知っておくと便利なファンクションキーの使い方(2)

以前、F1~F12のファンクションキーについてご紹介しました。ファンクションキー以外にも、何に使うか不思議に思うキーがいろいろあるかと思います。
今回は、そんなキーたちをご紹介していきます。

※ノートパソコンや小さなキーボードの場合には、ご紹介するキーが他のキーと一緒になっている場合があります。その場合には、キーボード左下の[Fn]キーを押しながら入力してください。

ファンクションキー以外のキーたち

●[Alt]キー
アルファベットのキーと組み合わせることで、メニューを選択することができます。

●[Home]キー
ウィンドウを先頭までスクロールします。または、カーソルを行頭に移動します。

●[End]キー
ウィンドウを最後尾までスクロールします。または、カーソルを行末に移動します。

●[Peage Up]キー
約1画面分のウィンドウを上にスクロールします。または、前のページを表示します。

●[Peage Down]キー
約1画面分のウィンドウを下にスクロールします。または、後ろのページを表示します。

●[Esc]キー
実行中の操作を中止します。

●[Prints screen]キー
表示されている画面を画像データとしてコピーします。コピーした画像は、「貼り付け」で利用できます。

●[Num Lock]キー
テンキーでの数字の入力を切り替えます。押すたびにON/OFFが切り替わります。ONになっているときは、[Num Lock]と書かれたランプが点灯するようになっています。もし、テンキーでの数字入力が出来ない!!なんて時は、このランプが点灯しておらずOFFになっている場合があります。

●[Caps Lock]キー
[Shift]キーと一緒に押すことで、ON/OFFが切り替わります。ONだとアルファベットが大文字で、OFFだと小文字で入力されます。

最後に

今回ご紹介したキーは、ファンクションキーと同様に普段使わないものが多いかと思います。しかし、矢印キーで少しづつ移動するなどの手間が省けたりと、ファンクションキー同様に役に立つキーなので、ぜひ活用してみてください。

コメントを残す