1本から買取可能です。
送料無料対象製品を定めていて、回収完了後、JUNKWORLDストアのお買い物ポイントを貰えるというサービスも斬新ですね。

パソコンメーカーによる回収

「資源有効利用促進法」に基づいてパソコンは、製造したメーカーが回収する義務があります。

パソコンにPCリサイクルマークが貼られている場合は無料で回収してくれます。

(出典元: http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/140000/142000/p022878.html )

PCリサイクルマークは、ある場合は裏側の型番等書かれているステッカーに記載があります。

注意点は、同じメーカーでないとダメ、モニターなどは別途申請が必要です。

申込から回収まで場合によっては1~2週間ほどお時間掛かることが御座います。また、データ消去も個人情報の保護の観点で行ってくれますが、必要なデータは事前に移すようにしましょう。

家電量販店やパソコン販売店で下取り

新しいパソコンを新品で買い換える場合には、下取りを一緒にしているところもあります。

処分とは違い、下取りしてもらうことで新しく購入するパソコンを値引きしてもらうことができるのはメリットです。

ヨドバシカメラヤマダ電機などでも対応しており、店舗に持ち込む場合や宅配便を利用して下取り・買取をしてもらえます。

https://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/kaitori/index.html
https://www.shop-inverse.com/SATEI/Search

ヨドバシカメラ

ヤマダ電機

各自治体の回収ボックスに持ち込む

平成25年4月1日に「小型家電リサイクル法」が施行され、 使用済小型家電のリサイクルが始まり、ノートパソコンやデジタルカメラなどに含まれる有用金属を再利用する動きになりました。

自治体の回収ボックスに入れる際は、各自データ消去は自己責任で行う必要がありますが、処分費用が原則無料なので近くに回収ボックスがある場合には便利です。

環境省が情報発信している 小型家電リサイクル回収ポータルサイト という便利なサイトがあったので、参考にしてみて下さい。

http://kogatakaden.env.go.jp/

私も試しに住んでいる地域の検索を行ってみましたが、家電の種類も豊富でページ自体も見やすく今後他の家電処分時にも使ってみようと思いました。

小型家電リサイクル回収ポータルサイト

まとめ

1台から複数台でも回収しているので、不要なパソコンを持て余してしまっているという方は、まずは弊協会の譲渡会まで持参頂くか、タイミング合わない時もお気軽にご相談下さい。

SSDとHDDはどう違うの?

弊協会でも取扱いがあるSSD搭載パソコン。HDDの代わりに搭載している高規格パソコンですが、違いは何でしょうか?

実際の弊協会が全国で開催しております有償譲渡会内でも質問が多いので、こちらにまとめてみました!

パソコンの利用上必須となっている「写真や文章の保存」。

分かりやすく言えば、SSDもHDDもパソコンの写真やデータを収納しておく入れ物のことです。

以前はその入れ物は「HDD」が主流でしたが、近年では「SSD」が搭載されたパソコンも増えてきており、自分の用途に適したパソコンを選ぶにはこれらSSD・HDDの違いを理解することも大切になっています。

でもSSDとはいったい何なの?という方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにSSDとHDDの違いを分かりやすく解説します。

SSDとは?

SSD(ソリッド・ステート・ドライブの略)は、高速・静か

USBメモリーと同じように内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きをする記憶装置

HDDは、金属製のディスクにデータを書き込んでいますが、SSDにはそういった稼動部分がないんです!

SSDは半導体メモリを使用する 記憶装置

HDDとは?

HDD(ハード・ディスク・ドライブの略)は、データを記録する円盤部分が駆動式

データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする機械駆動式記憶装置

HDDは データを記録する「プラッタ」と呼ばれる磁性体が塗られた円盤が内蔵している記憶装置

パソコンの処理速度が速いのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度に違いが生じます。

SSDは内蔵しているメモリーチップに保存する為、磁気ディスクのHDDと比べて読み書きが速いです。また、パソコンの電源を入れてからOSが起動するまでの時間も短縮されます。加えて、OS以外のアプリケーション(ワードやエクセルなど)の起動や動作もHDDより速いので、全体的にSSD搭載パソコンを使用した方が動作が快適になると言えるでしょう。

記憶容量が大きいのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度の他に記憶容量で大きな差が出ます。

HDDは、現在では1TB(テラバイト)以上の大容量タイプの機器も登場しており、容量は大きいけれども安価です。 ※1TB=1000GB
SSDは以前に比べて容量も大きく値段も抑えられてきていますが、128GB~512GBの容量のものが主流の為、 HDDはSSDの約2倍~8倍の容量を持つということになります。

寿命やデータの保存性能が優れているのは?

SSDの内蔵 メモリーチップ は、 データの読み書きを行うたびに半導体素子が劣化してしまうという欠点があるため、SSDの読み書きの回数には限界があります。 SSDが登場した2004年当初は、上記の理由からHDDより寿命が短いことも少なくありませんでした。

しかし今日は技術改良され、 年数にして約5年~10年は使い続けられるようになってきています。HDDの寿命が約3年~4年といわれているため、寿命はSSDの方がHDDより優れているといえるでしょう。

その一方で、長期間のデータ保存はHDDが適しています。SSDをはじめとする内蔵 メモリーチップ は、長期間放置していると自然放電によりデータが消失してしまう可能性があるためです。データを長期間保存しておきたい場合は、HDDを使用した方が安全です。

まとめ

パソコンの快適な動作や読み書きの速さよりも、値段や容量の大きさを重視したいという方向けの方がHDD。

そして、パソコンに負担の大きいアプリケーションソフトを使うことが多く、値段が高くてもパソコンの動作を快適にしたい方や、データの読み書きを高速で行いたい方向けなのがSSD。

比較表を作ってみました。参考にして下さい!

HDDとSSDのどちらが優れているとの見方ではなく、それぞれの特徴を踏まえた上でどちらが自分がやりたいことに合っているか、見極めながら選ぶようにしましょう!