Windows10の付箋(Sticky Notes)の使い方

机やディスプレイの枠に、予定などを付箋で貼っている人も結構多いんではないでしょうか?

付箋が多いとデスク回りもごちゃごちゃした印象になってしまいますね。

そんな時に、活用して頂きたいのがWindows10の標準アプリである「付箋」アプリです。

今回は、そんな「付箋」アプリの使い方をご紹介します。

起動方法

スタートメニューから「付箋」をクリックします。
※ [は]のカテゴリーで探してみてください。

「付箋」の使い方

付箋の色を変える

[…]をクリックして、画面上部にある一覧から好きな色を選択します。

書式アイコン

①太文字 ②斜体 ③下線 ④取り消し線
⑤行頭文字の表示/非表示 ⑥画像の追加

付箋の追加

追加は [ + ]をクリックします。

メモの一覧から検索・削除する方法

[…]をクリックし、[メモ一覧]をクリックします。

検索ワードを入力すると、対象のメモが表示されます。

また、付箋上で右クリック→ [メモの削除]をクリックするとメモが削除されます。

絵文字を入力する

付箋に絵文字を使用すると、目立たせることができていいかもしれませんね!

Windows + . (ピリオド)で、絵文字の一覧を表示を入力することができます。

ショートカットキーの活用

絵文字入力のとき以外でも、役立つショートカットキーをご紹介します。

書式設定

  • 太文字 Ctrl + B
  • 斜体  Ctrl + I
  • 下線  Ctrl + U
  • 取り消し線  Ctrl + T
  • 元に戻す  Ctrl + Z
  • やり直し  Ctrl + Y
  • 切り取り  Ctrl + X
  • コピー  Ctrl + C
  • 貼り付け  Ctrl + V
  • すべて選択  Ctrl + A
  • 行頭文字の表示/非表示  Ctrl + Shift + L

ナビゲーション

  • ウィンドウを閉じる  Ctrl + W
  • メモ一覧を表示する  Ctrl + H
  • メモの削除  Ctrl + D
  • 検索  Ctrl + F
  • 新しいメモを開く   Ctrl + N

最後に

「付箋」アプリは、紙の付箋と変わらない利用方法ができる点が便利です。
色を自由に変えられるうえに表示サイズも変更でき、紙とデジタルのよい部分を併せ持っています。

便利で楽しい付箋アプリをぜひ活用してみてください!