「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」の違いは?

Windows10を使うには、そのパソコンを使うユーザーを識別する「アカウント」が必要です。このアカウントには、2種類あります。
Windows10では、どちらのアカウントを使うこともできます。

1つは、ネット上のマイクロソフトのサーバーにユーザー情報を登録する「Microsoftアカウント」で、もう1つは自分のパソコンの中にユーザー情報を登録する「ローカルアカウント」があります。

今回は、2つのアカウントについてご紹介します。

Microsoftアカウントとは?

Microsoftアカウントは、 ローカルアカウントと同様にWindowsパソコンにログオンするためのアカウントです。

登録の際にはインターネット接続が必要で、最近ではWordやExcelを使用するのにもMicrosoftアカウントの登録が必須になっているため、Windowsパソコンを利用する上で必要不可欠になっています。

アカウントの登録画面では電話番号などを入力する箇所も出てきますが、必須でないものはプライバシーの問題などで気になるのであればスキップしてしまっても大丈夫です。

Microsoftアカウントの設定方法

まずはインターネットで account.microsoft.com へ移動します。

開いたマイクロソフトのホームページで、「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

「サインイン」の右「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

メールアドレスと任意のパスワードをそれぞれ登録しましょう。

アカウントで使用したいメールアドレスを入力します。
続けて任意のパスワードを入力します。

アカウントの作成が完了しました。

アカウントの取得が完了しました。さっそくサービスを利用しましょう。

Microsoftアカウントのメリットは?

各種設定や情報を一括管理できる

Microsoftアカウントは、Windows10の各種設定や連絡先などのユーザー情報をクラウドで共有する機能を提供しています。

取得したMicrosoftアカウントを使うと、新しい機器を購入した際には、 各種情報が自動的に引き継がれます。

Microsoft アカウントでアプリやサービスが利用できる

Microsoft アカウントを取得することで、Windows10の使用用途がぐっと広がります。

オンラインアプリやサービスの中には有料のものもありますが、多くが無料で利用できます。

JEMTCがお勧めする無料のオンラインアプリやサービスは以下になります。

  • オンラインストレージ『OneDrive 』
  • メールサービス『Outlook』
  • デジタルノート『OneNote』
  • アプリストア『Microsoft Store』

お子様用のアカウント設定・管理ができる

Microsoftアカウントはファミリー機能を使い、お子様用のアカウントを作ることもできます。

Microsoftアカウントを追加する際に「お子様を追加する」を選択することで、保護者のアカウントからお子様のアカウントの管理ができるようになります。

以下は、機能の一覧になります。

  • デバイスを使用できる時間の設定
  • お子様がアクセスしたサイトや利用したアプリ、デバイスを使った時間の確認
  • 買い物できる金額の上限設定
  • ダウンロードできるアプリの制限
  • 不適切なコンテンツの閲覧制限
  • 特定のWebサイトの閲覧制限

ローカルアカウントとは?

パソコンごとにユーザー名と任意でパスワードを登録し、サインインするためのアカウントです。
パソコン固有のアカウントのため、複数のパソコンに同じユーザー名でアカウントを作成しても、パソコンの設定は同期されません。
また、ローカルアカウントでは、Microsoft Storeからアプリをダウンロードしたり、Microsoft社が提供するオンラインサービスを使用したりすることができません。

ローカルアカウントのメリットとは?

複数のアカウントを共有できる

ローカルアカウントは、1台の機器で複数のアカウントを使用できます。

家族や職場など、1台のパソコンを複数で共用する時、個々で設定やデータを使い分けることができます。

また、ユーザー名を自分で設定できます。

情報漏洩のリスクが少ない

MicrosoftアカウントはMicrosoftのサーバーで管理され、高いレベルのセキュリティシステムで守られています。

しかし、サーバーがサイバー攻撃を受ける可能性があります。

Microsoftアカウントに保存している個人情報を盗まれたり、データをばらまかれてしまったりする可能性もあるのです。

反対にローカルアカウントはパソコンにログオンする目的でのみ使うアカウントのため、アカウント情報から情報漏洩する可能性が少なくなっています。

最後に

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

Microsoftアカウントでログオンすることで得られるメリットは多数存在します。インターネットをよく利用し、複数のパソコン間で設定を同期して使用したい場合、Microsoftアカウントが利便性は高くなります。

反対にパソコンをあまり頻繁に使わず、インターネットもほぼ使わない場合は、ローカルを使用するといった形で、ご自身の利用方法に合わせて使い分けましょう。