キーボードのFキーって何??(後半編)

さて、前半編では「F5」キーまでご紹介しました。

後半編では「F6」キーから順にご紹介していきます!

F6キー

メモ帳等の画面で文字を打ち、 「F6」キーを押すと瞬時に「ひらがな」に変換されます。

F7キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、「F7」キーを押すと瞬時に「全角カタカナ」に変換されます。

F8キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、 「F8」キーを押すと瞬時に「半角カタカナ」に変換されます。

F9キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、 「F9」キーを押すと瞬時に「全角アルファベット」に変換されます。

F10キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、「F10」キーを押すと瞬時に「半角アルファベット」に変換されます。

F11キー

ウィンドウを全画面表示にします。

再度押すと解除されます。

「F11」キーを押すと、瞬時にタイトルバーやメニューが消えて全画面表示になります。

F11を押すと、上から下の画面に変化し全画面表示になります!

F12キー

kingsoftWriterやkingsoftSpreadsheetなどのOfficeソフトの場合、「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されます。

MicrosoftのOfficeも同様です。

「名前を付けて保存」画面が現れました。

F1~F12キーまで前半と後半に分けて説明してきました。

知っているとなかなか便利なキーも多く、使いこなしながらの作業ですと効率が上がると思います!

是非試してみて下さい。

キーボードのFキーって何??(前半編)

昨日更新したテーマは、タイピングについてだったので、使うキーは主に主要部分のキーでしたね!

さて、本日はその主要キーボード上の部分のお話です。

よく見ると、数字の1~0のキーボードの上にF1~F12までのキーがありますよね!

これらのキーは「ファンクションキー」と呼ばれるキーで、 それぞれ特別な機能が割り当てられており、入力などで便利に使える機能がついています。

また、ファンクションキーは、使用しているアプリによって独自の機能が割り付けられているものもあります。

つまり、今現在作業しているアプリによっては、同じキーを押しても違う操作が実行される場合もあります。

それでは、それぞれのファンクションキーで何ができるのかを見ていきましょう。

先述しました通り、アプリによっては独自の機能を割り付けているものもあります。

そういったものについては、各アプリのヘルプなどで確認してみて下さい。

あくまでも、一般的な使い方のご紹介としてご容赦下さいm(_ _)m

F1キー

ヘルプやサポートを開きます。

デスクトップ画面で「F1」キーを押すと一発で検索画面に飛び、分からない事を調べることが出来ます。

私はGoogle設定なので、以下の画面が出ました。

F2キー

選択しているファイルやフォルダー、アイコンなどの名前を変更出来ます。

ファイルを選択し、「F2」キーを押すと、背景の色が変わりファイル名が反転状態になり、変更することが出来ます。

F3キー

デスクトップ上で「F3」キーを押すと、「検索」チャームが開きます。

赤枠内が検索チャームです。

開いているページ内で探したいワードを検索チャームに入力すると、該当する単語がオレンジ色で示されます!

今回の例は“目的”。

また、blogや長い論文内で特定のワードを探したい時も有効なキーです。

私も早速使ってみて、改めて便利な機能だな思いました^^

F4キー

Internet Explorer限定にはなりますが、「F4」キーを押すとアドレスバーが開きます。

過去の検索履歴を見たい時などに使います。

F5キー

ウィンドウ等の表示を更新します。

ちょっと分かりにくいですが‥左上の赤線引いた箇所。

くるくるしてますね?

このくるくる印は、更新している証です。

また Internet Explorer限定の機能にはなりますが、「F5」キーを押すと再読み込みされ、最新の情報に更新されます。

さて、前半の説明は以上です。

次回も後半編で更新しますね。

是非、活用できる機能は活用してみて下さいね!

タイピング練習で脳を活性化!

本日はついつい煩わしく感じたり、敬遠したくなるタイピングについてです!

私も初めてパソコン触った時はたいそう不慣れで、資料1つ作るにも時間が掛かっていたような気がしますが、今やそこそこのスピードでタイピング出来るようになりました(^ν^)

やはり結論は‥慣れですね!!

