キーボードのFキーって何??(後半編)

さて、前半編では「F5」キーまでご紹介しました。

後半編では「F6」キーから順にご紹介していきます!

F6キー

メモ帳等の画面で文字を打ち、 「F6」キーを押すと瞬時に「ひらがな」に変換されます。

F7キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、「F7」キーを押すと瞬時に「全角カタカナ」に変換されます。

F8キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、 「F8」キーを押すと瞬時に「半角カタカナ」に変換されます。

F9キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、 「F9」キーを押すと瞬時に「全角アルファベット」に変換されます。

F10キー

同じくメモ帳等の画面で文字を打ち、「F10」キーを押すと瞬時に「半角アルファベット」に変換されます。

F11キー

ウィンドウを全画面表示にします。

再度押すと解除されます。

「F11」キーを押すと、瞬時にタイトルバーやメニューが消えて全画面表示になります。

F11を押すと、上から下の画面に変化し全画面表示になります!

F12キー

kingsoftWriterやkingsoftSpreadsheetなどのOfficeソフトの場合、「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されます。

MicrosoftのOfficeも同様です。

「名前を付けて保存」画面が現れました。

F1~F12キーまで前半と後半に分けて説明してきました。

知っているとなかなか便利なキーも多く、使いこなしながらの作業ですと効率が上がると思います!

是非試してみて下さい。