無線LANが繋がらないときの確認と対策

今回は、無線LANが繋がらなくなったときの確認方法と対策についてご紹介します。
無線LANを使い始めたが全く繋がらない、もしくは急に無線LANが繋がらなくなった場合を対象として、具体的な対策を説明します。

無線LANの仕組み

はじめに、無線LANの仕組みについて理解しておきましょう。
「無線LAN」とは、LANケーブルなどの物理的な配線を必要としないネットワーク接続のことです。タブレットPCやスマートフォンの普及にともない、幅広く利用されるようになりました。
無線LANを利用するためには、パソコンやスマートフォンなどの機器(子機)から、アクセスポイント(親機・ルーター)を介してネットワークに接続します。

 

無線LANがつながらなくなった時の確認と対策

それでは、無線LANが繋がらなくなったときの確認と対策についてご紹介していきましょう。上で説明した無線LANの仕組みを頭に入れてから読み進めると、理解しやすいかと思います。

  • セットアップが完了していない
    最初から無線LANが繋がらない場合は、セットアップが完了していない可能性が高いでしょう。ルーターなどに付属しているセットアップガイドを参考にして、全ての手順が完了しているかを確認する必要があります。また、ステルスモードやMACアドレスフィルタリングなどの設定をしているかどうかも、同時に確認しておきましょう。
  • パソコンやスマートフォンの設定ができていない
    親機側のセットアップが正常に完了しているにも関わらず無線LANに繋がらない場合は、パソコンやスマートフォンなどの子機側の設定ができていない可能性が高いです。
    パソコンやスマートフォンの無線接続がONになっているか、SSIDやパスワードの入力は正しくできているか、などをチェックしてみてください。
    また、設定ではありませんがパソコンやスマートフォンを再起動することで無線LANに接続できるようになる場合もあります。併せて試してみてください。
  • ハードウェアのトラブル
    無線LANに繋がらない、もしくは繋がらなくなった原因としてハードウェアのトラブルも考えられます。例えば、ルーターや親機が故障している場合があるので、正常に動作しているのか確認する必要があります。
    正常に動作していない場合はハードウェアの交換や修理を行うことになります。
  • ソフトウェアの更新
    無線LANが断続的に繋がる、もしくは接続が不安定な場合に多いのですが、ファームウェアやドライバーの更新が必要な場合も考えられます。
    念のためにソフトウェアの更新も行うと良いかもしれません。
  • セキュリティー対策ソフトの設定
    セキュリティー対策ソフトは、ファイアーウォール機能でネット通信をチェックしています。この設定が厳しすぎるために、無線LANに繋がらないことがあります。
    この場合は、ファイアーウォール機能の設定を変更することで解決するでしょう。

 

最後に

無線LANは有線での場合と比較して、通信速度や安定性では劣っています。しかし、それを上回るメリットが得られることも事実です。
最近では無線LAN環境が急速に普及しており、無線LANがネットワーク接続のスタンダードになりつつあります。
業務効率化はもちろんのこと、ネットを十分に楽しむためにも、こういった知識は身につけておきたいものですね。

コメントを残す