ただ、練習するにもどう始めていいかわからない!という方の為に‥面白いタイピングソフトなどをご紹介したいと思います。

まずは、パソコンで文字を打つ際のホームポジションのご紹介です。

〈参照元: https://typing.twi1.me/training

この画像内には、「ブラインドタッチ」と記載がありますね。

要はキーボードを見ずに文字を打つことですが、最終的には目指したいですよね?

千里の道も一歩からという言葉がありますが、ブラインドタッチを取得するにも共通するタイピングの基礎は、このホームポジションを保ちながら文字を打つことが効果的です。

打つ前はホームポジションに指を置き、打ち終わったらまたホームポジションに指を戻す、この繰り返しです!

打つ心構えが出来たところで‥便利なソフトを2つ紹介します!

是非ご活用下さい(^^)

無料タイピング教材1つ目は、Benesseから出ているこちらです。

https://manabi.benesse.ne.jp/gakushu/typing/

無料タイピング教材として、

・タイピングの基礎練習

・タイピングを使った学習

・タイピングを使ったネットモラル・パソコン用語の学習

この3種類のラインナップがありますが、最初ご案内したホームポジションの練習をしたい場合は、タイピングの基礎練習メニューから進んで下さい!

ホームポジションでのキーボードの打ち方を練習しましょう!

私も日本語入力でチャレンジしてみました!

こんな形で成績を知らせてくれます!得点によってランクがあります^^

最初は慣れていないのもあって、めげそうで心折れそうになるかもしれませんが‥そこは乗り越えて下さい٩(๑`^´๑)۶

次の秘策がありますから!

淡々と練習を重ねることも良いですが、やはり楽しい要素もないと飽きてしまいますよね!?

そこで変わり種のこちら⇒ http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

回転寿司屋が舞台なので、設定もユーモアがあります。

まずはお手並み拝見お手軽コースから行きましょう!
タイピング画面はこんな感じです!
成績に応じでお勘定が変化します!面白い設定ですね。

タイピングがスムーズに行えるようになってくると、よりパソコンを触るのが楽しくなると思います!

是非上達目指してチャレンジしてみて下さいね!

大切な機器を雷から守ろう!

さて、今やゲリラ豪雨という言葉がだいぶ馴染み深くなって来ましたね!

季節柄、特によく聞くタイミングでもあります。

猛烈な雨と共に鳴り響く雷(T_T)

意外と機器が故障してしまう原因として、雷の影響は大きいみたいです。

これからの季節は台風やゲリラ豪雨などが特に発生しやすくなりますが、
1年を通して警戒が必要なのが‥雷サージです!

そこで、雷に関する基礎知識をここにまとめたいと思います。

雷の発生時期

雷の発生時期は、7~9月が最も多い。
また夏場だけでなく秋から冬にかけても案外落雷は多い為、1年を通して警戒が必要。

雷による被害

落雷時には、瞬間的に3,000~4,500Vもの高電圧が流れる。想像を遥かに超える電圧です。。
パソコン本体・周辺機器の電源が入らないなどの故障や、最悪の場合は発火の原因にもなり得る。

雷サージとは

雷が落ちる時、高電線など高い所にある電線などに瞬間的に高い電圧が発生する現象 のことです。

この雷サージが電話線やアンテナ、コンセント部分を通って家の中に進入し、
接続されているパソコンや周辺機器などの電子機器を破壊

見た目には何も起きていないのですが‥電源が入らなくなったり、
電源は入っているけど動かない・・・こんな事が起きてしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。

最近では雷対策グッズとして雷ガード機能の付いた延長コードや
コーナータップが売られていますので、「対策しておけば良かった‥」とならない内に是非ご検討を!

雷サージ対策

「雷サージ対策」と検索すると、沢山の対策グッズが出てきます。

ご自身の用途にあったグッズを探してみて下さいね!

余談ですが‥私も幼少期に雷の恐怖体験をして生きた心地がしなかった経験がありました(T_T)

野外で逃げ場もなく、雷の威力をまざまざと感じました。。

適切な雷対策は人もパソコンも必要だな~と記事を書きながら思い出していました!