ファンクションキーで便利に文字変換

キーボードの一番上に並ぶ、「F」の文字が付けられた1から12までのキー。

皆さんは活用していますか?

この「F」が付けられたキーを「ファンクションキー」と呼びます。

「ファンクション」とは「機能」という意味で、文字通りファンクションキーにはそれぞれ機能が割り当てられています。

割り当てられた機能は様々ですが、今回はその中から文字変換に使用できるファンクションキーをピックアップしてご紹介します。

文字変換はファンクションキーが素早くて便利

文字を打って変換するとき、いつもはキーボードの「変換」キーを使うことが多いと思います。

「変換」キーをカチカチと押して、文字を探します。

漢字への変換は「変換」キーでないとできませんが、カナ変換は、ファンクションキーが断然早くて便利です。

ファンクションキーを使ってみよう

では実際に文字変換の場面で、ファンクションキーを順番に使ってみましょう。

キーボードで文字を打って、変換前(文字に下線が付ている)の状態で…

F6キー:「ひらがな」に変換

F6キーを押して、次にエンターキーを押すと…
予測変換が消え、そのままひらがなで入力されました。

F7キー: 「カタカナ」に変換

F7キーでは、カタカナに。

F8キー:「半角カタカナ」に変換

あまり普段はあまり使わない半角カタカナですが、こちらもすぐに変換。

F9:「全角ローマ字」に変換

いつもは戸惑う全角ローマ字の変換も、すぐに入力。

F10キー:「半角ローマ字」に変換

ローマ字も、英数入力に切り替えることなく入力できます。

特に「半角カタカナ」や「半角/全角ローマ字」は「変換」キーではなかなか出しづらかったりしますが、ファンクションキーなら素早く変換できます。

新しい操作にチャレンジを

その他、ファンクションキーにはインターネットブラウザで便利に使用できるものもありますが、それはまたの機会にご紹介します。

毎日パソコンを使っていても同じ操作の繰り返しで、新しいことを覚えることは敬遠しがち…

ですが、新しいことを一つ覚えると、パソコンの操作が快適になったり、使うことが楽しくなったり。

皆さんが次に文字を入力するとき、「ファンクションキー」、押してみてください!