データが人質にされる?

皆さんは「ランサムウエア」というネットウイルスをご存知でしょうか。
「スマホを落としただけなのに」という映画が放映され話題になったため、なんとなく聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、感染するとヒヤッとするネットウイルスのひとつをご紹介します。

ランサムウエアって何?

「ランサムウエア」とはランサム(身代金)とソフトウエアを組み合わせて作られた造語で、その名称通り身代金要求型のネットウイルスです。

このウイルスに感染するとデバイス内のデータを暗号化され使用不能、あるいはデバイス自体を操作できないようにされてしまいます。そして、これらの制限を解除することを条件に金銭を要求してきます。
 
   

万が一のために


金銭を支払ったからと言って、デバイスの制限が解除されたりデータが手元に返ってくる保証はありません。常日頃からクラウドサービスやUSBメモリなどを利用して外部にバックアップを取る対策をしておくと安心です。

 最後に


本日はデバイスやデータを人質に取る恐ろしいランサムウエアをご紹介しました。このような被害を避けるためにも、怪しいリンクやファイルは不用意に開かない、OSの更新プログラムは後回しにせずきっちり行うなど心がけていきましょう。